ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

南アフリカ共和国

南部アフリカ周遊 その21 おいしいカラマリ&チップスでランチ☆

おはようございます。

ロベン島から戻った後はケープタウンの名所を巡ってみようと思います。

南部アフリカ周遊 7日目 ②

街歩きの前に腹ごしらえ。
ロベン島から戻ってくるのが予想より1時間以上遅くなったので
ささっと食べられるお店を探します。

Robben Island Museumのすぐ近くにあったこちらのお店。

適当に選んだけど大正解。

ランチ 

フィッシュ&チップスならぬ、カラマリ&チップスにしました。
天気もいいし、外で頂こうとテイクアウト。

ランチ2

半分、カラマリ(イカのフライ)で半分ポテト。

ランチ3

一緒についてきたマヨネーズソースがめちゃくちゃおいしくて、
この量でしたがペロリと頂いてしまいました。

レンタサイクルでケープタウンの名所をめぐってみることにしました。

でも、ケープタウンもやっぱり南アフリカです。
「地球の歩き方」にも近づいちゃだめなんて書いてある場所もあって。
めちゃくちゃ怖いんだけど・・・。

まずはキャッスル・オブ・グッドホープに到着。

キャッスル・オブ・グッドホープ

ここは南アフリカで最古の建築ともいわれる要塞跡。
今は南アフリカ軍の西ケープ司令部が置かれてるんだとか。

だけど、この建物の周りってなんだか只ならぬ雰囲気。
ちょっと治安悪そう・・・に感じました。

街自体はヨーロピアンな建物が並んで素敵なんですが、
人通りのないところとか超絶怖い。びびりすぎかな。

立派な市役所や、

市役所

かわいらしい教会、

教会

スレイブロッジ(奴隷博物館)

スレイブロッジ

などを見てウォーターフロントへ。

人気のないところとか怖いので猛ダッシュしてました。

なので、戻ってきたらほとんど写真とってなかった(笑)

夕方、ウォーターフロントに着いて、テーブルマウンテンに行くためバスの乗り場へ。

ところが、バスで行ったら間に合わないよと受付のお姉さんに一蹴され、

結局ホテルから出てるタクシーに乗っていくことにしました。

長くなってしまったので続きは次回に。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

南部アフリカ周遊 その20 世界遺産、ロベン島に行ってみた。

おはようございます。

今日は、南アフリカ共和国の負の世界遺産であるロベン島へ行ってみます。
南アフリカといえば、アパルトヘイトは有名だと思いますが、
その政策に反対した政治家達が収容されていた言わば、監獄島です。
悲惨な過去を二度と繰り返さないよう、重要な意味をもつ世界遺産です。

南部アフリカ周遊 7日目 ①

ホテルで、しっかり朝食を頂いて、1日がスタート♪

フルーツと、

朝食 1

ワッフル。

朝食

目玉焼きとベーコンにウインナーも。

朝食 3

朝から食べ過ぎて満腹です。

ロベン島は人気の観光地らしく、
当日、満席だと困るのでネットで予約しておきました。

Robben Island Museumのホームページでチケットを購入できます。
一日に3回くらい行われていて、希望の日と時間を選んでカード決済すればok。
当日はチケットをプリントアウトして持っていきます。(R300、約3000円)

実は、一昨日も昨日も天気が悪かったので催行されなかったんだそうです。

今日はめちゃくちゃ天気が良く、今日にしておいて良かったです。

ウォーターフロント 1

ウォーターフロントからテーブルマウンテンがきれいに見えてます。

天気がいいと見える景色も全然違います。

ウォーターフロント 2

ホテルから船の乗り場へ歩いていきます。

ウォーターフロント 3

時計塔の前に船乗り場のRobben Island Museumがあります。

ロベン島 1

受付でチケットを見せて時間まで待機。
私は朝一番の9時のコースにしたので、予定通り出発しました。

この船の乗って出発です。

ロベン島 2

島までは40分くらいだったと思いますが、
この船、全員が座るところがちゃんとないので、場所の確保が重要です。

私は一応椅子をゲット。

天気がいいので、海からもテーブルマウンテンが見えてラッキー♪

ロベン島 3

結構揺れるのでなかなかスリリングでした。

しばらくすると、ロベン島が見えてきました。

ロベン島 4

上陸します。

ロベン島 5

ここからは、2台のバスに分かれてガイドツアーで島を巡ります。

ロベン島 6

自由に歩き回ることは許されていません。

ロベン島 7

想像していたより、きれいな島でした。

ロベン島 8

きれいな邸宅もあったり、

ロベン島 9

教会や病院、学校などもありました。

ロベン島 10

海の見える場所で少し休憩です。

ロベン島 12

ちょっとした売店があって、ここからケープタウンが見えます。

ロベン島 13

モスクまであったので、びっくり。

ロベン島 14

最後はマンデラさんが収監されていた監獄へ。

ロベン島 15

ここはバスを降りて中に入らせてもらえます。
ガイドさんは元囚人だったガイドさんと交代です。

ロベン島 16

かなり広くて、何百人という囚人(多くは政治犯)が収監されていたそうです。

ロベン島 17

中は、質素。

ロベン島 18

ひとつの部屋に入って椅子に座らせて頂き、ガイドさんの説明を聞きます。

ロベン島 19

寒そうな部屋でした。

ロベン島 22

説明を受けた後は、運動場へ。

ロベン島 23

この運動場に面する房がマンデラさんが収監されていた独房だそうです。

ロベン島 25

さっきの雑居房のほうがまだいいかなと思いました。

なかなか重苦しい雰囲気でしたが、
島にはペンギンがいたりしてほのぼのする場面も。

この後は歩いて船の乗り場まで戻るのですが、みなさんなかなか戻ってこない。
おかげでケープタウンに着くのが遅くなり、この後のツアーの出発が遅くなってました。

ロベン島 27

この後、ケープタウンの街歩きへ。
続きは次回に。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

南部アフリカ周遊 その19 カーステンボッシュ植物園から眺めるテーブルマウンテン☆

おはようございます。

南部アフリカ周遊 6日目 ④

ケープ半島をめぐるツアー、最後はカーステンボッシュ植物園にやってきました。
下の見本のような南アフリカ原産の美しい花が咲き乱れる植物園のはずなのですが・・・


カーステンボッシュ植物園1

中へ入ってまず咲いていたのは、

カーステンボッシュ植物園 2

極楽鳥花。マンデラ・ゴールドと呼ばれてました。

カーステンボッシュ植物園 3

他に外で咲いていたのはこれくらいで、お花、全然咲き乱れてない。

カーステンボッシュ植物園 6

お花が咲くのは8月頃からで今はまったくシーズンではないようです。
外気温は10度台で、こんなに寒いのにお花が咲くわけないですね。
残念。

目の前にテーブルマウンテンが見られたことがせめてもの救い。

カーステンボッシュ植物園 5

室内には多肉植物が展示されてましたが、

カーステンボッシュ植物園 8

やっぱり、ちょっとさみしい感じでした。

カーステンボッシュ植物園 9

植物園だから年中楽しめるかと思ってましたが、
やっぱりお花の咲く時期に来たほうがよさそうです。

夜ご飯はツアーに参加されていた方とご一緒させていただくことに。

ウォーターフロント

ウォーターフロントは治安も良いし、雰囲気もおしゃれ。

夕食 Den Anker

まずはスープ、ビスクを注文。
濃厚でおいしい♪

夕食 Den Anker 2 ビスク

メインはKingklipのグリル。南アフリカでは有名なお魚なんだとか。
臭みもなく、あっさりしていておいしかったです。

夕食 Den Anker3 KingKlip

牛肉のステーキも頂きましたが、こちらもやわらかくておいしかった♪

夕食 Den Anker 4ステーキ

朝は雨が降っていてどうなることかと思いましたが、
要所要所では雨が止んでくれたおかげで、絶景が楽しめて良かったです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

明日は、南アフリカの負の世界遺産、ロベン島へ行きます☆

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

南部アフリカ周遊 その18 ペンギン三昧、必見のボルダーズ・ビーチ☆

おはようございます。

ケープ半島をめぐるツアーのハイライトの一つ、
ペンギンに出会えるボルダーズ・ビーチへ行きます☆

女子必見、男子も癒されちゃう、かわいいペンギンたちがいっぱいです♪

南部アフリカ周遊 6日目 ③

さあ、やってきました、ボルダーズ・ビーチ☆

ボルダーズ・ビーチ

チケットを買って中へ入ると、看板からすでにかわいい!

ボルダーズ・ビーチ 2

遊歩道になっていて、歩いていくと・・・
道端のくぼみにペンギンさん!

ボルダーズ・ビーチ3

と思ったら、岩場で日向ぼっこするペンギンたちも!
かわいすぎる~。

ボルダーズ・ビーチ 3

砂場で同じほうこうを見つめるペンギンたち。

ボルダーズ・ビーチ4

立ってる姿もかわいければ、寝ている姿もかわいらしい。

ボルダーズ・ビーチ5

この子なんて、ちょっと恥ずかしそうに立ってるように見えて

ボルダーズ・ビーチ6

めちゃくちゃかわいいです。

ボルダーズ・ビーチ 7

遊歩道の端っこまで歩くと、おびただしい数のペンギンたちに遭遇。

ボルダーズ・ビーチ 8

親子連れ!
赤ちゃんペンギンは茶色のふわふわ☆

ボルダーズ・ビーチ 9

さっきまで雨が降ってたので虹も出てきました♪

ボルダーズ・ビーチ10

いつまで見てても飽きない程のかわいさ。

ボルダーズ・ビーチ11

かわいいペンギンがかわいい赤ちゃんペンギンを守る図なんて、
もうかわいすぎる。

ボルダーズ・ビーチ 12

この後ろ姿も好き。

ボルダーズ・ビーチ 13

元気なペンギンたちは海に勢いよく飛び出して行っては、

ボルダーズ・ビーチ16

ぺたぺたと歩いて戻ってきます。
その歩く姿のかわいいこと。

ボルダーズ・ビーチ14

いや~、ペンギンかわいかったなぁ。

ちなみに、ペンギンの他にこんなのもいましたよ(笑)

ボルダーズ・ビーチ 17

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

続きは次回に☆
この後はカーステンボッシュ植物園♪

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

南部アフリカ周遊 その17 ケープポイントでおいしいシーフードランチ☆

おはようございます。

喜望峰のあとは、ケープポイントへ行っちゃいます☆

南部アフリカ周遊 6日目 ②

ケープポイントは喜望峰よりさらに南にあり、ケープ半島の最南端に位置します。

晴れてたら絶景なのですが、あいにくの雨。
また降り出してきちゃいました。

ってことで、先にランチ☆
ガイドさんがこの海沿いのレストランを予約してくれてました。

せっかくなのでシーフードを注文。
ちょっと、高めだなと思いましたが、お料理がきたらそれも納得。

ランチ

大きなエビちゃん一匹どーんとやってきました。
これで3000円くらいだから、リーズナブルです。

ぷりぷりして、甘くておいしかった♪

食事を終えて外に出てみると、雨が止んでるじゃないですか!
しかも結構いい天気。

ケープポイント 2

ここから上までケーブルカーで行けるはずなんですが、
あまりにも風が強くて、運休中。

仕方なく歩いて登ることにしましたが、それでも歩いてそんなにかかりませんでした。

ケープポイント 3

ケープポイントの緯度や経度の書かれた看板のある道をひたすら登っていきます。

ケープポイント 4

途中見える景色もきれいで気持ちいい♪

これ、喜望峰です。こんな形なんですね。

ケープポイント 5

サボテンちっくな植物に赤いお花がたくさん咲いてました。

ケープポイント6

実は、ケープポイント自然保護区は固有の動植物が評価されて自然遺産に登録されています。

上に見えてるのは灯台です。

結構高くまで登ってきました。
下に見えてる建物はケーブルカーの上の乗降場です。

ケープポイント 6

下でも風が強かったですが、上はとにかく風が強くて下手すると飛ばされそうな勢いでした。

そろそろ出発時間なので戻ります。

次は、一番楽しみにしていたといっても過言ではない、
ペンギンに出会える、ボルダーズ・ビーチ☆

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。
カテゴリー