ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

アルゼンチン

アルゼンチン旅行 その55 JFK、T1のPriority Passで入れるラウンジ。

長かったようで短かったアルゼンチン旅行もこれで最後。
経由地のJFKでPriority Passで入れるラウンジを利用しました。

アルゼンチン旅行 10日目 ⑧

市内から空港までは来るときも利用したバスで移動します。
ホテルに預けていたスーツケースをピックアップして、
歩くこと10分くらいで到着。バス代は260ARS。

バスターミナル (2)

21:40のフライトで18:40には到着したけど行先で分かれてないので、
American航空のカウンターは結構な行列でした。
早めに来ておいて良かった!結構ぎりぎりな感じでした。

ここでもPriority Passで入れるラウンジがあるのですが、
利用できる時間帯ではなかったので残念ながら利用できず。

セキュリティテックと出国審査を受けた後、
お腹が空いたのでエンパナーダとオレンジジュース。
空港にしては良心的な105ARS。

エンパナーダ

しかし、搭乗直前で飲み物没収されるので注意。

ここからリアルに1日がかりの移動。
まずはJFKまで11時間。

機内食は2回。
1回目があまりにも雑に出てきたので思わず撮影。

機内食 (1)

本当はこうですよね、味もイマイチ。ビーフです。

機内食 (2)

2回目はかなり軽めの朝食。

機内食

JFKに到着してターミナル間移動。
エアトレインでぐるっとT1まで移動。

最後のフライトは運航がJAL。
JALがNY-羽田便を始めたころに利用したことがあります。
その時は混んでて利用できなかったAir Franceのラウンジを利用できました。

NY AirFrance Lounge (1)

フランスって聞くだけでなんか素敵に思ってしまうけど、
かなりシンプルなラウンジでした。

NY AirFrance Lounge (2)

飲み物、軽食がありました。

NY AirFrance Lounge (3)

NY AirFrance Lounge (4)

NY AirFrance Lounge (5)

NY AirFrance Lounge (7)

NY AirFrance Lounge (8)

NY AirFrance Lounge (9)

利用しなかったけどシャワーもありました。

NY AirFrance Lounge (11)

NY AirFrance Lounge (12)

最後は安心のJAL。NYから羽田まで14時間。
機内サービスで梅酒を選べちゃう。

機内サービス (1)

1回目の機内食はグリーンカレーに温かいみそ汁。
普通においしいです。

機内サービス (3)

食後のデザートはハーゲンダッツ。

機内サービス (4)

軽食でサンドイッチとコンソメスープ。
スープがおいしい。

機内サービス (5)

最後はパスタにしたらイマイチだったけど。
キウイジュースが選べておいしい。

機内サービス (6)

というわけで、無事帰国しました。
アルゼンチン、楽しかったなー。
今度は近いとこでチリにも行きたいです。

山で遭難しかけた時は死ぬかと思ったけど無事帰って来られて良かった!
これに懲りず、気を付けてまた次の旅行に出かけます。

次回からは土日で行った久しぶりのソウル!
では、また!!
最後までお付き合い頂いてどうもありがとうございました。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

アルゼンチン旅行 その54 美しい邸宅、国立装飾美術館。

南米の名門エラスリス家の邸宅を見学できる、
国立装飾美術館を訪れます。

アルゼンチン旅行 10日目 ⑦

レコレータ墓地から少し歩いたところにあります。
立派な門ですねー。

国立装飾美術館 (1)

入口のところにあるカフェが人気らしいです。
入場は無料で寄付程度ってことだったけど、
たしか決まった金額を払いました。
いくらか忘れちゃいました。

国立装飾美術館 (2)

入口からすごい予感。

国立装飾美術館 (3)

入ってすぐの部屋のど真ん中にいきなり彫刻。
贅沢な空間の使い方ですね。

国立装飾美術館 (4)

なんとも柔らかい印象の応接室。

国立装飾美術館 (20)

ダンスフロア。
シャンデリアと白とゴールドの装飾がとてもきれいです。

国立装飾美術館 (22)

ダイニングルーム。

国立装飾美術館 (27)

大広間。

国立装飾美術館 (29)

2階もあって、通路にはタペストリーがずらりと並びます。

国立装飾美術館 (39)

時間によっては有料でガイドツアーもあるようです。
それぞれの部屋には解説文が添えられていたので、
個人で回っても十分楽しめました。

さて、そろそろ空港へ向かう時間です。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

アルゼンチン旅行 その53 エビータの眠るレコレータ墓地。

エビータの愛称で有名なEva Peronの眠るレコレータ墓地を訪れます。

アルゼンチン旅行 10日目 ⑥

まずは墓地の手前の聖母ピラール聖堂へ。
真っ白できれいな建物です。

レコレータ墓地 (8)

内部は落ち着いた雰囲気で祭壇画美しいです。

レコレータ墓地 (3)

レコレータ墓地 (7)

レコレータ墓地へ。

レコレータ墓地 (9)

立派なお墓が沢山並んでいます。

レコレータ墓地 (10)

ちょっとした教会みたいな形の墓石が多いです。

レコレータ墓地 (13)

ひとつだけやたら献花の多いお墓がエビータの眠る墓所。

レコレータ墓地 (18)

レコレータ墓地 (22)

アルゼンチン、フアン・ペロン元大統領夫人。
貧しい家庭に生まれ育ちながら大統領夫人となり、
国民の圧倒的支持を受けましたが、33歳の若さで子宮がんで死去。

ここに来る前に映画を見ようと思ってたのに、
見ないまま来てしまったのですが、また今度機会があったら見てみようと思います。

この後は国立装飾美術館を訪れます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

アルゼンチン旅行 その52 レコレータ・クラフト市場。

ブエノスアイレスで帰国便までの時間を楽しみます。
レコレータ地区でクラフトマーケットを訪れます。

アルゼンチン旅行 10日目 ⑤


レコレータ墓地の手前の広場を中心に小さなお店がずらり。

クラフトマーケット (9)

かなり広くてずっと先まで続いています。
売っているものもいろいろで、ここはアートのエリア。

クラフトマーケット (1)

アクセサリーやさんも多いです。
このお店が一番センス良かった。

クラフトマーケット (3)

相当買おうかと思ったけどもう現金があまりないし、
ここでカード使うのはちょっと勇気いるし、断念。

民芸品のエリア。

クラフトマーケット (2)


クラフトマーケット (4)

マテ茶で使うボンビージャもいろいろ。

クラフトマーケット (5)

近くにショッピングモールもあるので、お買い物が楽しめます。
クラフトマーケットは土日だけなので、日程が合えばお勧めです。

この後はレコレータ墓地へ行きます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

アルゼンチン旅行 その51 無料で入れる国立美術館。

ブエノスアイレスの国立美術館に行ってきました。
無料な割にヨーロッパの巨匠の作品の展示もありました。

アルゼンチン旅行 10日目 ④

ランチの後はレコレータ地区を巡ることにしました。
国立美術館はレコレータ地区にあります。

国立美術館 (3)

入場料が必要かと思ったらなんと無料。
思わずどこでチケットを買えばいいか聞いてしまいました。

無料だし国立美術館だし、アルゼンチンの画家の作品だけかと思えば、
意外にヨーロッパの各時代の作品もあったりしてびっくり。

一部ご紹介しますと、エル・グレコの作品。

国立美術館 (10)

モネの作品もあるし。

国立美術館 (15)

ルノワールの作品。

国立美術館 (18)

ゴーギャンの作品。

国立美術館 (19)

ドガの作品。

国立美術館 (24)

モディリアーニの作品。

国立美術館 (27)

シャガールまで!

国立美術館 (29)

しかもかなり空いていてゆっくり見られました。
1点だけボカ地区のキンケラ・マルティンの作品もありました。

この展示の雰囲気が完全にヨーロッパ。

国立美術館 (21)

無料でここまで見ごたえのある美術館は貴重ですね。
レコレータ地区まで来たら入ってみることをお勧めします。

この後はレコレータ・クラフトマーケットを訪れます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー