ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

コーカサス

コーカサス旅行 その38 世界遺産、ゲラティ修道院☆

コーカサス3か国を巡る旅。2か国目はジョージア☆
世界遺産、ゲラティ修道院を訪れます。

コーカサス旅行 5日目 ⑤

ゲラティ修道院はクタイシ郊外にあり、
12世紀にグルジア王国ダヴィド4世によって建てられました。

モツメタ修道院から車で15分ほどです。
途中車窓から見える山々がきれい。

カフカス山脈 (6)

少し離れたところから見えたゲラティ修道院。
結構な山の中にあります。

ゲラティ修道院 (2)

修道院は残念ながら修復中。

ゲラティ修道院 (7)

でも内部はフレスコ画で覆われていてとても素晴らしいです。

ゲラティ修道院 (12)

ゲラティ修道院 (13)

入り口のフレスコ画もきれいでしたが、礼拝堂はもっときれい。

ゲラティ修道院 (18)

ゲラティ修道院 (19)

聖母マリアはモザイク画で、12世紀の貴重なものだそうです。

ゲラティ修道院 (31)

もうひとつの建物内もフレスコ画で覆われています。

ゲラティ修道院 (66)

修道院南門にはダヴィド4世のお墓があります。

ゲラティ修道院 (62)

彼は踏まれるたび人々に思い出されることを望んだといいます。

ゲラティ修道院 (58)

ガイドブックを見てきたけど、見どころを逃しそうになっていて、
そのたびおじいちゃんドライバーが教えてくれてナイスでした。

修道院を見終えると14:20頃でした。
バスターミナルまで送ってもらって14:45頃。
15:00のティビリシ行きのバスに乗れました。

やっぱり帰りも車窓からの景色がきれい。

車窓 (14)

18:30頃Didube駅に戻ってきました。
ジョージアは晴れているととにかく絶景続きです。
まだ北西のメスティアとか行けてないのでいつか行ってみたいな。

ティビリシに戻ったら旧市街で夕食にします。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

コーカサス旅行 その37 カフカスが美しい、モツメタ修道院☆

コーカサス3か国を巡る旅。2か国目はジョージア☆
美しいカフカス山脈を眺められるモツメタ修道院を訪れます。

コーカサス旅行 5日目 ④

モツメタ修道院はゲラティ修道院へ行く途中にあります。
駐車場というのか一般車が侵入できるのはこの線路の手前までっぽい。

モツメタ修道院 (1)

車を駐車して少し歩きます。
ドライバーのおじいちゃんも一緒に来てくれます。

モツメタ修道院 (2)

坂道だからおじいちゃんが若干心配だったけど大丈夫でした。

モツメタ修道院 (6)

山の中にあるので、景色がきれい。
おじいちゃんドライバーによるとカフカス山脈ってことでした。
めちゃくちゃきれいです。

カフカス山脈 (3)

修道院へ。

モツメタ修道院 (18)

小さな礼拝堂でしたがきれいです。

モツメタ修道院 (21)

水色の背景に壁画が描かれていました。

モツメタ修道院 (24)

モツメタ修道院 (27)

修道院も素敵ですが景色が最高でした。
この後は世界遺産、ゲラティ修道院を訪れます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

コーカサス旅行 その36 世界遺産登録を抹消されたバクラティ大聖堂。

コーカサス3か国を巡る旅、2か国目はジョージア☆
世界遺産登録を抹消された世界遺産、バクラティ大聖堂を訪れます。

コーカサス旅行 5日目 ③

世界遺産ってその価値が損なわれようとすると危機遺産に登録されたり、
実際価値が損なわれると世界遺産登録自体抹消されることがあります。

実際に登録抹消された世界遺産としては以下の2つが挙げられます。
①アラビアオリックスの保護区(オマーン)
資源開発を優先して保護区を1/10に縮小したため
②ドレスデン・エルベ渓谷(ドイツ)
歴史都市ドレスデンとエルベ川周辺の自然を含めた文化的景観だったが、
ドレスデンに大規模な橋を建設したため

実はジョージアのバクラティ大聖堂も以前は世界遺産でした。
ゲラティ修道院とともに登録されていたため、登録範囲縮小という形で除外されました。

理由は大規模な再建です。
世界遺産は通常、元の形にできるだけ近い形で修復されるのですが、
バクラティ大聖堂は元の形とは大幅に異なる再建となってしまったのです。

11世紀に建てられ、17世紀にオスマントルコに襲われ廃墟となったものの、
中世ジョージアの傑作として伝えられていたそうです。

クタイシの町からも見える小高い丘の上にあり、車で10分くらいです。

バクラティ大聖堂 (1)

なんだか見るからに新しそうな教会ですね。
手前の崩れかけた塀とは大違いです。

入り口に物乞いらしき人がいてまるで入場料みたいにお金を要求してきます。
タクシードライバーさんがいらないよって言ってくれました。

内部もかなり新しい感じ。

バクラティ大聖堂 (4)

何なら柱に使われているのは金属でしょうか。

バクラティ大聖堂 (5)

歴史のありそうなイコンが飾られています。
奥の礼拝堂部分は新しいです。

⑧バクラティ大聖堂 (9)

再建部分と古い部分が混在しているようです。

バクラティ大聖堂 (19)

歴史的な価値とかそういったものは失われてしまったんでしょうか。
とはいえきれいな教会だと思いますが。

手前の塔は一部は古い時代のものでしょうか。

バクラティ大聖堂 (23)

この丘の上からの景色はきれいです。
向こうに山々が連なているのが見えます。
クタイシの町も一望できますね。

バクラティ大聖堂 (35)

バクラティ大聖堂 (37)

しばらくきれいな景色を眺めたら次の目的地へ。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

コーカサス旅行 その35 絶品ジョージア料理、チャホフビリ☆

コーカサス3か国を巡る旅、2か国目はジョージア☆
クタイシで絶品ジョージア料理、チャホフビリを頂きます!

コーカサス旅行 5日目 ②

クタイシに11:30頃到着したのでばすはランチ!
やってきたのはこちらのお店。
Baraka Delicatessen。
Trip advisorだとクタイシのレストラン81軒中、15位とまあまあ。

昼食 (2)

この交差点の近くにあります。

クタイシ (5)

店内はこんな感じで入りやすいです。

昼食 (7)

メニューも英語併記あり注文しやすいです。

昼食 (3)

昼から赤ワイン。4GEL(約160円)。一応お水2GEL(約80円)。

昼食 (6)

普通においしいです。

チャホフビリ(鶏肉の白ワイン煮)14GEL(約560円)

昼食 (8)

これがね、めちゃくちゃおいしい!
なんか中毒になるものが入ってるんじゃないかってくらい。
パクチーの効いた鶏肉のトマトクリーム煮って感じです。
このお料理が今回の旅行中で一番おいしかったかもしれない。
それくらいおいしかったです。

また食べたいなー。
これ食べにまたジョージア行きたい。

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

コーカサス旅行 その34 ティビリシからクタイシバスで日帰り。

コーカサス3か国を巡る旅。2か国目はジョージア☆
ティビリシからクタイシへバスで日帰りしたのでご紹介します。

コーカサス旅行 5日目 ①

ティビリシからクタイシに日帰りする人は少数だと思いますが、
ゲラティ修道院とバクラティ大聖堂に行くだけなら日帰り可能です。

まず朝一番で地下鉄Didube駅へ行きます。
ジョージアの地下鉄はチャージ式のカードで料金を支払います。
窓口で簡単に買えます。

地下鉄 (5)

カード代2GEL(約80円)、1乗車0.5GEL(約20円)

地下鉄はロシアばりに深くて急なエスカレータで乗り場へ。

地下鉄 (3)

サンクトペテルブルグの地下鉄にちょっと似てる。
旧ソ連時代のものなので、似てるのは当然かも。

英語の表記があるので乗り場はわかりやすいです。

地下鉄 (4)

車両はレトロな感じ。

地下鉄 (6)

さて、自由広場の駅からDidube駅に到着。

クタイシ行きバス (2)

地下鉄出てすぐのところにクタイシ行のバンが停まってます。

クタイシ行きバス (1)

ドライバーにクタイシって言って乗り込みます。
片道10GEL。所要時間3時間半、8:00-1時間毎出発です。

Didube駅には他にも様々な行先のバンが停まっていました。

Didube駅 (1)

マーケットが併設しています。

Didube駅 (2)

8:00クタイシへ向け出発。
クタイシまでの道のりは結構絶景続き。
草原と雪山が続きます。

車窓 (4)

途中トイレ休憩が1回。
トイレといっても一応男女に分かれたスペースと扉があって、
穴が開いてるだけって感じでしたが。
鍵なんてありません。

11:30頃、予定通りクタイシに到着。

クタイシ (1)

ここはマックが近くにあるからマクドナルドって呼ばれてます。

市内中心部までは向かい側にあるバス停から#1バスで行けます。0.5GEL
(みんなが降りる、バス停側で下車するのが良いです。)

ランチして12:30からタクシーで観光。
市内→バクラティ大聖堂、モツメタ、ゲラティ修道院→バスターミナル。
50GEL(約2000円)

クタイシ→ティビリシのバスも毎時0分発で1時間毎。
朝は何時からか不明ですが最終は18:00とのことでした。
街にインフォメーションがあるので要確認です。

15:00ティビリシ行きのバスに乗車。
18:30ティビリシ到着です。

往復のバス代20GEL(約800円)
タクシー代50GEL(約2000円)

現地ツアー(45ドル)で行くよりも少し安かったです。
そして自分のペースで観光できました。

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
カテゴリー