ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

世界遺産

アルゼンチン旅行 その27 必見の氷河クルーズ☆

カラファテ発のロスグラシアレス国立公園の氷河クルーズに参加しました!
カラファテに来たら絶対参加したい現地ツアーだと思います。

アルゼンチン旅行 6日目 ②

ロスグラシアレス国立公園はアルゼンチンの誇る世界遺産。
そもそも公園の名前はスペイン語で氷河の複数形、訳すなら氷河群。
有名な氷河はペリト・モレノ、ウプサラ、スペガッツィーニの3つ。
最大なのがウプサラ氷河、先端部の高さが最高なのがスペガッツィーニ氷河。
この2つはクルーズ船によるツアーでしか行けません。

これもArgentina4uで申し込んで198ドル。
他のツアーを申し込んだ割引で10%オフで178ドルでした。
+国立公園の入場料500ARS(約2700円)です。

今回参加してみて、お勧めは2階の進行方向に向かって左側の席。
1階でも2階でも料金は変わらないので2階がお勧めです。
というのは1階の窓の外は通路になっているのです。
2階なら遮るものがなく、ずっと景色が楽しめます。

有料でVIP席があって、2階の一番前の席。
飲み物のサービスなどもあるようでした。

出発は9時頃。この日は運よく快晴!
こんなに天気のいい日は1年でそんなにたくさんはないんだとか。
かなりラッキーです。この日を選んで良かった!

氷河クルーズ(251)

きれいすぎて目を離せません!

氷河クルーズ(259)

氷河クルーズ(264)

湖の上に小さな氷河が浮いています。

氷河クルーズ(269)

でも近づくと結構大きいです。

氷河クルーズ(271)

青くてきれい!

氷河クルーズ(273)

向こうに見えてるのがウプサラ氷河。
崩落する危険性があって、その場合かなり揺れたりして危険。
ちょっと離れたところから眺めます。

氷河クルーズ (62)

氷河クルーズ (122)

このあたりでランチ。
なんと隣に座った女性が日本人で、マフィンとサンドイッチを頂きました。
しかも、普通に結構おいしい。
頂かなかったら昨日の夕食で残したポテトとバナナだったので、
これは嬉しかったです。ごちそうさまでした。

氷河クルーズ (159)

途中、セコ氷河も見学。

氷河クルーズ (162)

氷河クルーズ (164)

船上では有料の撮影サービスがありました。
ドローンで撮影したデータとかも入ってUSBメモリーでくれて1400ARS。
船内では氷河の氷で飲むお酒のサービス(有料)もあって、
またもや隣の方から少し頂いてめちゃくちゃおいしかったです。

さらに進むとスペガッツィーニ氷河です。

氷河クルーズ(275)

たしかに高さが最高ってのは納得。

氷河クルーズ(283)

しかも青くてすごくきれいです。

氷河クルーズ(279)

氷河クルーズ(287)

ここでは1時間くらいストップしてくれました。
13:00頃港へ向けて戻り始めました。

カラファテの街に戻ってきたのは15:30頃。
のんびりできるので、カフェに行くことに。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

アルゼンチン旅行 その6 ウルグアイの世界遺産コロニア・デル・サクラメント☆

ブエノスアイレスから日帰り旅行。
ウルグアイのコロニア・デル・サクラメントに行ってきました。
往復フェリーで現地滞在たったの2時間!

アルゼンチン旅行 2日目 ④

フェリーに乗る前に腹ごしらえ。
フェリー乗り場のカフェでカフェラテとクロワッサン。
(カフェラテ:60ARS、クロワッサン:30ARS)
アルゼンチンは決して物価が安くありません。

カフェ (2)

Direct Ferriesで予約した、チケットをプリントアウトしてきました。
カウンターで見せてチェックイン。
もちろん、国境越えなのでパスポートが必要です。

セキュリティチェック、出入国審査を受けてしばらく待機。
フェリーで1時間10分程の船旅です。

フェリーの外の景色。
見渡す限りコーヒー牛乳のような茶色い水。

coloniaexpress (11)

まるで海のような広さですが、これは実は川です。
ラプラタ川といって、アルゼンチンとウルグアイの間を流れる川。
その河口部が幅270㎞の三角州になっています。

特にきれいな景色とかではなく同じ景色が続きます。

コロニアに到着して早速世界遺産の旧市街へ向かいます。
既にそれまでの道が静かできれいで、いい雰囲気。

Colonia del Sacramento (7)

しばらく歩くと城壁にぶつかりました。
城壁沿いに城門へ。

Colonia del Sacramento (20) 城門

ユネスコの世界遺産の記念碑。

Colonia del Sacramento (19)

コロニア・デル・サクラメントは17世紀にポルトガル人が作った街。
対岸にブエノスアイレスがあるので、拠点としていたスペイン軍と度々争いに。
その度、ポルトガル領となったりスペイン領となったりしたため、
とても小さな町の中に両国の影響が残ります。

城門から入るとすぐマヨール広場。

Colonia del Sacramento (30)

Colonia del Sacramento (34)

広場のすぐそばに灯台。

Colonia del Sacramento (36)灯台

植民地時代の暮らしを再現したナカリョの家。

Colonia del Sacramento (84)ナカレリョの家

こういった博物館のチケットは現金のみで支払い可でした。
ウルグアイの通貨はウルグアイペソ。
1ARS=1.1ウルグアイペソでした。
両替すれば良かったんですが、博物館はいいやってなりました。

街の所々にアズレージョ。
歴史あるものは保護されています。

Colonia del Sacramento (44)

Colonia del Sacramento (43)

タイル博物館ってのもありました。
街の地図がタイルに描かれています。

Colonia del Sacramento (57)

ラプラタ川に面するコロニアの街。
やっぱりコーヒー牛乳色。あまりきれいじゃないのです。
前の日、土砂降りだったとか?

Colonia del Sacramento (71)

小さな街なので、歩いて1周できます。

Colonia del Sacramento (104)

小さな石畳の通りを歩きます。

Colonia del Sacramento (83)

サクラメント教会。

Colonia del Sacramento (90)サクラメント教会

かなりシンプルな教会でした。

Colonia del Sacramento (92)サクラメント教会

この日の気温は多分25度超え。結構暑かったです。
ってことでアイスクリーム。

城門に入ってすぐのところにあるお店。

Colonia del Sacramento (24)

ここ、店内がすごくかわいいです。

Colonia del Sacramento (106)

Colonia del Sacramento (107)

アイスは1スクープで65ARS。(80ウルグアイペソ、約300円)
ココナッツにしました。おいしい。

Colonia del Sacramento (109)

ここで、100ARSを出したらお釣りは45ウルグアイペソでした。
中途半端で困ったので、帰りにジュースを買いました。

colonia (2)

うーん、知ってたら先にここでアイスを食べてたら、
ウルグアイペソも手に入って博物館にも入ったかも。

コロニアは半日もあれば十分じゃないかな。
2時間でも十分楽しめました。

フェリーでブエノスアイレスに戻ったら、美しい本屋さんへ行きます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末ドバイ&オマーン その24 世界遺産、Al Aynの考古遺跡。

オマーンの週末旅。
世界遺産、Al Aynの考古遺跡を訪れます。

週末ドバイ&オマーン 3日目 ⑤


オマーンの世界遺産で最も情報の乏しかった遺跡。
バット、アル=フトゥム、アル=アインの考古遺跡群。
ガイドブックにも場所が書いてないし、一体どこ?

って感じでしたがgoogle mapでバハラ近郊にそれらしき場所を発見。
車で1時間くらいだし行けたら行ってみようくらいの気持ちで出発。

地図通りに走って、次を左に曲がる・・・って道がない。
正確にはまがった先は砂利道でした。
突然に舗装道路が終了です。

でも、地図によればこの先に遺跡があるはず。
仕方ないので車を砂利道の中に駐車して歩いてみることに。

民家の間の小さな通路を歩いていくと、広い砂利道に出ました。
でもずっと先までフェンスが建っています。

Al Ayn (24)

このフェンスの向こうに遺跡らしき場所が見えてます。

Al Ayn (23)

これはどうやって行けばよいのか・・・。
途方に暮れそうになりましたが、少し歩くとフェンスの入口発見。
向こうに行けそうです。

Al Ayn (3)

何やら看板が立っていて、注意書きがしてあります。
しかし、周囲に警備している人もいなければ、
チケット売り場的なものもなく、どうやら野ざらし系の遺跡のようです。
これ、入っていいのかな?と思いながらも遺跡のある丘を登ります。
一応、人が歩いた形跡のようなものをたどって歩きます。

Al Ayn (9)

近づいてみると、結構すごいです。
崩れかけたものもありますが、平たい石を並べて作ったドーム状の建物が並んでいます。
これは墓地遺跡なのだそうです。
紀元前2500年頃のマガン国の残した遺跡ではないかと言われています。

Al Ayn (11)

こんなに野ざらし系の割にはかなり保存状態が良い気がします。

Al Ayn (12)

遺跡の向こうの景色も素晴らしいです。

Al Ayn (17)

ここから20㎞程離れた場所にバットの遺跡があるようですが、
さすがに帰るのが遅くなってしまうのでやめました。

実は帰るのが、結構大変だったのです。

15:00頃マスカットに向けて出発。
高速道路を利用して帰ることにしました。
音楽を聴きながら快適ドライブを楽しんでいると、
突然前方の車がストップ。

何で?って前を見ると、ずっと先まで車が停まっていて、
警察車両も見えます。どうやら交通事故のようです。

こんな場所で足止めを食らっていたら予定の時間に車を返せません。
うわー、困ったなどうしよう。
そう思っていると、前方の車も後方の車も次々と道なき道へ出ていくではありませんか。
オマーンの高速道路は無料なうえ、道路にフェンスのないところが結構あります。

もう、仕方ない。覚悟を決めて前の人についていくことに。
でも、前の人たちも道を走ってるわけじゃないし、
何となく走っているだけなので若干怪しかったりしますが、
何とか舗装道路に出て事故現場の先の高速道路に戻れました。

やっぱり普通に事故渋滞とかありますよね。
そう考えるとフライト直前とかやっぱり怖いなと思います。

無事マスカットに着いてレンタカーを返却しました。
何も言われてなかったけど何となく車のメーターを写真に撮って置いたら、
「メーターを写真に撮った?見せて」って言われ見せました。
撮っておいて良かったです。っていうか必要なら事前に言って欲しいけど。

オマーンのレンタカー会社はほとんどどこも、走行制限があって、
200km/日以上は0.05OMR/㎞の追加料金がかかります。

ニズワに行く時点で片道200㎞近かったので、往復で200㎞近くオーバー。
追加で約20OMR(約6000円)支払い、結構高くなってしまいました。

とはいえ、無事マスカットに戻ってこれたので良かったです。
この後は空港からバスでホテルに向かいます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末ドバイ&オマーン その22 世界遺産、バハラフォート。

オマーンの週末旅。
世界遺産のバハラフォートを訪れます。

週末ドバイ&オマーン 3日目 ③

ファラジュ・ダリスから車で30分程でバハラ・フォート到着。
砂岩でできたかっこいいお城です。

バハラフォート (1)

駐車場から坂道を登っていくと入口に着きました。
とにかくかっこいいです!

バハラフォート (6)

バハラ・フォートは13~14世紀に建てられた城塞で、
世界遺産に登録されています。
ニズワ・フォートの入場料が5OMRもしたので、
若干ビビってましたがここは0.5OMRでした。良かった!

バハラフォート (18)

以前は毎年、雨期になると壁が崩落する危険な状態だったそうです。
現在はきちんと修復され観光客にも公開されています。

バハラフォート (80)

外観も素晴らしいですが、内部も素晴らしいです。

バハラフォート (23)

バハラフォート (29)

モスクには14世紀の彫刻が残るミフラーブもあります。

バハラフォート (88)

外は真昼までしたのでかなりの暑さでしたが、
内部は少しヒンヤリしていて気持ちが良かったです。

ここはわざわざ来る価値のある素晴らしいお城でした。
この後はとても美しい内装のジャブリン城を訪れます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末ドバイ&オマーン その21 世界遺産、ファラジ・ダリス。

オマーンの週末旅。
世界遺産の灌漑施設、ファラジュ・ダリスを訪れます。

週末ドバイ&オマーン 3日目 ②


ニズワフォートから車で10分くらい。
「地球の歩き方」にも場所が載っているわけではなかったので、
google mapを頼りに発見。

ファラジ・ダリス (15)

小さな公園みたいな感じで車を停めるスペースもありました。

乾燥した内陸部では、古くから灌漑用水路(ファラジ)を利用して農業が行われてきました。
オマーン国内に現存するファラジの中でも最古級のものがファラジュ・ダリス。
ニズワフォートから車で10分位のところにあるので、せっかくならと来てみました。

普通にきれいな公園です。

ファラジ・ダリス (34)

公園の端っこにたしかに水路があります。

ファラジ・ダリス (3)

これ?って思うくらい普通の水路です。

ファラジ・ダリス (4)

これが本当に世界遺産なのだろうか・・・
と若干不安に思っていると、ユネスコマークを発見。

ファラジ・ダリス (21)

これだけのためにマスカットから2時間はちょっときついけど、
ニズワフォートに来たついでになら来てみてもいいかも。
バスでニズワに来たら、タクシーで来ることになるかと思います。

この後は世界遺産、バハラフォートを訪れます。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー