ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

モンテネグロ

バルカン半島周遊 その20 モンテネグロの至宝、コトルの絶景。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
モンテネグロが誇る絶景の世界遺産、コトルを訪れます。

バルカン半島周遊 5日目 ③

コトル湾は複雑な海岸線が山に囲まれており、その際奥に位置するのがコトル。
古くから要塞都市、港湾都市として栄え、その旧市街の街並みが残され、
世界遺産として登録されています。

コトルの旧市街に入る道はさすがの渋滞。
駐車場がいっぱいで止められないかと心配でしたが、
入口の門の目の前の駐車場が空いてて停められました。
有料駐車場で2時間くらいで3.6ユーロの支払い。

コトル (1)

左の小さな建物は観光案内所で日本語の無料地図をくれました。
門をくぐって旧市街に入ると、沢山の観光客。
ここはこのあたりでも一番人気の観光名所なんでしょうね。

コトル (2)

石畳の細い路地があったりして、いい雰囲気。

コトル (116)

1160年に建てられた歴史ある教会、聖トリプン大聖堂。

コトル (6) 聖トリプン大聖堂

せっかくなので内部も見学します。入場料は2.5ユーロ。

コトル (10)

内部は1600年代と1900年代に起きた地震のために回収されたので、
割と新しくてきれい。
2階は博物館になっているので、のんびり見学してから外へ出ると、
まさかの土砂降り。

傘でどうにかできないレベル。
バケツをひっくり返したような雨。
仕方ないので、聖トリプン大聖堂の目の前のカフェで雨宿り。
ビニールの屋根に溜まった雨がダムが崩壊したみたいに流れ落ちて大変なことに。

カフェも停電になってしまって、コーヒーを注文したけどできないって。
せっかく楽しみにしていたコトルに来たのにこれじゃ何も見えない。

明日の朝もう一度戻ってこようかと思っていたけど、
しばらくしたら雨が止んでくれた!

1195年に建てられた聖ルカ教会。

コトル (36)聖ルカ教会

コトル (38)

これなら城壁登れるかも?
この階段を上っていくと城壁の入口。

コトル (114)

城壁の入場料8ユーロ。結構高い。
途中で雨が降ったら困ると思いつつダメもとで上った結果。
青空!

コトル (48)

オレンジ屋根の旧市街もきれいに見渡せる。絶景!

コトル (49)

そして、この城壁が結構ガチできつい。
自分のペースでがんがん登りたいのに階段は一人しか通れない。
ゆっくり階段を上り続けるって結構辛いです。
でもこの絶景!めちゃくちゃきれい!

コトル (55)

頑張って行けるとこまで。
こうしてみると本当に複雑に入り組んでる。

コトル (80)

下りはあっというま。
優雅にくつろぐ猫ちゃん。

コトル (107)

最後はご褒美にアイスクリーム。
ヨーグルトアイスにしたらチェリー入りで残念ながらあまりおいしくなかったけど。

コトル (119)

一時は土砂降りでどうなることかと思ったけど、
城壁の上で降られたんじゃなくてラッキーだったかも。
結局、青空のコトル湾の絶景も見られたしね。
この後は夕食を取ります。

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その19 Sveti Stefanでシーフードランチ。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
Sveti Stefanのレストランでシーフードランチ。

バルカン半島周遊 5日目 ② 【モンテネグロ】

ティラナからコトルに向かう途中、ひと際目立つオレンジ屋根の島。
島全体がアマンリゾートになっていて、宿泊者しか入れません。

Sveti Stefan (2)

でも、この周辺にはレストランやビーチがあって、一般の人も利用できます。
ちょうどお昼ごはんの時間だったので、近くのレストランでランチ。
利用したのは、DRAGO Restaurant 
Trip advisorでは14軒しかないけど1位。

昼食 (10)

シーフードサラダ 8ユーロ
ちゃんとドレッシングで味がついていてさっぱりしておいしい。

昼食 (6)

フィッシュスープ 3ユーロ
優しい味のスープ。ちょっと物足りない。

昼食 (7)

エビのグリル 16.5ユーロ
エビが甘くておいしい!

昼食 (8)

この後はモンテネグロの世界遺産、コトルに向かいます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その18 海沿いの絶景ドライブ☆

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
ティラナからコトルまで絶景の海沿いドライブ。

バルカン半島周遊 5日目 ① 【モンテネグロ】

ティラナからアドリア海沿いのルートでモンテネグロのコトルを目指します。
これが絶景続き。

ドライブ (1)

青い海、青い空。
気持ち良すぎる。

海がすごくきれい。

ドライブ (4)

途中の町も魅力的。

島全体がホテルになってるSveti Stefan。
テニスプレイヤーのジョコビッチが結婚式を挙げたんだとか。

Sveti Stefan (1)

小さなビーチがあったりとか。

海沿いドライブ (1)

オレンジ屋根の旧市街が広がるブドヴァ。

ブドヴァ (6)

この街にも立ち寄ろうと思ったけど、駐車場が見つからなかったのと、
あまりにも混雑していたので、コトルに行ってしまうことに。
クロアチアに行った時も思ったけど、アドリア海きれいすぎます。

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その11 国境とシュコダル湖。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
モンテネグロとアルバニアの国境にあるシュコダル湖を訪れます。

バルカン半島周遊 3日目 ② 【モンテネグロ】

モンテネグロとアルバニアの国境にあるシュコダル湖。
国境に向かっているとずっと湖沿いの道路を走るので景色がきれい。

シュコダル湖 (3)

国境に到着したけど、結構な行列でかなり時間がかかる。
全く進まないので、すぐそばにあるシュコダル湖を見て気分転換。
国境で写真撮ったら怒られるからホントはだめですね。

国境 (2)

ここ、自転車で走ったりしたら気持ちよさそう。

シュコダル湖 (7)

モンテネグロの出国も時間がかかったけど、
アルバニア入国も全然進まない。結局国境通過に1時間くらい。
国境越えのある移動はこの時間も考えておかないといけない。

アルバニアに入るとしばらくすごくのどかな道が続く。

アルバニア (2)

首都のTiranaに入るとさすがに交通量が増えたし、
なぜか道路に大きな穴があったりしたけど、Tirana以外はのどか。

この後はTiranaの街歩きをします。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

バルカン半島周遊 その10 モンテネグロでランチ。

バルカン半島の世界遺産を巡るレンタカー旅。
セルビア南部の町Novi PazarからアルバニアのTiranaまで移動します。

バルカン半島周遊 3日目 ① 【モンテネグロ】

Novi PazarからTiranaまで移動するのに、コソボを通ると早い。
途中にあるコソボのペーヤという街には世界遺産の教会がある。
でも、コソボへはレンタカーの乗り入れは不可なんです。
近くを通るのに残念です。

Tirana

というわけで、Novi Pazarからモンテネグロ国境まで1時間で到着。
空いてる国境でそれほど時間がかからずに通過。
国境ではパスポート、レンタカーの書類が必要。
モンテネグロの審査官がすごく感じ悪かった。
かなりキレ気味に「Documents!」って第一声。

国境を超えるあたりは結構標高の高いところで、
下り坂続きでスピードが出てしまう。
ゆっくり走っていたつもりだったけど、警察に止められた。
うわ、スピード違反かな?

って恐る恐る警察官の顔を見ると、「Slow down」ってジェスチャー。
良かった!違反切符切られなくて。
セルビアナンバーだし、外国人はネズミ捕りの格好の餌食だと聞いたことがある。
賄賂を渡すと解放してくれるとか。

そこからはかなり慎重に安全運転。
スピード違反の取り締りは結構な頻度でやっていた。
アルバニアに至ってはこんなに暇はな警察官がいるのかというくらい。

またもやナビに従って走っていたらとんでもない峠越えで、
かなりの時間ロス。
大きな通りに戻ったらすごく走りやすい道路で、
これを通ってくるはずだったのにと悲しくなる。

ちょうど合流するくらいのあたりで休憩したMoraca River。

Moraca river (1)

青緑色の川が透き通っていてすごくきれいだった。

Moraca river (3)

地形から見て周りは石灰岩なんだろう。
モンテネグロの首都ポドゴリツァを通過するあたりで昼食時。
町中には駐車場を併設しているレストランがなくて、
町を抜けたところで丁度いいレストランがあって、入ることに。

昼食 (1)

何気なく入ったレストランだったけど、これが大正解。

昼食 (2)

入口に熊のはく製。

昼食 (4)

店内の雰囲気も良くて、きれいで、料理もおいしかった。
運転しないとならないので、コーラ。1.7ユーロ。

昼食 (3)

注文したのはカラマリ。10ユーロ。
ボリューム満点で一体何杯のイカが使われているのか。
イカは柔らかいし、衣に味がしっかりついてておいしい!

昼食 (6)

モンテネグロはユーロが使えるので便利。
クレジットカードでも支払えました。

休憩したらシュコダル湖の国境からアルバニアに抜けます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー