6日間でヨルダンの見どころをめぐるレンタカー旅。
アンマン空港到着後、SIMカード購入、両替、レンタカーの受け取りをします。

ヨルダン旅行 1日目 ②

アンマン空港には予定通りAM10:00頃到着。
ヨルダン入国にはビザが必要ですが空港で無料取得できます。
入国カードの記入もなく、入国審査でパスポートを出して2,3質問に答えるだけでした。

まずはSIMカードを購入します。
バゲージクレームを抜けて制限エリアを出ると3社のカウンターがあります。

SIM (1)

チュニジアでも使ったので最初Orangeに行ったら、
最安で10日間で10GB、15JD(約2300円)とのこと。
そのまま買いそうになったけど高いなと思ってやめました。

次にZainは混んでたのでUmniahへ。

SIM (2)

10日間で10GB、国内通話15分、国際通話15分ついて10.88JD(約1700円)。
安くはないけど、さっきより安いのでここに決めました。
時々ネットがつながらなくて不調な時もあったけど、基本的には問題なし。
無料通話が使えたのは良かったです。

手続きも設定も超速攻で終わりました。支払いはカードも可。

次は両替です。
レンタカーのカウンターなどが並んでいる奥に両替があります。

両替

ATMでキャッシングしても良かったんですが、
今回はレバノンでATMも両替も使えなかったことから学んで米ドルを多めに持参。
どっちも使えたので両替することにしました。

300ドル両替して210JD(ヨルダンディナール)になりました。
1JD=約160円とレートは悪めです。
旅行中はもしかすると米ドルだけでも過ごせたかもしれません。
観光地の入場料、レストランなどは米ドル払いやカード払いできるところが多かったです。
ただ超ローカル食堂みたいな所とか、一部のガソリンスタンドは現金のみでした。

次はレンタカーを受け取ります。
カウンターはバゲージクレームを抜けて右側。
Rentalcars.com経由、Sixtでオートマのコンパクトカーを予約して5日間で24000円くらいでした。
これにGPSも予約していたんですがあまり使えないよ、
スマホがあれば大丈夫と言われてしまいました。

レンタカー (1)

今回の相棒はこちら。
ヒュンダイのコンパクトカー。

レンタカー (3)

GPSの借りる、借りないを受付で本当に大丈夫か不安に思っていると、
じゃあ、無料でwifiを貸してあげるよと。
え?そんなの貸してくれるの?

レンタカー (20)

シガーソケットに刺すタイプのwifi ルーター。
便利な世の中ですねー。
これがあるならSIMカードいらなかったかな?
とも思いましたがSIMはあって助かったので必要でした。

でもGPSのいいところは制限速度が表示されてスピード違反予防になること。
それがないのがちょっと痛いです。ナビはMaps.meでオフラインでできるからね。

ヨルダンはスピード違反に厳しいようでアンマン中心部などはかなりカメラがあります。
そして、警察が取り締まりしています。
受付の人にもスピード違反すると罰金だから気を付けてと念を押されました。
高速道路は無料で110から100km/h制限、市街地は5-60km/hといった感じ。
そのためかこれまで経験した中東諸国と比較して少し運転マナーがおとなしいような。

では早速ペトラへ向かいます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。