ロシアの世界遺産をめぐる12日間の旅行。
世界遺産のヤロスラブリ歴史地区で預言者イリヤー教会を訪れます。

ロシア旅行 3日目 ⑤

スパソ・プレオブラジェーンスキー修道院から歩くこと約5分。
預言者イリヤー教会にやってきました。

預言者イリヤー教会 (3)

入口から入るとすでにフレスコ画で覆いつくされる壁や天井がすごいです。
ここは入場料と撮影料が100RUBずつかかるはずでしたが、受付に誰もいません。
お金を払わずに入っていいのかな?
と困っていると「入っていいのよ」とシスター風の人が言ってくれました。

預言者イリヤー教会 (10)

そして本堂内部の美しさといったら半端ない。

預言者イリヤー教会 (11)

しかし、「ここでカメラはだめよ」とのこと。
もしかしたらミサだったのかな?
撮影料があるくらいだから勝手に撮影可能だと思ってしまったのですが、
この時間帯はだめだったのかもしれません。
お金を払わなくてよかったのも頷けます。

でも見学するのはokだったので、静かに見学させて頂きました。
イコノスタシスは18世紀のものでフレスコ画は17世紀のもの。
フレスコ画には17世紀の人々の生活の様子などが描かれ、
「17世紀の民衆生活の百科事典」と呼ばれているらしいです。

出てくるとさっきのシスター風の女性が「ここのフレスコ画は撮っていいのよ」
と回廊のフレスコ画を指差してを教えてくれました。

預言者イリヤー教会 (12)

良く見るとフレスコ画だけでなく、回廊の床近くには彩色タイルも。

預言者イリヤー教会 (15)

この教会はヤロスラブリに来たら必見です。
本当に美しい教会でした。

預言者イリヤー教会 (16)

預言者イリヤー教会 (13)

お世話になったシスター風の女性にお礼を言って駅に戻ります。
帰りも76番のバスを見つけて駅まで乗りました。(23RUB)

19:00にヤロスラブリ駅に戻ってきました。
この駅はちゃんとホームに番号がついていて電光掲示板もあります。

ヤロスラブリ駅 (3)

しかも駅員さんがみんな親切でどこへ行くの?
という感じで話しかけてくれて、チケットを見せると
ホームへの行き方を教えてくれました。優しいです。

行くと既に電車は来ていてチケットチェックを済ますと乗れました。
モスクワまでは3時間半。夜遅くなってしまいましたが無事帰着。

次の日は世界遺産のウラジミールとスーズダリを訪れます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。