オマーンの週末旅。
サラーラの街歩きをしてみます。

週末ドバイ&オマーン 2日目 ①

ホテルをチェックアウトして、お出かけ。
昨夜行ったゴールドスークはどうなってるかな?
と思ってとりあえず行ってみることに。

途中、SIMカードを売ってるところを発見したので、
一番安いやつを購入。2OMRで1カ月有効、4GB。
うーん、もっと小さいのでいいのにな。
(マスカットの空港だと1GBで2OMRでした。)

SIM

↑この辺のお店。
設定してくれてる間、待ってたけど太陽が強すぎる。

ゴールドスークに到着。

ゴールド・スーク (1)

昨夜の賑わいが嘘のようにがらーん。

ゴールド・スーク (2)

金曜日、おそるべし。
暑い国だから、昼はやってなくて、夜だけ営業とかもあるかも。

そのまま海を目指してひたすら歩く。
日陰は涼しいけど、日向は結構な暑さ。
車もほとんど走ってない。

サラーラ (13)

でも道沿いにお花が咲いててちょっと癒される。

サラーラ (17)

マイペースに歩いてたら、横に車が一台停まりました。

若い男性が紙幣を見せて来て、「後ろに乗って!」
って言ってくる。しかも、「5分でいいから!お願い!」
この国は一体・・・。

アラブ圏なので、私は頭には暗い色のスカーフを巻き、
体の線の出ないゆったりとしたシャツ、ロングスカート姿。

調べてみると、オマーンではアジアの女性≒売春婦くらいの
図式が成り立っているよう。
どこの国かなんて区別がつかないから気を付けないとです。


気を取り直して、歩くと突き当りにアル・フスン・パレス。
前国王の住居だった宮殿。

アル・フスン・パレス (2)

高い壁があって、あまり良く見えず残念。
ちらっと見える建造物はイスラムらしく素敵。

アル・フスン・パレス (3)

時計塔かな?

アル・フスン・パレス (7)

っていうか、ここまでは行っていいのかも良く分からないけど。
そのまま歩いていくと、外に出る門があったので出ると、そこは海!
ビーチというより、砂漠に見えてしまうほどだけど。

ビーチ (5)

アル・フスン・パレスの方はしっかり警備されてました。

ビーチ (4)

さて、この後、どうしようか・・・
と地図を見ると、近くに香水市場なるものがあるらしい!
サラーラは乳香といって古代エジプトの時代から使われた貴重な香料の産地。
ってことで、この後は香水市場へ行ってみます。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。