ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

旅行準備

週末ベトナム・フーコック島 その1 ベトナムのリゾートに行こう。

私の旅行スタイルは基本的にはかなり予定を詰め込んでしまいます。
その反動か、時々、リゾートでのんびりしたい熱がやってきます。
もともとぐーたらなので普段も時間さえあればゆっくりしたいんですけどね。

というわけで近場であまりお金をかけずにのんびりできるリゾートないかな。
できたらご飯がおいしくて、海がきれいなところ。
行ったことのないところがいいな。

いろいろ探した結果、今回はベトナムのフーコック島に行くことにしました。
フーコック島はベトナム最大の島でベトナムよりむしろカンボジアに近い島。
ホーチミンから飛行機で1時間くらいです。

フーコック島

今回は3連休に有休を1日つけて4日間で行ってきました。
フィリピンのエルニドも候補でしたが、
エルニドに行くならダイビングをしたかったけど日数が足りず。
(ダイビング後1日は飛行機に乗れないので5日間は欲しい)

週末ベトナム・フーコック島 準備編

【旅行準備】
①航空券
ベトナム航空で名古屋発、ホーチミン経由フーコック島往復を手配。

②ホテル
フーコック島の空港近くと、町中に1泊ずつ。
10泊すると1泊無料になるのでHotels.comで手配。

③ガイドブック
なし 地図はMaps.meでダウンロード。

④持ち物
機内持ち込みのスーツケースのみ

⑤現地ツアー
ホテルでフーコック島1周ツアーを手配。

【旅程】
1日目  名古屋→ホーチミン→フーコック島
2日目  午後からケーブルカー
3日目  フーコック島1周ツアー
    フーコック島→ホーチミン
4日目  ホーチミン→名古屋

航空券とホテルだけ手配して現地入りしてから予定を立てました。
では、実際の旅の模様は次回からにしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!





ヨルダン旅行 その1 バラ色に輝く古代遺跡、ペトラに行こう☆

中東3大遺跡のひとつ、ヨルダンのペトラ遺跡。
赤い砂岩を彫ってできた、光の加減で美しいバラ色に輝く遺跡。
映画「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」の撮影でも使われた遺跡です。
もう長いことと行きたいと思っていたのですがやっと実現しました。

ヨルダンにはペトラ以外にも魅力がいっぱいです。

jordan

世界で最も海抜が低く、塩分濃度が高すぎるため浮くことのできる死海。
巨岩が立ち並ぶ砂漠、ワディ・ラム。
ビザンチン時代のパレスチナとその周辺の地図のモザイク画「マダバ地図」

やっぱり今回も短期間で行きたいところを詰め込んだので
自由度の高いレンタカーで回ることにしました。

ヨルダン旅行 準備編

【旅行準備】
①航空券
カタール航空で東京ーアンマン往復を手配。

②ホテル
10泊すると1泊無料になるのでHotels.comで手配。
ペトラに2泊、アンマンに2泊。
アンマン1泊にして死海で1泊すれば良かったと激しく後悔。

③ガイドブック
地球の歩き方「ペトラ遺跡とヨルダン レバノン」
ガイドブックでペトラ遺跡に50ページ以上割いてていつもと気合が違う。

④持ち物
機内持ち込みのスーツケースのみ

⑤現地ツアー
ワディ・ラム自然保護区は砂漠なので、ドライバーガイドさんをお願いしました。

⑥レンタカー
Rentalcar.comで手配。現地会社はSixtでした。

【旅程】
1日目 羽田→ドーハ→アンマン
   アンマン→ペトラ(泊)
2日目ペトラ(泊)
3日目ペトラ→ワディ・ラム→アンマン(泊)
4日目ウム・アル・ラサス、マダバ、死海
5日目アンマン、ジュラシュ、アムラ城
   アンマン→ドーハ
6日目ドーハ→成田

【今回訪れた場所】
①ペトラ遺跡(世界遺産)
②ワディ・ラム(世界遺産)
③ウム・アル・ラサス(世界遺産)
④マダバ
⑤アル・マグダス(世界遺産)
⑥死海
⑦アンマン
⑧ジュラシュ
⑨アムラ城(世界遺産)

しょっぱなから大変なことになったりしましたが、
総じてかなり楽しめた旅行でした。
日程の関係で行きたくても行けなかった場所もまだまだあるほど、
ヨルダンは魅力いっぱいの国でした。

では、実際の旅の模様は次回からにしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

週末レバノン その1 レンタカーでレバノンの世界遺産を巡る☆

レバノンは中東のスイスと呼ばれたり、
その首都ベイルートは中東のパリと呼ばれるほど美しいです。
中東3大遺跡のひとつであるバールベックもあり、
非常に魅力の多い国なのです。
(中東3大遺跡他はシリアのパルミラとヨルダンのペトラ)

では、そのレバノンのある場所はというと・・・

レバノン

2006年に侵攻されたイスラエル、2011年以降内戦の続くシリアと国境を接しています。
2015年以降も自爆テロや過激派組織による銃撃戦などが起きていて物騒極まりないです。

2020年1月現在、外務省の海外安全ホームページの危険レベルでは
ベイルートなど主な観光地はレベル1、ただ一番行きたいバールベックはレベル2。
レベル1のエリア内にもパレスチナ難民キャンプが点在しレベル2です。
レベル1は十分注意してください。レベル2は不要不急の渡航中止。

バールベックは迷いましたが行って様子を見て可能なら行くことにしました。
某ツアー会社では旅程に組み込まれていたので行けるかもしれないと考えました。
とはいえ、行くなと言われているところに行くわけなので正直お勧めはできません。

今回はいつも通り短期間に予定を詰めたのと、
公共交通機関がしっかりしてないのでレンタカーを利用しました。

週末レバノン 準備編

【旅行準備】
①航空券
エティハド航空で手配。
名古屋から北京、アブダビ経由でベイルート往復。

②ホテル
10泊すると1泊無料になるのでHotels.comで手配。
ベイルートに2泊。

③ガイドブック
地球の歩き方2019-2020 ペトラ遺跡とヨルダン レバノン

④持ち物
機内持ち込みのスーツケースのみ

⑤レンタカー
Rentalcar.comで手配。現地レンタカー会社はCity Car。

【旅程】
1日目名古屋→北京→アブダビ
2日目アブダビ→ベイルート
   ティルス
3日目アンジャル
    バールベック
    カディーシャ渓谷
    ビブロス遺跡
4日目ベイルート→アブダビ→北京
5日目北京→名古屋

【今回訪れた場所】
①ティルス(世界遺産)
②アンジャル(世界遺産)
③バールベック(世界遺産)
④カディーシャ渓谷(世界遺産)
⑤ビブロス遺跡(世界遺産)
⑥ベイルート

では実際の旅の模様は次回からにしますね!
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

週末リトアニア その1 バルト3国で未踏のリトアニアへ行こう。

バルト3国と言えばエストニア、ラトビア、リトアニアの3か国。
約3年前にフィンランドに行ったついでにエストニアとラトビアを訪問しました。
それからしばらくリトアニアに行く機会を狙っていたのですが、
ネックだったのが航空券です。結構高いんですよ。

アエロフロートだと結構安かったんですが、乗り心地も悪くはなかったけど、
ロシア乗り継ぎはできたら避けたい・・・。
とにかくロシアの空港での手続きに時間がかかりそうで怖い。

あまり寒い時期だと楽しめないし・・・とかって機会を失っていました。
何度目かの正直でポーランド航空で行ってみることにしました。
思えばアエロフロートにしたら良かったんだけどね。

といわけで今回は週末でリトアニアに行ってきました!

リトアニア

週末リトアニア 準備編

【旅行準備】
①航空券
ポーランド航空で手配。ワルシャワ経由。

②ホテル
10泊すると1泊無料になるのでHotels.comで手配。

③ガイドブック
3年前に買った地球の歩き方「バルトの国々」

④持ち物
機内持ち込みのスーツケースのみ

【旅程】
1日目成田→ワルシャワ
2日目ワルシャワ→ビリニュス
3日目ビリニュス→ワルシャワ→成田(+1日)

【今回訪れた場所】
①ビリニュス(世界遺産)

ちょっとしたトラブルに見舞われて予定してた場所に行けなかったり。
潔くあきらめるのも時に大事ですね。

というわけで週末で行ったリトアニアです。
実際の旅の模様は次回からにしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

チュニジア旅行 その1 チュニジアの世界遺産をレンタカーで巡る☆

個人的な行きたい国リストがあるのですが、
チュニジアはだいぶ昔からかなり上位にありました。

チュニジアンブルーと白い壁が美しい地中海沿岸の町、シディ・ブ・サイド。
各地に残る保存状態の良いローマ遺跡。
北アフリカにあり地中海に面する見どころの多い魅力的な旅先です。

次はチュニジアに行こうかなーと思って早4年以上。
というのも2015年3月に起きたバルドー博物館でのテロ以降、
外務省の海外安全情報が、レベル1(十分注意してください)から
レベル2(不要不急の渡航はやめてください)に上がったからです。

それでも2018年に入ってから主要な観光地はレベル1に下がって、
ツアーを催行する旅行会社も出てきたのでそろそろ行けるかなーと。

レベル1になったとはいえ、まだ完全に安心できるわけではなく。
2019年6月にも連続爆破テロ事件がチュニス市内中心部で起きています。

今回私はあまり治安に不安を感じるようなことはなく、
行きたいところに行ってこられましたが、現地の状況は流動的ですので、
もし旅行を予定される場合は最新の情報を参考にしてください。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
今回もいつものように短い日程でチュニジアの文化遺産をすべて巡る強行軍。
公共交通機関だと自由度に限りがあるのでレンタカーを利用しました。

チュニジア旅行 準備編 


【旅行準備】
①航空券
エミレーツ航空で東京とチュニスの往復を手配。

②ホテル
10泊すると1泊無料になるのでHotels.comで手配。
スースに2泊、チュニスに2泊しました。

③ガイドブック
2014年発行の地球の歩き方「チュニジア」2015~2016
テロ以降発行されていなかったので、品薄状態でした。
2019年10月末、2020~2021年版が発行されています。

④持ち物
機内持ち込みのスーツケースのみ

レンタカー
Rentalcars.comで手配(Europcar)。

【旅程】
1日目羽田→ドバイ→チュニス
    チュニス→ドゥッガ→スース
    スース泊
2日目スース→カイルアン→エルジェムの円形闘技場→スース
    スース泊
3日目スース→ケルクアン→シディ・ブ・サイド→チュニス
    チュニス泊
4日目チュニス→カルタゴ→チュニス
   チュニス泊
5日目チュニス→ドバイ
6日目ドバイ→成田

Tunisia

【今回訪れた場所】
①ドゥッガ(世界遺産)
②スース旧市街(世界遺産)
③カイルアン(世界遺産)
④エルジェムの円形闘技場(世界遺産)
⑤ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡(世界遺産)
⑥シディ・ブ・サイド
⑦チュニス旧市街(世界遺産)
⑧カルタゴ遺跡(世界遺産)

チュニジアにはもうひとつ、イシュケル国立公園という自然遺産がありますが、
今回は日数の都合上訪問しませんでした。

というわけでチュニジアの世界遺産をレンタカーで巡ってきました。
実際の旅の模様は次回からにしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
カテゴリー