バルカン半島の世界遺産を巡る旅。
マケドニアの首都、スコピエをお散歩しました。

バルカン半島周遊 8日目 ①

まずはパリの凱旋門を模したマケドニア門からスタート。

スコピエ (16)

ここを通ると巨大な銅像のある噴水。
マケドニアと言えばなアレキサンダー大王の像です。

スコピエ (22)

この周辺は建築中の建物が多いです。
スコピエ2014という都市開発プロジェクトが進められているみたい。
さっきの凱旋門もその一環なんだそうです。

そのまま広場を抜けて石橋(カメン・モスト)を渡ります。

スコピエ (23)

今度はギリシャのパルテノン神殿風の博物館。

スコピエ (24)

さらに歩くと、スコピエの旧市街。
このあたりは中東のバザールみたいで石畳に小さな商店が並びます。

スコピエ (30)

スコピエ (34)

お約束のアイスクリーム。20DEN(約40円)
マケドニアの通貨はDEN(デナリ)。

スコピエ (29)

何か甘ったるくてあまりおいしくない。
旧市街を歩いているとポルトガル、アゲダみたいな場所も。

スコピエ (7)

旧市街の端にある聖スパス教会。
入場料は120DEN。
ちょっと見学のつもりがガイドさんが案内してくれるタイプの教会で、
かなり詳しい歴史の説明を30分以上受けました。
ただ、祭壇は木造で繊細な彫刻が施されていてかなり素晴らしい。
撮影は禁止でした。

聖スパス教会 (3)

旧市街をさらに歩き、

スコピエ (1)

スコピエ (5)

ムスタファ・パシャ・ジャミーヤへ。
モスクがあるだけで街の雰囲気はかなり中東風。

ムスタファ・パシナ・ジャミーヤ (6)

中には行かなかったけど城塞もありました。

スコピエ (9)

他にもスコピエはマザー・テレサの生誕地でもあるため、マザー・テレサ記念館や、
第二次世界大戦中にユダヤ人居住区だった場所に建てられたホロコースト博物館
など意外に見どころが多かったです。

スコピエの街歩きの後はバスでコソボへ日帰りします。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。