ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

スリランカ

スリランカ旅行 その8 聖地キャンディのプージャへ♪


おはようございます。

今日は聖地キャンディの仏歯寺で行われるプージャを見に行きます☆

プージャとは1日3回行われるお祈りの儀式で、仏歯が納められている金の器が公開されるのです♪

こんなお祭りみたいなイベント見逃すわけにはいきません。


スリランカ旅行 5日目 


キャンディの旧市街を少しお散歩。

キャンディoldcity


プージャの朝一番は早すぎるので2回目の会を見に行くことにしました。

お寺の周りではお供えの花が売られています。

仏歯寺前

入口へ到着しました。

仏歯寺1


キャンディはペラヘラ祭りでも有名です。
年に一度仏歯をのせた象が街を練り歩くゾウのパレードが行われるのです。
これはペラヘラの様子のレリーフ。


仏歯寺9

壁が花柄でかわいい♪
ペラヘラ祭りの様子も描かれています。

仏歯寺10


これは象さんに乗るための台。

仏歯寺11 象に乗るとこ


寺院の内部へ入ると、

仏歯寺12


壁画がきれいです。

仏歯寺14


これが仏歯の入った黄金の容器の写真。装飾もきれい。

仏歯寺19


前には献花が並びます。

仏歯寺20


行列がすごいことになってきました。

仏歯寺21 行列


ついに始まりです。

開いた!

仏歯寺23 プージャ


結構大きい!きれい!

仏歯寺24 プージャ


この行列に並ぶと時間がかかるのと、
写真は撮れないってことで離れたとこから。

でも十分よく見えました。

見られてよかった☆


今日の夜のフライトで帰国するので、これからコロンボに戻ります。

まずはシーマ・マラカヤ寺院。

これは有名な建築家、ジャフリー・バワが設計した寺院。
青い屋根で近代的な建築です。

シーママラカカヤ寺院


そして、イギリスの植民地時代のコロニアル建築が数多く残されています。

カルギルス


カルギルス、スーパーマーケット。おしゃれ♪

カルギルス2


プランテーションハウス

プランテーションハウス


オールドタウンホール

オールドタウンホール


外が暗くなってきたので空港へ。

食堂で最後のカレー。

空港食堂 チャーハンとダール

出国前のエリアにある食堂。安くて味はまあまあ。
でももしかしたら職員食堂じゃないかってくらいのアウェー感。

食事を終えてチェックインしようと思ったら、この空港、
カウンターがオープンするまでカウンターエリアにも入れないシステム。

ひたすらベンチで待ってやっとチェックイン。

出国エリアは結構充実してました。

帰りもシンガポール経由で無事帰国できました。

スリランカ、楽しかったです。
自然が多くて遺跡もたくさんあってご飯もおいしかった♪

またゆっくり訪れる機会ができたらいいなと思います。

その時はラグジュアリーなホテルでアーユルヴェーダを満喫したい。

お付き合いいただきありがとうございました。

次回は週末ソウルでまだ訪れてない韓国の世界遺産を攻めます☆

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

スリランカ旅行 その7 世界遺産ダンブッラ石窟寺院

おはようございます。

シギリヤロックに登って汗かいたのでホテルでシャワーを浴びてさっぱりしてから、
次の目的地へ出発。

世界遺産のダンブッラ石窟寺院へ☆

ダンブッラ石窟寺院はカラフルな壁画で飾られていて、
時代とともに増築されたので第1窟から第5窟まであり、
内部には黄金に輝く仏像が何体も納められています。


スリランカ旅行 4日目 後半


なんか、激しい感じのスタート。


ダンブッラ博物館


この口の中に入るの?

とやや躊躇していたら、これは博物館でした。

中には仏教の説話やいろんな国の仏像などの展示がありましたが、
私以外ほかに見学している人を見かけませんでした。

石窟寺院への入口はこの博物館の左側。

ダンブッラ石窟寺院1入口

ここも階段を上っていかねばなりません。

早朝のシギリヤロックに引き続き、アラサーには辛い。

やっと入り口に到着。

ダンブッラ石窟寺院


まずは第一窟。

第1窟3

でかっ。なんだか威厳のあるお顔。

第1窟4

カラフルな壁画も仏像だらけ。

第1窟


ちなみにダンブッラは水の湧き出る岩という意味で、
上からは絶えず水が滴っていました。

水の湧き出る岩

続いて第2窟。

第2窟1

ここにも涅槃仏と、半端ない数の座仏。

第2窟3


立ってる仏像もたくさん。

第2窟8


さらに第3窟。

第3窟


そして第4窟。

第4窟1


もう、一体何体の仏像があるのやら。

第4窟3


第5窟。

第5窟1

優しい顔してます。

第5窟2


仏像の数もすごいのですが、壁一面に描かれている壁画もすごい。

この後は昼食、もちろんカレー。

ランチ

カレーばっかりだけど、メインは野菜だし、スパイスがきつくもないので
インドカレーよりスリランカカレーのほうがずっと食べててもうんざりはしません。

ダンブッラを後にしてキャンディへ。

ホテルは「ティランカ」

ホテル ティランカ

なかなか素敵なホテル。
でも窓を開けておくと猿が侵入しようとするので要注意です。

夕食前にキャンディアンダンスを見に行きました。1人500Rp。

キャンディアンダンス1 Ceremonial Drums

ダンスの説明や順番を書いたパンフレットをくれるので分かりやすい。

キャンディアンダンス4 Peacock dance


1時間、いろいろなダンスを見せてくれます。
結構面白い。でもお客さんのほうがダンサーより少ない現実。

これだけのクオリティで500Rpだと安すぎると思ったし、
国から補助が出ていたりしたらいいなと思いました。

ホテルでの夕食はもちろんカレー。

mild curry

ココナッツミルクの入ったカレーにしてみました。
味は、まあまあです。

お付き合いいただきありがとうございました。

明日は仏歯寺のプージャを見に行きます☆
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

スリランカ旅行 その6 妖艶なシギリヤレディ

おはようございます。


スリランカ旅行 4日目 前半


今回の旅の最大の目的、シギリヤロックにやってきました。

シギリヤの古代都市として世界遺産に登録されています。

5世紀後半にシンハラ王国のカッサパ1世は弟のモッガラーナを追放し、父王であったダートゥセナを殺害し王に即位します。めちゃくちゃです。自分で殺したくせに父王の供養のためにシギリヤの城塞を建設して、自分も殺されることを懸念しひきこもりました。結局弟に敗れて自害したためわずか11年でこのシギリヤは放棄されたのです。その後は寺院として信仰を集めていたようですがやがて廃墟となりました。

昔の権力闘争は恐ろしいですね。

さて、朝涼しいうちに登るため朝7時出発です。

ホテルはすぐ近くだったので、すぐに到着です。

この出で立ち、かっこいい!

シギリヤ

ロックの前は庭園になっています。

シギリヤ庭園


麓に到着、いよいよ登頂開始。

こんな感じで修行僧が瞑想する場所があったり。

シギリヤ image cave


最初はよゆー。

シギリヤ11


だんだんしんどい。

階段が続きます。

運動不足のアラサーにはつらいハードさ。


そして・・・

シギリヤレディ1


やっとレディ達のお出まし。

美女に会うには苦労が必要ってことね。

シギリヤレディ2


狭い通路にいらっしゃるので、人が沢山いたらゆっくりできません。

早朝に少人数で来ることをお勧めします。

シギリヤレディ5


うーん、それにしても妖艶。

怪しい色気を出しまくってます。

レディたちとお別れして、さらに登ると、ライオンのテラス。

実はシギリヤは獅子の山って意味なのです。

ライオンテラス3

めちゃくちゃでかい爪です。階段の上のわんこの何倍もあります。

ここから下を眺めると、

シギリヤ庭園

シギリヤロックの下に広がる庭園がよく見えます。

頑張って頂上まで登ると、

シギリヤ宮殿跡

ロックの上の部分は宮殿跡になっています。

頑張って登ったので清々しい気分。

でも登ったら降りないとなりません。

下に到着したころには生まれたての小鹿のように足がぷるぷるになったのは言うまでもありません。

お付き合いいただきありがとうございました。

この後は世界遺産、ダンブッラの石窟寺院に行きます☆

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
いつも、ありがとうございます。

スリランカ旅行 その5 巨大石仏とアーユルヴェータレポート☆

こんにちは。

旅行中に日本人の団体グループがバス2台で回っていたのをみかけ、びっくりした奈緒です。
それもご高齢な方々がたくさん。スリランカって結構メジャーな観光地なのですね。


スリランカ旅行 3日目 下


ポロンナルワ遺跡、最大の見どころガル・ヴィハーラへ。
ここの石仏は巨大な一枚岩に彫刻されているのです。

向かって左から、まずはブッダ坐像。

ガル・ヴィハーラ1 ブッダ坐像


次の僧院窟は修復中でよく見えません。

ガル・ヴィハーラ3 僧院窟


次はブッダ立像。

ガル・ヴィハーラ4 ブッタ立像


そしてブッダ涅槃像。

ガル・ヴィハーラ5 ブッダ涅槃像


足が少しずれているのは亡くなった時を示してると言われているそう。

ガル・ヴィハーラ6 ブッダ涅槃像


これが一枚岩ってのがすごい。
どれもとても美しい石像でした。

次はランティラカ。
高さ17mもある巨大な寺院。

ランカティラカ2


ここも壁に浮彫で立像があります。

ランカティラカ4


次は、ロータスポンド。
すごくかわいらしい沐浴場です。

ロータスポンド


最後にティワンカ寺院。

ティワンカ寺院1


内部には13世紀に描かれたフレスコ画が残ります。

ティワンカ寺院3


消えかかってるけど、とってもきれい。

ティワンカ寺院4


ポロンナルワの遺跡を後にし、明日早朝からシギリヤロックに登頂するために
シギリヤのホテルに行きます。

すっかり、アーユルヴェーダのこと忘れてたのですが、ガイドさんは覚えてました。

じゃあ、これからアーユルヴェーダね。みたいな。

せっかくならホテルで受けたいし、「ホテルに行ってからじゃだめ?」

と聞いたら「それは意味ないよ」と。 いや、私的には意味あるんだけど。

きっとこの人にマージンが入るんだろうな。

はぁ~、仕方ないか。

不本意ながら、さっきのアーユルヴェーダの施設に戻ってきちゃいました。


担当する人、どうみてもオーバー60のおばあちゃんなんですけど。

まずはマッサージ。

予想通り、ビミョー。

ベッドが固いし、真っ裸なのに足側のドア空いてて落着けない。

次はスチームサウナ。

葉っぱだらけの部屋でしばらくサウナ。

しかし、いくら布巻いてるとはいえそこらじゅうに男性がうろうろしてるのはどうなの?

次はシロダーラ。

またベッドが固いし、オイルがぬるすぎてビミョー。

うかつにも眠ってしまったら首を痛めてしまいました。

次はスチームサウナの箱みたいなのに横になって入る。

これは気持ちよかったんだけどやっぱり、ベッドが固い。

やっと終了。2時間は体洗っちゃだめだよとのこと。

そして、とどめに

おばあちゃん 「私たちは貧乏なの。わかるでしょ。チップをちょうだい」

まじか。

まあ、そういうものなんだろう。

でも正直言って全体としてかなりびみょーだったけど。

でもこの人はそんなにお金もらってないんだろうけど。

チップはあげたけど、なんかすっきりしない。

ガイドさんにはめられた気分です。

外へ出たら雨が降ってました。

観光のど真ん中でこれ受けてたら、見られるものも見られなくなってただろうし、
ほんとせめて観光の後にしてもらって良かったです。

残念な気分でホテルへ向かいます。

途中でぞうさん発見。

象さん


でもひとりぼっちのゾウさんは危険なやつらしい。

やっと今日のホテル、シギリヤ・ヴィレッジに到着。

ここもコテージ風です。
雨降ってるのにロビーからびっくりするくらい遠いです。

シギリヤ・ビレッジ4


お部屋の中はとっても素敵。

シギリヤ・ヴィレッジ

日本人の団体客がびっくりするくらいいました。

夕食がまたブッフェだったのは残念。
注文するとものすごく時間がかかると言われたのです。

シギリヤ・ヴィレッジ3

やっぱり、いやな思いするくらいなら、はっきりと断らないとだめですね。
自分が適当な返事したのが悪いのでこれから気を付けようと思いました。

お付き合いいただきありがとうございました。

明日はいよいよ、憧れのシギリヤレディに会いに行きます☆
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

スリランカ旅行 その4 世界遺産ポロンナルワ♪

こんにちは。

日本の本音と建て前という文化は海外ではほぼ通じないと痛感した奈緒です。
いやなものはいやと意思表示をはっきりしないと後で困ったことになります。


スリランカ旅行 3日目 中


次の目的地に向かう途中、ガイドさんが

「アーユルベーダやりたくない?」

と聞いてきました。

「(時間があれば、ホテルで)うん、やりたいね。」

と答えました。

すると、突然電話しだしました。

ええっ?何々?何で急に電話?

「予約してから行かないと、時間がもったいないから」とのことです。

まあ、せっかくスリランカ来たし観光が終わった後、やるならいいか・・・。

朝早かったので頑張って起きていようと努力はしたのですがいつの間にか眠っていたようです。

ガイドさんに起こされました。

???

どう見てもまだポロンナルワの遺跡じゃない。

「ここどこ?」と聞くと、まさかの答えが返ってきました。

「アーユルヴェーダだよ!」

ええっ!今?いやいや何で今???

これから世界遺産のポロンナルワに行くというのに何で油まみれにならないといけないの?

しかも、かなりのローカル感。

怪しい雰囲気しかない。

森の中にあるアーユルヴェーダ・・・聞こえはいいけど、ここで受けるのはちょっと。

でもこれからまだ2日間一緒に行動するガイドさんのお友達のお店っていうからあんまり邪険にはできないよね・・・。

え~超いやなんだけど。

しかも何でせっかく天気のいい昼間にアーユルヴェーダなの?

もう意味が分からない。

うーん、仕方ない。

「シャワー、浴びられる?」と聞くと、
「大丈夫だよ」と。

それじゃあとお風呂セットを出して中に入ると、
店内をいろいろ案内してくれた。

オイルマッサージ→スチームサウナ→シロダーラ→スチームサウナらしい。

これ、いくらなんだ?

そしたらオイルマッサージ(60分)だけで7000Rp、パッケージ10000Rpとのこと。
え?ただのオイルマッサージ、1時間で5千円以上するの?
スリランカの物価からは高すぎない?

ガイドブックには60分で3000Rpくらいって書いてありました。

完全にぼったくりでしょ。

まじか。

ガイドさん、ナイスミドルだと思ってたのに・・・。

いくらなんでも日本より高いお金払って、こんなローカル感が半端ないところでアーユルヴェーダ受けたくない。

すごく困りましたがきっぱりと言いました。

「日本のほうが安いから受けたくない。(っていうかいくらでもこんな昼間から受けたくない)」

そしたら、「いくらならいいんだ?」と。

いや、そういう問題じゃないんだけど・・・。
と答えに困っていると、

「パッケージで6000Rp」と言ってきた。

えっ?急に4000Rpもディスカウント?いったいどういうシステム?

どちらにしてもアーユルヴェーダの後は2時間は洗ってはいけないとのことなので、

遺跡観光中油まみれなのはゴメンなので、今は無理というとやっと引き下がってくれました。

うっかり、アーユルヴェーダ受けたいなんて言うんじゃなかった。

この後、車内ではかなり気まずい雰囲気に。
(勝手に私がそう感じていただけかもしれませんが)

やっとポロンナルワ到着。

なんかいろんな意味でぐったり。

11世紀、南インドの侵攻を受けてアヌラダプラ朝は衰退し、
このポロンナルワに遷都されました。
そして12-13世紀にスリランカの仏教美術が最盛期を迎えたのです。
この仏教都市遺跡は世界遺産として登録されています。

ここも入場料が3000Rpとかなりの高額。(2500円くらい)

ますはポトグル・ヴィハーラ。ここは、図書館だとか。

ポトグル・ヴィハーラ


次は、パラーク・ラマバーフ1世像。(ポロンナルワ最盛期の王)
高さ4mもある立像です。
両手に仏教の経典と思われるものを持っています。

パラークラマバーフ1世


次は、沐浴場。

island park


そして宮殿跡。
かなり大きな宮殿だったようです。

宮殿跡6


次はパラークマ・サムードラ。人造湖です。
ポロンナルワは灌漑施設も充実していたのです。

パラークマ・サムードラ


やっとランチタイムです。

レストラン


バナナリーフに乗せるブッフェ。

レストラン4

マンゴー、ジャックフルーツ、オクラなどのカレーや、ダール、カツレツ、ロティなど
どれもおいしかったです。

ランチの後は王宮跡に戻って観光再開です。

これは閣議場。

閣議場1

ここにもムーンストーン。

閣議場2


外壁面には様々な彫刻が施されています。

閣議場5


これはなんと浄水器!

浄水器

こちらは王宮跡。

王宮跡2

沐浴場。

沐浴場


巨大な石版。

石版


次はクワドラングル。方形の城壁の中に11の建物があります。
仏歯を納めていたお寺があった寺院の中心地です。

クワドラングル


これは、アタダーゲ。

アタダーゲ


柱ひとつひとつに彫刻が施されています。

アタダーゲ2


これはハッタダーゲ。

ハッタダーゲ3


中には立像が並びます。

ハッタダーゲ4


こちらはラトナギリ・ワタダーゲ。

ラトナギリ・ワタダーゲ1


クワドラングルの中心的建物。

ラトナギリ・ワタダーゲ2


美しいムーンストーンに、

ラトナギリ・ワタダーゲ3


美しいガードストーン。

ラトナギリ・ワタダーゲ5


上半身がないものも。


ラトナギリ・ワタダーゲ6


中には四方に仏像が並びます。

ラトナギリ・ワタダーゲ7

サトゥマハラ・プラサーダ。

サトゥマハル・プラサーダ


これはガルポタ。石でできた本だとか。

ガルポタ(石の本)


ポロンナルワ、見どころ満載です。
長くなってしまったので続きは次回に。

次回はガル・ヴィハーラの巨岩石仏を訪れます☆

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。