ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

ナミビア

南部アフリカ周遊 その28 ナミブ砂漠からウィントフックへ☆

おはようございます。

絶景のナミブ砂漠を堪能した次の日はヨハネスブルグへ移動へ移動します。

南部アフリカ周遊 10日目 ①

早起きしてのんびり。
部屋の外の景色がきれいです。

朝の風景

朝食をとりに行くと、外に用意してくれました。

朝の風景2

太陽がまぶしい。

朝の風景3

水飲み場と巣があるので、小鳥がたくさん。

朝の風景 4

シリアルや、フルーツも用意されてるのですが、小鳥も朝食をとりに?来てました。

朝食 2

欧米人の男の人は小鳥がいるのにご立腹でスタッフさんになんとかしろと言ってました。
外にパンくずを遠いところに撒いてくれましたがあっという間になくなります。

たまご料理を用意してくれるのですが、サニーサイドアップをオーダー。

朝食 3

・・・さすがにアフリカで生卵はまずいよなと思い、
厨房に持って行ってターンオーバーにしてもらいました。

朝食を終えて、食べきれなったパンをあげてみようと近づくと、

動物たち

ものすごい勢いで近づいてきたので、パンを遠くへ投げて逃げました(笑)

動物たち 3

遠くで見る分にはかわいいけど、足を上って来そうな勢いだったので。

動物たち 2

朝食を終えたら、ウィントフックへ戻ります。
途中、クドゥという動物に遭遇。

クドゥ1

運が良いとシマウマに出会えたりもするようですが、残念ながら出会えず。

外はひんやりしてますが、太陽の力がすごくて、
陽の当たる場所は地獄のような暑さ。

ドライブ

窓を開けても砂埃がすごいので、日陰に移動したりしてやリ過ごしました。
空港でガイドさんとお別れ。
余ったナミビアドルでジュースとチップを購入。
パッケージがシンバ。さすがアフリカ。

スナック

ウィントフックからヨハネスブルグまでは2時間くらいのフライト。
途中機内食が出ます。

機内食

お腹空いてたのでしっかり頂きました。

この後はヨハネスブルグへ☆
長くなってしまったので続きは次回に。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

南部アフリカ周遊 その27 ナミブ砂漠周辺で出会える動物たち☆

おはようございます。

砂漠に動物なんていないと思ってたけど、ナミブ砂漠周辺では意外に動物に出会えます♪

南部アフリカ周遊 9日目 ②

軽く朝食をとったきり、かなりハードな登山をした後でお腹ぺこぺこ。
ランチはレモンたっぷりのマリネされた揚げ物たち。

ランチ 2

お魚は美味しかったけど、お肉は野性味が強すぎました。

ナミブ・ナウクルフト・ロッジは午後3時くらいになると、ティータイム。
ケーキを焼いて用意してくれます。
コーヒーとケーキを頂きながら読書したりとのんびり。

ティータイム

実は、部屋の前の荒野にある、大きな穴が気になってました。
まさか大きなトカゲとか、ヘビとか。
近づいたら危険かもしれないと。

地リス1

ところが、穴から出てきたのは・・・
なんと、リス!

地リス2

しかも2本足で立ってる!

地リス3

っていうか、よく見るとめっちゃいっぱいいる!

地リス4

かわいい。

地リス 5

ホテルの前にはこんな大きな木も。
実はこれ、鳥の巣なんです。

鳥の巣

あんまり大きいので、ダリの絵みたいに、つっかえ棒されてるし(笑)

他にもスプリングボックや、

スプリングボック

オリックスなども見かけました。

オリックス


野生動物に出会えるのってテンションあがります。

オリックス 2

夕方ははちょっと離れたところまで移動して夕日を見に。

夕日2

砂漠の上で眺められたらもっと良かったな。

夕日 3

日が暮れた後もまるで絵のような光景。

月


夕食はホテルで、オリックスのグヤーシュ。

夕食1 オリックスのグヤーシュ

オリックスってまさにさっき見たやつです。
味は牛肉に近い。

デザートはプリンのようなムースのような甘いデザート。

夕食2 カスタードプリン

明日はウィントフックからヨハネスブルグに移動します。
いよいよ南部アフリカ周遊の旅も終盤です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

南部アフリカ周遊 その26 絶景のナミブ砂漠☆

おはようございます。

ついに、ナミブ砂漠へやってきました☆

南部アフリカ周遊 9日目 ①

朝早起きしてガイドさんとナミブ砂漠へ向け出発。

ナミブ砂漠の入口はまだオープンしてない。
4台目で待機する。

入口がオープンして車を走らせるけど砂丘にたどり着く前に朝日が出てきちゃった。
日の出を見たいなら国立公園内に宿泊しないとだめみたい。

朝日

朝日に照らされる砂丘がきれい。

ナミブ砂漠

まずは有名なDune45へ。

ナミブ砂漠 2

まだ日が出て間もないので外はびっくりするくらい寒い。
登っていると耳がちぎれそうなほど。

ナミブ砂漠 3

上までやっと登ったけど、まだまだ先がある。
どこまでも続く赤い砂漠。すごくきれい。

ナミブ砂漠 4

靴を履いてても砂がどんどん入ってくるので脱いだ。
足元を見ると、人間の足跡とは違う小さな足跡。

ナミブ砂漠 5

砂漠にも小動物がいるみたい。

次の砂丘へ向かう途中、オリックスに遭遇。

ナミブ砂漠 9

てっきり砂漠には動物なんて住めないと思ってた。
意外に動物がいる。

この後、Big Daddyと呼ばれる、標高300m以上もある世界最大級の砂丘へ。

ナミブ砂漠 11

砂漠を登るのって、普通の山を登るよりも、断然しんどい。
足場が崩れていくのでものすごく体力を消耗する。

でもせっかく来たんだし、行けるところまで行こう。

ナミブ砂漠 14

最初は砂がサラサラして、ひんやり気持ちよかったのに、
時間が経つにつれ、陽の当たる場所はものすごい熱さ。

なるべく陽の当たらない側を歩くように進む。

ナミブ砂漠 15

誰の足跡もないきれいな稜線。

ナミブ砂漠 15

下にはデッドフレイ。

ナミブ砂漠 17

どこまでも続く砂漠。

ナミブ砂漠 18

行けるとこまで登って、一気に砂を駆け降りる。
登るのにはかなり時間がかかったのに、下るのは一瞬。
たどり着いたのはデッドフレイ。

ナミブ砂漠20

まるでこの世の終わりのような不思議な光景。

ナミブ砂漠 22

広大すぎて迷うとこでしたが、なんとか車まで戻りました。

反対側にはBig mamaと呼ばれる砂丘もあり、
あれも登る?と聞かれましたが、この時点でかなりの暑さ。

景色だけでもう満足です。

ナミブ砂漠 25

ホテルに戻る途中、セスリウム渓谷に連れてきてくれたけど、
別に降りなくていいかなと。完全に疲れ切ってました。

ナミブ砂漠27

ナミブ砂漠、最高でした。
特に朝日に照らされた時の赤い色。
来てよかった。

最後までよんでくれてありがとうございました!

続きは次回に。
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

南部アフリカ周遊 その25 ウィントフックからナミブ砂漠へ☆

おはようございます。

南部アフリカ周遊 8日目 ②

ナミビアの首都、ウィントフックを後にして、車で大移動。
約4時間のドライブでナミブ砂漠を目指す。

朝早かったこともあって、早々に眠ってしまう。
起きると、未舗装の道を時速100km/hで走ってた。
全然スピード緩めないし、時々ハンドルとられてる。
坂道があるたび飛び上がる。

周りは荒涼としていて、ほとんど車も通らない。
こんなところで事故を起こしたら助からないかも。

ナミブ砂漠へ

景色はきれいだけど。

ナミブ砂漠へ 2

なんとか無事、ホテルから近くのガソリンスタンドに到着。

サボテン

思えば機内食から何も食べてない。
お腹が空いてきた。

ベーカリーがあって、アップルパイをひとつ買った。(30NBD=300円くらい)
ナミビアドルと南アフリカランドは等価で、南アフリカランドが使える。

アップルパイ

このアップルパイめちゃウマ☆☆
アフリカのガソリンスタンドで売ってるアップルパイなんて全然期待してなかったのに。

かわいい小鳥がそばでパンくずを食べてるし。

小鳥たち

ここから10分ほどで今日のホテル、ナミブ・ナウクルフト・ロッジに到着。

ナミブナクルフトロッジ

部屋広い☆

ナミブ・ナクルフトロッジ (1)

そして、結構きれい。

バスタブはないけど、砂漠地帯で水はすごく貴重なんだから当たり前。

ナミブ・ナクルフトロッジ (2)

この部屋、すごく快適で外は暑くても室内は涼しいし、
逆に外がすごく寒くても室内は暖かい。

部屋のバルコニーから外に出てみると、夕日がきれい。

夕焼け

だんだん沈んでいく。

夕焼け 2


空がすごく赤くなる。

夕焼け 3

夕食はホテルで頂きます。

夕食


真っ赤なスープ。意外においしい。赤カブかな?

夕食 (2)

メインは牛肉のステーキ。

夕食 (3)

お肉は柔らかいし、ガーリックバターがすごくおいしい。

夕食 (4)


デザートはスポンジケーキにカスタードクリームのかかったもの。

夕食 (5)

このロッジはひと部屋ずつ、離れたコテージになっていて、
部屋に戻るには外を歩かないとならないのですが、

空を見上げると満点の星空。

いいカメラを持って来れば良かった、こんなにきれいな星空がみられるなんて。

明日は早起きしてナミブ砂漠へ行きます☆

最後まで読んでくれてありがとうございました!
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

南部アフリカ周遊 その24 美しい街、ナミビアの首都、ウィントフック☆

おはようございます。

ケープタウンの次はいよいよナミビア☆
まずは、首都のウィントフックへ行きます♪

南部アフリカ周遊 8日目 ①

朝早い便だったので、朝3時起床。

早朝にチェックアウトすることを伝えておいたので、
朝ごはんをボックスで用意してくれてました。

20分ほどで空港に到着したものの、
カウンターがまだオープンしてなかったので、先に朝食タイム。

朝食

なかなか豪華。

チーズの種類豊富。
ボトルに入ったアップルジュースが超ナイス。

バナナとリンゴは非常食用にとっておくことに。

朝食後、カウンターがオープンしたのでチェックイン。

早朝すぎて、イミグレの係員一人だけ。
ここで、まさかのトラブル。

私のパスポートをイミグレの機械が読み込めない・・・。
何で・・・。

混んでなかったから良かったけど、混んでたら別室送りだったかも。

係員さんも原因が分からず困ってたけど、
隣のカウンターに別の係員さんがやってきてめちゃくちゃ陽気に機械を通してくれました。

良かった~。

朝早いのに空港のお土産屋さんがオープンしててくれて暇つぶしできました。

Out of Africa

カラフルなかわいい雑貨が多くて見てるだけで楽しい♪

ただゲートがめちゃくちゃ寒かった。
ボーディングはバス移動だったんですが、乗客が集まるまで、
入口のドア全開でバス車内で待機。
暖房もついてないし、外気温10度前後の中ひたすら寒かった。

やっとボーディングさせてもらえて定刻通り6:45出発。

機内食が出てきて、

機内食


外を見ると、朝焼けがきれい。

機内から

約2時間のフライトでナミビアの首都、ウィントフックに到着です♪

ガイドさんが待っててくれて街の中心部まで移動します。
ガイドさんからもらった予定表にはナミブ砂漠への出発は13時と書かれてました。

現在、8:30だから3時間以上あるけど、いったい何してたら・・・。

そうか、ウィントフックを観光できちゃうってことだ!ラッキー♪

ガイドさんとあとで待ち合わせする約束をして出発。

ヴィントフック

ウィントフックは標高1500m以上の高地にある都市。
なので、早朝は結構寒い。道行く人はおしゃれな冬服に身を包んでる。

対する私は半袖Tシャツに薄手のパーカ。
完全に場違いだし、何より寒いのでウルトラライトダウンの登場。

持ってきて良かった。

ここはドイツの植民地だったこともあって、とてもきれいな街並み。
ケープタウンのダウンタウンと比べると、治安もよさそう。
ちょっと街歩きしてみます。

大通りをちょっと歩いて道をそれると、素敵な鉄道駅。
ヨーロッパ風のかわいらしい建物です。

鉄道駅

中世ヨーロッパの街にありそうな、レンガ造りのかわいらしい教会。
クリストゥス教会。

クリストゥス教会 4

中はシンプルだけど、かわいい。

クリストゥス教会2

教会の近くには国会議事堂があって、

議事堂

周りにはオレンジのきれいなお花が咲いてました。

議事堂 2

さらに少し歩くと、謎の建物。

ビル

やたら近代的なビルだなと思って後で調べてみたら、
独立記念博物館なんだそう。

その向こうにアルテ・フェステ。

アルテ・フェステ 5

もともとはドイツの要塞だったところで、街で一番古い建物なんだとか。

中に入ってみたけど、

アルテ・フェステ 3

誰もいないし、さっぱり分からず撤収。

アルテ・フェステ 4

そろそろ待ち合わせ時間だと思って待ち合わせ場所へ。
ところが、ガイドさんいない。

しばらく待ってみたら15分遅れて登場。
ここではぐれたらマジで困ると電話しようかと思ってたとこでした。

謝る様子もなく、アフリカンタイムなんだろうと思いました。

私はだいぶ心細かったですけどね。

この後はナミブ砂漠周辺のロッジへ移動します☆

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。
カテゴリー