ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

ホテル

週末重慶&福岡 その8 重慶でお世話になったホテル。

重慶の週末旅。
重慶でお世話になったホテルをご紹介します。

週末重慶&福岡 3日目 ③

今回お世話になったのは重慶駅から比較的近い両路口にある、
GreenTree Inn Hotel。
中国全土に展開するホテルチェーンのホテル。
以前上海でも利用したことがあります。
両路口の地下鉄5番出口から出てすぐの立地です。

GreenTreeInn (1)

お部屋はこんな感じで広くてきれいです。

GreenTreeInn (3)

シャワールームもこざっぱり。

GreenTreeInn (5)

朝食は含まれていませんが1泊3500円です。
地下鉄駅、重慶駅やバスターミナルも近いし便利でした。
近くにコンビニ、食堂もあります。
スタッフさんも英語が通じました。

ホテルでチェックインを済ませたら早速出かけます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末重慶&福岡 その2 博多でお世話になったホテル。

博多では2泊したのでお世話になったホテルをご紹介します。

週末重慶 1日目 ①


今回お世話になったのは「プラザホテルプルミエ」。
場所は天神で歩いてすぐのところに飲食店も豊富で便利でした。
せっかく福岡に来たからには博多でおいしいもの食べなくちゃですよね。

ホテルプラザプルミエ (1)

お部屋はいたってシンプルで普通のビジネスホテルです。

ホテルプラザプルミエ (2)

ホテルプラザプルミエ (3)

立地もいいけど、ここのホテルのおすすめポイントは朝食!
おしゃれなカフェみたいなとこで、
普通に朝食だけ食べにくるお客さんもいて行列になってました。
朝食のブッフェが1000円(税抜き)なので、人気みたい。

ホテルプラザプルミエ (8)

これはちょっと食べすぎですね。

ホテルプラザプルミエ (6)

種類が豊富でおいしいです。

朝食

博多に来ることがあったらまた利用するかも。
なかなか良かったです。1泊8000円くらいでした。

ホテルに夜遅くに到着しましたが早速夕食を食べに行きましょう!
続きは次回にしますね。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

ロシア旅行 その36 サンクトペテルブルクでお世話になったホテル。

ロシアの世界遺産を巡る12日間の旅行。
サンクトペテルブルクでお世話になったホテルをご紹介します。

ロシア旅行 7日目 ③

ペトロザヴォーツクからサンクトペテルブルクについたのは23:00頃。
なのに、外が全然明るい!

明るい

夜遅くにホテルを探すの不安だなって思ってたから良かった!
予約したホテルの最寄り駅まで地下鉄で移動します。
しばらく滞在するし地下鉄も利用しまくるのでカードを60RUBで購入。
これで1回35RUBくらいで乗車できるはず、多分。

地下鉄カード

これを自販機で買ってる時、ちょっと困ってたら
「May I help you?」って聞いてくれるし、地下鉄案内もちゃんと英語あるし。
何か、サンクトペテルブルクはもはや普通にヨーロッパな感じ。

今回お世話になったホテルは「Ligotel」
これでそう読むようです。
ホテルの外に分かりやすく英語名がないので最初通り過ぎてました。
入口のインターフォン的なのを押すと開けてくれます。

Ligotel

場所はモスクワ駅の目の前。
サンクトペテルブルクなのにモスクワ駅って変な感じだけど、
ロシアは行先がそのまま駅名になっています。

⑳モスクワ駅

しかも空港行のバス停が目の前なのでかなり便利でした。

でもちょっと残念ポイントがあります。
それが、これ。

Ligotel (1)

そうなんです、エレベータがない。
そして受付の方が荷物を運んでくれるわけでもありません。
私は荷物が小さいのでそんなに大変ではないですが
大きなスーツケースを持ってたりするとちょっと厳しいですね。

チェックインを済ませてお部屋へ。
眠るだけなので十分ですけど、できたらツインでなくてダブルが良かったです。

Ligotel (2)

バスルーム。

Ligotel (3)

朝食はかなり簡単な感じです。

朝食 (2)

ドーナツと目玉焼きだけ頂きました。

朝食 (1)

しかし、あれ?私このホテルを予約したんだっけ?
と自分で疑問でした。立地だけで選んで良く見なかったのかな。
もうちょっといいホテルを選んだつもりだったのですが。
モスクワのホテルが結構良かったのでちょっとギャップを感じてしまいました。

当時1泊1万円くらいしたのですが今見ると1泊5000円くらい。
その金額なら納得のホテルなのですが、ハイシーズン価格だったのでしょうか。

次の日はサンクトペテルブルグを観光します。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

ロシア旅行 その4 モスクワでお世話になったホテル。

今回モスクワでお世話になったのホテルをご紹介します。

ロシア旅行 1日目 ③

モスクワではGarden Ring Hotelに5泊しました。
場所は地下鉄5号線のプロスペクトミーラ駅から徒歩10分、
もしくは地下鉄6号線のSukharevskaya駅から徒歩3分。

Garden Ring Hotel (3)

ヨーロッパのホテルと大差ないホテルでした。
1泊12000円くらい。

お部屋はシンプルなダブルルーム。

Garden Ring Hotel (1)

一応バスタブもありました。毎日ペットボトルのお水をくれます。

Garden Ring Hotel (6)

宿泊者はスパが利用できます。

Garden Ring Hotel (7)

水着忘れたので利用してません、残念。
ホテルのロビーにはATMもあって便利。

ATM

朝食もおいしかったです。

朝食 (1)

ニシンのマリネとかタマラヨのカナッペ?、パテ、ハム、チーズとか。

朝食 (2)

サラダやフルーツ。

朝食 (3)

クロワッサンもおいしかった!

朝食 (4)

お菓子も結構おいてました。

朝食 (6)

ソーセージとか暖かい食事もちょっとだけありました。

朝食 (9)

快適な滞在でした。
地下鉄駅が近いので観光地へのアクセスも良かったです。

ロシア滞在中は滞在証明を携帯しないといけないのですが、
チェックインして翌日の早朝には頂けました。

ホテルにチェックインしたら、まだ外も明るいし少しお出かけします。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

クロアチア旅行 その36 ドブロヴニクでお世話になったホテル。

クロアチアの世界遺産を巡る旅。
ドブロヴニクでお世話になったホテルをご紹介します。

クロアチア旅行 6日目 ⑦

ドブロブニクでお世話になったのはBerkeley Hotel。

Berkeley Hotel

ドブロヴニクのinもoutもバスターミナルだったので、
バスターミナルから徒歩圏内で選びました。
1泊12000円くらい。
ドブロヴニクは全体に他のクロアチアの街より宿高めです。

バスターミナルから歩いて10-15分くらい。
ホテルへは途中ちょっときつめの坂道があるので大きな荷物だときついかも。

ここのスタッフさんもすごく感じ良くて◎。
お部屋も広くてきれい。

Hotel Barkeley (1)

すっきりしたバスルーム。

Hotel Barkeley (2)

タブはなくてシャワールームです。

Hotel Barkeley (3)

この日は時間に余裕があったので、朝食を頂けました。
プレートのお料理はメニューから注文すると作ってくれます。

朝食 (3)

ホテルの目の前にスルジ山や旧市街に向かうバス停もあるし、
バスターミナルも近いので便利でした。

最後まで読んでくれてありがとうございました!
次回は帰国日編です。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。