レバノンは中東のスイスと呼ばれたり、
その首都ベイルートは中東のパリと呼ばれるほど美しいです。
中東3大遺跡のひとつであるバールベックもあり、
非常に魅力の多い国なのです。
(中東3大遺跡他はシリアのパルミラとヨルダンのペトラ)

では、そのレバノンのある場所はというと・・・

レバノン

2006年に侵攻されたイスラエル、2011年以降内戦の続くシリアと国境を接しています。
2015年以降も自爆テロや過激派組織による銃撃戦などが起きていて物騒極まりないです。

2020年1月現在、外務省の海外安全ホームページの危険レベルでは
ベイルートなど主な観光地はレベル1、ただ一番行きたいバールベックはレベル2。
レベル1のエリア内にもパレスチナ難民キャンプが点在しレベル2です。
レベル1は十分注意してください。レベル2は不要不急の渡航中止。

バールベックは迷いましたが行って様子を見て可能なら行くことにしました。
某ツアー会社では旅程に組み込まれていたので行けるかもしれないと考えました。
とはいえ、行くなと言われているところに行くわけなので正直お勧めはできません。

今回はいつも通り短期間に予定を詰めたのと、
公共交通機関がしっかりしてないのでレンタカーを利用しました。

週末レバノン 準備編

【旅行準備】
①航空券
エティハド航空で手配。
名古屋から北京、アブダビ経由でベイルート往復。

②ホテル
10泊すると1泊無料になるのでHotels.comで手配。
ベイルートに2泊。

③ガイドブック
地球の歩き方2019-2020 ペトラ遺跡とヨルダン レバノン

④持ち物
機内持ち込みのスーツケースのみ

⑤レンタカー
Rentalcar.comで手配。現地レンタカー会社はCity Car。

【旅程】
1日目名古屋→北京→アブダビ
2日目アブダビ→ベイルート
   ティルス
3日目アンジャル
    バールベック
    カディーシャ渓谷
    ビブロス遺跡
4日目ベイルート→アブダビ→北京
5日目北京→名古屋

【今回訪れた場所】
①ティルス(世界遺産)
②アンジャル(世界遺産)
③バールベック(世界遺産)
④カディーシャ渓谷(世界遺産)
⑤ビブロス遺跡(世界遺産)
⑥ベイルート

では実際の旅の模様は次回からにしますね!
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。