クロアチアへの乗り継ぎ地、カタールのドーハで長めの乗り継ぎ。
乗り継ぎ時間で世界遺産のアルズバラ・フォートを訪れます。

クロアチア旅行 2日目 ② 【カタール乗り継ぎ】

ホテルでシャワーを済ませて仮眠して朝食をとったらホテルを出発。
チェックイン時にレセプションでタクシーをお願いしておきました。
バスのチケット購入はバスターミナルでしかできなさそうだったので、タクシーを利用。

ホテルの外に出るとびっくりするくらい暑い!

アルガニム・ステーションまで20分くらいで50QAR。(約1500円)
空港からホテルへのミニバンのドライバーさんもだったけど、
タクシードライバーさんも走りながらいろいろ教えてくれました。

すると、ラクダで移動する人々が。
めったにない光景にちょっとテンションが上がります。

ドーハ (1)

バスターミナルは結構大きくてバス停がいくつもあるので
公共交通機関としてバスが割と発達しているようでした。

バス (1)

まずはバスチケットを買わないとなりません。
どこで買えばいいか分からず職員風のおじさんに聞くと英語で教えてくれました

バスターミナルの奥にある建物がチケットオフィスです。
アルズバラ・フォートに行きたいと伝えると、乗り放題パスがいいとのこと。
1日乗り放題パス 20QARを購入しました。

バス (2)

トイレはどこか尋ねるとカギを渡してくれ、案内してくれました。
トイレ内に個室は2つあったけど、入り口のカギしか閉まらず。
仕方ないので入口のカギを閉めて利用しました。

google mapでバス時間を調べたら9:00発だったので早く来たけど、
バスは9:30発でした。次は15:30、21:30。

外はとにかく暑いので涼みたい!
と思って周囲を見渡すとエアコンの聞いた待合室発見!
でも中に入ってみると男性しかいません。
おや?

職員のおじさんが気が付いて女性用待合室に案内してくれました。

バス (5)

カタールはイスラム教の国。
待合室は男女別に設けられていました。

そして女性用は男性用よりずっと広く作られていました。
しかし、そもそもバスを利用する女性が非常に少なく、
待っている間にも2人くらいしか見かけませんでした。
それも外国人です。

カタールの人口のほとんどは出稼ぎの外国人で、
基本的にお金持ちの国なのでカタール人はバスは利用しないんでしょうね。

涼しい待合室で待っているとバスの時間。
100番のバスに乗ります。
乗り場はメインのバス停の奥で反対側にあります。

バス (6)

バスに乗ると、ここでも女性専用シート。
なぜか後から乗ってきた男性がガラガラなのに私の隣に座ったら、
ドライバーさんが注意してくれて移動させてくれました。

バス (7)

アル・ズバラフォートはドーハの北100㎞に位置する砦。
アル・ズバラは18世紀に真珠取引で栄えた街で当時はいくつも砦があったようですが、
現在はひとつだけが残るのみだそうです。
そして2013年にカタール初の世界遺産として登録されました。

ドーハからはバスで2時間ほどです。
車内の女性は私一人だけでしたし、起きていなくちゃと思ったのですが、
睡魔に勝てず大爆睡。ほとんど眠ってるうちに到着しました。
なぜだかラクダが2頭。移動手段かな?

Al Zubarah fort (6)

バス乗車時にアル・ズバラ・フォートで降りたいと伝えておきました。
バスを降りるとものすごい暑さです。
太陽がまぶしくて目を開けていられないほど。
サングラス持ってくればよかった!

そして心配していた入場料はありませんでした。
さすが、カタール。
教育も医療も無料らしいので、観光客から入場料なんて取らないのですね。

砂漠にぽつんときれいな砦が立っている感じです。
写真には写ってませんが、管理事務所と博物館が併設されています。

Al Zubarah fort (13)

ここは海が割と近く、遠くのほうに海が見えてました。

Al Zubarah fort (37)

内部に入ってみます。

Al Zubarah fort (19)

内部には発掘に関する展示などがしてありました。
暑すぎて日陰しか歩けません。

Al Zubarah fort (27)

速攻で見終わったので隣の博物館へ。

Al Zubarah fort (41)

展示は割と充実しているのですが15分程で見終わってしまいました。
外は暑すぎるし、ここは一応冷房が効いてます。

Al Zubarah fort (45)

バスが来るまでここで待たせてもらうことにしました。
館内は私しかおらず、警備員の男性が話しかけてきました。
ホントはほっておいて欲しかったけど適当に話を合わせてました。

すると、この男性がだんだん怪しい雰囲気に。
若干セクハラまがいな感じなんですよね。
最終的に「キスをしていいか?」って聞いてきたので
いいわけもなく、暑いけど外で待ったほうがいいやと思って外へ。

私が出ていく背後でひたすら謝っていたけど、
気持ち悪いので無視して出ていきました。

一人旅の女性の方、気を付けてください。

外へ出たのが多分12:15頃。
もっと早い時間じゃなくて良かった・・・。
バスは12:26頃来るはずなので外で待つことにしました。

しかし12:30になってもバスが来ない。
まさか、すでに行ってしまったなんてことないよな。
次のバスは18:26なので、こんなとこにいたら確実に死んでしまう。
水なんて売ってないし、あのセクハラ男と一緒にいたくない。

何だか急に不安になってきた頃、バスが登場。
良かったー!!無事帰れるー!

来たバスは乗ってきたバスと同じでドライバーも同じだったので、
降りるときに帰りも乗るって伝えておくのがいいかもしれません。

帰りのバスでのひたすら眠り続け無事ドーハに戻ってきました。
うーん、気をつけなくちゃいけないなー。

こういう面倒を少しでも避けるために旅行の時は左手の薬指に指輪つけてたりしてたのに、
クロアチアだから大丈夫とうっかりしてました。
洋服は上下肌を隠していたんですけどね。
気をつけなくちゃいけませんね。

この後はドーハの街歩きをします。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。