ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

ドバイ&オマーン

週末ドバイ&オマーン その31 中東一のマトラスークをぶらり。

オマーンの週末旅。
中東一と言われるマトラスークを訪れます。

週末ドバイ&オマーン 4日目 ④


ランチを終えたらマトラスークへ。
クルーズ客なのか、かなり沢山の欧米人をみかけました。

マトラ (23)

入口から入って少しすると、広場に出ます。
ここからいろんな方向へスークが伸びています。

マトラスーク (7)

売っているものは様々。
ストールにTシャツ、アクセサリーなどなど。

マトラスーク (10)

やはり、中東らしいハンドクラフトのお店が見ていて楽しい。

マトラスーク (30)

ランプがかわいくて、かわいくて。いつか欲しいなー。

マトラスーク (33)

歩いていて気が付いたのですが、ちょっと閉まって来てる感じだったんです。
多分、お昼休憩ですかね?真昼間は閉店してしまうのかも。
この日はちょっと特殊な別の理由もあったので、詳細は不明です。

マトラスーク (11)

次々とシャッターが閉まっていく・・・。

マトラスーク (12)

中東ならではの面白いものを発見しました。
ヘナタトゥーの型だと思います。
オマーンの女性の手を見るとたいてい素敵なヘナタトゥーが施されています。

マトラスーク (13)

本物でしょうか?中東らしいデザインの貴金属店。

マトラスーク (16)

女性の来ている真っ黒な衣装、アバヤのお店も。
向かいにあるカラフルな衣装のお店とは対照的。

マトラスーク (20)

オマーンの男性がかぶる帽子のお店。

マトラスーク (34)

多分、乳香ですね。

マトラスーク (35)

どんどん閉まってしまったので、早々に引き上げざるを得ませんでしたが、
迷子になりながらお店を見て歩くのは楽しいですね。
時間が経つのを忘れてしまいます。

マトラスーク (28)

しかも、ドバイのスークみたいに下品な言葉をかけてきたり、
しつこくされたりすることもなく、のんびりぶらつけます。

この後はオールドマスカットへ向かいます。
実はこれがちょっと大変だったのですが、
続きはまた次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村 
ありがとうございます。

週末ドバイ&オマーン その30 美しい港町、マトラでランチ☆

オマーンの週末旅。
美しい港町、マトラでランチ☆

週末ドバイ&オマーン 4日目 ③

グランド・モスクからルートタクシーでマトラ地区へ向かいます。
ルートタクシーはバスみたいな感じで定額で目的地まで行ける交通手段。
マスカットではこれが大活躍でかなり便利。
これは普通のバスのバス停だけど、こういう所からは乗れることが多いです。

ルートタクシー (1)

これがルートタクシー。
白いバンでオレンジのマークがついているので分かりやすいです。
見かけたら手を挙げると乗せてくれます。
グランド・モスクからマトラは600Bzsでした。

ルートタクシー (2)

マトラに到着です。
すごくきれいな街並みです。

マトラ (12)

クルーズ船も停泊しています。

マトラ (5)

こんな景色を眺めながらのランチ。

ランチ (7)

せっかくオマーンに来たのでシャワルマという中東料理を注文。
串に刺したお肉を直火で焼いた料理のこと。
トルコのドネルケバブとかギリシャのギロと同じような感じ。

ラップサンドみたいに出されることが多いけど、プレート料理でできました。
パンと、フムスもついて3OMR(約900円)、バナナシェイク1OMR(約300円)
観光地の真っ只中の価格ってのもあるけどオマーンは結構物価が高いです。

ランチ (5)

味は普通においしいです。
フムスは昨日食べたお店の方がおいしかったけどね。
バナナシェイクは色から想像してもらえると思いますが、
ちょっとバナナがフレッシュではないのかな。

この時、クルーズ船の乗客のアメリカ人親子と相席したんです。
彼女たちはラップサンドが出てくると思ってたみたいで、
実際メニューにもそう書いてあるので、これ全然違う料理だよね?
って言ってて、結局ほとんど食べずに会計を済ませていました。
口に合わなかったのかな?

ランチの後はマトラのスークを散策します。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末ドバイ&オマーン その29 美しすぎるグランド・モスク☆

オマーンの週末旅。
美しすぎる、マスカットのスルタン・カブース・グランド・モスクを訪れます。

週末ドバイ&オマーン 4日目 ②

オマーンの国軍博物館を見た後、モスクへ向かいました。
グランド・モスクは結構遠いのでバスで行こうと思っていましたが、
モスクの閉館時間が迫っていたためタクシーを利用しました。

道路を走ってるタクシーで値段を聞くと、8OMR(約2400円)。
さすがに高すぎる。何とか値切って5OMRにしてもらいました。
タクシーで15分くらいでモスクに到着。

めちゃくちゃきれい。
実は遠いから行かなくていいか。
なんて思っていましたが来て良かった!

グランド・モスク (182)

入口までまわって、中に入ります。
入場料は無料ですが、服装のチェックがあります。
女性はストールを頭からかぶって肌の出てない服装ならok。

グランド・モスク (123)

もはやお城のように美しいです。

グランド・モスク (48)

グランド・モスク (91)

グランド・モスク (164)

グランド・モスク (44)

そして、美しすぎるモスクの内部。

グランド・モスク (143)

シャンデリアが超巨大です。そして美しい。

グランド・モスク (145)

色とか模様とかすごく好みのモスク。とにかく素敵です。

グランド・モスク (149)

ちなみに、ここはかなりの人気観光スポットで、
ものすごい観光客の数です。ミフラーブはなんとか見えるくらい。
閉館間際までずっといたので、これはもう閉めますよって時間の写真です。

閉館時間になってしまったので、次の目的地へ行くことにしました。
海岸通り沿いのマトラ地区へ向かいます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。





週末ドバイ&オマーン その28 乗り物好きさん必見のオマーン国軍博物館。

オマーンの週末旅。
ルイにあるオマーン国軍博物館へ行ってきました。

週末ドバイ&オマーン 4日目 ①

ホテルをチェックアウトしてスーツケースを預かってもらいます。
ルイは見どころがあまりない普通の都会という感じなのですが、
オマーン国軍博物館だけは必見だと思います。

地図を見ると、ホテルから歩けそうな感じかな?
と思いつつ歩いてみたら地味に1時間近くかかりました。
地図で見ると通れそうな道が軍専用通路でかなり遠回りしなければならず、
思いのほか時間がかかりました。
素直にタクシーを利用したほうが賢明かと思います。

さて、やっとの思いでたどり着いた国軍博物館。
ベイト・アル・ファラジュ・フォートを改装した博物館です。

軍事博物館 (141)

博物館内は撮影ok。でもここからちょっと外に出ると撮影不可。
ここで、受付?をします。
入場料は無料ですが、グループ毎一人軍人さんがついて案内してくれます。

軍事博物館 (5)

博物館内はかなり涼しくて癒し空間でした。
内部にはオマーンの歴史や空・海・陸軍に関する展示がありました。
何よりすごいのは外の展示です。

普通に戦車が何輌もあります!

軍事博物館 (95)

戦車に人形が乗ってるのがちょっとゆるくて面白いです。

軍事博物館 (102)

これは救護車輌。

軍事博物館 (105)

そして戦闘機も!

軍事博物館 (108)

扉を開けてコックピットの中も見せてくれます。

軍事博物館 (110)

戦闘機を見る機会ってなかなかないですよね。

軍事博物館 (111)

結構興奮します。

軍事博物館 (112)

そしてもちろん、戦艦も!かっこいい!

軍事博物館 (117)

これも内部に入らせてくれました。操舵室!

軍事博物館 (120)

時々人形が乗っててゆるいです。

軍事博物館 (124)

ボートの向こうの筒状のものは減圧室。

軍事博物館 (125)

あと国王のカブース王が乗ってたアメリカ車も展示されています。

軍事博物館 (128)

そしてまた戦車。

軍事博物館 (132)

こんだけの展示を軍人さん一人っずっと案内につけてくれて、
無料で見学できるってオマーン、太っ腹すぎます。
この後は美しすぎるモスク、スルタン・カブースモスクへ行きます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末ドバイ&オマーン その27 ルイの繁華街。

オマーンの週末旅。
ルイの繁華街をぶらぶらしてみます。

週末ドバイ&オマーン 3日目 ⑧

夜ご飯を食べてホテルに戻る途中にルイの繁華街に立ち寄りました。
というのも、空港からバスでルイまで来ると、このあたりで降ろされます。
意外に栄えている!と思って、気になっていたので来てみました。

ルイ (11)

夜21:00過ぎだったと思いますが、全然人が沢山います。
昼間は暑いし、この時間のほうがむしろ賑わっているのかも。

ルイ (18)

そしてこの通りで多く見かけたのが宝石や金のお店です。

ルイ (16)

ルイ (20)

こんなアクセサリー、一体どこに着けていくのでしょうか。
めちゃくちゃゴージャスです。

ルイ (22)

そしてこんな時間にも関わらず、お買い物している人が結構います。

ルイ (23)

普通のショッピングセンターも営業中。

ルイ (27)

あと時々見かけたのがコーヒーショップ。
普通に飲み物を売ってるみたい。

ルイ (29)

予想外に賑わっていてちょっとびっくりでした。
何か買い物するわけじゃないんですけど、見るだけでも楽しかったです。
次の日はオマーンの軍事博物館を訪れます。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー