ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

旅行準備

週末ローマ&サンマリノ その1 ローマから日帰りでサンマリノへ行こう☆

ヨーロッパの小国シリーズ。今回はサンマリノ共和国です。
サンマリノ共和国はイタリアの国内にある世界最古の共和国です。
中世のまま残された歴史地区は世界遺産に登録されています。

サンマリノに行くにはまずイタリアのどこかの都市に飛んで、
そこから陸路で移動するしかありません。
というわけで今回はローマから行くことにしました。
10年以上前にイタリア旅行した時にローマは行ったことがあります。
なので、さらっとですがローマとバチカン市国もついでに巡ります。

サンマリノ

週末ローマ&サンマリノ 準備編

【旅行準備】
①航空券
大韓航空で手配。
名古屋からソウル経由でローマ往復。

②ホテル
10泊すると1泊無料になるのでHotels.comで手配。
ローマのテルミニ駅近くで2泊。

③ガイドブック
Aruco「イタリア」

④持ち物
機内持ち込みのスーツケースのみ。

⑤電車
イタリアの国鉄、Trenitaliaでローマからリミニ駅往復を手配。

【旅程】
1日目 名古屋→ソウル→ローマ
2日目 ローマから日帰りサンマリノ
3日目 バチカン市国、ローマ市内観光
     ローマ→ソウル→名古屋(+1日)

【今回訪れた場所】
①ローマ(世界遺産)
②サンマリノ共和国(世界遺産)
③バチカン市国(世界遺産)

地味なトラブルがあったりしたのですが、
しっかり楽しんできました。
旅の模様はまた次回からにしますね。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

週末ウラジオストク その1 日本から一番近いヨーロッパへ行こう☆

週末海外の大きな壁がビザなのですが、ロシアもビザが必要です。
ウラジオストクを含む沿海州は電子ビザで入国できるようになったので、
3連休を利用して行ってきました。

週末ウラジオストク 準備編

S7 Airlineが成田空港からウラジオストクまで直行便を出してて
たった2時間半くらいでヨーロッパへ行けます。
日本から一番近いヨーロッパですね。
というわけで今回はサクッと週末でウラジオストクです。
地図で見てもめちゃくちゃ近いですからね。

ウラジオストク

【旅行準備】
①航空券
S7 airlineで成田空港とウラジオストク往復を手配。
しかしカード決済がうまくできずExpediaで購入。
何でかなロシアのカードじゃないとダメかも。

②ホテル
10泊すると1泊無料になるのでHotels.comで手配。
ウラジオストクで2泊しました。

③ガイドブック
地球の歩き方 Plat ウラジオストク

④持ち物
たったの2泊3日なのでトートバッグのみ。

⑤電子ビザ
すごく素早く発給されました。
面倒なのは顔写真のアップロードくらい。

【旅程】
1日目成田空港→ウラジオストク
2日目ウラジオストク
3日目ウラジオストク→成田空港

では、実際の旅の模様は次回からにしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

ケニア・タンザニア旅行 その2 ケニアビザ手配とマラリア予防。

今回は旅行前の準備についてです。

ケニア・タンザニア旅行 準備編2

ケニアとタンザニアに行くにあたって、必要なもの。
まずは両国ともビザが必要です。

①ビザ取得について

どちらもアライバルビザが取得可能らしいですが、
ケニアビザはオンライン申請できます。

スムーズに入国したいのでオンラインで申請しました。
料金は51ドル+手数料1.53ドル。

ちょっと面倒なのが航空券のPDFファイル、パスポート、
顔写真のJPEGファイルが必要なことでしょうか。
顔写真のサイズも要求通りじゃないとはじかれます。

まずアカウント作成、申請書入力して支払いすればok。
公式サイトでは営業日2日で申請が承認されるとあって、
すぐにくるだろうと思ってたら全然来ませんでした。

その後1週間も承認されず。
え?地味に焦る。現地で取得できるかな。

結局承認されたのが出発前夜。
すでにホテルに滞在していたし確認しなかったのが悪いんですけど、
承認されたのに名古屋空港、出発ゲートで気が付きました。

これ、どうやって印刷したらいいんだ・・・。

って困ってたけど、香港のPlaza Plemium Loungeで印刷できました。
めちゃくちゃ助かったー!!ダメもとで言ってみるものですね。
香港がだめだったらドーハのラウンジにもプリンターがありました。

Plaza Plemium Lounge (6)

でも調べたらこうやって困る人が沢山いたみたい。
なので、オンライン申請ははやめにやること、
3日以上経過しても承認されなかったら大使館に問い合わせること。
がお勧めです。

タンザニアビザもオンライン申請できるという情報があって、
それらしきサイトもあったり、郵送申請も可能だったりするのですが、
大使館に電話したら現地取得できますってことだったので、
あっさり現地取得に切り替えました。料金は50USドルでした。

さて、次はマラリア予防

②マラリア予防について

マラリアは蚊が媒介する寄生虫が原因です。
最悪死に至る恐ろしい病気なので、できれば予防したいところ。

正直サファリだけ、キャンプせずにロッジ宿泊なら
あんまり蚊に刺される心配はないのかなと思いました。
高地なので比較的涼しいですし、日焼けしたくないから長袖長ズボン。
もちろん虫よけスプレーも使って最大限防御してましたが。

部屋に「おすだけベープ」を使いまくって、
自身にも虫よけリングを使ったりしました。

でもザンジバルではそんな予防は全く効を奏さず。
無数に刺されまくってました。
終わった・・・と思ったものの発症しなかったので、
大丈夫だったのでしょう。

もし刺されても完全に予防できるわけじゃないですが、
予防薬を内服していました。

今回使用したのはマラロン。
比較的副作用の少ない1日1回1錠内服するタイプの予防薬。
なんと1錠500円もします。
渡航の1日前から帰国1週間後まで内服します。

マラロン

というわけで薬代だけで約1万円でした。高い。
ちなみに予防薬なので完全に自費診療です。
でも、安全には変えられませんね。

他にも1週間1回内服(渡航1週間前から帰国後4週間まで)
で1錠約800円のメファキンって薬もあるみたいでしたが、
1週間1回で帰国後1か月も続けるとか完全に飲み忘れる自信があったので、
やめました。

③黄熱病の予防接種(イエローカード)

他にも黄熱病の予防接種がタンザニア入国時に求められる場合があります。
ナマンガ国境でイエローカードの提示を求められました。
私は他国への渡航時にすでに済ませていたので大丈夫でした。
ちなみにエチオピア経由で行くのもメジャーらしいのですが、
その場合もイエローカードが必要みたいです。

黄熱病の予防接種はできる施設が限られますし、
予約制で予約枠も限られているので早めに準備が必要です。
ちなみに2016年7月11日以降、接種後生涯有効となっています。

④その他持ち物など

速乾Tシャツ、パンツ、下着が重宝しました。
速乾Tシャツ、パンツなどは登山用のMont-bellのもの。
かなり優秀で、型崩れせずすぐに乾きます。
下着はユニクロです。
ジップロックを持って行って毎日洗濯していました。
100均で売ってる小さな省スペースピンチハンガーが役立ちました。

とにかく毎日誇りまみれになるので洗濯せずにはいられません。
でも思ったより自分の時間がなかったり夜は停電したりするので、
洗濯が間に合わない可能性も考えていつもより多めがよさそうです。

帽子とサングラスもあった方が良いかと思います。
眩しすぎて目がやられます。

朝と夜はとても冷えます。
フリース、ウルトラライトダウンを持って行って良かったです。

サファリの日は基本、帽子サングラス、速乾Tシャツ、パンツ、
UVカットパーカー、スニーカーという服装でした。
寒いときはこれに上着です。

これで町中を歩いていたら完全に不審者な感じでしょう。

あとね、懐中電灯。絶対必要。
夜間停電する施設が多くて持って行って大正解。

そして、米ドル。両替するなら50ドルとか100ドル札がレートがいいです。
そのまま支払う小額紙幣も必要です。

てなわけでいつもとは持っていくものなども少し勝手が違いました。
次回から旅の模様についてです。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

ケニア・タンザニア旅行 その1 大自然の中でサファリを満喫しよう☆

最近は比較的都会の旅先が続いていたので反動が来て、
大自然の中で野生動物を見たいなーと。

大自然で野生動物と言えばサファリ。
サファリならケニアとかタンザニアが思い浮かびます。
いつも旅行先が決まったらやりたいことリスト作るんですが、

ケニアならマサイマラ国立自然保護区ははずせない。
ケニア・タンザニアに行くならキリマンジャロもはずせない。
でも登山じゃなくて見られればいいかな。
タンザニアならンゴロゴロ自然保護区ははずせない。
ザンジバル島も行きたい。

って結構こだわり多めでした。

最初は自分で全部手配しようと思ったけど、
サファリだから車の手配が必要。
しかも土地に詳しいガイドさんも必要。

短期間でこれだけいろいろ行こうとしていると自分で手配するのは厳しいか。
しかも動き出したのが1か月前。
こりゃ手っ取り早く旅行会社で手配してもらった方がよさそう。

というわけで1件目。
以前お願いしたこともありまずは希望をだして見積もりしてもらおうと連絡。
そしたら全然取り合ってもらえず。

すごく高いからやめた方がいい、既存のツアーに参加した方がいい。
その勧められた既存のツアー全然私の希望に合う内容じゃないんですよね。
見積もり自体しないで上記の返答。

これは正直お願いしたくない感じです。
というわけで依頼は取りやめると連絡しましたが、
その返事すらくれませんでした。
前はすごく良かったのにな。

2件目、今回お願いしたマックスサファリさん。
私の行きたいところが多すぎる希望、全部かなえてくれました。
無茶な希望かなーと思ったのに、すごいです。
最初の見積もりからさらに自分の希望を追加してアレンジしてもらえました。
不要な所を削ったり、増やしたり。
その対応もすごく早かったです。

といわけで今回はケニア・タンザニアでサファリ三昧+世界遺産のザンジバル島です。

ケニア・タンザニア

ケニア・タンザニア旅行 準備編 1

【旅行準備】
①航空券
カタール航空で手配。
名古屋発で往路は香港経由、復路はソウル経由。

②ホテルなど現地手配
マックスサファリさんで手配。

③ガイドブック
地球の歩き方「ケニア・タンザニア」

④持ち物
セスナを利用した関係で30Lのバックパックのみ。

⑤ビザ
ケニア:オンライン申請
タンザニア:現地取得

【旅程】
1日目名古屋→香港→ドーハ
2日目ドーハ→ナイロビ
3日目マサイマラ国立保護区
4日目ナクル湖
5日目アンボセリ湖
6日目アンボセリ湖→カラツ
7日目ンゴロゴロ自然保護区
8・9日目セレンゲティ国立公園
10日目セレンゲティ→ザンジバル
11日目ザンジバル
12日目ザンジバル→ドーハ
13日目ドーハ→ソウル→名古屋

毎日サファリ三昧でかなり満喫しました。
次回はもう少し細かい旅行準備についてにしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

週末スロバキア その1 レンタカーでスロバキアの世界遺産を巡ろう。

連休+αでスロバキアの世界遺産を巡ることにしました。
スロバキアの世界遺産は国中に散らばっていて、
効率よく移動するためにレンタカーで巡ることに。

週末スロバキア 準備編

スロバキアはオーストリアの隣にある完全な内陸国です。

スロバキア

ブラスチラバまではウィーンからかなり近いので、
直行便のあるウィーンでレンタカーを借りることにしました。

【旅行準備】
①航空券
ANAでウィーン往復を手配。
前回に引き続き、今回もANAです。

②ホテル
10泊すると1泊無料になるのでHotels.comで手配。
コシツェに2泊、ブラスチラバに1泊。

③ガイドブック
地球の歩き方「チェコ ポーランド スロバキア」
ポーランドに行ったときに買ったやつを使用。

④持ち物
機内持ち込みのスーツケースのみ。

⑤レンタカー
Rentalcars.comで手配。

【旅程】
1日目羽田→Vienna→Kosice
    途中Hronsek,Vlkolinec,Spissky Hrad観光
2日目Jasovska Cave,Bardeojv,Poloniniy National park観光
3日目Kosice→Banska Stiavinica→Brastilava
4日目Brastilava→Vienna→羽田(+1日)

【今回訪れた場所】
①Hronsekの木造教会(世界遺産)
②Vlkolnec(世界遺産)
③Spissky Hrad(世界遺産)
④Jasovska cave(世界遺産)
⑤Bardejov(世界遺産)
⑥Poloniny National Park(世界遺産)
⑦Banska Stiavinica(世界遺産)
⑧Kosice(スロバキア第2の都市)
⑨Brastilava(スロバキアの首都)
⑩Neusiedlersee(世界遺産:オーストリア)

スロバキアは自然あり歴史都市あり古城ありと見どころ満載でした。
というわけで旅の模様は次回からにしますね。
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
カテゴリー