ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

旅のトラブル

週末ギリシャ その21 絶景のドライブから一転、車のトラブル。

ギリシャの週末旅。
デルフィへ行く途中でちょっとしたトラブル・・・。

週末ギリシャ 4日目 ④

デルフィまでオシオス・ルカス修道院から車で約1時間ほど。
結構標高の高いところを走っていき、かなり景色のきれいなドライブ。

⑤デルフィ (1)

絶景です!

⑤デルフィ (2)

っていい気分で車を走らせていました。

すると、途中かなり観光客の多い、道がびっくりするくらい狭い町に入ります。
え、これ行ける?って思うくらいの道なんですが、
そこに大型バスが反対からやってきたりするんですよ!
いや、無理でしょ。なんでここ通るの!?
(多分他に道がない)

でもさすがに大型バスの運転手さん。
問題なくすれ違ってくれました。
はー、良かった。

狭い通りをたくさんの観光客が歩いているので、
余裕で人が車道を歩いています。しかも車をよける気なし。
仕方ないので、こちらがよけるしかありません。
すると、向こうから若い女性が運転する車がやってきました。

後ろにも車がいましたし、車道に人もいますし、
困って人がいなくなるまで待とうと思っていたらそのまま進んできました。
え?すれ違える?心配していると、車に衝撃が。
やっぱ無理だよね、ぶつかったな。
と思いましたけど、向こうは構わずに行ってしまいました。

向こうが先に来ていたらこちらは向こうが通り過ぎるまで待っていたと思います。
多くの人が車道を歩いている状況でしたし、
ゆっくり人を避けようとしていたところに、
ちょうど向こうから車が来てしまったんですよね。

車を確認しようにも停車できる場所もしばらくなく、
そのまま走るしかありませんでした。
だいぶ走ってから確認すると、サイドミラーに少し傷がついていました。
幸い、こういう時のためにフルプロテクションの保険に入っています。

保険入ってて良かったです。
そして、運転気を付けよう。
今回はこのくらいで済んだけど何があるか分かりませんからね。
そう思った出来事でした。

こんなトラブルもありつつ世界遺産のデルフィ遺跡へ向かいます。
長くなってしまったので続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末バンコク&ストックホルム その17 ヒュートリエット市場でランチ。

ストックホルムの週末旅。
ランチはヒュートリエット市場で頂きます。

週末バンコク&ストックホルム 3日目 ②


実は前の晩、Kajsas Fiskで夕食の時上着を着ていたのですが、
スープで暑くなってしまい、脱いだまま帰ってきてしまったのです。
大失態。上着を忘れて帰っちゃうなんて自分にびっくりです。

土曜日のこの日、ヒュートリエット市場の営業時間は11:00-16:00。そして、日曜日はお休み。
つまりお昼の時間帯に取りに行かなければあきらめるしかない。

ってことで、お昼ごはんはヒュートリエット市場に行くことに。

ヒュートリエット市場 (1)

Kajsas Fiskへ行くと、お昼時とあって大行列。

でもフロアで接客しているお姉さんの手の空いた隙に上着を忘れたことを伝えると、ちゃんと取っておいてくれてました。
良かった!!
夜は上着がないと結構寒いんですよ。

Kajsas Fiskでランチしたかったけど大行列でしたので、別のお店で食べることにしました。

昼食 (4)

あんまり時間もないのでささっと買って食べられる、オープンサンドにしました。

昼食 (2)

エビサラダにいくらが乗ってるやつとサーモングリル。
ふたつで120SEK。普通においしい。
食べてみたら結構なボリュームで一つで十分でした。

でもデザートは別腹なので上の階にあるジェラートショップへ。

ジェラート (2)

ここで、ピスタチオのジェラート。30SEK。

ジェラート (1)

これは味の選択を誤ったかも。
あんまりおいしくなかったです。

さて、この後はストックホルムの博物館めぐり!
まずは北方民族博物館へ行きます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

週末重慶&福岡 その15 絶景の重慶の夜景と洪崖洞☆

重慶の週末旅。
夕食の後、夜景を見るために洪崖洞を訪れます。

週末重慶&福岡 4日目 ⑤

洪崖洞は吊脚楼と呼ばれる重慶周辺に独特の建築様式の建物が並んだエリア。
重慶は長江と嘉陵江の合流点にある都市ですが、洪崖洞はこの嘉陵江に面しています。

重慶一の繁華街である解放碑周辺からは歩いて10分くらい。
嘉陵江には橋が架かっているのでそこから夜景を見ることにしました。
向こうは重慶のビル群が立ち並ぶエリア。
これでも十分きれい。

夜景 (1)

橋の真ん中から嘉陵江を臨むと近代的な重慶の街が見渡せます。

夜景 (12)

そして洪崖洞。まるでお城みたいです。
中国様式の建物と後ろにそびえるビル群との対比がすごいです。

夜景 (26)

橋を渡り切って眺めてみました。

夜景 (21)

これはなかなかきれいな夜景です。

その洪崖洞は飲食店や商店が集まる商業施設として利用されています。
せっかくなので中も歩いてみました。

洪崖洞 (2)

ビル群がある高さから洪崖洞の最下層のある川沿いまでは10階分くらい。
とても階段で行き来できないのでエレベータがあるのですが、
沢山の人がおしかけ大行列でした。

洪崖洞 (1)

中から見る景色も結構良かったです。

洪崖洞 (6)

一番下まで行って洪崖洞の端から橋のほうを眺めた景色もすごいみたいです。
結構夜遅くなってしまったのでもう帰ることにしました。

地下鉄に乗ろうと思って駅へ行くとセキュリティチェックが終了してました。
おや・・・これはマズイ展開。
まだ22:30頃だったと思いますがどうやら終電を逃したようです。

タクシーで帰るかと思ったものの、全然捕まらないし、
乗り場もどこだかわからず。

困ったなーと思って歩きながら何気なくバス停を見ると夜バスが運行してました。
ホテルのある両路口行きもある!それも23:00くらいが終バス。
乗れるかな?と思って少し待ってると来ました!

でも両路口に本当に行ってくれるか分かりません。
運転手さんに筆談で聞いても行かないとのこと。
じゃあだめかと思って降りようとすると、
若い地元の女の子が声をかけてくれて運転手さんに確認してくれました。

両路口に行くとのこと!
日本語で「行く」と教えてくれました。
優しすぎて本当に感謝です。

洪崖洞の夜景はきれいですが重慶の地下鉄は結構早めに終わるので、
要注意です。

翌日は帰国です。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

ロシア旅行 その5 モスクワでヨーロッパ絵画を堪能するならプーシキン美術館!

ロシア到着日の夕方、外も全然明るいしプーシキン美術館に行ってみました!

ロシア旅行 1日目 ④

プーシキン美術館は救世主キリスト教会のあるクロポトキンスカヤ駅からすぐ。

救世主キリスト教会 (4)

ここで、いきなりのアクシデント。
救世主キリスト教会の写真を撮ってたらトラックが目の前を通過。
思いっきり泥水をかけられ体の半分がびっしょびしょに。
なかなかの泥水でじゃりじゃりな感じになってしまいました。

うそでしょ・・・。
これから美術館に行くんですよ。
カメラにかからなくて良かった・・・。

冷たいしもうサイアクです。泣きたい。
幸い、もともと暗めの色の服だったので濡れてるのはあまり目立たない。
しかし、肝心のプーシキン美術館が見当たらない。

大きな美術館があったのでここかな?と思って、
事前購入しておいたチケット(300RUB)を見せると、
「今日はもうクローズよ。」とのこと。

え?現在19:30。今日は21:00までのはず。
聞いてみるとこの日は特別企画で招待客のみが入れるよう。
そんなことホームページに書いてなかったし。
今日限定のチケットなんですよ、だめなら買えないはずですよね。

うーん、困ったなー。
でもチケット買えたよーって粘ってみました。
すると、「特別よ。」って感じで中に入れてくれようとしたんだけど、
中のカウンターで「この美術館、ここじゃないわよ。」

え?マジ?
結局駅からホントに歩いてすぐで、あまりに近く、小さすぎてスルーしてました。
大きな美術館はプーシキン美術館の本館で、
私が行こうとしてたのはプーシキン美術館の分館。
それでわけのわからないことになってたみたい。

プーシキン美術館 (194)

あまりにさりげなさ過ぎて分からなかった!
入場は閉館の1時間前まで。現在19:45。間に合って良かった!

まずは3Fから。
ここで有名なのがマティスの「金魚」。色鮮やか!

プーシキン美術館 (10)

一部屋ずつ画家ごとに展示されていて結構こじんまりしてるので
1時間半くらいで全部見られました。この時間はお客さんも少なめ。

アンリ・ルソーの部屋も。

プーシキン美術館 (16)

そしてピカソの部屋。
キュービズムの初期かそれ以前の作品がメイン。
「アルルカンと女友達」

プーシキン美術館 (27)

2Fへ移動。
ドガの「写真スタジオでポーズする踊り子」

プーシキン美術館 (75)

ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの庭で」

⑧プーシキン美術館 (85)

クロード・モネの「草上の昼食」

プーシキン美術館 (108)

セザンヌの「ピエロとアルルカン」

プーシキン美術館 (141)

ゴッホの「赤いブドウ畑」

プーシキン美術館 (164)

いやー、ちゃんと見られて良かったです。
他にもシャガールやゴヤ、ゴーギャン、ボテロなど。
名作ぞろい!

しかし、さすがに疲れました。
結構乾いたとはいえ半身ずぶぬれですしね。
夜ご飯は近くのマックで。

ロシア語しか通じないだろうし・・・とちょっと不安でしたが、
なんとセルフオーダーでした。
これは言葉が通じない外国ではありがたい!しかも英語が選べる!

マック (3)

軽く食べたかったのでチーズバーガーとポテトとケチャップとジュース。
ケチャップが有料だったのはちょっと驚き。20RUB。
でもソースの種類が豊富でした。
カードで支払いを済ませて番号が表示されるのを待てばok。(153RUB)

マック (1)

チーズバーガーのクオリティ・・・。

マック (2)

玉ねぎはみ出しすぎ(笑)そしてチーズが硬いまんま。
日本で食べるほうが絶対おいしいだろうけど、日本よりは安かったです。

ホテルに戻って濡れた洋服を洗濯して休みました。
次の日はついに憧れの赤の広場に行きます!
では、また!

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

クロアチア旅行 その4 ドーハ乗り継ぎで世界遺産、アルズバラ・フォートへ行ってみた。

クロアチアへの乗り継ぎ地、カタールのドーハで長めの乗り継ぎ。
乗り継ぎ時間で世界遺産のアルズバラ・フォートを訪れます。

クロアチア旅行 2日目 ② 【カタール乗り継ぎ】

ホテルでシャワーを済ませて仮眠して朝食をとったらホテルを出発。
チェックイン時にレセプションでタクシーをお願いしておきました。
バスのチケット購入はバスターミナルでしかできなさそうだったので、タクシーを利用。

ホテルの外に出るとびっくりするくらい暑い!

アルガニム・ステーションまで20分くらいで50QAR。(約1500円)
空港からホテルへのミニバンのドライバーさんもだったけど、
タクシードライバーさんも走りながらいろいろ教えてくれました。

すると、ラクダで移動する人々が。
めったにない光景にちょっとテンションが上がります。

ドーハ (1)

バスターミナルは結構大きくてバス停がいくつもあるので
公共交通機関としてバスが割と発達しているようでした。

バス (1)

まずはバスチケットを買わないとなりません。
どこで買えばいいか分からず職員風のおじさんに聞くと英語で教えてくれました

バスターミナルの奥にある建物がチケットオフィスです。
アルズバラ・フォートに行きたいと伝えると、乗り放題パスがいいとのこと。
1日乗り放題パス 20QARを購入しました。

バス (2)

トイレはどこか尋ねるとカギを渡してくれ、案内してくれました。
トイレ内に個室は2つあったけど、入り口のカギしか閉まらず。
仕方ないので入口のカギを閉めて利用しました。

google mapでバス時間を調べたら9:00発だったので早く来たけど、
バスは9:30発でした。次は15:30、21:30。

外はとにかく暑いので涼みたい!
と思って周囲を見渡すとエアコンの聞いた待合室発見!
でも中に入ってみると男性しかいません。
おや?

職員のおじさんが気が付いて女性用待合室に案内してくれました。

バス (5)

カタールはイスラム教の国。
待合室は男女別に設けられていました。

そして女性用は男性用よりずっと広く作られていました。
しかし、そもそもバスを利用する女性が非常に少なく、
待っている間にも2人くらいしか見かけませんでした。
それも外国人です。

カタールの人口のほとんどは出稼ぎの外国人で、
基本的にお金持ちの国なのでカタール人はバスは利用しないんでしょうね。

涼しい待合室で待っているとバスの時間。
100番のバスに乗ります。
乗り場はメインのバス停の奥で反対側にあります。

バス (6)

バスに乗ると、ここでも女性専用シート。
なぜか後から乗ってきた男性がガラガラなのに私の隣に座ったら、
ドライバーさんが注意してくれて移動させてくれました。

バス (7)

アル・ズバラフォートはドーハの北100㎞に位置する砦。
アル・ズバラは18世紀に真珠取引で栄えた街で当時はいくつも砦があったようですが、
現在はひとつだけが残るのみだそうです。
そして2013年にカタール初の世界遺産として登録されました。

ドーハからはバスで2時間ほどです。
車内の女性は私一人だけでしたし、起きていなくちゃと思ったのですが、
睡魔に勝てず大爆睡。ほとんど眠ってるうちに到着しました。
なぜだかラクダが2頭。移動手段かな?

Al Zubarah fort (6)

バス乗車時にアル・ズバラ・フォートで降りたいと伝えておきました。
バスを降りるとものすごい暑さです。
太陽がまぶしくて目を開けていられないほど。
サングラス持ってくればよかった!

そして心配していた入場料はありませんでした。
さすが、カタール。
教育も医療も無料らしいので、観光客から入場料なんて取らないのですね。

砂漠にぽつんときれいな砦が立っている感じです。
写真には写ってませんが、管理事務所と博物館が併設されています。

Al Zubarah fort (13)

ここは海が割と近く、遠くのほうに海が見えてました。

Al Zubarah fort (37)

内部に入ってみます。

Al Zubarah fort (19)

内部には発掘に関する展示などがしてありました。
暑すぎて日陰しか歩けません。

Al Zubarah fort (27)

速攻で見終わったので隣の博物館へ。

Al Zubarah fort (41)

展示は割と充実しているのですが15分程で見終わってしまいました。
外は暑すぎるし、ここは一応冷房が効いてます。

Al Zubarah fort (45)

バスが来るまでここで待たせてもらうことにしました。
館内は私しかおらず、警備員の男性が話しかけてきました。
ホントはほっておいて欲しかったけど適当に話を合わせてました。

すると、この男性がだんだん怪しい雰囲気に。
若干セクハラまがいな感じなんですよね。
最終的に「キスをしていいか?」って聞いてきたので
いいわけもなく、暑いけど外で待ったほうがいいやと思って外へ。

私が出ていく背後でひたすら謝っていたけど、
気持ち悪いので無視して出ていきました。

一人旅の女性の方、気を付けてください。

外へ出たのが多分12:15頃。
もっと早い時間じゃなくて良かった・・・。
バスは12:26頃来るはずなので外で待つことにしました。

しかし12:30になってもバスが来ない。
まさか、すでに行ってしまったなんてことないよな。
次のバスは18:26なので、こんなとこにいたら確実に死んでしまう。
水なんて売ってないし、あのセクハラ男と一緒にいたくない。

何だか急に不安になってきた頃、バスが登場。
良かったー!!無事帰れるー!

来たバスは乗ってきたバスと同じでドライバーも同じだったので、
降りるときに帰りも乗るって伝えておくのがいいかもしれません。

帰りのバスでのひたすら眠り続け無事ドーハに戻ってきました。
うーん、気をつけなくちゃいけないなー。

こういう面倒を少しでも避けるために旅行の時は左手の薬指に指輪つけてたりしてたのに、
クロアチアだから大丈夫とうっかりしてました。
洋服は上下肌を隠していたんですけどね。
気をつけなくちゃいけませんね。

この後はドーハの街歩きをします。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー