ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

世界遺産

バルカン半島周遊 その20 モンテネグロの至宝、コトルの絶景。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
モンテネグロが誇る絶景の世界遺産、コトルを訪れます。

バルカン半島周遊 5日目 ③

コトル湾は複雑な海岸線が山に囲まれており、その際奥に位置するのがコトル。
古くから要塞都市、港湾都市として栄え、その旧市街の街並みが残され、
世界遺産として登録されています。

コトルの旧市街に入る道はさすがの渋滞。
駐車場がいっぱいで止められないかと心配でしたが、
入口の門の目の前の駐車場が空いてて停められました。
有料駐車場で2時間くらいで3.6ユーロの支払い。

コトル (1)

左の小さな建物は観光案内所で日本語の無料地図をくれました。
門をくぐって旧市街に入ると、沢山の観光客。
ここはこのあたりでも一番人気の観光名所なんでしょうね。

コトル (2)

石畳の細い路地があったりして、いい雰囲気。

コトル (116)

1160年に建てられた歴史ある教会、聖トリプン大聖堂。

コトル (6) 聖トリプン大聖堂

せっかくなので内部も見学します。入場料は2.5ユーロ。

コトル (10)

内部は1600年代と1900年代に起きた地震のために回収されたので、
割と新しくてきれい。
2階は博物館になっているので、のんびり見学してから外へ出ると、
まさかの土砂降り。

傘でどうにかできないレベル。
バケツをひっくり返したような雨。
仕方ないので、聖トリプン大聖堂の目の前のカフェで雨宿り。
ビニールの屋根に溜まった雨がダムが崩壊したみたいに流れ落ちて大変なことに。

カフェも停電になってしまって、コーヒーを注文したけどできないって。
せっかく楽しみにしていたコトルに来たのにこれじゃ何も見えない。

明日の朝もう一度戻ってこようかと思っていたけど、
しばらくしたら雨が止んでくれた!

1195年に建てられた聖ルカ教会。

コトル (36)聖ルカ教会

コトル (38)

これなら城壁登れるかも?
この階段を上っていくと城壁の入口。

コトル (114)

城壁の入場料8ユーロ。結構高い。
途中で雨が降ったら困ると思いつつダメもとで上った結果。
青空!

コトル (48)

オレンジ屋根の旧市街もきれいに見渡せる。絶景!

コトル (49)

そして、この城壁が結構ガチできつい。
自分のペースでがんがん登りたいのに階段は一人しか通れない。
ゆっくり階段を上り続けるって結構辛いです。
でもこの絶景!めちゃくちゃきれい!

コトル (55)

頑張って行けるとこまで。
こうしてみると本当に複雑に入り組んでる。

コトル (80)

下りはあっというま。
優雅にくつろぐ猫ちゃん。

コトル (107)

最後はご褒美にアイスクリーム。
ヨーグルトアイスにしたらチェリー入りで残念ながらあまりおいしくなかったけど。

コトル (119)

一時は土砂降りでどうなることかと思ったけど、
城壁の上で降られたんじゃなくてラッキーだったかも。
結局、青空のコトル湾の絶景も見られたしね。
この後は夕食を取ります。

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その16 世界遺産の石の町、ジロカストラ☆

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
アルバニアの世界遺産、ジロカストラを訪れます。

バルカン半島周遊 4日目 ③ 【アルバニア】

ジロカストラはアルバニアの首都ティラナから車で約4時間。
もう少しでギリシャってくらい南に位置する町。

アルバニアのもう一つの世界遺産、ブトリントまで2時間くらい。
あと1日あれば、どの国もレンタカーで移動できれば、
多分行けたんですけどブトリントは断念しました。

ジロカストラに近づくと、丘の上に立つ城が見えてきた。

ジロカストラ (3)

城の入口まで来るまで行けそうだったけど、運転が不安だったので、
町の手前に駐車して歩くことに。これが大正解。

ジロカストラ (12)

石畳の通りに白い建物が並んでめちゃくちゃかわいい。
主にお土産屋さんのような小さな商店が並ぶ。

ジロカストラ (21)

ここを車で通る気にはなれない。
走っている車もいたけどね。

ジロカストラ (19)

伝統工芸品なのか、手作り感のある商品が並んでいて、
思わず立ち止まって見てしまう。

ジロカストラ (23)

この坂道をずっと登っていくとジロカストラ城。

ジロカストラ (28)

入場料は200レク(約200円)

ジロカストラ (39)

ジロカストラ (53)

ジロカストラ (74)

ぶっちゃけ城はこれと言って面白くなかったけど、
城からの景色は一見の価値がある。

石の町と呼ばれるジロカストラの街並みが一望できる。

ジロカストラ (57)

この辺りがさっき通ってきたかわいらしい通りのあたり。

ジロカストラ (73)

帰りもまたかわいらしい石畳の通りを歩いて戻る。
すごく素敵なかわいらしい町。

ジロカストラ (80)

ここからティラナまでは車で4時間。
もう少し時間があればここで、1泊しても良かったんだけど。
何ならギリシャにもまた行きたかったくらい。

あまり日程に余裕がないので帰ります。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その14 アルバニアの世界遺産、千の窓を持つ町、ベラト☆

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
アルバニアの世界遺産、千の窓を持つ町、ベラトを訪れます。

バルカン半島周遊 4日目 ① 【アルバニア】

ティラナからベラトまでは車で2時間くらい。
比較的走りやすい道路で交通量もそれほど多くないのでスイスイ。

しかし、アルバニア、警察官がよほど暇なのか、
やたら高頻度でスピード違反の取り締まりをしている。
小さな丸い札を持っていて、アウトー!と言わんばかりに
違反車にストップをかけてくる。

対向車が親切にヘッドライトで教えてくれるおかげで、
事前に気が付いて回避することができた。
とはいえ、集団の先頭の時は要注意だ。

ベラトの街中に入り、どこに車を停めようか・・・

ベラティ (16)

と思いながらちらっと右側に目をやると、
憧れの景色が目に飛び込んできた!!

早く車を停めて見に行きたいと思うけど、
川沿いの路駐スペースはすでにいっぱいだった。
駐車スペースを探しながらどんどん遠ざかってしまう。

少し移動してインフォメーションの方へ車を走らせると、
公共の駐車場にラスト1台の駐車スペースを発見。

川の両側には無数の小さな窓をもった建物が並び、
結構迫力がある。千の窓の町と呼ばれる所以だ。

ベラティ (3)

ベラトはオスマン帝国時代の街並みが残されており、
世界遺産に登録されている。

こちら側はマンガレム地区。
川の対岸はゴリツァ地区と呼ばれ、斜面に張り付くように家が並び圧巻。

ベラティ (19)

せっかくなので、川の対岸に渡り少し街を歩いてみる。

ベラティ (34)

山の上にベラト城があるので、登ってみるつもりだったが、
残念ながら来るまで登っていける道が工事中で通行止めだった。

ベラティ (53)

それにしてもこの景色、本当に素晴らしい。
山の上から眺めたら相当な絶景なんだろうなー。

この後はジロカストラへ向かう途中にある修道院に立ち寄ります。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その7 セルビアの世界遺産、スタリ・ラスとソポチャニ修道院。

バルカン半島の世界遺産をめぐるレンタカー旅。
セルビアの世界遺産、スタリ・ラスとソポチャニ修道院を訪れます。

バルカン半島周遊 2日目 ⑤ 【セルビア】

スタリ・ラスは古いラスの意味で10-13世紀にこのあたりの首都だった都市の遺跡。
都市遺跡なのでかなり広い範囲に及ぶようですが、
結構な勢いで雨が降り出して歩くのはやめちゃいました。
野ざらし系遺跡で、石垣みたいなのが残っていました。

スタリラス (2)

さらに西に進むと世界遺産のソポチャニ修道院に到着。
ソポチャニ修道院は1260年建造のセルビア正教会の修道院。
セルビアに現存する中で最も美しいフレスコ画が見られるらしい。

ここも入場料は無料。セルビア太っ腹です。
そして、雨のせいか私以外誰もいませんでした。

ソポチャニ修道院 (1)

ソポチャニ修道院 (2)

入口にもうっすらだけどフレスコ画が残っています。

ソポチャニ修道院 (13)

ソポチャニ修道院 (9)

誰もいないと思ったらワンコがいました。
とても賢い子でまるで案内してくれるみたい。

ソポチャニ修道院 (12)

変わった形の十字架。

ソポチャニ修道院 (26)

内部のフレスコ画はとてもきれいでした。
特に、「生神女の就寝」と呼ばれるセルビアで最も美しいフレスコ画。
ここも残念ながら撮影禁止でした。

駆け足でしたが、Novi Pazar近郊の世界遺産を巡りました。
この後はNovi Pazarの町に向かいます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その6 セルビアの世界遺産、ストゥポヴィ修道院。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
セルビア南部の町、Novi Pazar近くの世界遺産、ストゥポヴィ修道院を訪れます。

バルカン半島周遊 2日目 ④ 【セルビア】

ストゥポヴィ修道院は聖ペトル教会から車で15分位。
小高い丘の上にありまたもや坂道を登っていきます。

丘の上からの景色がきれい!

ストゥポヴィ修道院 (18)

上まで行って車を停めたら、修道院の入口までは少し歩きます。

ストゥポヴィ修道院 (1)

坂道が結構な急斜面!

ストゥポヴィ修道院 (3)

到着~。

ストゥポヴィ修道院 (5)

ユネスコの世界遺産マーク。

ストゥポヴィ修道院 (6)

スタリ・ラスとソポチャニ修道院の構成資産のひとつ。
1168年創建の修道院で付属の聖ゲオルギ聖堂があります。

ストゥポヴィ修道院 (7)

こっちからだとどう見ても入れなさそう。
もしや、入れない系世界遺産か?
と思いきやうろうろしてたら神父さん?らしき人が裏から入れると教えてくれました。

ストゥポヴィ修道院 (8)

正面からは入れず、裏側の扉から入れます。
入場料は無料です。

ストゥポヴィ修道院 (9)

シンプルな感じだけど、すごく高いドームの天井。

ストゥポヴィ修道院 (11)

そのアーチ部分にはフレスコ画が残っていました。

多分、こちらが修道院。

ストゥポヴィ修道院 (14)

公共交通機関でのアクセスは難しそうな場所でした。
この後は世界遺産、スタリ・ラスとソポチャニ修道院を訪れます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー