ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

スリランカ

スリランカ旅行 その3 ミヒンタレーで衝撃事件勃発☆

こんにちは。

ミヒンタレーでこの旅で最大の衝撃事件を経験した奈緒です。
おおげさだったらごめんなさい。
自分としてはこんなことある?ってくらいのびっくり事件でした。


スリランカ旅行 3日目 前半


今日は朝早く起きてミヒンタレーに行きます。

ミヒンタレーはスリランカ仏教伝来の地として知られる場所です。

ホテルのおいしい朝ごはんを食べた後、車で30分ほどで到着。

①ミヒンタレ-1

まだ涼しくて、空も青いので気持ちいい。

ここの寺院も敷地内に入ったら靴を脱がないとならないので、ずっと裸足。

帽子もだめだから、頭皮の日焼けどうしようもない。

①ミヒンタレ-2

かなり長い階段なのですが、登っていきます。

スリランカの仏教は紀元前、インドのアショカ王の息子、
マヒンダ王子によって伝えられたと言われており、
地名の由来にもなっています。

ミヒンタレーはマヒンダの山という意味なのです。

これらはマヒンダ王子の碑文です。

①ミヒンタレ-4 MahindaⅣ inscription


こんな感じの階段を上っていきます。

①ミヒンタレ-6

ところどころ小さなストゥーパがあったり、

①ミヒンタレ-7


こっちにもストゥーパがあったり、

①ミヒンタレ-8

ようやく、頂上につながる階段に到着です。

①ミヒンタレ-9


結構急です。ここを裸足で登ります。
手すりをつかみながら一歩一歩登っていきます。

結構危ない感じの階段なので前だけみて登ってました。

すると、突然左手にぐにゃりとした感触。

「きゃあ!」(あんまりびっくりしたので叫び声が出ました)

何???

びっくりして手を離し、左手を見てみると、

まさかの、う〇こ!

どうやらお猿さんのものらしいです。

しかも結構出したてなので、手にべっとりついてしまいました。

なんてこと。

猿のう〇こつかむなんて。

臭い。

無事だった右手でアルコールティッシュを出して拭いても全然とれず。

笑うしかありません。

普通、こんなこと起きる?

自分にびっくりです。

とりあえずなんとなく目には見えないくらいに手を拭いて頂上へ上ります。

でも全然手が臭いんですけどね。

①ミヒンタレ-10

むこうにも大きなストゥーパが見えます。

めちゃくちゃ見晴らしがいいです。
緑が多くてきれい。

①ミヒンタレ-12

一面緑が広がります。

①ミヒンタレ-13

頂上からの景色を満喫して、下へ降りてくると、

鹿さんがいました。かわいい♪

①ミヒンタレ-17 まだら鹿


大きな仏像もあります。

①ミヒンタレ-18

はっ!こいつら!!

①ミヒンタレ-29 お猿さん

くそ~、ふてぶてしい。

①ミヒンタレ-31 お猿さん


あんなことがなければかわいい~と思っていたのでしょうが、
今も臭い左手を思うと腹立たしいです。

なんて器用にあの手すりの上にあんなことするかな。

この敷地内には手を洗えるところがなくて次の目的地に行く途中で
売店みたいなとこで水道をかりて、ガイドさんから石鹸をかりて
やっときれいになりました。
何回も洗いました。

やっと左手も使えます。

車窓からガイドさんがあれ見て!というので目をやると、
セイロンヤケイ。

スリランカの国鳥です。

③セイロンヤケイ


さらに水浴び中のゾウさん☆

④象さん

かわいい!

④象さん2

青い鳥、キングフィッシャー☆
きれい♪

⑤キングフィッシャー

かわいいです。

⑤キングフィッシャー2


そして、昨日オオトカゲを見つけて大興奮していた私を見て、
よほどのトカゲ好きと見込まれたのか、
こんなものを見せてくれました。

なんか連れてきたぞ。

⑥water monitor


おぉ!でっかい!

⑥water monitor2


大トカゲさんを何かの肉で誘い出してきてくれました。

⑥water monitor3

すごい。

⑥water monitor4


えさ、ゲット♪

⑥water monitor6

ベイビーもいます。

⑥water monitor7 kid

えさを食べたらもう用はないとばかりにくるり。

⑥water monitor8


のそのそと戻っていきました。

⑥water monitor9

この後は世界遺産、ポロンナルワへ行きます。

長くなってしまったのでまた次回に。

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

スリランカ旅行 その2 世界遺産アヌラダプラ☆


こんにちは。

インドでお腹を壊したので、スリランカも似た感じで危ないんじゃないかと疑ってた奈緒です。
結果、ガイドさんが清潔そうなレストランを選んでくれたおかげかお腹は大丈夫でした。


スリランカ旅行 2日目 上


今日は朝8時からアヌラダプラに向けて出発です。

なんと、コロンボからアヌラダプラまで車で4時間。

聞いただけでお尻が痛くなっちゃいそうです。
途中、ニゴンボの魚市場に連れて行ってくれました。

①Fish market


おびただしい数のイワシ。

①Fish market2

まるで絨毯のよう。

①Fish market3

かなり砂まみれ。

イワシは食べるまい。

①Fish market4

魚はなるべく食べるまい。

12時頃、今日のホテル、「Palm  garden」に到着。

油断してたらいきなりロビーで蚊の襲撃に遭う。

部屋はコテージ風。周りはほぼ森。

②Palm Village1


部屋にはデフォルトでベープ。ナイス。

②Palm Village2

虫除けスプレーしたけど、トイレでお尻を2か所刺されました。

油断も隙もありません。

さて、気を取り直してランチタイム。

なんと結婚式やってました。

④結婚式

異国の結婚式ってなかなか見れるものじゃないのでラッキーです。

ガイドさんによると招待客は通常2-300人程度で2-3日続くそうです。

なかなかすごいですね。

肝心のご飯はカレーのブッフェでした。

そんなに辛くなくて親しみやすい味でした。

トイレに行っておこうと思い、扉をあけたら、

尋常ではない数の蚊に加えヤモリまでお出ましだったのでそのままそっと閉じました。

14:00頃アヌラダプラの遺跡へ。

アヌラダプラは2500年前にスリランカ最古の王朝があったところです。
もともとはインドの王子ヴィジャヤが国を追放されてランカー島(スリ・ランカ)に来たところから歴史が始まります。アヌラダプラはそれから1000年以上も続いてポロンナルワに遷都するのです。

この王様の両親がライオンと人間の子だったところからライオンの子孫(シンハラ)と呼ばれ、今もスリランカの7割を占める民族はシンハラ族と呼ばれます。少数派はタミル族。両民族の対立が長らく続き、つい最近やっと終息したのです。


スリランカの世界遺産は遺跡群が点在しているのでまとめてチケットが必要。

そして結構なお値段。ここは25ドル。

まずは考古学博物館へ。

⑦博物館


博物館の外へ出ると、ジェータワナ・ラーマヤが見えてきました。

⑧ジェータワナ・ラーマヤ

レンガ造りの建築としてはエジプトのピラミッドの次に3番目に大きいらしい。

というかピラミッドはレンガ造りのくくりだったのか。

スリランカに来て初めての寺院訪問。

⑧ジェータワナ・ラーマヤ3


何やらすごい木発見。

⑧ジェータワナ・ラーマヤ6

いったい何本の幹が集まってるんだ。

スリランカの寺院に入るときは、入口の階段前から靴と帽子を脱がなくてはならない。

日中で一番地面の温度が上昇しているであろう時間、茶色の地面はアツアツ。

ガイドさんが靴下貸してくれました。

なんと用意のいい。

現地の方々はみなさん素足でしたがきっと小さいころからやってるから慣れっこなんだ。

基本、今回行く予定のスリランカの世界遺産はシギリヤ以外寺院なのでずっと裸足で歩いてたら
滞在中は洗っても落ちないほど足が真っ黒。


⑧ジェータワナ・ラーマヤ7


おっ、幸せの青い鳥。

⑧ジェータワナ・ラーマヤ9 青い鳥

お次はtwin pond。
僧侶が身を清めるための池だった場所。

⑨twin ponds


また青い鳥!キングフィッシャー。

⑩キングフィッシャー


大きなトカゲが隠れてる。
50cm以上あるようなかなり大きいやつ。

⑪トカゲさん


次はサマディ・ブッダ。
3-4世紀に造られた瞑想する姿の仏像。

⑫サマディ・ブッダ

そんなに古いものなの?ってくらいきれい。

ほんとは4体あって、目には宝石がはいっていたとか。

⑬アバヤギリ・ダーガパ

次はアバヤギリ・ダーガパ。

⑬アバヤギリ・ダーガパ4


中には涅槃像。

⑬アバヤギリ・ダーガパ5


次はマハーセナ・パレス。
これはムーンストーン。
ムーンストーンは半月状のレリーフで輪廻転生が描かれている。

⑭マハーセナ・パレス ムーンストーン

ゾウ、ウマ、ライオン、ウシが描かれてますが、
これは人の一生の生・病・老・死を表しているのです。

ここを通過すると体が清められるらしい。

壁にはドワーフのレリーフ。

ドワーフっていうとロード・オブ・ザ・リングしか思い浮かばない。

⑭マハーセナ・パレス2 ドワーフ


こっちにもドワーフ。

⑭マハーセナ・パレス3 ドワーフ2


次はラトゥナ・プラサーダ。

ここのガードストーンはとても美しい。
さっきのドワーフと扱いが全然違う。

⑮ラトゥナ・プラサーダ

保存状態がものすごくいい。
細かいところまでとてもきれい。
風雨で風化しないのか。

⑮ラトゥナ・プラサーダ2 ガードストーン


またもやオオトカゲ。

⑯トカゲさん2

のそのそ歩いてます。

次はランカラーマ・ダーガパ。
何とB.C.1世紀のもの。スリランカ、すごいな。

⑰ランカラーマ・ダーガパ


次はトゥーパラマ・ダーガパ。
ここにはブッダのブッダの右鎖骨が奉納されているというスリランカ最古の仏塔。

⑱トゥーパラマ・ダーガパ

白くてきれいな仏塔。
大きすぎて写真におさまりきらない。

⑱トゥーパラマ・ダーガパ3


次はルワンウェリ・サーヤ・ダーガパ。
B.C.2世紀にドゥッタガーマーニー王が建てたもの。
シンハラ族のヒーロー。

⑲ルワンウェリ・サーヤ・ダーガパ3


ここの仏塔は一番近づくと、頂上が見えなくて、

⑲ルワンウェリ・サーヤ・ダーガパ5


2歩下がると頂上がちら見えする仕組みになってる。

⑲ルワンウェリ・サーヤ・ダーガパ6

内部の壁面には説話が描かれてます。

⑲ルワンウェリ・サーヤ・ダーガパ8


ドゥッタガーマーニー王の像。

⑲ルワンウェリ・サーヤ・ダーガパ9


タミル族の王様。なんか真っ黒。

⑲ルワンウェリ・サーヤ・ダーガパ10


次はスリーマハ菩提樹。

㉑スリー・マハー菩提樹1入口

ここのガードストーンもきれい。

㉑スリー・マハー菩提樹3

現存する最古の菩提樹だそう。

枝が折れないよう支えが必要なところも。

スリー・マハー菩提樹5 支えられる枝

なかはキンキラ。

スリー・マハー菩提樹6

この菩提樹が世界最古。

スリー・マハー菩提樹7


これはアーユルベーダの台。

アーユルベーダの台

アーユルベーダは歴史が長いってことか。

道を歩いてたら、猿の大群。

猿の大群


こんなにいるとちょっと怖いです。

次はイスルムニヤ寺院へ。

まずは宝物館。

レリーフが主な展示で保存状態がよくきれい。

宝物館1



おそらくこれが最も美しい。

宝物館5

ここは通称ロックテンプルと呼ばれ、岩の上に寺院がある。

イスルムニヤ寺院1


頂上に上ると、フットプリントや涅槃像がある。

イスルムニヤ寺院3


フットプリント、めちゃくちゃ大きい。

イスルムニヤ寺院4

礼拝堂。

イスルムニヤ寺院6

なんか天気が怪しい雰囲気だったけど、急にバケツをひっくり返したような雨。
慌てて礼拝堂で雨宿り。

でも全然やむ気配なし。

もう濡れるの覚悟でカメラだけ守ってダッシュで車へ。

びっしょびしょ。傘さしてるのに、こんなに雨でぬれたの初めて。
文字通りパンツまでびしょびしょ。

こんな時に限ってホテルの部屋がコテージになってて、自分の部屋まで森の中を歩かないとならず、
もう濡れるのはいいんだけど、道が水没しててどこ歩いたらいいかわかんない。

なんとか部屋までたどり着き、着替えてお洗濯。
雨がやむまで待機してディナータイム。

コース料理でした。

1品目はバラクーダのスイートサワーソース。

夕食 バラクーダのスイートサワーソース

魚は食べるまいと思ったが、ここのホテルなら大丈夫だろ。

食べて良かった、おいしかった。

2品目のジャガイモのポタージュもおいしい。

夕食2 ポタージュ

メインはスリランカンカレー。

豪華。サンバル、カツレツ、チキンカレー、ダール、ビーツ、チャツネなどかなりの量。

夕食3 スリランカンカリー

おいしい。中でもダールは感動的なうまさ。

デザートはチョコレートケーキ。

夕食4 チョコレートタルト

これもおいしい。

そして食後の紅茶がやばかった。

今まで頂いたことがない、衝撃のおいしさ。

さすがのスリランカ。紅茶産出国なだけある。

こんな満腹の状態で出てくる食後の紅茶を飲み干すことなんて今までないけど、
おいしすぎてゆっくり味わってしまった。

明日はミヒンタレーとポロンナルワへ。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

スリランカ旅行 その1 やっぱり乗り継ぐならシンガポール♪

こんにちは。

世界遺産検定の勉強をしていてシギリヤロックを見てから、
いつか行ってみたいなと思っていた奈緒です。

GWに6日間お休みが取れることになったので、
スリランカに行こうと思い、せっかく行くなら他の世界遺産も行っちゃおう☆

スリランカには世界遺産が8か所あるのですが、日程的に5か所が限界。

ということで、

アヌラダプラ、ポロンナルワ、シギリヤ、ダンブッラ、キャンディ
の5か所の世界遺産を巡る旅に出かけます☆

公共交通機関でこれらの世界遺産を効率よく回るのはちょっと難しい。

なので、移動手段としてドライバーガイドさんをお願いすることにしました。

GWのツアーはもともと高いし、一人参加料金もかかるので

ツアー参加より安上がりでした。

スリランカ航空の直行便があるのですが毎日ではなく、
私の出発日にはフライトがなかったので、
航空券はタイ航空で手配していたのですが、
なんと・・・。

タイのデモの影響で私が出発する曜日だけ欠航になりました。
チケット購入から1か月後のことです。

タイ航空側からは変更はできるけど払い戻しはできない。
キャンセルなら2万円かかると言われました。

そんなのおかしくないですか?

私の都合でキャンセルするわけではなく、
フライトがなくなって乗りたい日に乗れなくなったからキャンセルするわけです。

航空会社の都合で2万円も払うのでは納得できません。

今回は旅行会社を通していたので、なんとかして欲しいとお願いすると

なんとかしてくれました!

若干あきらめてたのでこれはラッキー。

旅行会社の方も驚いてました。

しかも結果的に、シンガポール航空で手配したらタイ航空より安く済みましたし
航空会社としても好きな会社だったので、終わりよければすべて良しです。

フライトの出発時間の都合でセントレア→スリランカ→成田になりました。

それにしてもこういう運の悪さなんとかならないのでしょうか。

逆に運がよかったのかな?

あとスリランカは短期滞在の観光目的でもビザが必要なので
オンラインで申請して取得しました♪

ガイドブックはaruco♪

そんなこんなで無事手配できたので

スリランカ旅スタート☆


スリランカ旅行 1日目


セントレア、東横インで前泊して朝9:00には空港到着♪

定刻通り10:30出発です。

シンガポール航空なので機内食もおいしいし、
エンターテイメントも充実してるので良かったです。

7時間のフライトで現地時間16:30(時差-1時間)にシンガポール到着♪

実は今回乗り継ぎ時間が7時間もあるので、
入国手続きして外へ出てもよかったのですが、
行きたいところはだいたい行ったし外は暑いし
空港内でのんびり過ごすことににました。

まずはKilliney Kopitiamへ。

Killiney Kopitiam


シンガポールに来たらもちろん、

カヤトースト☆

カヤトースト

ほんとはYa Kun Kaya Toastに行きたかったのですが、
出国エリアにはなかったんです。

コーヒーはおいしかったですが、カヤトーストはカヤジャムの玉子感が強くて、
私はYa Kun Kaya Toastのほうが好きです。もちろんおいしかったですけど。


ショッピングエリアをプラプラしてたら、靴屋さんが目にとまりました。

「CHARLES & KEITH」

センスのいいサンダルが1足3000円とか4000円で買えちゃう。

全然買い物するつもりなんてなかったのに、
あんまりかわいいのでサンダルを2足も買ってしまいました。

夜ご飯には前回シンガポールに来た時と同様、
フードコートでシンガポールチキンライス♪

チキンライス

やっぱり、安定のおいしさ。

ここにきたらまた食べにくると思います。

定刻の22:55出発で3時間30分のフライトで現地時間の0:10コロンボ到着♪

スリランカと日本の時差は-3.5時間。

入国審査を終えて、外へ出ると私の名前を書いたカードを持った人発見。

なかなかかっこいい感じのおじさまです。

ナイスミドルのガイドさんとトヨタのセダンでホテルへ移動します。

今日のホテルはラマダ、空港からすぐでした。

Ramada Hotel

シャワーを浴びたりしてたらベッドに横になれたのは3:00頃でした。

お付き合いいただきありがとうございました。

明日は世界遺産、アヌラダプラに行きます☆


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。
カテゴリー