ブルガリアの世界遺産を巡るレンタカー旅。
世界遺産のマダラの騎士像を訪れます。

週末ブルガリア 3日目 ③

スベシュタリからマダラは車で約1時間半。
これまで行った世界遺産と比べると、結構沢山人がいました。

マダラの騎士像 (63)

門の向こうにチケット売り場があります。
チケットは5Lv(約350円)。

マダラの騎士像は高さ100mの断崖に刻まれた巨大なレリーフです。
8世紀頃のものとされ、騎士がライオンに槍を刺していて、勝利を表しているそうです。
この時代に巨大なレリーフを刻んだ制作方法は分かっていません。

というわけでそのレリーフの下まで設けられた階段をひたすら登ります。

マダラの騎士像 (3)

やっと登り切ってレリーフの真下に到着。
残念なことに今はレリーフの下に足場ができて見にくくなっています。

マダラの騎士像 (8)

ちょっと離れたところからのほうが全景が見られます。
騎士の下で横たわるのがライオン、騎士の後ろは犬らしいです。

マダラの騎士像 (7)

何か動物の縮尺が変な気がしますが、遠近法?
この図はブルガリアの硬貨にも描かれています。

地図を見ると、この崖の上には要塞があるみたいなんですよね。
それは行ってみなくてはと登り始めました。
これが結構ハード。急な階段だし、時間的にもすごく暑い。

マダラの騎士像 (18)

大変でしたこの上からの景色は良かったです。

マダラの騎士像 (20)

マダラの台地には9世紀ころから要塞が築かれ14世紀ころまで発展したそうです。

マダラの騎士像 (25)

マダラの騎士像 (27)

反対側の壁沿いに進んでみました。

マダラの騎士像 (35)

すると、The secret routeですって。
行ってみたかったですが気軽な格好で来たので、
山道に入るのはやめておきました。

マダラの騎士像 (36)

もしかして向こうに行けるのかしら。さすがにそれは無理か。

マダラの騎士像 (37)

また、マダラでは14世紀に最大規模の岩窟教会が建てられたそうです。
大小さまざまな洞窟が教会や礼拝堂として使われたそうで、
そのひとつ?と思われる礼拝堂へいってみました。

マダラの騎士像 (47)

すごい地形です。倒れたりしないんだろうか。

マダラの騎士像 (54)

騎士像だけかと思ったら要塞や岩窟教会、地形と見どころ満載でした。
この後は世界遺産の古代都市、ネセバルに向かいます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。