ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

世界遺産

バルカン半島周遊 その35 世界遺産、グラチャニツァ修道院。

バルカン半島の世界遺産を巡る旅。
コソボの世界遺産、グラチャニツァ修道院を訪れます。

バルカン半島周遊 8日目 ③

中世セルビア王国時代の4つの教会、修道院が
コソボの中世建造物群として世界遺産に登録されています。
UNESCOの世界遺産リストにはセルビアの世界遺産として。
複雑ですね。

モンテネグロ国境に近いペヤと近郊に1件ずつ、
プリズレンに1件、プリシュティーナ郊外に1件。


車ならすべて行けるような距離にあるんですが、
時間的な問題もありプリシュティーナ郊外の修道院へ。

旧市街からは少し距離があるし、バスだと時間がかかるので、
タクシーで行くことに。10ユーロ。

入場料は無料です。
残念ながら内部の撮影は禁止。

グラチャニツァ修道院 (5)

グラチャニツァ修道院は5つのクーポラを持つビザンツ様式の教会。

グラチャニツァ修道院 (13)

ここもセルビアの修道院に引けを取らず、
素晴らしいフレスコ画で埋め尽くされていました。

この修道院のあるあたりはセルビア人居住区らしくて、
ちょっと不安でしたが特に問題はなかったように思います。

コソボ独立から10年経過していますが、
独立前の2004年にはプリズレンの教会が焼き払われていますし、
2007年にはペヤ郊外の教会に手榴弾が投げ込まれたりしています。
今は落ち着いているとはいえ、怖いですよね。

修道院を見学した後はスコピエに戻ります。
続きは次回にしますね。
最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その30 世界遺産、ビシェグラードのメフメド・パシャ橋。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産、ビシェグラードのメフメド・パシャ橋を訪れます。

バルカン半島周遊 7日目 ③

この日は夜の便でベオグラードからスコピエに飛びます。
サラエボから車で2時間、セルビアとの国境付近の町、
ビシェグラードにかかる橋が世界遺産のメフメド・パシャ橋。

ビシェグラード (1)

オスマン朝時代に宮廷建築家ミマール・スィナンが16世紀末に手掛けた橋。

ビシェグラード (2)

ビシェグラード (13)

11のアーチからなる石橋で当時の建築水準の高さが分かる産業遺産です。
橋からの景色が素敵です。

ビシェグラード (15)

町にはいくつか見どころがあるようだったのですが、
暑くてそれどころじゃない。
まずはお昼ごはん。こちらのレストランで頂きます。

昼食 (6)

注文したのはグヤーシュ。なんと、5KM(約250円)。

昼食 (4)

ビーフシチューみたいな感じです。
優しい、ほっとするような味付けでおいしい。
これはかなり好きな味でした。

この街にはカンヌ映画祭で受賞歴のある監督が立ち上げた、
観光複合施設があって、意外に人が多かったです。

この後はベオグラードまで戻らないといけないので先を急ぎます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その24 絶景の世界遺産、モスタル旧市街。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産、モスタル旧市街を訪れます。

バルカン半島周遊 6日目 ②

駐車場を探すとどこも満車で全然空いてない。
どうしようかと困っていたら、駐車場係のお兄さんが停めてたスペースを空けてくれました。
なんと駐車料金が時間に関わらず10ユーロ。ここの物価から考えたらとんでもなく高い額です。
ホントに10ユーロだったのかはいまだに謎です。
ともかく停められたので早速街歩き。

モスタル (2)

少し歩くと街のシンボルであるスタリ・モストに到着。

モスタル (10)

もともとスタリ・モストはオスマン帝国のスレイマン1世が作らせた橋。
1567年頃に完成されたものと言われています。
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中の1993年に橋は破壊されてしまいます。

モスタル (158)

その後2004年にユネスコの協力で再建され橋とその周辺の旧市街が世界遺産に登録されています。

モスタル (19)

橋の周辺には飲食店や土産屋が軒を連ねてとても良い雰囲気。

モスタル (27)

少し離れたところから眺めるスタリ・モストもきれいです。

モスタル (39)

1557年に建てられたカラジョズ・ベゴヴァ・ジャミーヤ。
翌日行く予定の世界遺産の橋を建てたミナール・スィナンの建築。

モスタル (62)

内部はちょっとかわいらしいモスク。

モスタル (64)

ここの塔からの景色が絶景です。

モスタル (73)

モスタル (78)

次は1618年に建てられたコスキ・メフメット・パシナ・ジャミーヤ。

モスタル (88)

カラフルなステンドグラスに光がさしてめちゃかわいい。

モスタル (122)

そして、ここの塔からの景色が更なる絶景。

モスタル (95)

スタリ・モストが旧市街区と共に見渡せます。
緑色のネトレヴァ川もすごくきれい。

モスタル (102)

モスタル (116)

町もオスマン朝時代の影響が残っていて異国情緒が半端ないです。

モスタル (164)

モスタル、かなり素敵な場所でした。
こんな素晴らしい場所で紛争が起きていたんですよね。
ちょっと信じられないです。

この後はボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボに向かいます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その23 マニアックな世界遺産、中世墓碑ステチュツィの墓所群へ行ってみた。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
4か国にまたがる世界遺産、中世墓碑のステチュツィの墓所群のひとつを訪れます。

バルカン半島周遊 6日目 ①

ステチュツィはボスニア、クロアチア、モンテネグロ、セルビアの4か国に散在する中世の墓碑です。
ステチュツィは墓碑に様々な装飾は彫刻されていることが特徴です。

コトルから次の目的地モスタルへ向かう途中にRadimljaという街があります。
ステチュツィの最大のコレクションがあり、立ち寄ることにしました。

Radimlja (1)

割と低めの柵で囲まれた敷地内に墓碑が並んでいるので、
ちょっと離れたところからなら入場料を払わなくても見えちゃう感じです。
一応チケットを購入して見学しました。2ユーロ。
まだボスニアの通貨、マルカに両替してなかったのでユーロで支払えて助かりました。

Radimlja (6)

これがステチュツィです。

Radimlja (8)

全体に踊ってる風の人がおおいような。

Radimlja (12)

他にも渦巻き模様や月や太陽、植物、十字架など様々なモチーフがあり、
当時の生活を知る手がかりになるようです。

Radimlja (14)

Radimlja (32)

Radimlja (33)

さすがにこれだけのためにここに来る気になれませんが、
モスタルから近いので、ちょっと立ち寄るのが良さそうです。

この後は世界遺産、モスタルを訪れます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その20 モンテネグロの至宝、コトルの絶景。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
モンテネグロが誇る絶景の世界遺産、コトルを訪れます。

バルカン半島周遊 5日目 ③

コトル湾は複雑な海岸線が山に囲まれており、その際奥に位置するのがコトル。
古くから要塞都市、港湾都市として栄え、その旧市街の街並みが残され、
世界遺産として登録されています。

コトルの旧市街に入る道はさすがの渋滞。
駐車場がいっぱいで止められないかと心配でしたが、
入口の門の目の前の駐車場が空いてて停められました。
有料駐車場で2時間くらいで3.6ユーロの支払い。

コトル (1)

左の小さな建物は観光案内所で日本語の無料地図をくれました。
門をくぐって旧市街に入ると、沢山の観光客。
ここはこのあたりでも一番人気の観光名所なんでしょうね。

コトル (2)

石畳の細い路地があったりして、いい雰囲気。

コトル (116)

1160年に建てられた歴史ある教会、聖トリプン大聖堂。

コトル (6) 聖トリプン大聖堂

せっかくなので内部も見学します。入場料は2.5ユーロ。

コトル (10)

内部は1600年代と1900年代に起きた地震のために回収されたので、
割と新しくてきれい。
2階は博物館になっているので、のんびり見学してから外へ出ると、
まさかの土砂降り。

傘でどうにかできないレベル。
バケツをひっくり返したような雨。
仕方ないので、聖トリプン大聖堂の目の前のカフェで雨宿り。
ビニールの屋根に溜まった雨がダムが崩壊したみたいに流れ落ちて大変なことに。

カフェも停電になってしまって、コーヒーを注文したけどできないって。
せっかく楽しみにしていたコトルに来たのにこれじゃ何も見えない。

明日の朝もう一度戻ってこようかと思っていたけど、
しばらくしたら雨が止んでくれた!

1195年に建てられた聖ルカ教会。

コトル (36)聖ルカ教会

コトル (38)

これなら城壁登れるかも?
この階段を上っていくと城壁の入口。

コトル (114)

城壁の入場料8ユーロ。結構高い。
途中で雨が降ったら困ると思いつつダメもとで上った結果。
青空!

コトル (48)

オレンジ屋根の旧市街もきれいに見渡せる。絶景!

コトル (49)

そして、この城壁が結構ガチできつい。
自分のペースでがんがん登りたいのに階段は一人しか通れない。
ゆっくり階段を上り続けるって結構辛いです。
でもこの絶景!めちゃくちゃきれい!

コトル (55)

頑張って行けるとこまで。
こうしてみると本当に複雑に入り組んでる。

コトル (80)

下りはあっというま。
優雅にくつろぐ猫ちゃん。

コトル (107)

最後はご褒美にアイスクリーム。
ヨーグルトアイスにしたらチェリー入りで残念ながらあまりおいしくなかったけど。

コトル (119)

一時は土砂降りでどうなることかと思ったけど、
城壁の上で降られたんじゃなくてラッキーだったかも。
結局、青空のコトル湾の絶景も見られたしね。
この後は夕食を取ります。

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー