ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

カンボジア

週末カンボジア その3 東洋のモナリザ バンテアイ・スレイ☆

こんにちは。

週末弾丸旅行の敵はビザだと思ってる奈緒です。
今もウズベキスタンビザを申請中で手元にパスポートがないのでどこにも行けません。
こういう時はホントに郵送で申請する必要のない都内在住の方がうらやましいです。
早く帰ってこないかなー。

では、カンボジアへ行った時のお話の続きです。

週末カンボジア 3日目

今日は朝4時に起きて4時50分集合。
何でそんなに朝早いかというと・・・。


アンコールワットの夜明けを見るためなんです!!

でも実際の夜明けは6時過ぎなんだとか。
早く行って良く見える場所を確保するのです。


でもガイドさんが正確にどこから日が昇るかを知らないと、
見当違いの場所で待つことになりますので、要注意です。

私は最初見当違いのところで待っていて急いで場所を変えました。

でも朝早く行って待った甲斐がありました☆


アンコールワット朝焼け


すごく幻想的・・・。

空の色がやばいです。

段々日が昇っていきます。

アンコールワット朝日1


アンコールワット朝日2


アンコールワット朝日3


アンコールワット朝日4


アンコールワット朝日5


すごくきれいでした。

絶対早起きしてみるべき絶景です。


7時ころホテルに戻り、次の集合まで1時間、時間があったので
トゥクトゥクに乗って出かけてみることにしました。


ワット・トゥメイ寺院です。

ワット・トゥメイ寺院1


ここは別名「キリング・フィールド」

ワット・トゥメイ寺院5


ポルポト政権下で大量虐殺された方々の遺骨です。

しかもこれでは足らずに、数十年後の今も新たなものが建てられています。


ワット・トゥメイ寺院2


素晴らしい遺跡があって、観光客が絶えないカンボジア。
でも1970年代、たった4年間で国民の3分の1に及ぶ200-300万人が虐殺されました。

100年前とかじゃなくてたった50年前のことです。
もし自分がカンボジアにいたら両親が生まれている時代です。

その事実にぞっとしました。
でも見ておきたかった。

たしかに遺骨はすごい数で、こんなにたくさんの人が虐殺されたのか・・・
と思いましたが、こんなに天気がよくて、平和な今、現実のものとは思えませんでした。
でも今でも遺骨が見つかるそうです。


集合の時間があったのでホテルへ戻りました。
8時に出発です。

スラ・ラランです。
王族たちが水浴びした沐浴地だったそうです。

スラ・スラン


大きすぎて湖みたいです。


お次は、東メボン。霊廟寺院です。

東メボン1


階段を上ると、神像。

東メボン3


壁の隅には象さん。

東メボン5


次はバンテアイ・サムレ。サムレ族の砦という意味の遺跡です。


バンテアイ・サムレ1


中へ入ると、これ。

バンテアイ・サムレ2 リンガ


ヒンドゥー教の寺院では結構な頻度であるもの。
「リンガ」 シヴァ神のピーーーです。
刺さってるほうは・・・。

初めてこれを聞いたとき、かなりの衝撃でした。
だってそれを祀るってすごくないですか?


ここはなんだかアンコール・ワットに似た感じです。

バンテアイ・サムレ3


そして、ついにバンテ・アイスレイにやってきました。

入口のレリーフからすでにすごくきれいです。

バンテアイ・スレイ1


ここは人気の遺跡で人がいっぱい。

バンテアイ・スレイ2


中へ入ると、見えました!遠い・・・けど。・・・めちゃくちゃ遠いな!

バンテアイ・スレイ4


これが東洋のモナリザと呼ばれるデヴァター(女神)

バンテアイ・スレイ5 東洋のモナリザ


たしかに、かすかな微笑みをたたてています。

こっちにも美しいレリーフ。
全部で16体あるそうですが、立ち入り禁止の場所もありすべては見られません。

バンテアイ・スレイ7 東洋のモナリザ

それにしても暑いです。
天気がすごく良くて、11時ころでしたので汗だくでした。
やっぱり、ベストシーズンでもまだまだ暑かったです。
朝は涼しかったですけどね。

お昼になったのでランチへ。
今日はタイ料理でした。

ランチ

そこそこおいしかったですが、せっかくカンボジアに来たからには、
カンボジア料理を頂きたかったですね。

昼食後は東南アジア最大の湖、トンレサップ湖へ。
チェックアウトするために、一旦、ホテルへ戻ってシャワーを浴びます。

湖まではシェムリアップの街から車で30分くらい、がったがたの道を走ります。
雨季の時期は湖が巨大になるうえ、道が水没して行けなくなることもあるそうです。

トンレサップ湖到着~。
危うく酔うとこでした。
酔い止めちゃんと飲んでおいてよかった。

こんな船に乗っていきます。

トレンサップ湖


結構大きいのに、私と日本人カップル1組の3人だけでした。

贅沢。風が気持ちいいです。

しばらくすると、水上集落が見えてきました。

トレンサップ湖2


湖の上でも、小学校とか、

トレンサップ湖3 小学校


お寺まであります。

トレンサップ湖5 お寺


湖というか大きすぎて海にしか見えません。

トレンサップ湖6
左は陸地じゃなくて水上に森みたいなゾーンがあります。

お土産屋さんとかワニの養殖場があるところへ連れてきてくれました。

トレンサップ湖7 ワニ


トンレサップ湖クルーズを終えて、街へ戻ってきました。

最後はオールドマーケットでお買い物です。

私一人だったのですが、ガイドさんがついてきてくれました。
なんか、臭いな・・・と思ったら多分これが原因だと思います。
大量の干物です。

オールドマーケット1


野菜売り場に、

オールドマーケット2


果物売り場。

オールドマーケット3


お魚屋さんや、

オールドマーケット4


お魚屋さん。

オールドマーケット5


お米屋さん

オールドマーケット6


スーパーマーケットも好きですが、こういう市場も大好きです。
日本ではお目にかかれないものがあったりしてすごく楽しい。
うきうきしちゃいます。

さすがにガイドさんがいるとつまらない(ごめんなさい)ので、
一人にしてもらいました。

一人でぷらぷらしてかわいい刺繍入りの巾着袋を購入。
今も結構重宝してます。
女子向けのお土産にもおすすめ。
でも同じようなものはベトナムで買ったほうが安かったです。

お買いものを終えてホテルへ戻ります。

トイレを拝借して洗顔、着替えをしちゃいました。
汗ふきシートで気持ちさっぱり。
いらないものは全部スーツケースにイン。

フライトまでまだ時間があるので、ロビーで待たせてもらいます。
19:00頃空港送迎の方が来てくれて空港へ。
空港へは10分ほどで到着。

今回のツアーは空港ラウンジを使えることになってたので、
(実は往路でも関空のラウンジ使えました。)
ラウンジでのんびり。

21:40シェムリアップ発、22:30ホーチミン到着。

23:30ボーディングなので1時間しかなくてかなり不安に思ってましたが、
あっさりスルーだったのですぐにゲート到着してしまいました。

0:10ホーチミン発。
機内はガラガラで、席が空いてたので横になって熟睡。

7:30頃関空に到着しました。

自宅へ帰る途中、お昼ご飯にしゃぶしゃぶ食べ放題しちゃいました。

ところがやっぱり自宅に到着するころにお腹が痛くなってきてお腹壊してました。

単なる食べすぎか、それとも・・・。

もう考えないことにします。抗生剤を飲んだら2日間くらいで治りました♪

カンボジアは4日間でも十分楽しめましたが、他にも行きたいけど行けなかった遺跡があるので、
また行きたいです。ベンメリアとかクバルスピアンとか。

またカンボジアにはもうひとつ世界遺産があります。
プレア・ビヒア寺院。
なんと人類の創造的才能を表する傑作として認められ世界遺産に登録されています。
でもこの遺跡は当時タイとの国境にあるが故、どちらの国の遺産かでもめてました。
現在はカンボジアの遺産として認められていますが、ちょっと心して行かないといけない場所ではあります。

でもいつか行ってみたいなと思います。

ではこれでカンボジア旅行についてはお終いです。

お付き合いいただきありがとうございました。

次回は週末マカオです☆

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

週末カンボジア その2 憧れのアンコールワット☆

こんにちは。

暑い国に行くときはいつも、日焼け止めを入念に塗って、毎晩美白パックをする奈緒です。
日焼けしたくないのはもちろんですが、こっそり出かけてるので焼けるとばれちゃうからです。


週末カンボジア 2日目

朝6時半に起きて朝ごはん♪

朝ごはん

ヌードルコーナーがあって、麺を選んで作ってくれました。

昨日、空港で食べたフォーより断然おいしいです。
クオリティ高い♪

朝食後はついにアンコール遺跡群へ出発☆

ここにくるまで私はアンコール・ワット=カンボジアの有名な遺跡って思っていたんですが、
実はアンコール・ワットはアンコール遺跡群のたくさんある遺跡の一部です。

他にも有名どころだと、アンコール・トムやタ・プローム、バンテ・アイスレイなんかも全部ひっくるめて
アンコール遺跡群として世界遺産に登録されています。
9世紀ごろに始まったクメール王朝の遺跡です。
この遺跡群、カンボジアの内戦のせいで1992年に危機遺産として登録され、
内戦終了後、遺跡の修復が行われ2004年に危機遺産を脱出しました。


まずは、アンコール・トムへ行きます。

アンコールは都市、トムは大きいという意味で、
ここはジャヤバルマン7世によって12世紀末に建てられた、
王朝最盛期の都市遺跡なのです。

アンコール・トムには東西南北の4つの門の他、勝利の門の5つの門があります。

南大門から入っていきます。


大きなナーガ(へび)がお出迎え。

ナーガ


このへびさんをみんなで一生懸命引っ張ってるところが橋の柵みたいになってます。


乳海撹拌


南大門です。
4面仏塔になっていてクールです。

南大門


門をくぐると、お猿さんがいました。

さる

りんご食べてます。皮が嫌いなようで、器用に皮だけ下に捨ててます。


南大門を見学したあと、電気自動車で移動して、
アンコール・トムの中心の寺院、
バイヨンへやってきました。

バイヨン


すると何やら民族衣装をまとったきれいなお姉さん達が続々と出てきました。

民族衣装


すかさず激写します。

民族衣装2

ラッキーです。

入口にはアプサラ(天女、踊り子)のレリーフがあってとてもきれいです。

アプサラのレリーフ


柱にもレリーフがうっすら残っています。

バイヨン第一回廊


柱にはデバター(女神)のレリーフ。

デバター


とにかくレリーフがひとつひとつ見逃せない感じできれいです。

壁のレリーフ


よくみるともともとあったレリーフの上にさらに別のレリーフを彫ってあるのですが、
これは仏陀→バラモンに変えられています。

ここはもともと仏教の寺院でしたが、
王の死後ヒンドゥー教の寺院に変えられてしまったからです。

仏陀がバラモンに


仏像が取り去られているところもあります。

仏像の盗まれた跡


バイヨンの中心部にやってきました。

四面仏塔

とても優しい微笑みです。

それにしても暑いです。そして人が多い。

この辺りはあまり日陰もなくてぐったりしてました。

これは中央祠堂です。

中央祠堂


バイヨンはこの四面仏塔だらけです。

一つに4つの顔ですから、すごい数の顔です。顔だらけです。

バイヨン


少し移動して、お次は「バプーオン」

バプーオン


ここは1060年頃王朝の中心だった寺院です。
なんかお城みたいです。


さらに象のテラス。

象のテラス


象さんのあたまが仏像のようなトウモロコシヘッドです。


ここは「ピアミナカス」。天空の宮殿という意味で、王族の菩提寺だったそうです。

ピミアナカス


ここにはヘビの神様がいて、王様は毎日交わらないといけなかったんだそう。

交わるって???

次は「ライ王のテラス」

ライ王のテラス


この人がライ王?(ライ病の王という意味)
アンコール王朝にもライ病の王様がいたのです。

でも片足を立てるのは閻魔大王を意味するのだとか。

ライ王のテラス


アンコール・トムの後は、映画「トゥーム・レイダー」で有名な
タ・プロームへやってきました。

ここはジャヤバルマン7世(アンコール・トムを作った王様)が母親の冥福を祈って築いた霊廟で、
「梵天の古老」って意味らしい。???だったので調べると梵天はブラフマーって神様、古老は老人。

調べてみても???ですが。

タ・プローム


遺跡にガジュマルの木がからみついてます。

タ・プローム3


どこもかしこも木に絡まれているのです。

タ・プローム4


ここの絡みっぷりはすごかった。

タ・プローム5


木もすごく大きいのでもうほとんど隠れちゃってます。

タ・プローム6


ここで一番、ツアーで来たことを後悔しました。

ツアーでは訪れる時間は選べません。

なので連れて行かれた場所を見学する形になります。

でもタ・プロームは早朝などあまり人がいない時間に見たほうが、
確実に感動するだろうと思いました。

すごいと思ったのですが、人が多すぎて長くいたいと思いませんでした。

残念です。

またこんなことを言ってはいけないのだと思いますが、他国のツーリストも
団体で来ていることがありますが、すごくマナーが悪い時があります。
一人ではそれほどいらっとしなくても団体でマナーが悪いとさすがにいらっとします。
すみません、愚痴になってしまいました。


この後、「マダム・サチコ」という日本人経営のクッキーのお店に連行されました。

さすがに店内は日本人しかいません。

でも試食ができたり、クッキーの種類が豊富だったり、クッキー自体もおいしいので
連れてきてもらって良かったです。

私もアンコールワットの形をしたクッキーをひと箱お土産に買いました。
(案の定、自宅で開けたら割れてましたけどね)

このお店の外にあるアイス屋さんでマンゴーアイス(1ドル)を買いましたが
フルーティでさっぱりしていて美味しかったです。

その後はランチ。

ランチ


アンコールビールで乾杯。

ランチ3 アンコールビール

冷たくておいしい~。

左はさつまあげ、右はアモック(雷魚をココナッツの蒸し煮にしたもの。)

ランチ2 さつま揚げとアモック


さつまあげはおいしかったです。

アモックはレモングラスが効いてておいしかったのですが、
インドで食べたフィッシュカレーを思い出して(お腹壊した原因だと思ってる)
食べるのは少しにしておきました。


このスープヌードル、味が日本のおでんでした。
おでんの素使ってんのかな?

ランチ4 スープヌードル


デザートはかぼちゃのプリン。

ランチ5 カボチャプリン

正直おいしくなかった。残念です。
日本のタイ料理屋さんで出てくるかぼちゃプリンは大好きなので期待してしまいました。

昼食を終えたら、いよいよ憧れのアンコールワットです☆

橋を渡って、

アンコールワット1  西参道


トウモロコシみたいな入口。

アンコールワット2  西参道2


中へ入ると、痛々しい内戦の跡が残っています。
銃痕って、多分初めて見ました。

アンコールワット3  銃痕



銃痕だらけです。
この貴重な遺跡、アンコール・ワットにもこんなことが起きていたなんて。

アンコールワット4  銃痕


ガイドさんがビューポイントに連れてきてくれました。
聖池の前からのアンコール・ワット。


アンコールワット5 聖池前



絶景です。

これを見るためにここに来たんです。

ずっと見ていたかったほど素敵でした。

でもこの反対側は人だらけ、ゆっくりはしていられませんでした。


アンコール・ワットの中にると、まずは第一回廊です。

こんな感じで第一回廊にはラーマ・ヤナのレリーフがあります。

第一回廊レリーフ2




回廊を抜けて外へ出ると、第三回廊と中央祠堂。
ヒンドゥー教の宇宙の中心メール山を象徴していると言われています。

第三回廊


第3回廊には登れませんでした。残念です。
第2回廊の外側のレリーフがとてもきれいでした。

第三回廊4 デヴァター


また第一回廊を抜けて、

人の上に乗っちゃってるレリーフとか(サーフィンしてるみたい。)

第一回廊レリーフ3 地獄


地上から地獄に落ちる絵とか、

第一回廊レリーフ7 地獄に落ちる所


串刺しの人とか

第一回廊レリーフ8 串刺し


これは乳海撹拌のレリーフ


第一回廊レリーフ10乳海撹拌


みんなで蛇をひっぱってます。

第一回廊レリーフ11乳海撹拌2


山の上で蛇をひっぱって海をかき回し、
海からいろんなものが生まれてくるというヒンドゥー教の天地創造の神話です。


第一回廊レリーフ12 巨大亀の上にヴィシュヌ神



第一回廊を抜けて、東門から外へ。

アンコールワット東塔門


夕日を見に、プレ・ループ遺跡へやってきました。

プレ・ループ1


曇ってましたが空の色が変わっていき、きれいでした。

プレ・ループ3  夕焼け1


この後夕食へ。

夕食1


食事はバイキングでしたが、食事中はアプサラダンスを鑑賞できました。

夕食4 アプサラダンス


この踊りは国の平和を祈り、神に捧げるためのものでしたが、
内戦の時に9割の踊り子が殺されてしまい、存続の危機に陥ったそうです。

夕食5 アプサラダンス2


明日はアンコール・ワットと朝日のコラボとバンテアイスレイを見に行きます☆

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

週末カンボジア その1 シェムリアップでフレンチディナー♪

こんにちは。

高校生の時におひとり様デビューした奈緒です。
初めてのおひとり様は映画館でした。
その後は着々とおひとり様のレベルを上げていき、カフェやレストランでの食事はもちろん、
女ひとりでカラオケ、吉野家、居酒屋、ファミレス、焼肉、国内旅行、海外旅行と行くようになりました。

今回はカンボジア旅行のお話です。

アンコールワットは絶対行きたい場所の一つでした。
でも暑い国に、暑い時期に行くのはイヤだ。
そう思ってました。
(真夏ののエジプトで死にかけたからです。)
せっかく行くなら雨も降らなくて、涼しい時期=ベストシーズンに行きたいのです。

11月の3連休を利用することにしました。

1日お休みをくっつけて4日間でカンボジアに行くことに。

今回もまたツアーのお世話になってしまいました。

一人で行けば良かったな~と後悔してます。

カンボジアはビザが必要な国なので事前に日本で郵送で取得しました。
今ならオンラインでビザが取得できます。
(当時もできましたが、なぜか郵送で取得しました)



週末カンボジア 1日目 

今回はベトナム航空を利用して関西国際空港から出発です。

早朝便だったので空港周辺に前泊しました。

連休の始まる前の金曜日でしたが空港はすでにものすごく混んでました。

ホーチミン経由でシェムリアップへ行くのですが、
ホーチミン行きの機内も満席でした。

ところでベトナム航空って、機内エンターテイメントがほぼないですよね。

今回は一応個人モニターありましたが極小で、映画の内容もいまいち。

この時以来ベトナム航空を利用するときは本を持っていくよう心がけています。


10:30に関空を出発して現地時間の13:40にはホーチミンに到着しました。

乗り継ぎカウンターで再度チェックインしないといけません。

「transfer」の案内に従って進みます。

カウンターを発見しボーディングパスをゲット。

セキュリティチェックを受けてゲートへ行きます。

そういえば機内食がいまいちだったのでほとんど食べず、
お腹がすいてきました。

ホーチミンの空港はゲートなどがある階の上にフードコートがあります。

Big bowlというフォーがあるお店を見つけました。
(新しくなる前のハノイの空港にもあったチェーン店で結構おいしくて好きです)

いただきます。

①ベトナム空港のフォー


7ドル(1ドル100円くらいでした)と高かったですが空港内なので仕方ない。
両替は面倒なのでカード払いです。

お腹も満たされてゲートで待ちます。

16:00ボーディングで機内へ。

機内で入国カードと税関申告書に記入。

1時間位のフライトで17:30頃シェムリアップの空港に到着しました。

②シェムリアップ空港

空港の外で迎えの方が来てくれていました。

この後夕食を食べに行きます。
(一旦、ホテルにチェックインしてちょっとこぎれいなワンピースに着替えました。)

ホテルはロイヤルアンコールリゾート。

Royal Angkor Resort2


アンコールワットなどからは遠かったですが、ホテル自体は素敵ホテルでした。


ひとりではもったいないほど♪
でもそこを一人で満喫するのがいいんですよね。

⑨ホテル



今日の夕食はフレンチです。

③Le Bistrot


カンボジアはフランスの植民地だったので、日本では少し敷居の高いフレンチも
気軽に食べることができます。

今日はひとりフレンチです。(すでに日本でもやってますが)


おしゃれな店内。

④テーブル



前菜のテリーヌ(これ美味しかったです)

⑤前菜


豆腐サラダ(この角切りチーズがおいしくありませんでした)

⑥豆腐サラダ


エビと馬頭鯛のグリル(エビが臭みがあって、魚はまあまあでした)

⑦馬頭鯛と車海老のグリル



デザートのアップルパイ(いまいち)

⑧林檎のタルトブラックフォレストアイスクリーム添え


正直、うーんでした。
日本で頂くフレンチはすごく美味しいもののようです。

お付き合いいただきありがとうございました。

明日は憧れだったアンコールワットに行きます☆

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。