ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

世界遺産

バルカン半島周遊 その37 マケドニアの絶景世界遺産、オフリド☆

バルカン半島の世界遺産をめぐる旅。
マケドニアの絶景世界遺産、オフリドに日帰りで行ってきました!

バルカン半島周遊 9日目 ①

もともと、オフリドは日帰りでなく1泊する予定でした。
オフリドはアルバニアとマケドニアの国境付近にあるため、
アルバニアからレンタカーで向かい、1泊するつもりだったんです。

でも、マケドニアでは日本の国際免許証は不可ということが分かって、
バスで移動する日程に変更したので日帰りにせざるを得ず。
しかし、マケドニアって本当にダメだったのかな?
大使館とかに電話して確かめたら良かった。

というわけでスコピエからオフリド日帰り。
結構きついスケジュールです。
スコピエからオフリドはバスで3時間半。

AM5:30に起床。
AM7:00のバスで出発。バス代は往復700DEN(約1400円)。
コソボへ行ったときみたいな地獄バスじゃなくてほっとしたー!

バスターミナル (2)

あれで3時間半はきつい。オフリドまでは快適なバス移動でした。
朝食にバスターミナルの売店で7DAYSのクロワッサンとお水を購入。
衝撃だったんですが7DAYSってギリシャの会社なんですね。
いろんなところでみかけるからもっと違う国かと。

朝食

普通においしいチョコクロワッサン。35DEN(約70円)
10:30頃オフリドのバスターミナルに到着。
途中休憩が1回ありました。
オフリドのバスターミナルは街の中心から少し離れています。
バスは一旦中心部に近い場所を通っておりたい人を降ろすので、
バスターミナルへ行かずに降りたほうが良いかもしれません。

私は帰りのバスの時間と場所を確認したかったので、
バスターミナルまで乗りました。
そしてタクシーでオフリドの中心まで移動。100DEN(約200円)

オフリド (3)

オフリドはオフリド湖畔にある町で、
10世紀末から11世紀にかけてブルガリア帝国の首都でした。
マケドニア正教の大主教座が置かれています。

なんといってもこの街の魅力はこの美しいオフリド湖!!

オフリド (10)

正直、ほとんど何にも期待してなかったので、
あまりの綺麗さにびっくりでした。
今回の旅行で一番好きだったかも。

文化遺産としてはスラブ世界最初のキリスト教文化を築いた場所で、
湖畔には当時の教会が残されています。

このオフリド湖の美しい景観とキリスト教による文化遺産から、
ユネスコの世界遺産には数少ない複合遺産として登録されています。

さて、帰りのバスは16:30なので、わずか6時間しか滞在できません。
早速、出発です。

町を歩いているとパールのお店が多いです。
オフリド湖の淡水パールが有名なようです。

オフリド (15)

まずは聖ソフィア教会へ。
11世紀の建造でオスマン朝時代にイスラム寺院に転用され、
フレスコ画が塗りつぶされてしまいました。
第二次大戦後に教会に戻ってフレスコ画も復元されたのです。

フレスコ画が素晴らしかったけど残念ながら撮影禁止。入場料は100DEN。

聖ソフィヤ教会 (7)

このまま岬まで歩いて聖ヨハネ・カオネ教会へ。
ここ、絶景過ぎてしばらく眺めてました。
あんまりきれいで、同じような写真を何枚も撮ってたほど。

聖ヨハネ・カネオ教会 (8)

少し高台になっていて、湖も良く見渡せてすごくきれい!

オフリド (13)

教会自体は礼拝堂がすごく小さくてこれだけ?って思ったけど。
入場料は100DEN。イコノスタスはきれいでした。

ここからサミュエル要塞までがややハードな道のり。

要塞への道 (5)

もはや森では?道に迷ったかと思いました。

無事要塞に到着。入場料は60DEN。ここは入場の価値ありだと思います。
要塞自体は要塞だね、って感じで、階段が狭くて結構大変だけど。

サミュエル要塞 (5)

ここからの景色が絶景!

サミュエル要塞 (24)

サミュエル要塞 (16)

サミュエル要塞 (46)

頑張ってきた甲斐があったなぁ。って思うきれいな景色!

さて、時間が限られているので次は初期キリスト教教会へ。
入場料は100DEN。新しく修復されたのか教会はすごくきれい。

聖パンテレモン教会 (33)

むしろその前にある柱とか近くにあるモザイク画が初期なのかなと。

聖パンテレモン教会 (19)

最後は聖クリメント教会。
ここは受付のお兄さんが休憩中?だったのかなぜか無料で入れました。

聖クリメント教会 (10)

内部のフレスコ画はとても美しかったです。
そして併設のイコン博物館は世界的にも重要なコレクションらしい。
疲れちゃって入らなかったけど、入っておけばよかったなぁと後悔。

この日は天気がすごく良くて結構暑かったんですよね。
もうお腹も空いて限界・・・。
ってことで、街の中心に戻ってお昼ごはんを食べることに。
その途中でみかけた心配な車。

心配な車 (1)

いや、ここ絶対車は進入禁止だと思うけど。
段差の小さい階段だけど車はガタガタ言いながらも降りて行きます。
事の顛末が気になり方向も同じだし着いていくと、
到底車では通過できない細い通路になり、引き返すしかない状況に。
そりゃそうだよな、普通階段を車で走らない。

その細い通路を抜けてちょっと歩くとメインストリート。

メインストリート(1)

もう暑すぎてまずはアイス!そして何としても涼しい店内で食べたい!

アイス (5)

というわけでこちらのお店でチョコチップとヨーグルトアイス。
2スクープで70DEN(約140円)

アイス (3)

安いのにめちゃくちゃおいしい。
ランチはどうしようか悩んで、一番観光客向けっぽいカフェへ。

ビターレモンとツナサラダ。(90DEN+200DEN、約580円)
味は普通。

昼食 (2)

あとは適当にメインストリートやその周辺をぷらぷら。

オフリド (2)

とにかく暑いので、またアイス。ブルーベリーバニラ、20DEN(約40円)

スコピエ (4)

安いのにちゃんとおいしい。
この後は16:30のバスでスコピエに20:00に戻れました。
往復チケットを買っていても帰りのバスはチェックイン?が必要で、
30DENの追加料金がかかりました。

私は日帰りだからできなかったけどボートクルーズとかもあって、
ちょっと離れた教会に行ったりとか楽しそうでした。
あと、泳いでる人もいました。
リゾートとしてかなり人気のある場所のようです。

スコピエに戻ってから旧市街で夜ご飯を食べに行きます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その35 世界遺産、グラチャニツァ修道院。

バルカン半島の世界遺産を巡る旅。
コソボの世界遺産、グラチャニツァ修道院を訪れます。

バルカン半島周遊 8日目 ③

中世セルビア王国時代の4つの教会、修道院が
コソボの中世建造物群として世界遺産に登録されています。
UNESCOの世界遺産リストにはセルビアの世界遺産として。
複雑ですね。

モンテネグロ国境に近いペヤと近郊に1件ずつ、
プリズレンに1件、プリシュティーナ郊外に1件。


車ならすべて行けるような距離にあるんですが、
時間的な問題もありプリシュティーナ郊外の修道院へ。

旧市街からは少し距離があるし、バスだと時間がかかるので、
タクシーで行くことに。10ユーロ。

入場料は無料です。
残念ながら内部の撮影は禁止。

グラチャニツァ修道院 (5)

グラチャニツァ修道院は5つのクーポラを持つビザンツ様式の教会。

グラチャニツァ修道院 (13)

ここもセルビアの修道院に引けを取らず、
素晴らしいフレスコ画で埋め尽くされていました。

この修道院のあるあたりはセルビア人居住区らしくて、
ちょっと不安でしたが特に問題はなかったように思います。

コソボ独立から10年経過していますが、
独立前の2004年にはプリズレンの教会が焼き払われていますし、
2007年にはペヤ郊外の教会に手榴弾が投げ込まれたりしています。
今は落ち着いているとはいえ、怖いですよね。

修道院を見学した後はスコピエに戻ります。
続きは次回にしますね。
最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その30 世界遺産、ビシェグラードのメフメド・パシャ橋。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産、ビシェグラードのメフメド・パシャ橋を訪れます。

バルカン半島周遊 7日目 ③

この日は夜の便でベオグラードからスコピエに飛びます。
サラエボから車で2時間、セルビアとの国境付近の町、
ビシェグラードにかかる橋が世界遺産のメフメド・パシャ橋。

ビシェグラード (1)

オスマン朝時代に宮廷建築家ミマール・スィナンが16世紀末に手掛けた橋。

ビシェグラード (2)

ビシェグラード (13)

11のアーチからなる石橋で当時の建築水準の高さが分かる産業遺産です。
橋からの景色が素敵です。

ビシェグラード (15)

町にはいくつか見どころがあるようだったのですが、
暑くてそれどころじゃない。
まずはお昼ごはん。こちらのレストランで頂きます。

昼食 (6)

注文したのはグヤーシュ。なんと、5KM(約250円)。

昼食 (4)

ビーフシチューみたいな感じです。
優しい、ほっとするような味付けでおいしい。
これはかなり好きな味でした。

この街にはカンヌ映画祭で受賞歴のある監督が立ち上げた、
観光複合施設があって、意外に人が多かったです。

この後はベオグラードまで戻らないといけないので先を急ぎます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その24 絶景の世界遺産、モスタル旧市街。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産、モスタル旧市街を訪れます。

バルカン半島周遊 6日目 ②

駐車場を探すとどこも満車で全然空いてない。
どうしようかと困っていたら、駐車場係のお兄さんが停めてたスペースを空けてくれました。
なんと駐車料金が時間に関わらず10ユーロ。ここの物価から考えたらとんでもなく高い額です。
ホントに10ユーロだったのかはいまだに謎です。
ともかく停められたので早速街歩き。

モスタル (2)

少し歩くと街のシンボルであるスタリ・モストに到着。

モスタル (10)

もともとスタリ・モストはオスマン帝国のスレイマン1世が作らせた橋。
1567年頃に完成されたものと言われています。
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中の1993年に橋は破壊されてしまいます。

モスタル (158)

その後2004年にユネスコの協力で再建され橋とその周辺の旧市街が世界遺産に登録されています。

モスタル (19)

橋の周辺には飲食店や土産屋が軒を連ねてとても良い雰囲気。

モスタル (27)

少し離れたところから眺めるスタリ・モストもきれいです。

モスタル (39)

1557年に建てられたカラジョズ・ベゴヴァ・ジャミーヤ。
翌日行く予定の世界遺産の橋を建てたミナール・スィナンの建築。

モスタル (62)

内部はちょっとかわいらしいモスク。

モスタル (64)

ここの塔からの景色が絶景です。

モスタル (73)

モスタル (78)

次は1618年に建てられたコスキ・メフメット・パシナ・ジャミーヤ。

モスタル (88)

カラフルなステンドグラスに光がさしてめちゃかわいい。

モスタル (122)

そして、ここの塔からの景色が更なる絶景。

モスタル (95)

スタリ・モストが旧市街区と共に見渡せます。
緑色のネトレヴァ川もすごくきれい。

モスタル (102)

モスタル (116)

町もオスマン朝時代の影響が残っていて異国情緒が半端ないです。

モスタル (164)

モスタル、かなり素敵な場所でした。
こんな素晴らしい場所で紛争が起きていたんですよね。
ちょっと信じられないです。

この後はボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボに向かいます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その23 マニアックな世界遺産、中世墓碑ステチュツィの墓所群へ行ってみた。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
4か国にまたがる世界遺産、中世墓碑のステチュツィの墓所群のひとつを訪れます。

バルカン半島周遊 6日目 ①

ステチュツィはボスニア、クロアチア、モンテネグロ、セルビアの4か国に散在する中世の墓碑です。
ステチュツィは墓碑に様々な装飾は彫刻されていることが特徴です。

コトルから次の目的地モスタルへ向かう途中にRadimljaという街があります。
ステチュツィの最大のコレクションがあり、立ち寄ることにしました。

Radimlja (1)

割と低めの柵で囲まれた敷地内に墓碑が並んでいるので、
ちょっと離れたところからなら入場料を払わなくても見えちゃう感じです。
一応チケットを購入して見学しました。2ユーロ。
まだボスニアの通貨、マルカに両替してなかったのでユーロで支払えて助かりました。

Radimlja (6)

これがステチュツィです。

Radimlja (8)

全体に踊ってる風の人がおおいような。

Radimlja (12)

他にも渦巻き模様や月や太陽、植物、十字架など様々なモチーフがあり、
当時の生活を知る手がかりになるようです。

Radimlja (14)

Radimlja (32)

Radimlja (33)

さすがにこれだけのためにここに来る気になれませんが、
モスタルから近いので、ちょっと立ち寄るのが良さそうです。

この後は世界遺産、モスタルを訪れます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー