ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

旅行準備

週末ベラルーシ その1 ベラルーシの中世のお城へ行こう。

夏に行っても涼しい場所に行きたいと思って、
いろいろ調べていると、ベラルーシなら週末でも楽しめそう!

ということで今回は週末でベラルーシの世界遺産を巡ってきました。

週末ベラルーシ 準備編

ベラルーシはバルト三国の南、ポーランド、ロシア、ウクライナに囲まれた内陸国。

ベラルーシ1

今回は首都のミンスクと世界遺産のあるミールとニャースヴィシュへ。

ベラルーシ


【旅行準備】
①航空券
中国国際航空で北京経由ミンスク行きを手配。

②ホテル
10泊すると1泊無料になるのでHotels.comで手配。
ミンスクに2泊しました。

③ガイドブック
ロシアに行ったときに買った地球の歩き方「ロシア」
これは重過ぎるのでベラルーシの部分だけコピーして持っていきました。
ロシア語の指差し会話帳。

④持ち物
中国国際航空の機内持ち込み制限が5㎏なので、25Lのバックパックのみ。

⑤ビザ
以前はビザが必要で無料、郵送申請可ではあるものの正直面倒でした。
2017年2月から日本人は5日以内の滞在に限りビザ免除になったんです。
でもミンスク国際空港から出入国すること、ロシア以外の国から入国に限ります。

【旅程】
1日目 名古屋→北京→ミンスク
2日目ミンスクからミール、ニャースヴィシュ日帰り
3日目ミンスク観光 ミンスク→北京
4日目北京→名古屋

【今回訪れた場所】
①ミンスク
②ミール地方の城と関連建造物群(世界遺産)
③ニャーシュヴィシュにあるラジヴィヴ家の建築複合体(世界遺産)

ベラルーシはなかなか良かったです。
北京から帰るのに大変なことになりましたがそれはまた。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その1 バルカン半島の世界遺産を巡ろう。

かつてヨーロッパの火薬庫と呼ばれたバルカン半島の国々。

今回はセルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、
コソボ、アルバニア、マケドニアの6か国を訪問しました。

バルカン半島周遊 準備編

【旅行準備】
①航空券
エティハド航空で成田とセルビアの往復航空券を手配。

②ホテル
Hotels.comとBooking.comで手配。
ノビ・パザル(1泊)→ティラナ(2泊)→コトル(1泊)→サラエボ(1泊)
→スコピエ(3泊)→ベオグラード(1泊)

③ガイドブック
地球の歩き方「中欧」

④持ち物
機内持ち込みのスーツケースのみ

⑤レンタカー
Rentalcars.comで手配。

【旅程】
1日目 成田空港→アブダビ
2日目 アブダビ→ベオグラード
     ベオグラード→ノビ・パザル
3日目 ノビ・パザル→ティラナ
4日目 ベラト、ギロカストロ日帰り
5日目 ティラナ→コトル
6日目 コトル→モスタル→サラエボ
7日目 サラエボ→ビシェグラード→ベオグラード→スコピエ
8日目 プリシュティナ日帰り
9日目 オフリド日帰り
10日目 スコピエ→ベオグラード
11日目 ベオグラード→アブダビ
12日目 アブダビ→成田空港

Balkans

【今回訪れた場所】
①ストデニツァ修道院(世界遺産)
②ソポチャニ修道院(世界遺産)
③ティラナ
④ベラト・ギロカストラの歴史地区(世界遺産)
⑤コトル(世界遺産)
⑥中世の墓碑ステチュイの墓所群(世界遺産)
⑦モスタルの旧市街(世界遺産)
⑧サラエボ
⑨ビシェグラードのメフメド・パシャ・ソコロビッチ橋(世界遺産)
⑩スコピエ
⑪コソボの中世建造物群(世界遺産)
⑫オフリドの自然遺産、文化遺産(世界遺産)
⑬ベオグラード

セルビアとコソボ間の国境越え問題、国際免許証が通用しない国問題、
それぞれ国境越えると通貨が違う問題。
いろいろとありましたが楽しかったです。
では実際の旅の模様は次回からにしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

旅行準備 その5 旅の自由度が上がる!レンタカー旅。

旅行準備 その5 旅の自由度が上がる!レンタカー旅。

大都市での旅行ではあまり必要ありませんが、
公共交通機関が発達してない旅行先では、レンタカーなら行きたいところに自由に行けます。

レンタカー

というわけで今回はレンタカー旅についてまとめてみます。
これまでニュージーランド、キプロス、バルカン半島でレンタカー旅を経験しました。

国際免許証

まず海外で運転するには国際免許証が必要です。
有効期限は1年間で地元の免許センターや警察署で簡単に取得できます。
日本の免許証の携帯も必要です。

国際的な道路交通に関する条約にはジュネーブ条約とウィーン条約があります。
日本はジュネーブ条約のみ締結しているので、この条約締結国で運転可能です。
他にも2国間協定を有しており、運転可能な国もあるので、渡航前に確認が必要です。

レンタカー

海外でレンタカー旅をするには車の手配をしておくのが賢明です。
特にオートマは台数が限られていることがあるので、予約したほうがいいです。

私が利用しているのはRentalcars.com。
借りる場所と期間を選ぶと大手も地元のレンタカー会社も一括検索してくれます。
日本語のサイトがあるので予約は簡単です。

車を受け取るときにはメーターや車両の傷、ヘコミなど撮影しておきます。
受け取り時のガソリンの量、走行距離を記録しておくためです。

支払いやデポジットにクレジットカードが必要です。

借りた時点でこれだけガソリンが減っていることも。
基本はもとに戻して返します。

⑥レンタカー (10)

保険

Rentalcars.comでは思いがけない事故などのために保険にも入れます。
すでにフルプロテクションの保険に入っていても、
受け取り時カウンターで2重に加入を勧められることがあるので注意しましょう。

ギリシャですれ違い時にミラーをこすってしまいましたが、
保険に入っていたので特に請求されませんでした。
(たいした傷じゃなかったので見過ごされたかもしれません。)

カーナビ

見知らぬ土地で運転するにはカーナビはあったほうがいいです。
地図が分かるだけでなく、制限速度も表示されることが多いので、
スピード違反防止になります。

カーナビを借りられても安心してはいけません。
管理がずさんなので、充電がされていなかったり、
コードが断線していて充電できなかったり。
キプロスで借りたナビは充電ソケットが壊れててて充電できず。
必ず動作確認をしましょう。

地図アプリ

私はオフラインで使用できるMaps.meを利用しています。
カーナビで地図が更新されていない場合などにも有用です。
あらかじめダウンロードしておき、目的地にピンを売っておけば
出発地からナビしてくれるのですごく便利です。

カーナビは英語の国はいいんですけど、
そうでないと入力しても目的地が検索で出てこないことが多いです。
目的地の検索に時間がかかるのはもったいないですよね。

モバイルバッテリー

地図アプリなど途中で充電が切れてしまうと大変です。
モバイルバッテリーがあれば安心です。

国境越え

ヨーロッパなど陸路で国境越えする際は注意が必要です。
国境越えに追加料金を設定している会社もあるので、事前に申請します。

国境越えでは交通ルールが変わる可能性があります。

例えばボスニアとマケドニアでグリーンカード(自動車賠償責任保険)が必要でした。
国境で加入できましたが、こういった情報は事前に調べておく必要があります。

バルカン半島周遊ではRentalcars.comで予約したのですが、
電話して聞くと他国への乗り入れは自身で確認が必要と言われました。

そんな無責任な話あるかなと思いながら日本のHertzに電話するとコソボ以外はOKとのこと。
しかし、事前に書類の手続きが必要だというのです。
Hertzで直接予約したわけじゃないので自分で現地のHertzに連絡するしかないとのこと。
このままHertzで予約しちゃおうかと思ったけど料金がRentalcars.comの倍はする。

仕方ないのでもう一度Rentalcars.comに電話して状況を説明すると、
別の方が対応してくれて全部現地に問い合わせてくれました。
代理店を通して予約してるんだからそれが普通だと思いますが、
最初に電話対応してくれた方はまったくやる気?対応力?がなかったので、
非常に助かりました。

高速道路

高速道路料金も無料の国もあれば日本と同じように料金所がある国もあります。
注意が必要なのは事前に支払いステッカーを張っておく国です。
知らずに国境越えしてきて高速道路を走行してしまうと、罰金刑になります。

ガソリン

これは日本でも同じですが車によって使うガソリンは違いますよね。
車輌受け取り時に確認しておきましょう。

交通マナー

ほとんどの国が日本とは逆の右側通行です。
イギリスやその関連国は左側通行のことが多いです。
右折や左折時に逆走しないように注意が必要です。

速度制限は国によって異なります。
市街地では40-50km/hとかそれ以外では80-90km/h制限ですが
市街地に入ったとたんに適応されるのでスピード違反に注意が必要です。
結構警察が見張っています。

しかし地元の人はスピード狂じゃないかと思うくらいの勢いで飛ばしてます。
カーブでも余裕で追い越してきたり、かなりマナーが悪い国もあります。

事前にしっかり準備をして十分運転に注意して行きたいところに行きたいと思います。

次回からはレンタカーで巡ったバルカン半島旅行です。
では、また!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末ブルガリア その1 ヨーグルトとバラの国、ブルガリアに行こう☆

ブルガリアと言えばヨーグルトで有名ですよね。
トルコに隣接していてアジアとヨーロッパの良さを併せ持つブルガリア。
6月にはバラ祭りが開かれるなどバラの生産でも有名です。
さらに黒海に面していてリゾート地としても人気があります。

今回はレンタカーでブルガリアの世界遺産を巡ることにしました。

週末ブルガリア 準備編

【旅行準備】
①航空券
カタール航空で東京ソフィア往復を手配。

②ホテル
いつものHotels.comでは取り扱いが少ないエリアがあって、
Bookinng.comも利用しました。
ルセ、ネセバル、ソフィアでそれぞれ1泊。

③ガイドブック
地球の歩き方「ブルガリア ルーマニア」

④持ち物
機内持ち込みのスーツケース

⑤レンタカー
Rentalcars.comで手配。

【旅程】
1日目 成田空港→ドーハ
2日目 ドーハ→ソフィア→ルセ
3日目 ルセ→ネセバル
4日目 ネセバル→ソフィア
5日目 ソフィア→ドーハ
6日目 ドーハ→羽田空港

Bulgaria

【今回訪れた場所】
①ボヤナ教会(世界遺産)
②イワノヴォの岩窟教会(世界遺産)
③スヴェシュタリのトラキア人墳墓(世界遺産)
④マダラの騎士像(世界遺産)
⑤カザンラクのトラキア人墳墓(世界遺産)
⑥ソフィア
⑦リラの僧院(世界遺産)

では実際の旅の模様は次回からにしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

土日でソウル その1 おいしいものを食べに行く旅。

久しぶりにソウルに行こう!
土日でどれくらい楽しめるかな?
ってことで今回は土日でソウルに行ってきました。

土日でソウル 準備編

しっかり予定を決めず、行ってから行きたいところへ行って、
食べたいものを食べにいけばいいやと準備。

ソウル

【旅行準備】
①航空券
大韓航空で往復手配。約4万円。

②ホテル
10泊すると1泊無料なのでHotels.comで手配。
南大門市場の近くのホテルに1泊。

③ガイドブック
前に行ったのは3年以上前だったので新たに購入。
Aruco「ソウル」

④持ち物
機内持ち込みのスーツケースのみ。
ハンドバックだけでも良かったくらいです。

【旅程】
1日目 セントレア→仁川
     ソウル市内観光
2日目 ソウル市内観光
    仁川空港→セントレア

【今回訪れた場所】
①南大門市場
②明洞
③益善洞
④仁寺洞
⑤東大門市場
⑥梨花洞
⑦Starfield Library

土日ってものあるけどぎりぎりに決めたので航空券が高かったです。
久しぶりのソウルはご飯がおいしかった!
また味が恋しくなったら行こうかな。
では実際の旅行の模様は次回からにしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー