ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

旅のトラブル

ロシア旅行 その5 モスクワでヨーロッパ絵画を堪能するならプーシキン美術館!

ロシア到着日の夕方、外も全然明るいしプーシキン美術館に行ってみました!

ロシア旅行 1日目 ④

プーシキン美術館は救世主キリスト教会のあるクロポトキンスカヤ駅からすぐ。

救世主キリスト教会 (4)

ここで、いきなりのアクシデント。
救世主キリスト教会の写真を撮ってたらトラックが目の前を通過。
思いっきり泥水をかけられ体の半分がびっしょびしょに。
なかなかの泥水でじゃりじゃりな感じになってしまいました。

うそでしょ・・・。
これから美術館に行くんですよ。
カメラにかからなくて良かった・・・。

冷たいしもうサイアクです。泣きたい。
幸い、もともと暗めの色の服だったので濡れてるのはあまり目立たない。
しかし、肝心のプーシキン美術館が見当たらない。

大きな美術館があったのでここかな?と思って、
事前購入しておいたチケット(300RUB)を見せると、
「今日はもうクローズよ。」とのこと。

え?現在19:30。今日は21:00までのはず。
聞いてみるとこの日は特別企画で招待客のみが入れるよう。
そんなことホームページに書いてなかったし。
今日限定のチケットなんですよ、だめなら買えないはずですよね。

うーん、困ったなー。
でもチケット買えたよーって粘ってみました。
すると、「特別よ。」って感じで中に入れてくれようとしたんだけど、
中のカウンターで「この美術館、ここじゃないわよ。」

え?マジ?
結局駅からホントに歩いてすぐで、あまりに近く、小さすぎてスルーしてました。
大きな美術館はプーシキン美術館の本館で、
私が行こうとしてたのはプーシキン美術館の分館。
それでわけのわからないことになってたみたい。

プーシキン美術館 (194)

あまりにさりげなさ過ぎて分からなかった!
入場は閉館の1時間前まで。現在19:45。間に合って良かった!

まずは3Fから。
ここで有名なのがマティスの「金魚」。色鮮やか!

プーシキン美術館 (10)

一部屋ずつ画家ごとに展示されていて結構こじんまりしてるので
1時間半くらいで全部見られました。この時間はお客さんも少なめ。

アンリ・ルソーの部屋も。

プーシキン美術館 (16)

そしてピカソの部屋。
キュービズムの初期かそれ以前の作品がメイン。
「アルルカンと女友達」

プーシキン美術館 (27)

2Fへ移動。
ドガの「写真スタジオでポーズする踊り子」

プーシキン美術館 (75)

ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの庭で」

⑧プーシキン美術館 (85)

クロード・モネの「草上の昼食」

プーシキン美術館 (108)

セザンヌの「ピエロとアルルカン」

プーシキン美術館 (141)

ゴッホの「赤いブドウ畑」

プーシキン美術館 (164)

いやー、ちゃんと見られて良かったです。
他にもシャガールやゴヤ、ゴーギャン、ボテロなど。
名作ぞろい!

しかし、さすがに疲れました。
結構乾いたとはいえ半身ずぶぬれですしね。
夜ご飯は近くのマックで。

ロシア語しか通じないだろうし・・・とちょっと不安でしたが、
なんとセルフオーダーでした。
これは言葉が通じない外国ではありがたい!しかも英語が選べる!

マック (3)

軽く食べたかったのでチーズバーガーとポテトとケチャップとジュース。
ケチャップが有料だったのはちょっと驚き。20RUB。
でもソースの種類が豊富でした。
カードで支払いを済ませて番号が表示されるのを待てばok。(153RUB)

マック (1)

チーズバーガーのクオリティ・・・。

マック (2)

玉ねぎはみ出しすぎ(笑)そしてチーズが硬いまんま。
日本で食べるほうが絶対おいしいだろうけど、日本よりは安かったです。

ホテルに戻って濡れた洋服を洗濯して休みました。
次の日はついに憧れの赤の広場に行きます!
では、また!

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

クロアチア旅行 その4 ドーハ乗り継ぎで世界遺産、アルズバラ・フォートへ行ってみた。

クロアチアへの乗り継ぎ地、カタールのドーハで長めの乗り継ぎ。
乗り継ぎ時間で世界遺産のアルズバラ・フォートを訪れます。

クロアチア旅行 2日目 ② 【カタール乗り継ぎ】

ホテルでシャワーを済ませて仮眠して朝食をとったらホテルを出発。
チェックイン時にレセプションでタクシーをお願いしておきました。
バスのチケット購入はバスターミナルでしかできなさそうだったので、タクシーを利用。

ホテルの外に出るとびっくりするくらい暑い!

アルガニム・ステーションまで20分くらいで50QAR。(約1500円)
空港からホテルへのミニバンのドライバーさんもだったけど、
タクシードライバーさんも走りながらいろいろ教えてくれました。

すると、ラクダで移動する人々が。
めったにない光景にちょっとテンションが上がります。

ドーハ (1)

バスターミナルは結構大きくてバス停がいくつもあるので
公共交通機関としてバスが割と発達しているようでした。

バス (1)

まずはバスチケットを買わないとなりません。
どこで買えばいいか分からず職員風のおじさんに聞くと英語で教えてくれました

バスターミナルの奥にある建物がチケットオフィスです。
アルズバラ・フォートに行きたいと伝えると、乗り放題パスがいいとのこと。
1日乗り放題パス 20QARを購入しました。

バス (2)

トイレはどこか尋ねるとカギを渡してくれ、案内してくれました。
トイレ内に個室は2つあったけど、入り口のカギしか閉まらず。
仕方ないので入口のカギを閉めて利用しました。

google mapでバス時間を調べたら9:00発だったので早く来たけど、
バスは9:30発でした。次は15:30、21:30。

外はとにかく暑いので涼みたい!
と思って周囲を見渡すとエアコンの聞いた待合室発見!
でも中に入ってみると男性しかいません。
おや?

職員のおじさんが気が付いて女性用待合室に案内してくれました。

バス (5)

カタールはイスラム教の国。
待合室は男女別に設けられていました。

そして女性用は男性用よりずっと広く作られていました。
しかし、そもそもバスを利用する女性が非常に少なく、
待っている間にも2人くらいしか見かけませんでした。
それも外国人です。

カタールの人口のほとんどは出稼ぎの外国人で、
基本的にお金持ちの国なのでカタール人はバスは利用しないんでしょうね。

涼しい待合室で待っているとバスの時間。
100番のバスに乗ります。
乗り場はメインのバス停の奥で反対側にあります。

バス (6)

バスに乗ると、ここでも女性専用シート。
なぜか後から乗ってきた男性がガラガラなのに私の隣に座ったら、
ドライバーさんが注意してくれて移動させてくれました。

バス (7)

アル・ズバラフォートはドーハの北100㎞に位置する砦。
アル・ズバラは18世紀に真珠取引で栄えた街で当時はいくつも砦があったようですが、
現在はひとつだけが残るのみだそうです。
そして2013年にカタール初の世界遺産として登録されました。

ドーハからはバスで2時間ほどです。
車内の女性は私一人だけでしたし、起きていなくちゃと思ったのですが、
睡魔に勝てず大爆睡。ほとんど眠ってるうちに到着しました。
なぜだかラクダが2頭。移動手段かな?

Al Zubarah fort (6)

バス乗車時にアル・ズバラ・フォートで降りたいと伝えておきました。
バスを降りるとものすごい暑さです。
太陽がまぶしくて目を開けていられないほど。
サングラス持ってくればよかった!

そして心配していた入場料はありませんでした。
さすが、カタール。
教育も医療も無料らしいので、観光客から入場料なんて取らないのですね。

砂漠にぽつんときれいな砦が立っている感じです。
写真には写ってませんが、管理事務所と博物館が併設されています。

Al Zubarah fort (13)

ここは海が割と近く、遠くのほうに海が見えてました。

Al Zubarah fort (37)

内部に入ってみます。

Al Zubarah fort (19)

内部には発掘に関する展示などがしてありました。
暑すぎて日陰しか歩けません。

Al Zubarah fort (27)

速攻で見終わったので隣の博物館へ。

Al Zubarah fort (41)

展示は割と充実しているのですが15分程で見終わってしまいました。
外は暑すぎるし、ここは一応冷房が効いてます。

Al Zubarah fort (45)

バスが来るまでここで待たせてもらうことにしました。
館内は私しかおらず、警備員の男性が話しかけてきました。
ホントはほっておいて欲しかったけど適当に話を合わせてました。

すると、この男性がだんだん怪しい雰囲気に。
若干セクハラまがいな感じなんですよね。
最終的に「キスをしていいか?」って聞いてきたので
いいわけもなく、暑いけど外で待ったほうがいいやと思って外へ。

私が出ていく背後でひたすら謝っていたけど、
気持ち悪いので無視して出ていきました。

一人旅の女性の方、気を付けてください。

外へ出たのが多分12:15頃。
もっと早い時間じゃなくて良かった・・・。
バスは12:26頃来るはずなので外で待つことにしました。

しかし12:30になってもバスが来ない。
まさか、すでに行ってしまったなんてことないよな。
次のバスは18:26なので、こんなとこにいたら確実に死んでしまう。
水なんて売ってないし、あのセクハラ男と一緒にいたくない。

何だか急に不安になってきた頃、バスが登場。
良かったー!!無事帰れるー!

来たバスは乗ってきたバスと同じでドライバーも同じだったので、
降りるときに帰りも乗るって伝えておくのがいいかもしれません。

帰りのバスでのひたすら眠り続け無事ドーハに戻ってきました。
うーん、気をつけなくちゃいけないなー。

こういう面倒を少しでも避けるために旅行の時は左手の薬指に指輪つけてたりしてたのに、
クロアチアだから大丈夫とうっかりしてました。
洋服は上下肌を隠していたんですけどね。
気をつけなくちゃいけませんね。

この後はドーハの街歩きをします。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末ニューヨーク その9 Molly's Cupcakesの絶品カップケーキ。

ニューヨークで過ごす週末。
朝からスイーツを食べに出かけます。

週末ニューヨーク 2日目 ①

私はフィラデルフィアに行くつもりで電車を予約していました。
この日は朝早くからPenn Stationで電車を待ってました。
しかし、時刻表に自分の予約した番号の電車が表示されません。
うーん、おかしいなー。
そう思ってチケットを良く見ると、日付が明日でした。
気が付いた時の驚きと言ったらなかったですよね。

逆だったら取返しつかないけど、また次の日くればいいだけだしね。
そう前向きに考えることにしました。
しかしかなり早く出てきたので博物館とかどこもやってません。
そこで思いついたのがスイーツ屋さん。
早いとこだと7時とか8時くらいからやってます。

そういうわけでこの日やってきたのはMolly's Cupcakes。
すでに外観がかわいいです。
Trip advisorではNYのデザートで第4位!

Mollys Cupcakes (2)

店内もかわいいです。

Mollys Cupcakes (7)

いろいろあって迷う、どれもおいしそう!
クレーム・ブリュレのカップケーキとカフェオレ(3.75+2ドル+tax)にしました。
かわいいカップケーキです。

Mollys Cupcakes (3)

しっとりした生地の周りにシロップがかかってて、
なかにとろりとした甘さ控えめのカスタードクリーム!
バニラが効いてていい香り。
フルーツもフレッシュでおいしかったです。

Mollys Cupcakes (6)

アメリカのカップケーキってどうせ甘すぎて食べきれないんでしょ。
そう思ってましたがとんだ間違い。
めちゃくちゃおいしい!!
何これ、カップケーキってこんなにおいしいの?
また食べたいなー。
ホントそれくらい衝撃的においしかったです。

おいしすぎてすぐなくなっちゃいました。
他のカップケーキも食べたかったけどここはぐっと我慢。
次のお店に向かいます。

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末スロベニア その14 港町ピランでシーフード☆

スロベニアで過ごす週末、港町ピランで夕食をとることにします。

週末スロベニア 2日目 ⑤

せっかく港町に来たので夕食はシーフードを頂くことにしました。
街の中心からボートがたくさん停泊している港へ向かいます。
なんか素敵な所です。

ピラン (96)

こちらのレストランで夕食を頂くことにしました。
「Pirat」   というお店です。
お客さんがほとんどいなかったのが若干気になりましたが、
trip advisorでピランのレストランで第一位と高評価です。

夕食 (1) Pirat

注文したのはカラマリ。大好きなんですよね。
オレンジジュースも注文して13ユーロとリーズナブル!

夕食 (4)

貝殻にソースを乗せてる所が可愛らしいです。
イカが軟らかくて衣が薄くカラッと揚がってておいしいです!
夕食に満足して駐車場まで歩いて戻ります。

ピラン (2)

駐車場に戻ると車のフロントガラスにピンク色のビニールの封筒がありました。

え?

中にレシートみたいな紙が入っていて何かお金のことが書いてあるみたいです。
もしや駐車違反?
わたしが停めた駐車場には料金所がなくていいのかな?
と思ってはいたのですがまさかの駐車禁止だったようです。

オールスロベニア語で何を書いてあるかさっぱりでしたので
近くにいたおじちゃんに解読してもらいました。
どうやらその場で支払えば20ユーロ。
1週間以内に支払えば40ユーロ。
それ以降は80ユーロとなるようです。

マジか…。

実は城壁で景色を眺めているときに駐車場に警察らしき車が見えて
何してるのかなーと思ってたんですよね。
まさか自分側駐車違反していると思いもしませんでした。

しかも駐車して数分後でしたからね。
近くにいたおじちゃんによれば郵便局で支払えるということだったので
帰国前に片付けることにしました。

ピランの城壁前の駐車場は駐車違反取られますので御注意下さい。
無料駐車場には注意しなくちゃだめですね。

この後はリュブリャナまで高速を飛ばして帰りました。
レンタカーの返却は駐車場に車を停めてキーを返却ボックスに入れて終了です。
それにしても痛い出費でした(泣)

最後まで読んでくれてありがとうございました。
次の日は世界遺産のイドリヤへ行きます。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末キプロス その13 パフォスでお世話になったホテル。

おはようございます。

キプロスで過ごす週末、レンタカーひとり旅。
世界遺産、パフォスのモザイクを見学した後ホテルへ向かいます。

週末キプロス 2日目 ⑦

実はホテルに向かうのすごく大変だったのです。

レンタカーを借りた際にナビも借りたんです。
シガーソケットで充電するタイプなのに、
シガーソケットが錆びててまったく充電できず。
初日の数分で切れたっきり画面は立ち上がらず。

スマホもタブレットもあるしMaps.meも入ってるから大丈夫!
そう思って完全に油断してたんですね。

そしたら、タブレットは山の中ではGPSを感知してくれず、
全然役に立たなかった上、現在地を探して頑張ったのか充電切れ。
スマホは一日ずっとナビしてもらったので先程充電切れに。

え・・・。
どうやってホテルへ向かったらいいの・・・?
っていうかホテルどこだっけ。

最悪、街の人に聞けばたどり着けたでしょう。
でも、これだけ電子機器が使えなくなるって困りましたね。
この件があってからレンタカー旅するときはモバイルバッテリーを持っていくこと、
初日に必ずGPSの動作確認をすることに決めました。

今回ラッキーだったのはすごく分かりやすい場所にホテルを予約したことでした。
パフォスでお世話になったのはこちら。

「Amphora Hotel & Suites」
パフォスの海沿いの大通りに面したホテルです。

Amphora Suites (14)

ホテルはだいたいHotels.comで予約するんですが、
不安なので予約ページをプリントアウトして持っていくようにしています。
それが今回役に立ちました。
すごく小さいけど地図が載っているんですね。

municipal beachの近くの海岸沿いにあるってことが分かりました。
これが市街地だったらその部分だけじゃどこか全然分からないけど、
これなら何とかたどり着けそうと車を走らせ、発見できました。

良かった―!もう暗いし、疲れたし迷ったら泣くとこでした。

そしてたどり着いたのがこの素敵ホテル。
オフシーズンだったおかげでかなりリーズナブルに泊まれました。

レセプションとレストランのある建物が別棟となっています。
朝食もここで頂きます。

Amphora Resorts (13)

お部屋のある建物はこんな感じです。

Amphora Resorts (12)

お部屋は広くてきれいです。

Amphora Suites (1)

でもダブルルームだけど、ダブルベッドじゃなかったのが減点ポイント。
バスルームはそんなに広くないけどタブ付きでした。

Amphora Suites (3)

アメニティもひと通りそろってます。

Amphora Suites (11)

お部屋の外の景色はこんな感じ。プールの向こうは海です。

Amphora Suites (10)

朝はこんな感じです。

Amphora Resorts (1)

朝は少しお散歩してみました。

Amphora Resorts (8)

前日に訪れたパフォスのモザイクに近くにあるお城も見えました。

Amphora Resorts (11)

ここの朝食、すごくおいしかったです。
クロワッサンとかパンオショコラが焼き立てで幸せでした。

Amphora Resorts (17)

私が頂いてないだけで、サラダとかいろいろとありました。

Amphora Resorts (14)

Amphora Resorts (16)

ホテルにチェックインを済ませたら夕食をとりに出かけます。
気が付いたらお昼ご飯食べそびれてました。

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。