ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

世界遺産

週末リトアニア その10 ビリニュス旧市街の美しい教会巡り。

3連休+半日で行ける!リトアニアへの週末旅。
ビリニュスの美しい教会を巡ります。

週末リトアニア 2日目 ⑤

まずは聖ミカエル教会。

聖ミカエル教会 (2)

17世紀初頭に当時のリトアニア公国最高位のレオ・サピエガ一家の廟として建設。
内部は博物館になっていて入場料6ユーロ。

聖ミカエル教会 (29)

レオ・サピエガの墓標もあります。

聖ミカエル教会 (34)

なんかよく見ると横になって肘をついてます。
日本の居間でよく見る光景のような。

次は聖アンナ教会へ。

聖アンナ教会 (2)

すごくきれいなレンガ造りの教会。
15世紀末に建てられた後期ゴシックの教会。
ナポレオンがこの教会を見てフランスに持ち帰りたいと言ったそうな。

内部は比較的シンプルですがステンドグラスが美しいです。

聖アンナ教会 (4)

聖アンナ教会の後ろにあるのがベルナルディン教会。
15世紀半ばにフランシスコ会が建設。

ベルナルディン教会 (1)


ベルナルディン教会 (1)

ベルナルディン教会 (16)

木製祭壇には金箔された十字架があります。

ベルナルディン教会 (15)

そして壁面に残るフレスコ画も美しいです。

ベルナルディン教会 (11)

他にもツアー形式で見学できる部分もあるそうです。
そうでなければ礼拝堂部分は無料でした。

この後は休憩がてらランチにします。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

週末リトアニア その9 ビリニュス旧市街の見晴らしのいい円形城塞。

3連休+半日で行ける!リトアニアへの週末旅。
世界遺産ビリニュス歴史地区の円形城塞を訪れます。

週末リトアニア 2日目 ④

円形城塞は少し街はずれにあります。

円形城塞 (1)

城壁も一部残っています。
外側から見ると円形なのが分かります。

円形城塞 (2)

この日は入場料が無料ということでラッキーでした。

円形城塞 (4)

中に入ってから上に上がって円形城塞へ。

円形城塞 (11)

大砲が並んでいます。当時はここから街を守っていたのでしょう。
少し高台にあるので、ちょっと見晴らしがいいです。

円形城塞 (17)

円形城塞 (18)

この後は引き続き旧市街の街歩きをします。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

週末リトアニア その8 世界遺産ビリニュス旧市街の街歩き。

3連休+半日で行ける!リトアニアへの週末旅。
世界遺産ビリニュス旧市街を歩きます。

週末リトアニア 2日目 ③

リトアニアの世界遺産は4つ。
①シュトルーヴェの測地弧
②クルシュー砂洲
③ビリニュス歴史地区
④ケルナヴェの考古遺跡

ケルナヴェは当初バスで行く予定でしたが、
バスの本数が少なすぎなのと滞在時間がフライト遅延で短くなったのとで断念。
クルシュー砂洲はまさにバルト海で行ってみたかったけど、
距離的に今回は時間が足りませんでした。

というわけで今回はビリニュス歴史地区だけ訪問します。

まずは夜明けの門からスタート。
もとは9つあった城門のうち唯一残ったもの。

夜明けの門 (2)

ここが旧市街の入り口。
といっても城壁に囲まれているわけではありません。

夜明けの門には礼拝所があって、聖母のイコンがあります。

夜明けの門(4)

礼拝所は沢山の人がお祈りしているし、撮影禁止なので、窓から。
何となく聖母のイコンが見えます。

夜明けの門(6)

このまままっすぐ旧市街を歩きます。
とにかく様々な教会が多いです。

聖テレサ教会。
この日は開いていませんでした。

聖テレサ教会

旧市街はヨーロッパらしい建物が並び、かわいい街並みです。

聖霊教会(1)

手前のピンクの門は精霊教会の入り口。
教会自体もピンクでかわいいです。

聖霊教会(3)

ここはリトアニアのロシア正教の中心的教会。

聖霊教会(4)

黄色い門が聖三位一体教会の入り口。

旧市街 (4)

ここも教会は開いてなくては入れませんでした。
広場みたいなところに出てそのまま進みます。

旧市街

ひときわ大きな聖カジミエル教会。
1604年にイエスズ会が建てた教会。
ここもこの日は開いてませんでした。

聖カジミエル教会 (4)

さらに進むと市庁舎があります。

旧市庁舎 (10)

市庁舎前の広場はザ・ヨーロッパの旧市街な感じ。

旧市庁舎 (7)

さらに進むと聖ヨハネ教会の鐘楼が見えてきます。
ここもこの日はミサ?をやっていて中には入れず。

旧市街 (14)

隣にビリニュス大学があるのですが、ここも閉まってました。

旧市街 (20)大学

何か残念な感じが続いてへこんできました。
翌日もう一度来てみることにしましょう。
その時それぞれ開いているところがあれば入ってみます。

この後は円形城塞を訪れます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

チュニジア旅行 その30 世界遺産カルタゴのアントニヌスの浴場。

6日間でチュニジアの世界遺産を巡るレンタカー旅。
世界遺産カルタゴの最大の見どころ、アントニヌスの浴場を訪れます。

チュニジア旅行 4日目 ④

お腹が空いたので軽めにランチを取ることにしました。
あまりレストランを見かけなくて、地球の歩き方に載ってたお店へ。
海の近くにあるお店、Neptune。駐車場もありました。

昼食 (2)

オープンテラスの席に案内されましたが、風が強すぎる。

昼食 (3)

天気が良ければ気持ちいいんでしょうけど・・・。
そしてオフシーズンだからか、メニューで注文できない料理ばかり。
もう面倒になってカラマリ。

昼食 (6)

衣だらけでほとんどイカの身がありませんでした。
うーん、失敗。

気を取り直してアントニヌスの共同浴場へ。
路駐のみだったので、カルティエ・マゴンの前に駐車してから行きました。
入り口にローマ皇帝なりきり撮影スポットが用意されていました。

アントニヌスの浴場 (1)

ここは2世紀にローマ皇帝アントニヌスにより建設された共同浴場の跡です。

アントニヌスの浴場 (8)

向こうに見える海がきれいです。
当時は100以上の部屋を持つ巨大浴場でした。

輸入された大理石がふんだんに使われていたそうです。

アントニヌスの浴場 (24)

同じ敷地内にフェニキア人の墓地もありました。

アントニヌスの浴場 (36)

カルティエ・マゴン(B.C.5世紀ころの住居跡)へ戻ります。
ここも共通券で入れるのですが、誰もいなくて出入り自由でした。

カルティエ・マゴン (10)

次は車で少し離れた古代カルタゴの港へ。

古代カルタゴ港 (3)

大きな池にしか見えませんが古代カルタゴの繁栄を支えた重要な港です。

古代カルタゴ港 (5)

軍港はドーナツ型になっていて、当時は2重の防壁に囲まれていたので、
直接海からは侵入できなかったようですが、今は海岸線が変わって、入れます。

古代カルタゴ港 (13)

最後はトフェ(タニト神の聖域)へ。

トフェ (4)

タニト神は天と豊穣の女神でカルタゴの守護神です。
当時カルタゴでは幼児を殺して神にささげる生贄の習慣があったとされます。
古代では幼くして亡くなることも多かったので、供養の意味で火葬し、神に捧げたという説もあります。いずれにしてもこの小さな墓石はすべて幼児の墓石だそうです。
12:00頃カルタゴ博物館について、15:30にはトフェまで回れました。

この後はチュニスに戻ります。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

チュニジア旅行 その29 カルタゴのローマ人住居と劇場。

6日間でチュニジアの世界遺産を巡るレンタカー旅。
カルタゴのローマ人住居とローマ劇場を訪れます。

チュニジア旅行 4日目 ③

まずはローマ劇場へ。
ここはチケットチェックもなく、出入り自由でした。
現在も使われているようで機材やステージなどが設置されていました。

ローマ劇場 (4)

何だかあまり歴史を感じる様子でもなくて、普通のステージ。

ローマ劇場 (9)

ぐるっと一周して近くにあるローマ人の住居へ。
ちょっと分かりにくい場所で、普通の住宅街の中にあります。

ローマ人住居 (1)

ここは車を停めるスペースがなく、路駐しました。
劇場から徒歩で来られる距離なので、劇場に車を停めて来てもいいかも。

ここはローマ時代の住宅地跡です。
通りに家が並んでいた様子が分かります。

ローマ人住居 (4)

場所によっては当時のモザイクが残っている場所もあります。

ローマ人住居 (9)

建物内に入ると無造作にモザイクが保管されていました。

ローマ人住居 (12)

石畳の通りを上がっていきます。

ローマ人住居 (14)

ここにもいくつかの住居が立ち並んでいたのでしょう。

ローマ人住居 (15)

この通りにヴォリエールの別荘と呼ばれる屋敷跡があります。

ローマ人住居 (18)

ここだけかなり修復されていて、列柱回廊や中庭、彫刻などが展示されています。
こうなっていると、ちゃんとしたお屋敷だったんだなと分かりますね。

ローマ人住居 (25)

中でも目を引くのが4世紀のモザイクのパネル。

ローマ人住居 (19)

高台にあるので、見晴らしが良く景色がきれいです。

ローマ人住居 (22)

かなり広くてしっかり見て回ると結構時間がかかると思います。
暑くてお腹が空いてきたので適当な所で車に戻りました。
この後はカルタゴの一番の見どころ、アントニヌスの共同浴場へ行きます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
カテゴリー