ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

ヘルシンキ&リガ&タリン

週末ヘルシンキ&リガ&タリン その28 トームペアの丘から望むタリン旧市街☆

おはようございます。

週末ヘルシンキ&リガ&タリン 3日目 ⑨

トームペアの丘にある大聖堂に入ったら、外が急に土砂降りになってしまったので、
ひたすら待機。

雨、止まないかなぁと待っていたら、10分とか15分くらいで雨が止んだみたい。
でも、雨がやんでも空が曇ってると、せっかくの景色がイマイチになっちゃうんだよなぁ・・・。

そう思いつつ、トームペアの丘にある展望台へ行ってみます。

すると・・・

タリン旧市街80 トームペアの丘


タリン旧市街81 トームペアの丘


タリン旧市街91 トームペアの丘


タリン旧市街92 トームペアの丘

晴天の中の絶景とはいきませんでしたが、街には太陽の光が当たってて
なかなかの絶景☆
かわいらしいオレンジ屋根の街並みが見渡せました。

聖オレフ教会から見るより、全然きれいです。
何と言っても視界が開けてますからね。

タリンの街はヨーロッパの美しい街ランキングとかしたらかなり上位じゃないかな。
何よりこのかわいらしさは、なかなかないと思います。

しかも、お城がピンクですからね(笑)。

タリン旧市街98 トームペア城

この後は、タリン最古のカフェで休憩します☆

その模様は次回にしますね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

週末ヘルシンキ&リガ&タリン その27 タリンの市街を見下ろすトームペアへ☆

おはようございます。

週末ヘルシンキ&リガ&タリン 3日目 ⑧

タリンの旧市街は約2.5kmの城壁に囲まれているのですが、
その旧市街は商人や職人の街である「下町」と、
貴族たちの住んだ「トームペア」と呼ばれる丘に分かれています。

タリンの下町から街歩きをスタートして、ラエコヤ広場を通って、
これから、丘を登っていき、トームペアに行ってみます☆

今朝、雨が降ってたのがうそみたい、きれいな青空になったなぁ。
気持ちいい、お散歩日和♪

タリン旧市街35

丘を上がっていく途中、街の防御のために建てられた塔が残ってました。

名前は「キーク・イン・デ・キョク」
「台所をのぞけ」って意味で、ここは高台にあったので、
下町の台所がのぞけたかららしい。

タリン旧市街51 キーク・イン・デ・キョク

ここから坂をずんずん上がっていくと、かわいいピンク色の建物が。
これがトームペアのお城

タリン旧市街55 トームペア城

てっぺんにはエストニアの国旗がはためいてました。

このお城の目の前にはアレクサンドル・ネフスキー教会

タリン旧市街59 アレクサンドル・ネフスキー聖堂

これは帝政ロシア時代に建てられたロシア正教会。

中の祭壇は金色でとってもきれいだったんですが、
写真は禁止だったので残念。

ここからさらに歩いていくと、大聖堂に到着です。

タリン旧市街78 大聖堂

中に入ってすぐのところには、

タリン旧市街75 大聖堂

墓石があるのですが、ここに葬られたのは相当な女たらしの貴族の男性だったそう。
礼拝に来た人々に踏まれることで生前の罪が許されることを願ったらしい。

だいぶMっけがありますね。

教会の中は薄暗い感じでひっそりとしてました。

タリン旧市街69 大聖堂

ぎらぎらしてなくて、落ち着いた感じの教会です。

タリン旧市街63 大聖堂

でも、さすがに立派な教会で、パイプオルガンがすごく素敵でした。

タリン旧市街66 大聖堂

ここにはトームペアの貴族たちのほかに職人たちも埋葬されていて、
靴屋さんのギルドだったりすると、こうやって靴が彫られてるんです。

タリン旧市街74 大聖堂

いろいろと探してみるのも面白いですね。

なーんて、じっくりと見ていたのにはわけがありまして、
外に出ようと思ったら、まさかの土砂降り。

雨が少しでも弱まるまで教会で休憩していたのです。
とほほ。

きれいに晴れてくれたと思ってたんだけどなぁ。

長くなってしまったので、続きは次回にしますね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

週末ヘルシンキ&リガ&タリン その26 タリンの手工芸職人が集まる『職人の中庭』☆

おはようございます。

週末ヘルシンキ&リガ&タリン 3日目 ⑦

ヨーロッパ最古の『市議会薬局』へ行った後は、
タリンの手工芸職人の集まる『職人の中庭』へ行ってみます。

Vene通りを歩いてると、トンネルみたいな脇道があるので、
その中へ入っていきます。

タリン旧市街25職人の庭

入り口にも、壁にも「Masters' courtyard」 って書いてあるので分かりやすい♪

タリン旧市街26職人の庭

トンネルを抜けると、

タリン旧市街27職人の庭

素敵なカフェスペースになってます。

タリン旧市街28職人の庭

かわいらしい木製食器のお店や、チョコレート屋さんなど、
タリンのこだわり職人さんたちのお店が一挙に集結しているのです。

チョコレート、買おうかなって思って店内に入ったものの、
なかなかのお値段だったのでやめちゃいました。

外でお茶するにはちょっと寒かったしね。

さすがにお店の中は写真取れなかったので、別の場所ですが、
タリンの木製食器たちのかわいらしいこと。

タリン旧市街10 木工製品

まな板とかスープカップとかスプーンとか、そこまで高価でもなく、
お土産にぴったりな感じでした。
買うかどうか、相当迷いましたが、荷物になっちゃうし断念しました。
タリンに泊まってたら買ってたかも。リュックで来てたら買ってたかも。
それくらいかわいかったです。

道端の階段でさえこんなにかわいく飾られてて、
タリンの街にはほんとにかわいいが詰まってたなぁ。

タリン旧市街14

まだまだタリンの街歩きが続きますが、続きは次回にしますね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

週末ヘルシンキ&リガ&タリン その25 ヨーロッパ最古の薬局『市議会薬局』

おはようございます。

週末ヘルシンキ&リガ&タリン 3日目 ⑥

タリンのラエコヤ広場にやってきたら、絶対はずせない場所のひとつ。

『市議会薬局』
何と、ヨーロッパ最古の薬局!!

そういうの、好物です☆

ところが、やっぱり持ち前の方向音痴がさく裂して、見つけられない(汗)

地図によれば、絶対ここで合ってるはずなんだけど。

市議会薬局

壁に飾られてるヘビとカップは「アスクレピオスの杖とヒギエイアの杯」
といって、薬局のシンボルマーク。

だから絶対ここにあるはずなのに、左の扉から入ったら、お土産屋さんなんですよ。
え?なくなっちゃったの?
いやいや、歴史あるヨーロッパ最古の薬局がそんな簡単になくなるわけない。
もう一回、入ってみたけどやっぱりお土産屋さん。

困ったな~と思って周りを見渡しても、これ以外絶対ない。

でも、シンボルマークをよく見てください。
右向きの矢印!

ちゃんと右側に入口、ありました。

市議会薬局2

中に入ると、なかなか歴史を感じさせる味のある、店内。

市議会薬局3

てんびんとか、

市議会薬局4

薬瓶などの昔使ってた器具なんかが展示されてました。

市議会薬局6

窓からはラエコヤ広場が見えます。
さっき、矢印があったとこの窓ですよ。

市議会薬局7

窓の装飾も、歴史のありそうな絵。

市議会薬局8


市議会薬局9

お土産として、長寿の秘薬とされる「クラレット」というスパイス入りのワインや
何と「恋煩いの治療薬」という、アーモンド菓子のようなものも売られていて、
なかなかテンションの上がる薬局でした。

長寿も恋煩いも、今んとこ困ってないので買ってませんが(笑)

この後は、『職人の庭』に行ってみます☆

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

週末ヘルシンキ&リガ&タリン その24 タリンの歴史ある聖霊教会に行ってみた。

おはようございます。

週末ヘルシンキ&リガ&タリン 3日目 ⑤

ランチの後は聖霊教会に行ってみました。

14世紀に建てられた教会で、利用者の多くは庶民だったのだそう。

聖霊教会 (12)

教会の外壁には時計があるのですが、タリン最古の公共時計なんだとか。
ってことは数百年、タリンの時を刻んできた時計なわけで、
かなり歴史のある時計ですね。

聖霊教会 (2)

中は割とシンプル。
柔らかなシャンデリアの灯りが素敵です。

聖霊教会 (3)

壁には、文字の読めない、庶民のために聖書の内容を描いた『貧者の聖書』

聖霊教会 (11)

説教台もきれいだし、

聖霊教会 (6)

祭壇もきれいでした。

聖霊教会 (7)

外はすごい人の数だけど、中は静かだったのも高ポイントでした。

聖霊教会 (8)

この教会を抜けると、タリンの広場、ラエコヤ広場。

ラエコヤ広場

旧市庁舎やパステルカラーのかわいい建物が並んで、
多くの観光客で賑わってます。

旧市庁舎のホールが素晴らしいということで、中に入りたかったのですが、
夏季のみらしくもう入れませんでした。残念だったなぁ。

旧市庁舎

実はラエコヤ広場にはもうひとつ、見どころがあるんです。
それは市議会薬局!

長くなってしまったので、その模様は次回にしますね。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。
カテゴリー