ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

アイルランド

週末アイルランド その20 ダブリンから無事帰国。

アイルランドで過ごす週末。
ついに帰国の時。

週末アイルランド 4日目 ③

あっという間に帰国日がやってきました。
空港へはO'cconell St.のバス停から来るときも利用したAirCoachを利用しました。
2-30分で空港へ到着です。
チェックインカウンターがびっくりな激混みでしたが、
オンラインチェックインしてあったので、
優先カウンターでさくっとボーディングパスゲット。

セキュリティチェックを済ませたら、出国審査はないのであとはのんびり。
空港でも10ユーロ以内でFull Irish Breakfastが頂けるようでした。

空港 (1)

Butlers Chocolate Cafeもありましたよ。

空港 (3)

あと、日本でも人気のAvocaも!
カラフルなストール、かわいくて買うの迷いましたが、
いろんなところでストールを買いがちなのでやめときました。

空港 (4)

Guinnessショップもありました。

空港 (5)

定刻通り、ボーディング。
搭乗するときに機内持ち込みのスーツケースを計測していて、
重すぎたら荷物を整理したり、預けるように言われている人もいました。
厳しいなー。
私はすでに計測され済みでバゲージタグ付きなのでセーフ。

自分の席に行ったら、知らない人が座っていて間違えたかなと思って確認。
どうやら私は合っているようなので、「ここ私の席です。」
と言ったら、「代わってもらった」とのこと。
いや、誰と代わったのよ、私の席を。謎です。

そして、あなたがそこに座るなら「私はどこに座ればいいの?」
結局その人は何も言わず、隣にいた人(多分家族)が「(元の席の)前に座れば?」
というので、そうしましたが・・・。
その前の席も多分、もともとその人の席じゃない感じでした。
誰か来ちゃったら困りますよね。

何か順番違いませんか?
普通代わってもらいたかったらその席の本人と交渉しませんか?
いったい誰と代わって私の席に座ることになったのでしょう?
謎でした。代わるのは全然かまわないからちゃんと言って欲しいです。

結局誰も来なかったので良かったのですが・・・。
ちょっと釈然としない気持ちでダブリンを離れます。

離陸後3時間くらいして機内食のサービス。
チキンカレーかビーフだったのでビーフにしました。
味はまあまあです。

機内食 (1)

着陸前にアイスクリームのサービス。
これは普通においしかったです。

機内食 (2)

8時間のフライトでドバイ到着。
乗り継ぎ時間に少し余裕があったので、のんびり乗り継ぎ。

定刻通りボーディングでしたが、珍しくエコノミーからスタート。
そしたら、ビジネス客が先に並んじゃって、エミレーツのCAさん軽くキレてました。
「今すぐ日本語のできるスタッフよこして!!」って電話してました。

しかもエスカレータの前でボーディングパスチェックしてるのに、
エレベータで勝手に行こうとしちゃう人までいて。
CAさん慌てて止めに走る・・・。
大変ですね・・・。

離陸前に眠ってしまって起きたら機内食タイムでした。
チキンか魚の甘酢あんがけだったので魚にしました。
魚はまあまあでしたが、そうめんがおいしい!

機内食 (3)

他の航空会社もそばじゃなくてそうめんにしてくれたらいいなぁ。
着陸前に朝食のサービス。

機内食 (4)

日本時間の夕方関空に到着。
帰りに新大阪の駅でくくるのたこ焼き。

くくる

食べすぎですね。
ということで無事帰国しました。

Barry's TeaとShamrock(アイルランドの国花、クローバー)のショートブレッド
をお土産に買って帰りました。

お土産 (1)

現地ツアーがキャンセルになるプチトラブルはありましたが、
後日無事返金されましたし総じて楽しく過ごせました。

これで週末アイルランドは終わりです。
次回からは週末オランダです。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末アイルランド その19 アイルランド最大、聖パトリック大聖堂。

アイルランドで過ごす週末。
アイルランド最大の教会、聖パトリック大聖堂へ行ってみます。

週末アイルランド 4日目 ②

聖パトリック大聖堂へ向かう途中、
残念ながら入れなかったクライストチャーチ大聖堂の外観を眺めます。
ここにも入りたかったなー。

Christ Church Cathedral (3)

さらに歩いて、聖パトリック大聖堂に到着です。
早く着すぎたため少し外で待機します。

St Patrick Cathedral (3)

しかし、開館時間の9:00になっても全然開く気配がないんですけど。
まさかのお休み!?

そしたらこれを発見。

St Patrick Cathedral (78)

入口、間違ってました。
そしてすでにオープンしてました。

St Patrick Cathedral (5)

ふぅ、焦ったぜ。
入場料、6.5ユーロを支払って中に入ります。

St Patrick Cathedral (6)

大きくてきれいな教会です。

St Patrick Cathedral (28)

床の模様がすごくきれい。

St Patrick Cathedral (7)

祭壇のステンドグラスも素敵です。

St Patrick Cathedral (58)

この教会は実は作家ジョナサン・スウィフトが主席司祭だったことでも有名です。

St Patrick Cathedral (16)

ジョナサン・スフィフトはあのガリバー旅行記の作者です。
彼に関するものが展示されたコーナーもありました。

St Patrick Cathedral (67)

そして、ジョナサン・スウィフトは恋人ステラの傍らに葬られています。

St Patrick Cathedral (19)

これで、ダブリンでしたかったこと、だいたい終えました。
そろそろ飛行機の時間なので空港へ向かいます。

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末アイルランド その18 アイルランドの伝統的な朝食、Full Breakfast☆

アイルランドで過ごす週末。
アイルランドの朝ごはん、Full Irish Breaskfastを頂きます。

週末アイルランド 4日目 ①

アイルランドに来たら、一度は食べてみたいと思っていたもの。
Full breakfast。
イギリスやアイルランドの伝統的なボリューム満点な朝食です。
昔は1日2食だったので朝から沢山食べたのだそうです。

イギリスに行ったときも食べたかったのですが、
朝は時間がなかったしホテルで朝食も付いていたので機会を逃しました。
なので、アイルランドでは一度は食べてみたいと思っていたんですよね。

ホテルでも注文できたのですが、せっかくならおいしいお店に行ってみたいですよね。
ということでやってきたのはこちらのお店。
Tripadvisorでダブリンの朝食で15位。
ホテルから徒歩圏内のお店を選びました。

Osheas (7)

このときアイルランドの日の出は8時頃でしたので、まだ暗いです。
7時半ころだったかお店に伺いました。

開店時間は8時だったようですが、快く席に案内してくれました。

Osheas (2)

Full Breakfast、7.5ユーロ。この料金、かなり安いと思います。
だいたいホテルでもカフェでも10ユーロします。

Osheas (6)

紅茶にトースト、ベーコンに目玉焼き、マッシュルーム、豆、ソーセージ、
ブラックプディング、ホワイトプディング、マッシュポテト。

ブラックプディングは血液入りソーセージのことです。
これはあんまり得意じゃなかったです。

でもほかのメニューはどれもおいしくて豆以外は全部頂きました。
豆はさすがに多すぎて完食できませんでした。

帰るとき、コンビニの前を通るとものすごくアグレッシブな鳥たちを発見。

コンビニのパン (1)

口にくわえているのは店内で売られていたクロワッサン。
お店の中に入ってくわえて出てきて食べちゃうやつです。
スゴイですねー。

この後は、St. Patrick Cathedral へ行きます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末アイルランド その17 ダブリン最後の夜は黒ビール初体験。

アイルランドで過ごす週末。
黒ビールの初体験をします。

週末アイルランド 3日目 ④

最後の夜なので、少し夜更かし。
Templebarにやってきました。

Templebar (4)

レプラコーンの写真フレームを発見。
レプラコーンはアイルランドの妖精です。
小さな体を意味してて、アイルランドではお土産とかでよく見かけます。

Templebar (3)

どのパブも大混雑で、ちょっと入る気になれませんでした。
ものすごく盛り上がってる中に一人で切り込んでくの結構勇気がいります。

うーん、どうしよと思って川沿いをお散歩。
そしたら川にきれいに反射しててすごくきれい!

ダブリンの夜 (2)

ダブリンの夜 (4)

結局、泊まってるホテルの下がパブだったことを思い出しました。

Pub (5)

カウンターですが、座るとこもあったので、落ち着いて飲めそうです。

Pub (1)

もちろん、Guinessを注文!
1/2パイントで3.8ユーロ。
すぐに作ってくれましたよー。ホントに黒いですね。

Pub (2)

飲んでみると、想像してた味と全然違いました。
おいしい!!

苦いんじゃないかと心配してたけど全然クリーミー。
ビールのエスプレッソとか言われますけど、なんと的確な表現。
気に入って免税店でお土産にも買って帰りました。
500ml×4本 8ユーロ。

お土産 (2)

ついでにウイスキーセットも。11ユーロ。

お土産 (1)

ということで、アイルランドでGuiness初体験さらっと完了です。
次の日の朝はFull Breakfastを食べに出かけます♪

最後まで読んでくださってありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末アイルランド その16 The LotsでFish & Chips。

アイルランドで過ごす週末。
最後の夜ご飯を頂きます。

週末アイルランド 3日目 ③

この日夕食で訪れたのはこちらのお店。
「The Lots」
紛らわしいことに同じ名前のお店が並んでますが、右のほうです。

The Lotts Cafe Bar (8)

こちらのお店。

The Lotts Cafe Bar (7)

少しクラシカルな雰囲気の店内。

The Lotts Cafe Bar (1)

Fish&Chipsを注文しました。14ユーロ。
黒ビールのことをうっかり忘れてシードルを注文。3.5ユーロ。

The Lotts Cafe Bar (5)

めちゃくちゃ巨大なのが出てきましたよ。
衣がさくっとしててお魚もふわっとしてますが、味がないです。
下味があったらもっとおいしいだろうになぁ。
相当塩をかけてタルタルで食べました。

デザートはアイスクリーム屋さん、「Gino's」で。

Gino (2)

チョコミントアイス、めちゃおいしい。

Gino (1)

最後の夜なので、もうちょっと夜更かし。
続きは次回にしますね。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー