バルカン半島の世界遺産をめぐるレンタカー旅。
ボスニアの首都、サラエボでボスニアンコーヒーを体験します。

バルカン半島周遊 7日目 ②

オスマン帝国に支配されていた歴史からトルコ式のコーヒーが飲まれます。
それがボスニアではボスニアンコーヒー。3KM(約150円)

ボスニア・コーヒー (6)

細かく挽いたコーヒーを煮だして濾さずに飲むコーヒー。
カップに注いで、粉が沈殿するのを待って飲みます。
小さなカップで2杯分くらい。

ボスニア・コーヒー (7)

沈殿するのを待たないとざらざらした苦い味でおいしくないです。
でもちゃんと待って飲めばおいしいです。

以前キプロスでも同じようなコーヒーを見かけてお土産に買ったのですが、
飲み方が良く分からずまずくて困っていたんです。
こうやって飲めば良かったんですね。

お土産屋さんではこのコーヒーの食器セットが売っていてかわいかったです。
この後はボスニアの世界遺産、ビシェグラードのメフメド・パシャ橋を訪れます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。