クルーズ船を下船する日。
プエルトリコで1泊するので、バカルディのラム工場へ。

カリブ海クルーズ 9日目 ①

大きなスーツケースがあって、運んでもらう場合は、
前夜決められた時間までに廊下に出しておきます。
清算はクレジットカードを登録してあれば特に必要なし。
勝手に引き落とされます。

私はスーツケースが小さいし、自分で運んで下船しました。
あとは部屋番号毎に決められた時間に下船します。

予約しておいたホテルまではタクシーで移動。
エリア毎に料金が決まっていてミラマール地区まで15ドルでした。

スーツケースを預かってもらったらバスで旧市街へ。1ドル。

⑤船 (1)

まだ朝早いのでどうしようかな・・・。すると、
バカルディのラム工場へ行くのに利用できるフェリー発見。

⑦フェリー乗り場 (3)

だったら、行ってしまおう!ってことで急遽決定。
チケットは往復1ドルで安すぎる。
景色がきれいです。

フェリー乗り場 (14)

初日に見たエル・モロ要塞も見えます。

フェリー乗り場 (19)

10分ほどで対岸に到着。
ここからバカルディの工場まではバスかタクシー。
聞くと10分くらいでバスが出るというので待つことに。
このバスで行けます、料金50セント。

バス (1)

5-10分くらいでBacardiのラム工場到着。

Bacardi (1)

実は10時ころ着いたのですが、この日は12時からオープン。

Bacardi (2)

まじか。同じフェリー、バスで来た観光客の方と一緒に暇つぶし。
近くに公園があって、対岸のモロ要塞がきれいに見えるそうです。
暇すぎるので行ってみることに。

そしたらめちゃくちゃ風が強い。

公園 (7)

でもたしかにモロ要塞がきれいに見えて椅子もあってよかったです。

公園 (1)

さて、11:30頃戻ると、すでにオープンしてました。
むしろちょっと乗り遅れた感じ。

Bacardi (2)

料金表です。私は一番ベーシックなHistorical tourにしました。

Bacardi (3)

料金を支払ったらこんな車に乗って移動です。

Bacardi (6)

バカルディのラムはもともとキューバ生まれ。
キューバに行った時にも実は見学しました。
もっと小規模でしたけどね。

Bacardi (13)

敷地内を移動して見学ツアー用の建物へ。

Bacardi (17)

Bacardi (18)

ラムの作り方を説明してもらいます。

Bacardi (29)

当時の写真などが展示された部屋。

Bacardi (31)

ラムの香りを体感できるコーナー。

Bacardi (48)

年代別に香りが違うんですね。すごくいい香りです。
そしてラムを使ったカクテルの作り方講座。

Bacardi (50)

モヒート、キューバリブレ、ダイキリの作り方を教えてくれました。
最後はお土産屋さん。ラムの試飲もあります。

Bacardi (52)

めちゃくちゃいい香り。
でもそのままなので、かなり強ーいです。
空腹だったのでこれだけで若干ほろ酔いに。
ツアー自体は約45分程度のツアーです。

ツアー料金に込みで、バカルディのラムを使ったカクテルを頂けます。

Bacardi (58)

8ドルのカクテルが頂けるのでツアー自体は7ドルってことですね。
Bacardi Tropical Sunriseにしました。

Bacardi (59)

コップはお土産にもらえます。
カクテルめちゃくちゃおいしい。
完全に酔っぱらいました。

帰りはバスが何時に来るかも分からないのでタクシーで。
タクシーはさっきご一緒した方々とシェアして1人4ドル。
フェリーで旧市街まで戻りました。

この後はプエルトリコの国民食を食べに行きます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。