ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

旅のトラブル

コーカサス旅行 その33 現地ツアーが予約できてなかった件。

コーカサス3か国を巡る旅。2か国目はジョージア☆
ちょっと困ったトラブルが起きたのでご紹介します。

コーカサス旅行 4日目 ⑥


今回ジョージアの世界遺産にできるだけ行こうと思って。
ジョージア西部にあるクタイシ近郊の修道院を観光する現地ツアーを申し込んでいました。
ゲラティ修道院と世界遺産登録を抹消されたバクラティ大聖堂に行くプランを予約。
Viatorで申し込んで45ドルでした。
即日予約確定でも予約確認書も印刷してきました。

クタイシ

クタイシはティビリシからは220㎞程離れていて、
クタイシ到着後もタクシーでないと大聖堂と修道院に行くのは厳しいです。
だったら最初から現地ツアーでいいかなと。

ただ何となくちゃんと予約できてるか気になって、
現地の旅行会社に翌朝の集合時間に間違いないか電話してみました。
(言葉が通じないと困ると思って、ホテルの人にお願いしました)

そしたら大変なことが発覚。
そもそもその日、そのツアーはないらしい。

え!?
旅行会社の人によると明後日ならあるよとのこと。
明後日はアルメニアに行くから無理だし。
プライベートツアーなら行けるとか言い出す始末。

とりあえず、他の旅行会社にあたってみることにしたのですが、
やっぱり明後日しかないみたい。
プライベートツアーだと150ドルくらいするらしい。
高いですよね。45ドルのつもりだったし。

そこで自由広場にあるティビリシの観光案内所へ。

ティビリシ (1)

ちょうどこっち側に観光案内所があります。
クタイシにバスで日帰りできるか聞いてみる。
Didubeという地下鉄駅からバスが出ていて、
8:00から1時間毎出発で10GEL(約400円)。所要時間3時間半。
クタイシ発のバスは最終が20:00発。

それなら何とか行けそうだ。
っていうか最初から面倒くさがらずにバスで行くことにすれば良かった。

ちなみにViatorのキャンセル料。
24時間前までならキャンセル無料なんですが、
それ以降は全額自己負担。
でも今回は私に何の落ち度もないしね。

現地滞在中だと国際電話になるので、帰国後日本支社に電話しました。
すると、なかなか電話がつながらなかったけど、ちゃんと全額返金。
しかも結構あっさり戻ってきました。

現地旅行会社にも電話して予約確認書とかホテルの人がメールしてくれたりしたからかも。
とりあえず、行きたいところには行けたし、お金も帰ってきたし。
めでたしめでたしです。

最初はかなり焦ったけどね。
ってことで次の日はクタイシに日帰りします。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

コーカサス旅行 その31 まさかのホワイトアウト。

コーカサス3か国を巡る旅、2か国目はジョージア。
ジョージア軍用道路のツアーの途中です。

コーカサス旅行 4日目 ④

ジョージア軍用道路は絶景続きの道路として知られています。

ジョージア軍用道路 (3)

夏だったらたしかに絶景だろうなー。
この日は天気も良くなかったしね。

だんだん標高が高くなってきて雪景色が増えてきた。

ジョージア軍用道路 (6)

そして到着したのは・・・

ジョージア軍用道路 (12)

スキー場???

どうやら、このツアー、スキー体験ができるみたい。
全然知らなかったですが、こんな寒い中スキーしたくない・・・。

もう一人の子はスキーが初めてらしく、楽しみに来たみたい。

ジョージア軍用道路 (11)

正直普通の靴でべちゃべちゃに濡れたスキー場に入るのも嫌でしたが、
仕方ないですね。寒い中外で待つ羽目に。
せめて車の中で待たせて欲しかったな。

やっと手続きが終わったようでカフェで待てることに。
カプチーノ16GEL(約640円)、山の中なので高いですね。

ジョージア軍用道路 (15)

1時間くらいガイドさんとここで待ってたかな。

この後はカズベキ山へ。
少し走ったところでだんだん雪が強くなってきた。

ジョージア軍用道路 (22)

これ、やばくない?
このまま進むのは危険すぎない?戻った方がよさそう。
ガイドさんにそう伝えると、もう一人の子にも確認して引き返す。

そのあと、道路もほぼ真っ白に。
何にも見えない、まさかのホワイトアウト。

戻ったおかげでだんだん視界はよくなってきたけど、
まだ反対方向に向かう車がいて、ガイドさんが声をかけて止めたけど。
それでも行く人っているんですよね。

そのすぐあとだったかな、レスキュー隊が出動してました。
もちろん通行止めになったしね。

帰る途中にあったモニュメント。

ジョージア軍用道路 (16)

猛吹雪だったので、私は車中で待機。
もう一人の子とガイドさんは走って見に行ったけど。

スキーをしないでそのまま進んでたら戻って来られなくなってたはず。
なので、もう一人の子がスキーしてくれたことに感謝ですね。
予想外に早い時間でしたがティビリシに戻ったのでした。

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

週末フィジー その2 成田空港へ行けないトラブル。

週末弾丸で行くフィジー。
成田空港発のナンディ行きの便を利用します。

週末フィジー 1日目 ①

成田21:30発のナンディ行き。
品川駅に着いたのが17:00前。
品川駅から成田エクスプレスで1時間くらいなので、
かなり時間に余裕がありました。

品川で降りる直前、新幹線の車内で総武快速が運転見合わせのアナウンス。
まさかそれが成田エクスプレスとは知らずに降りたら、
乗り継ぐはずの成田エクスプレスがない。

ホームに案内する人が立っててもいいと思うのに、
誰も事情を聞ける人がいなくて、改札まで戻ります。

すると、線路が陥没して?運転再開の見通しがたってないと。
実はこの日、朝から京成線が全線運転見合わせてました。
つまり電車はどっちも使えないわけです。
東京駅まで移動してバスか。

仕方ないので普通列車で東京駅に移動。
新幹線で東京駅まで移動したかったなぁ。

ここでJRバス乗り場へ行ってみると700人待ちとのこと。
何も楽しくないのに案内してるJRバスの人、
笑いながら「もう今日は無理ですよ。」って。
いや、無理じゃ困るのよ。

こうなったら京成バスか。
残念なことにこういう日に限って雨。
仕方なく道路を渡って京成バス乗り場へ。
ここでも長蛇の列ができてたけどJRバスよりまだまし。

いつ乗れるか分からないけど待つしかない。
ちなみにタクシーだと東京駅から成田空港まで約3万円らしい。
周りの人と乗り合いでタクシーで向かった人もいました。
でも、こんな状況だからタクシーも長蛇の列でした。

おとなしく京成バス乗り場で順番に待っていたけど、
危機的状況?だからか順番守らない人、いっぱいいるんですよね。

私は1列目の最後尾でした。
私の後ろの人が2列目の最前列に行ってしまったので、
そのあと来た人たちは2列目、3列目と並ぶことになってました。

バスが来て当然1列目からバスに乗っていきます。
1列目が進みだすと私が最後尾のはずなのに、
何人も2列目の後ろの方から移動してきちゃったんです。

私で最後のはずなのに後にどんどん人が来ちゃうから、
係の人が見かねて1列目を止めて2列目をバスに乗せます。

最初からちゃんと待ってるのに正直迷惑です。
何で順番守らないかな。
それでも何とか18:00頃バスに乗れて19:20頃空港到着。
余裕を持って出てきたおかげでフライトを逃さずに済みました。

ほっと一息して銀だこでたこ焼き。

銀だこ (1)

銀だこ (3)

空港でシャワーを浴びてからボーディングするつもりだったのに、
時間があまりなくなってしまったので、浴びる時間ありませんでした。

こういうことがあると時間に余裕を持ってくるのって本当に大事。
って思いますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!
続きは次回にしますね。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末ベラルーシ その20 北京でまさかの空港泊。

ベラルーシの週末旅。
北京から帰国する予定でしたがやっぱりというかトラブル発生。

週末ベラルーシ 4日目 ②


ゲートへ行ってみたら何やら様子がおかしい。

嵐で遅延 (1)

同じゲートを利用する前の便がまだ飛んでない。
おや、何で?

外を見るとこの天気。

嵐で遅延 (2)

もしやこれは帰れないパターン?
聞くと午後1時頃から飛行機の離陸はほとんどストップしてたらしい。

まじか、やばいなと不安に思ってたけど何とか前の便は出発。
良かった、とりあえず今日中に帰れそうかな?
その後2時間くらい遅延してたけどボーディング開始。

北京→名古屋便っていつも沖止めなので、バス移動。
この土砂降りのなか走って機内へ。
しかし1時間たっても次のバスの人たちがやってこない。

CAさんたちの話が少し聞こえてどうやら中止になったらしい。
うそでしょ、乗ったのに戻るとか初めてなんだけど。

そうしてここからがまた大変でした。

振替というか新たな出発時間は翌朝の7時に決定。
朝5時には空港に戻るように言われました。

私を含めた乗り継ぎ客は航空会社がホテルなどを用意してくれることに。
とりあえず必要なかったはずの中国入国が必要です。
ここで空港職員も良く分かってなくて翌朝のボーディングパスを発券する前に
制限エリアを出てしまいました。

トランスファーカウンターは制限エリアにあるので、
無駄にもう一度セキュリティチェックを受けて、
制限エリアに戻ってボーディングパスをゲット。

やっと入国を終える頃には制限エリアにはほとんど人がいない状態。
一度機内まで行ってしまった私たちは完全に出遅れてしまったわけです。

そんなわけで、北京の空港全体がこの状態っていうのもあり、
空港周辺のホテルなんてすでに満室。
ホテルに案内してもらうのを待つ長ーい列ができてます。

欠航ばかりの電光掲示板。
でもとりあえずヨーロッパからは戻って来られて良かったよね。
北京ならすぐ帰れるし。

嵐で遅延 (4)

もうお腹がすきすぎてとりあえずファミマでおにぎりなど食料を購入。
クレジットカードが使えたので助かった!

結局ホテルは諦めてボーディングパスも持っているので
さっき入国したばかりだけど出国してラウンジで過ごすことに。

残念ながらAir ChinaのラウンジはPPホルダーは深夜は利用不可。
さっきまでいたPremier Loungeは入れたので助かりました。
シャワーを浴びてソファで眠らせてもらっちゃいました。

もともとの深夜便はちゃんと飛んでました。
北京→名古屋便は深夜飛ばすとスタッフの休憩時間が取れないから、
遅れたら朝まで遅れてしまうみたい。

6時半にゲートへ行って、今回ばかりは予定通り出発。
さすがに機内食は朝食バージョン。

機内食

というわけで何とか帰国しました。
いやー、ほんと大変でした。
最初からボーディングパスもらった後、
外に出ないでラウンジで過ごすって決めた人もいたんですよね。
結局その人が大正解。

翌朝聞くとホテルを紹介された人たちも1時間以上離れたホテルで、
数時間しかホテルにはいられなかったみたい。

やっぱり北京経由って怖い。
そういいながら次の旅は中国です。
世界遺産の雲崗石窟を訪れます。
最後まで読んでくれてありがとうごさいました!
では、また!!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末ベラルーシ その3 ミンスクバスターミナルでチケット手配。

週末で巡るベラルーシの世界遺産。
まずはバスチケットを手に入れるためバスターミナルへ。

週末ベラルーシ 1日目 ③

空港からのバスはミンスクのバスターミナルに到着。
まずは翌日のバスのチケットを買っておくことに。

待合などがあるエリアから奥に進むとチケットブース。
こちらは国際バスのブース。

バスターミナル (1)

その奥が国内のバスのカウンター。
並んで翌日のニャースヴィシュ行きが欲しいと伝えると、
翌日は午前中の便は7:50も10:30も満席。マジか。
ベストシーズンのベラルーシをなめてた。

バスターミナル (2)

ツーリスト専用のインフォメーションカウンターがあるので、
そこで相談してみます。(写真右の11番カウンター)

当初の予定としては先にニャースヴィシュへ行って、
その後ミールへ行ってミンスクに戻ってくるつもりでした。
でもニャーシュヴィシュ行きのバスがないとなると、
先にミールへ行ってニャーシュヴィシュへ移動するしかない。

聞くと、ミール行きは6:30に空席がありました。(5.93BYN)
たしか次はすごく遅い時間か満席だったので、購入。

ミール→ニャーシュヴィシュは13:52→14:32のバスがあって、
ニャーシュヴィシュ→ミンスクは18:10のバスがあるとのこと。
でもチケットは現地で買わねばならないらしい。かなり不安。

バスターミナルを出ると目の前にはミンスクゲート。

駅周辺 (2)

バスターミナルと駅は少し離れてるけど同じ通りにあります。

駅周辺 (3)

電車でも行けるかな?という考えが少しよぎりましたが
バスのほうが圧倒的に楽なのでやめました。

予定していたバスチケットが買えず、かなりがっかりしましたが、
気を取り直してホテルへ向かいます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー