ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

アモイ

週末アモイ その14 アモイの歴史あるお寺「南普陀寺」。

おはようございます。

週末アモイ 3日目 ⑤

飲茶のあと、ちかくのバス停から841番のバスで厦門大学(終点)へ。1元。
やってきたのは「南普陀寺」。
ここは唐代に建設された仏教寺院。
1000年以上の歴史があるらしい。
バスに乗ってると、いきなりこの景色が目に入るので「おお!」ってなります。
放生池と万寿塔です。

南普陀寺 (5)

南普陀寺大門から入ります。
こんなにすごいのに入場無料です。

南普陀寺 (4)

いくつかの建物があるので、順に見ていきます。
まずは天王殿。

南普陀寺 (7)

次は大雄宝殿。

南普陀寺 (15)

そして、大悲殿。

南普陀寺 (22)

中には千手観音様とか。

南普陀寺 (23)

そして法堂。

南普陀寺 (24)

そして仏字岩。

南普陀寺 (28)

ここまでひたすら登ってくるのですが、さらに登ると景色がいいらしいのです。
しかし、今日はものすごく霧が濃くて遠くまで見渡せないと思ったので
ここで降りることにしました。(疲れちゃったのもあるけど)

時間あるから行ってみるかくらいの気持ちでしたが、
意外に立派で良かったので来てみて良かったです。

帰りも841番のバスで中山路まで戻りました。1元。

南普陀寺 (1)

長くなってしまったので続きは次回にしますね。
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末アモイ その13 アモイで香港飲茶☆

おはようございます。

週末アモイ 3日目 ④

コロンス島からフェリーで中山路近くまで戻ってきました。
結局コロンス島でランチできなかったので昼食にすることにしました。

フェリーを降りたところの近くの飲茶のお店「潮福城大酒楼」へ。

潮福城大酒楼 (1)

16時近かったので、お客さん全然いません。
めっちゃでかい店です。

潮福城大酒楼 (13)

テーブルについてメニューとにらめっこ。

潮福城大酒楼 (4)

中国語しか書いてないので全然わかんない。
困っていたら店員さんが英語と写真つきのメニュー持ってきてくれました。

これを注文したら、

潮福城大酒楼 (8)

これが来ましたけど(笑)
想像してたのとだいぶ違ってる。16元。

潮福城大酒楼 (6)

白い部分が濃厚なココナッツミルクのムースで、結構甘いし重たい感じ。
おいしいんですけど、正直1個で十分でした。ひとつが結構大きいんです。
もっとツルンとした食感のものを想像してたんですが。

次はチャーシュー腸粉。23元。

潮福城大酒楼 (9) 腸粉

これはおいしかった!
つるんとしてて中に入ってるチャーシューもタレもおいしくて一皿ペロリ。

次はにらの揚げ春巻き。16元。中身はほとんどにら。

潮福城大酒楼 (10) 春巻き

正直これはイマイチでした。
そもそも私そんなににらが好きじゃなかった(笑)

次はエビ餃子。23元。

潮福城大酒楼 (11) エビシューマイ

つるんとした皮にぷりぷりのエビが入ってて塩気もちょうどよくおいしい。
定番中の定番ですが間違いのないやつ。

意外にもおいしかったのがこれ。16元。
メニューには水晶なんとかってありました。

潮福城大酒楼 (12) 水晶

ぷるんとした生地にカスタードクリームかタロイモあんが入ってて
甘さもちょうど良くておいしい!

何かよくわかんないけどお会計は全部で80元くらいでした。計算合わないけど。
料理の数はあってたのでなんかセット価格みたいなのがあるのかな?

アモイでも飲茶が楽しめて良かったなーと思っていたら、

潮福城大酒楼 (5)

香港のお店だったようです。

この後はアモイの有名なお寺、南普陀寺へ行ってみます。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末アモイ その12 異国情緒あふれるコロンス島へ行ってみた。

厦門で過ごす週末。
フェリーでコロンス島を訪れます。
(追記:2017年、歴史的万国租界コロンス島として世界遺産登録)

週末アモイ 3日目 ③

11時半ころボーディング。11時50分頃出発し、フェリーの乗ること20分。
霧がすごすぎて、これは今日は景色に期待できなさそうです。

フェリーから (1)

まずはオルガン博物館へ。
なかなか立派な洋館です。
コロンス島は別名ピアノ島とも呼ばれるほど有名なピアニストを多く輩出しているそう。

コロンス島 (6)

ピアノがこれでもかって程展示されていますが、どれもおしゃれでした。

コロンス島 (22)

霧がすごかったですが、オレンジ屋根の並ぶ街並みが見えたので、
晴れたらきっと素敵だったろうと思います。

コロンス島 (25)

途中でおやつにつみれ団子。15元。
揚げたかまぼこみたいな感じです。うまい。

コロンス島 (29)

次は日光岩。

コロンス島 (43)

コロンス島の最高峰らしく、といっても100mないけど。
頑張って登りましたが、もちろんここも真っ白です。

コロンス島 (45)

全然見えない・・・。
次は琴園。

コロンス島 (52)

ここは丘の上に小さなピアノ博物館があるくらい。

コロンス島 (72)

次は大きな公園。

コロンス島 (83)

この公園はこの人を記念して造られた公園みたい。
中国の英雄、鄭成功?さん。

コロンス島 (93)

終始、天気が悪くて残念な感じでした。
天気が良ければなー。と悔やまれます。

ひと通り巡ったのでフェリーでアモイ市内に戻ります。
すると、たったの5分で中山路ちかくに到着しました。

厦門側フェリー降り場 (4)

行きと帰りのフェリー乗降場が違ってびっくりです。

コロンス島に行くならフェリーは前日に予約して天気を確認するほうがよいでしょう。
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末アモイ その11 アモイ名物、沙茶麺と花生湯☆

おはようございます。

週末アモイ 3日目 ②

フェリーまでだいぶ時間があるので腹ごしらえすることにしました。
おしゃれなお店もたくさんあって迷います。

フェリー乗り場 (9)

しかし、こういうお店って値段設定がちょっと高め。

フェリー乗り場 (10)

うろうろしてたらフードコートを見つけました。
チャージ式のカードでお会計するパターン。

フェリー乗り場 フードコート (2)

一周回って何食べるか考えて、結局入口にあるお店に戻ってきました。
さっきまで人いなかったのに、ちょっとの時間で少し行列になっちゃってる。

㉕フェリー乗り場 フードコート (7)

ここで買ったのはアモイ名物の沙茶麺☆ 25元。
サテ麺から来てて、ピーナツの甘辛スープヌードルで、
具として魚介類、豚肉のあんが入ってる魚のつみれが入ってる。
レバーもたくさん入ってたけど、これは苦手なので残しました。

フェリー乗り場 フードコート (3) 沙茶麺

食べてみると、正直麺はまずい。
でもスープはおいしい。初めての味です。
コクがあって濃いめで甘辛。つみれももちもちでおいしかった。
何ならスープにつみれをたくさん入れてくれたらそれで満足な感じ。

デザートはアモイ名物の花生湯。 10元。

フェリー乗り場 フードコート (4) 花生湯

ピーナツのスープに、ピーナツ湯でたのが入ってる熱々デザート。

フェリー乗り場 フードコート (5) 花生湯

ほんのり甘くてねっとりした食感のピーナツがなかなかおいしかったです。

デッキからはコロンス島が見えるはずなんですが、

フェリー乗り場 (11)

真っ白でした。

いよいよフェリーでコロンス島へ。
続きは次回にしますね。
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

週末アモイ その10 コロンス島へ行くフェリーは激混みなので要注意。

おはようございます。

週末アモイ 3日目 ①

この日は早起きしてコロンス島へ行きます。
アモイでも有名な観光地で歩いて回れるくらいの小さな島ですが
大混雑するらしく早めにいかないとフェリーに乗れないほどなんだとか。
(前日購入が可能らしいのでホテルで聞いてみるといいかもです。)

宿泊してたホテルの最寄りのバス停(厦門酒店の前)からフェリー乗り場へ。
「地球」によれば「東渡」ってバス停まで行けばよいようだったので、
「東渡」が書いてあった87番のバスに乗り込みます。

運転手さんに「東渡」を指さしてここの行きたいアピールすると、
どうやら乗り換えが必要みたい。
そんな高度なことできないよ・・・。と困っていると女神様登場。
日本語のできる方で、「どこに行くのか?」聞いて下さり、
「コロンス島」へ行くと答えると「それなら終点で降りればいいのよ」と。

助かったー。乗り換えもいらなければ終点という一番楽なやつ。

かくしてフェリー乗り場へ到着。
住民用のフェリー乗り場と観光客用は分かれてて、観光客はこっち。


フェリー乗り場 (5)

中に入ると、荷物預けるところもあるのですが、
帰りのフェリーは全部ここに戻るわけじゃないので気を付ける必要があります。

フェリー乗り場 (6)

チケット売り場へ行くと長蛇の列。
やばいですね。

フェリー乗り場 (1)

やっとチケット買えることになった時は10時半でしたが買えたのは11:50のチケット。
1時間半後です。往復で35元。
この日は天気が悪くかったのもあり、この程度で済んだと思うのですが、
天気良くて昼頃だったりすると、もっと待つと思います。

忘れちゃいけないのがここが中国ってこと。
並んでても、いきなり目の前に割り込まれたりすることがあるので、
ちゃんと後ろに並んでくれるようにアピる必要があります。

フェリーチケットの隣でコロンス島のくつかの主要観光地の入場券
がセットにって売ってたので買っておきます。100元。

フェリー乗り場 (13)


フェリーに乗る前にはちゃんとセキュリティーチェックがあったりします。
ここはあんまり時間がかからなかったです。

フェリー乗り場 (7)

ゲート内はほぼ何にもなかったと思います。
一応座るところはありますが、足りてない感じでした。

フェリーの時間まで1時間半あったので、軽く腹ごしらえすることにしました。
セキュリティーチェック前のエリアの2階にお土産屋さんや食べ物屋さんなど
かなり充実しているので暇つぶしにちょうど良かったです。

フェリー乗り場 (8)

ちょっと長くなってしまったので続きは次回にしますね。
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー