6日間でチュニジアの世界遺産を巡るレンタカー旅。
スースの旧市街にある最古の邸宅のひとつ、ダール・エシド博物館を訪れます。

チュニジア旅行 2日目 ③

建物自体は928年に建てられ、スースでも最も古い邸宅のひとつ。
19世紀ころの中流階級の住居の様子を復元して公開されています。

ダール・エシド博物館 (3)

まず入り口がかわいい。

ダール・エシド博物館 (73)

どこもかしこもすごく素敵な内装です。
入ってすぐのレセプションがすでに豪華です。
入場料4TND、撮影料1TND(合計約200円)

ダール・エシド博物館 (8)

ここを抜けると中庭があって、正妻、側室、子供の部屋があります。
側室の部屋。

ダール・エシド博物館 (11)

ダール・エシド博物館 (12)

ダール・エシド博物館 (14)

正室の部屋。

ダール・エシド博物館 (17)

なんとなくだけど正室の方が若干豪華な気がしますね。

ダール・エシド博物館 (19)

ダール・エシド博物館 (20)

階段もかわいいです。

ダール・エシド博物館 (27)

上に上がるとテラスがあって、見晴らしが良いです。

ダール・エシド博物館 (61)

上の回には従者のための部屋が合ったりしてそれすら豪華で、
この時代の中流階級っていったいどれだけ贅沢だったんでしょうね。

この後はかわいいメディナの街を歩いてホテルに戻ります。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。