ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

ベルギー&オランダ

週末ベルギー&オランダ その4 世界遺産の街ブルージュで街歩き☆

おはようございます。

今日はベルギーの世界遺産の街ブルージュへ行っちゃいます☆

町全体が歴史地区として世界遺産に登録されているのです。

週末ベルギー&オランダ 3日目

今日の夕方のフライトで帰国するのでそれまでの時間でブルージュへ。

朝早くにホテルをチェックアウトして出かけます。

ブリュッセルからブルージュまでは電車で1時間くらい。

駅にコインロッカーがあるのでスーツケースを預けて街歩き☆

まだまだ朝早いのでほとんど人がいません。

㉝愛の湖公園4

なんだか静かでたまにはこういう朝の散歩もいいですね。

㉞ブルージュ2


かわいらしいお家が並んでます。

㉞ブルージュ3


ブルージュは水の都と呼ばれ、町中を運河が走ってます。

㉟ベギン会修道院

じつはブルージュには世界遺産が他にもあります。

ここはそのひとつ、ベギン会修道院。

㉟ベギン会修道院2

ベギン会は中世ヨーロッパで成立した女子のみの修道会。

ここだけでなく他のベギン会修道院とともに「フランドル地方のベギン会修道院群」として世界遺産に登録されています。

中へ入ってみると、

㉟ベギン会修道院5

木々に囲まれたところに修道院があるのが分かります。

ここは女性の自立を支援する修道院として共同生活が行われていたのです。

さて、実はブルージュにはさらにもうひとつ世界遺産があります。

それがこの鐘楼。

㊱ブルージュ18

「ベルギーとフランスの鐘楼群」としてたくさんの鐘楼とともに世界遺産に登録されています。

とうことで、ブルージュのマルクト広場へ。

㊳鐘楼2

鐘楼も立派ですが、周りに並ぶ建物もすごくかわいい☆

㊲マルクト広場

ちょっと天気が悪いのが残念ですが、鐘楼に登ってみることにしました。

ここは鐘楼内には70人までという人数制限があるので行列ができることも多いそうですが
私は開館前に行ったので普通に入れました。

登るのは結構大変。

一番上まで行くとブルージュの街並みが見渡せます。

㊵ブルージュ

天気が良ければな・・・。

多分朝早すぎるとあんまりきれいじゃないです。

お昼ころからすごくいい天気になったので、訪れる時間も大事ですね。

せっかくなので運河を船で回ってみることにしました。

㊶ボートツアー


この船の運転手さん、めっちゃイケメンでした。
思わず激写。しかも、乗るときに何語が分かるか聞いてくれます。

英語とフランス語でガイドをしてくれました。

まずは大聖堂。

㊷聖堂2


世界で一番小さな窓なんだとか。 

㊸ブルージュ4

かわいらしい建物が運河沿いにずーっと並んでるので見ていて飽きません♪

㊸ブルージュ6


中世の街並みをクルーズって、なんて贅沢。

㊸ブルージュ8


ほんと、かわいい。

㊸ブルージュ17


だんだん天気が良くなってきましたよ。

㊸ブルージュ18

やっぱり青い空の下で素敵な景色を見たいですよね。

㊸ブルージュ21


見え方が全然違う☆

㊸ブルージュ23

30分くらいでブルージュの街を1周してくれるのですごく良かったです。

お腹が空いたのでブランチ♪

㊹ランチ2

甘いワッフル♪

㊹ランチ1 ワッフル

帰るころになって気持ちのいい天気になってきました。

㊻ブルージュ

もう少しいたいけど、もう帰らなくちゃ。

㊻ブルージュ6

また来たいと思えるほど素敵な街並みでした。

回は2泊5日でなんと世界遺産8か所☆
弾丸でも十分楽しめました。
週末ヨーロッパまたチャレンジしたいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

次回は週末北京☆
北京の世界遺産6つをすべてめぐります☆

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

週末ベルギー&オランダ その3 世界遺産プランタン=モレトゥスの博物館☆

おはようございます。

オランダで風車群を見た後はアントワープにやってきました♪

週末ベルギー&オランダ 2日目 後半

もう鉄道駅から素敵すぎる・・・。

Antwerpen駅

超絶おしゃれです。

通りにはアントワープの街の由来となった巨大な手のオブジェ。

㉒手

アントワープの街の名は悪さをする巨人の手を英雄ブラボーが倒して切り落とした手を河へ投げ捨てたという伝説に由来してるという説があるのです。

街で売られているお菓子にも手のモチーフのものがあったりします。

有名なチョコレート屋さんDelReyにも手のチョコレートがあって、
嬉しくなってひとつ買って食べてみたら中身がマジパンだったんですよね。

正直、マジパンは苦手なので・・・(あとはご想像におまかせします)


まずは有名な画家ルーベンスの家にやってきました。

ルーベンスの家

かわいらしいお家です。

入ってすぐの部屋です。

ルーベンスの家2

この人がルーベンスさん。

ルーベンスの家3

日本人にとってなじみがあるのはあの「フランダースの犬」に出てくる「キリストの降架」
最終回でネロとパトラッシュが天に召されるシーン。

あの絵画を描いたのがこのルーベンスさん。

ここにはそのルーベンスさんの作品がかなり沢山展示されています。

㉑ルーベンスの家4

写真取り放題だったんだけど、良かったのかな。

家具に描かれてるものも。

㉑ルーベンスの家5


絵画もきれいでしたが、ここはお家として素敵。
なんと1600年代、ルーベンスが活躍していた時代の邸宅です。

㉑ルーベンスの家6

中庭もあります。

㉑ルーベンスの家9


建物にも彫刻が施されています。

㉑ルーベンスの家16

ゆっくり見るとかなり時間が必要な美術館のようでした。

さてアントワープにきたのはこのためだけではありません。

ここのお目当ては世界遺産のプランタン=モレトゥスの博物館☆

㉓プランタンモレトゥスの工房

ここは世界最古の印刷産業が営まれた工房。
プランタンさんが16世紀に始めて娘婿のモレトゥスさんに引き継いだものです。

ここ、閉館が17時なのですが、着いたのは16時過ぎでした。

受付に行くと、17時閉館だけどほんとにいいのかと何度も確認されました。
1時間でも足りないことは分かっていましたがどうしても中を見たかったので無理を行って入れて頂きました。

豪華な入口からスタート☆

㉓プランタンモレトゥスの工房2


素敵な中庭があったりします。

㉓プランタンモレトゥスの工房4

すごく素敵ですが、ここでのんびりしている暇はありません。

中庭に面したお部屋に印刷機が展示されていました。

㉓プランタンモレトゥスの工房8

印刷機がたくさん並ぶ工房の他、

㉓プランタンモレトゥスの工房12

当時の印刷物や、その印刷物のもととなった版画が展示されています。

㉓プランタンモレトゥスの工房15

これ、ひとつひとつ手彫りです。作品と呼んでいいレベルの精密さです。

どれもすごく美しい。

㉓プランタンモレトゥスの工房16

またここは工房と家屋が一緒になっているのでこういったお部屋もすごく素敵です。

図書館みたいなところもありました。

㉓プランタンモレトゥスの工房18

閉館間際だったおかげかほとんど他に人がいなくてラッキーでしたが、全然時間が足りない。
個人的には2-3時間かけていい博物館だと思います。

次は「フランダースの犬の舞台」ノートルダム大聖堂へ。

㉔ノートルダム大聖堂

ここは17時までなのでプランタン=モレトゥス博物館を早めに切り上げて走ってきました。

16:50頃着いたのに、今日はもう終わりよと無情にも入館できず。

なんてことでしょう。

せっかくアントワープに来たのにこの中見られないなんて。

もうがっかりです。やっぱり時間がなさ過ぎでした。

あと30分あったらと本当に悔やまれました。

気を取り直して、マルクト広場へ。

㉖マルクト広場


16世紀に建てられた立派なルネサンス様式の市庁舎

㉕市庁舎

その前には街の名の由来になったといわれる英雄ブラボーの噴水

㉗ブラボーの像2

もう夕方なのでそろそろブリュッセルに戻ることにしました。

アントワープ駅に戻って、

㉙Antwerpen駅

ブリュッセルへ戻ります。電車で40分くらい。

そして昨日のリベンジです。

地下鉄Mongomery駅を降りて凱旋門みたいなのが遠くに見えるので反対方向に歩くと、

あれだ!

㉚ストックレー邸


ブリュッセルにある世界遺産のストックレー邸☆

㉚ストックレー邸2

やっと出会えました。

今日はちゃんと調べてきてきました。

スマホのGoogle mapで調べてオフラインで地図を保存。

GPSで自分の位置を確認しながら来たのでばっちりです。

ストックレー邸はその名の通りストックレーさんのお家なのですが、
建築家アドルフ・ホフマンが考案し、内装はあの「接吻」で有名なクリムトが手掛けたものです。

当時曲線が多用されたアール・ヌーヴォーの時代に直線的なこの建築は時代の最先端だったのです。

残念ながら内部は公開されておらず、クリムトが手掛けた内装は見られないのですがまるで金属のような青緑色の外壁とかくかくした建物は異彩を放っていました。

さて、昨日のリベンジも無事済んでしまったらお腹が空いてきました。

今日はセントカトリーナ広場のレストランで夕食にします。

㉛セントカトリーナ広場


前菜のサラダに

㉜夕食1

メインはワーテルゾーイ

㉜夕食2 ワーテルゾーイ

ベルギーの郷土料理でクリームシチューみたい。
もちろん、お供はベルギービール♪

おいしかった☆

最後まで読んでくださりありがとうございました。

明日は世界遺産の街ブリュージュを訪れます☆

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

週末ベルギー&オランダ その2 世界遺産キンデルダイクの風車群☆

おはようございます。

今日はちょこっとオランダに足を延ばし世界遺産のキンデルダイク‐エルスハウトの風車群を見に行っちゃいます☆

週末ベルギー&オランダ 2日目 前半

朝5時に起きて、地下鉄で6時過ぎにはブリュッセル南駅へ。

チケットカウンターを発見してやっと私の順番が来たものの、domesticって書いてあるな・・・

気難しそうなおじさんに「ロッテルダムまでICで」って言うと

「ここは国内だけ、駅の左に行って」と3回くらい繰り返されました。

やっぱり、でもこの駅広すぎて、どこにあるんだ?

何とか発見し中へ入ると、銀行のように受付番号式。

そして順番になってカウンターへ行くと、めちゃくちゃイケメン☆

最初からこっちを発見したかったですよ。

ロッテルダムに行って、アントワープに寄ってから戻ってきたいと伝えると、
乗る電車の時間も調べてプリントアウトして持たせてくれました。(往復割引で38.5ユーロ)

イケメンなうえ仕事もできる。ナイスガイです。

電車に乗ると、

電車で

大きなワンコも乗ってました。かわいい♪

普段は直通電車があるらしいのですが、イケメンによれば今日は線路のメンテ中らしい。
途中区間がなんとバスでした。

丁寧に説明してくれたイケメンのおかげでなんとか乗り継いで・・・

2時間くらいでロッテルダム到着☆

ツーリストインフォメーションでキンデルダイクへの行き方を聞くと、
どうやらバスより船のほうが安くて早くて楽らしい。

それならと船で行くことにしました。

まずは駅を出て左のB乗り場の7番のトラムで港まで10分くらいで到着。

キンデルダイクへ行くには10時半の船に乗るといいみたい。

ロッテルダム4

結構時間があるのでその辺をぷらぷら。

かわいらしいお家がならんでます。

ロッテルダム2


と思ったら大きなビルも。

ロッテルダム3

そうこうしているうちに時間になりました。

こんな船に乗っていきます。

フェリー

中でチケットが買えて往復の船代とキンデルダイクの入場料込で12.5ユーロでした。

2つめのストップで小型船に乗り換えます。

キンデルダイクへ

これで移動してキンデルダイクに到着♪

キンデルダイク周辺


かわいらしい通りを10分ほど歩くと、右側に見えてきました!

キンデルダイクの風車

すごい!たくさんの風車が並んでます。

・・・

こっちだけ天気悪いな。

10分ほどで入口に到着しました。

キンデルダイクの風車2

着いてみると、雲は多いものの青空も見えてました。

そしてたくさんの風車☆

オランダといえば風車。風車といえばオランダ。

シンプルにこの絶景を見られて嬉しかったです。

キンデルダイク-エルスハウトの風車群は18世紀に建造された排水用の風車群。
かつては約100基あった風車ですが蒸気機関の排水ポンプが使われるようになり減少し現在は19基が残っています。

遊歩道になってるのでのんびりお散歩です。

キンデルダイクの風車3

天気も良くなってきて気持ちいい♪

キンデルダイクの風車4

さて、ひと通り見終えて船の時間に合わせて乗り場へ戻ります。

ロッテルダムに戻って、駅で軽くランチをとって電車に乗ります。

今回も途中バスに乗り換えです。

Roosendaal駅に到着。

Roosendaal駅


ここからはこんな感じのローカル電車。

列車内

めちゃのどかな雰囲気の車窓を眺めつつ、アントワープへ。

この後は世界遺産のプランタン・モレトゥス博物館へ行きます☆

長くなってしまったのでまた次回に。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

週末ベルギー&オランダ その1 世界遺産ブリュッセルのグランプラス♪

おはようございます。

週末海外といえば近場のアジアばかりなので、たまにはヨーロッパも行きたい☆

ってことで航空券を探してたら、カタール航空なら、
ヨーロッパ行でも航空券がそこまで高くありませんでした。

時間がないので小さい国がいいだろうと、ベルギー+ちょこっとオランダに決定☆

せっかく遠くまで行くので今回は連休+1日にしました。

関空発の木曜の深夜便で出発し月曜日の夜に帰国のパターンです。

ガイドブックは「aruco」☆

では、初週末ヨーロッパのベルギー&オランダへ行ってきます☆

週末ベルギー&オランダ 1日目

仕事が終わってから関空へ。

カタール航空はone worldなのでマイルが貯まります♪
チェックインを済ませて、

3万円だけユーロに両替しときました。(1ユーロ=142円)
(ドル、ユーロは日本で替えておいたほうがお得です☆)

ベルギーに着いたら、すぐに行動開始したいので、
関空でシャワーを浴びておかないと!

関空は制限エリアに無料のシャワーが3個だけあります。

幸い、前の人が出るところですぐに入れました。

無事、シャワーを終えて出ましたが、ここドライヤーもなければコンセントもない。

髪、びっしょびしょです。

仕方ないのでゲートの前のトイレでmyドライヤーで乾かしました。

何とかボーディングに間に合って、23:00頃出発☆

夕食と朝食が出ましたが、

夕食はチーズ、バターなどのプレートが私の分だけなく、
朝食はオレンジジュースが私の分だけありませんでした。

2回忘れるって何なの?と若干いらっとしつつ、機内では寝て過ごし

約10時間のフライトで現地時間3:30頃、カタールのドーハに到着。(時差-6時間)

もう1回シャワー浴びようかなと思ったものの、ラウンジの使用料金が40ドル。

・・・・いや、無理でしょ。

ってことで休憩スペースで4時間くらいをつぶしました。

カタールからもさらに7時間のフライトで現地時間14:00頃(時差-7時間)

やっとブリュッセル到着!

電車で予約したホテルの最寄り駅、ブリュッセル北駅へ。

北駅から5分でホテル「Hotel des colonies」に到着。

部屋は狭かったですが、シャワーも付いてるし寝るだけなので問題ないです。

荷物を置いてさっそく街歩き開始☆

まずは地下鉄やトラム、バスの24時間チケットを購入
(何回乗っても7ユーロなので超お得♪)

早速、1件目の世界遺産、オルタ邸にやってきました。

オルタ邸

「建築家ヴィクトール・オルタの主な都市邸宅群」として他3件の邸宅とともに世界遺産に登録されています。

現在は邸宅そのものが美術館として開放されていて、内部が見られるのはこのオルタ邸だけなのです。

中は写真撮影禁止、荷物をロッカーに預けて見学するパターンです。

邸宅内はとっても素敵で、曲線を多用していて今見てもすごくおしゃれだと思います。

お次はオルタの邸宅のひとつ、ここも世界遺産のソルヴェイ邸。

ソルヴェイ邸


入口の扉がなんとなく似てます。

ソルヴェイ邸2

進入禁止。
中をのぞいてみましたががらーんとしてました。

そして、タッセル邸。

タッセル邸

ここも中には入れないので外観のみです。

誰か住んでいそうな雰囲気でした。

さて、ブリュッセルにはもうひとつ近代建築の世界遺産があります。

「ストックレー邸」

最寄りの地下鉄の駅だけ調べて行ってみようと軽い気持ちででかけました。

地下鉄、Mongomery駅で下車。

Mongomery

素敵な噴水のある街ですね。

ここで重大な過ち気が付きます。

私、ストックレー邸が具体的にどこにあるか知らない・・・。

スマホも普段海外ではfree wifiでしか使いません。

でもさすがに世界遺産だし、街の人に聞けばなんとかなるでしょ☆

・・・

何とかならず。っていうか誰も存在自体知らないのです。

終わった・・・。

かなり歩きましたがそれらしきものが見つからず今日はあきらめることに。

ということで、世界遺産のグランプラスにやってきました。

グランプラス

素敵な広場☆

グランプラス2

建物、ひとつひとつがとてもきれい。

これは王の家。もちろん、ほんとに王様が住んでたわけじゃないようです。

グランプラス3


こっちはブラバン公爵の館。

グランプラス5


そして市庁舎とその左が星の家

グランプラス6

でもギルドハウスは修復中で布がかぶってました。残念。

ギルドハウスが並ぶエリアを背にすると、こんな感じ。

グランプラス7


なんか、ヨーロッパに来たな~って実感♪

この後、有名な小便小僧のジュリアン君にご対面。

小便小僧

小さいとは聞いてましたが、想像よりさらに小さいかも。

でも人の数はすごかったです。大人気。

目の前にあるチョコレート屋さんの小便小僧のほうが大きいかも?

小便小僧2


そして、ベルギーと言えば、ワッフル☆

ワッフル

ものすごくカロリー高そう。これで4ユーロ(600円くらい)。お値段も高いです。

おいしかったですが、見た目通りの激甘で完食はできず・・・。


だんだん暗くなってきて、グランプラスに戻ると、

グランプラス

ライトアップされてました。

グランプラス2

素敵です。

有名なChez Leonで夕食♪

chez LEON

一日歩いた後のビールは最高ですね。ムール貝もおいしい☆☆

ビール1杯とこの大量のムール貝のワイン蒸、フリッツ(ポテト)のセットで
16ユーロ。

ひとり旅だとこういうおひとり様向けのセットはありがたいです。

実はこのフリッツはベルギー発祥☆

もちろん、おいしかったです♪

最後まで読んで頂きありがとうございます。

明日は、ちょこっとオランダまで足を延ばして世界遺産の風車群を見に行きます☆

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。