ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

世界遺産

ヨルダン旅行 その31 世界遺産アムラ城。

6日間でヨルダンをめぐるレンタカー旅。
世界遺産のアムラ城を訪れます。

ヨルダン旅行 5日目 ④ 


ヨルダン東部、サウジアラビアやイラク国境に近いアズラック近郊にアムラ城があります。
ジェラシュから車で2時間程度。アンマンからなら1時間くらい。
アズラックまで行くとアズラック城など見どころもあるのですが、
飛行機の時間の関係でアムラ城までにしました。

アムラ城は8世紀に建てられ隊商宿として使用された建物で世界遺産に登録されています。

アムラ城 (63)

砂漠の中にポツンとあります。
アムラ城は周辺の砂漠の城の中でも最も美しく有名ですが、
見どころは内部のフレスコ画。とても美しいです。

アムラ城 (49)

アムラ城 (20)

奥のサウナ室のドームに描かれた北半球の天体・星座図。
かなり損傷が進んでいますがわずかに見えます。

アムラ城 (35)

空港へ向かう途中、もうひとつハラナ城にも立ち寄りました。

ハラナ城 (1)

外観がとてもきれいです。
周辺の城では最もきれいに修復されているのだそうです。
内部はかなり修復された感があります。

ハラナ城 (5)

かなり駆け足でしたがヨルダンの世界遺産5つすべて回れました。
この後は空港へ向かいます。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

ヨルダン旅行 その25 世界遺産、ヨルダン川対岸のベタニア。

6日間でヨルダンをめぐるレンタカー旅。
世界遺産、ヨルダン川対岸のベタニア、アラビア語でアル=マグタスを訪れます。

ヨルダン旅行 4日目 ④

ヨルダン川はイエスの布教活動の舞台となった地で、
イエスがヨハネに洗礼を受けたとされる場所が明らかとなっていて世界遺産に登録されています。
パレスチナを実効支配するイスラエルとの国境でもあり、
見学はガイドツアーでのみ可能でだいたい30分毎に行われています。

アルマグダス (62)

ちょうど13:00に到着して、何とか13:00発の回に間に合いました。
入場料は12JD(約1920円)。

アルマグダス (61)

バスでツアー開始の場所まで5㎞くらい移動します。

アルマグダス (1)

まずはここでお買い物時間15分。

アルマグダス (3)

うん、ちょっと衝撃でした。
何だそれ、って思ったけどそれは私がキリスト教徒ではないからだと思います。
ここはキリスト教徒にとっては聖地であって、特別な場所だからです。

その後整備された遊歩道へ。

アルマグダス (5)

途中博物館に立ち寄りました。

アルマグダス (23)

そしてここがイエスが洗礼を受けたとされる場所です。

アルマグダス (28)

さらに先には教会があります。

アルマグダス (57)

アルマグダス (51)

アルマグダス (52)

その向かいにはヨルダン川。

アルマグダス (47)

向こうはイスラエルですね。

アルマグダス (48)

更衣室があって、ここで着替えてヨルダン川に入っている人がいました。
何か宗教的な意味がありそうでした。

アルマグダス (58)

1時間ほどで見学ツアーは終了してまたバスで入り口まで戻ります。
この後は死海を訪れます。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

ヨルダン旅行 その22 世界遺産ウム・アル=ラサス。

6日間でヨルダンをめぐるレンタカー旅。
世界遺産ウム・アル=ラサスを訪れます。

ヨルダン旅行 4日目 ①

ウム・アル=ラサスは 首都アンマンの南約48㎞にある遺跡で世界遺産に登録されています。
ローマ帝国占領時の約3世紀からイスラム王朝支配時の9世紀に形成された都市遺跡。

場所としてはちょうどアンマンからペトラへ向かう途中にあるので、
時間が許せば道中で立ち寄るのがベストです。
ペトラからアンマンへ戻る途中だと反対車線なのでちょっと厄介です。

アンマンから1時間くらいで到着。

ウムアルラサス (1)

入り口は開いてるのですが、チケット売り場には人の気配なし。
無料なのかな。うーん・・・しばらくうろうろしてましたが誰も来ず。
オープンしているし入っちゃいました。
ごめんなさい。
昨日も来た時開いていたけどチケット売り場は無人でした。

私は入り口から直進しましたが、正解は入ってすぐ右の道です。
なので、出口側から順番に回ったことになります。

昨日の雨のせいで道が水没していました。

ウムアルラサス (6)

遺跡内にはローマ時代の教会跡がいくつか残っています。
白い屋根の部分が聖ステファノス教会で内部にはモザイクが残っています。

ウムアルラサス (25)

ウムアルラサス (35)

モザイクには当時の周辺都市の名前が記されています。

ウムアルラサス (42)

周辺にはいくつか教会跡が残っています。
St. Paul Church.

ウムアルラサス (70)

Lions Church.

ウムアルラサス (79)

内部にモザイクが残る教会跡も。

ウムアルラサス (83)

そして多分要塞のような部分。

ウムアルラサス (87)

ウムアルラサス (97)

そしてこの遺跡エリアの約1.5㎞くらい離れた所に塔が残っています。

塔

ぐるっと見て回って約1時間ほどでした。
この後は多数のモザイクの残るモザイクシティ、マダバを訪れます。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

ヨルダン旅行 その18 絶景続きの世界遺産Wadi Rum 自然保護区☆

6日間でヨルダンをめぐるレンタカー旅。
世界遺産、Wadi Rum 自然保護区の見どころをめぐります。

ヨルダン旅行 3日目 ②

Wadi Rum 自然保護区は ヨルダン南部のサウジアラビア国境の砂漠にあります。
現地ツアーを申し込んでおきました。
プライベートツアー4時間で約8000円でした。

まず向かったのはロレンスの泉。

ロレンスの泉 (4)

水源はこの山の上にあるそうです。

ロレンスの泉 (3)

登っている人もいました。
前日のペトラ遺跡のトレッキングで力尽きていたので眺めるだけに。
山の麓には岩壁があって古代のサムード文字の碑文が残っています。

ロレンスの泉 (10)

ラクダさんがいたりします。

ロレンスの泉 (24)

Wadi Rum 砂漠はただ砂漠というのではなく、
巨大な岩山が連なっていて素晴らしい景色です。

Sand Dune (1)

次にやってきたのはSand Dune.
登るといい景色だよとガイドさんに言われたので登ることに。
上にいる人のちいさいこと・・・。
もうすでに朝から足が限界なんですが・・・。

Sand Dune (48)

頑張って登ると言われた通り、絶景です。

Sand Dune (22)

Sand Dune (25)

Sand Dune (30)

次はハザリ峡谷。

ハザリ峡谷 (1)

峡谷を歩けます。

ハザリ峡谷 (31)

狭い谷の岩壁には古代の壁画が残っています。

ハザリ峡谷 (9)

様々な時代のものがあって面白かったです。
次はワダック石橋。

ワダック石橋 (1)

ここも登っていいよというので登ります。
石橋の部分。
以外にというかかなり高いですし、びびってこれ以上先には進めませんでした。
結構足場が狭いし風が強いし。よくみんな平気な顔して登るなあ。

ワダック石橋 (9)

ワダック石橋 (23)

でもやっぱり上からの景色はきれいです。

ワダック石橋 (6)

下へ降りると少し休憩時間、お茶をふるまってくれました。

ウンム・フルース石橋 (37)

次はウンム・フルース石橋。
さっきよりかなり大きいです。

ウンム・フルース石橋 (9)

登るのも結構怖いです。でも登っちゃう。
そしてやっぱり高くて怖い!

ウンム・フルース石橋 (20)

落ちたら死んじゃうよ。
最後にロレンスの家。
ここは時間が余ったからと連れて来てくれました。

ロレンスの家 (3)

この裏にも岩山があって登っていいよって。

ロレンスの家 (9)

いや、登るの正直若干きついんですけどね。
でも登っちゃう。
すごい景色だなー。

ロレンスの家 (28)

ロレンスの家 (31)

最後の最後にVillageにあるナバテアン寺院へ。

ナバテアン寺院 (4)

このツアー、かなり楽しかったです。
前日ペトラでトレッキングして足が筋肉痛じゃなかったらなお良かった。
この後はWadi Rum Villageで超ローカルフードでランチ。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

ヨルダン旅行 その14 ペトラ遺跡の王家の墓。

6日間でヨルダンをめぐるレンタカー旅。
世界遺産、ペトラ遺跡の王家の墓を訪れます。

ヨルダン旅行 2日目 ⑦

柱廊通りから入口方面に戻りつつ王家の墓へ向かいます。
向かってる間もずっとずらっと並ぶ王家の墓が見えてすごいです。

王家の墓 (1)

そしてまた階段を上ります。
ペトラ遺跡はまさに階段との戦いです。
結構しんどい。

まずは壺の墓。

王家の墓 (11)壺の墓

内部は美しい自然の岩肌。

王家の墓 (28)壺の墓

その隣の美しい岩の模様が見られるシルクの墓。

王家の墓 (35)シルクの墓

さらに最も立派な宮殿の墓。
ローマ皇帝ネロのゴールデンハウスを模倣したものとされています。

王家の墓 (60)宮殿の墓

その隣がコリント式の墓。
エル・ハズネによく似た格好をしています。

王家の墓 (63)コリント式の墓

ちょっと離れた所にセクスティウス・フロレンティヌスの墓。

王家の墓 (51)セクスティウスの墓

どれも素晴らしいファサードを持つ岩窟建築ですが、
本当に墓だと分かっているのはセクスティウスの墓だけなのだそうです。

最後にローマ円形劇場へ。

ローマ円形劇場 (1)

ナバタイの王アレタス4世が自身の葬儀場として建設したものだそうです。
後ろにある洞窟は遺体保存用だそうです。

これで一日かけて歩き回ったペトラ遺跡の主要な見どころは網羅しました。
つ・・・疲れた!!
この後は博物館とリトル・ペトラを訪れます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
カテゴリー