スロベニアで過ごす週末。
世界遺産のシュコツイアン鍾乳洞を訪れます。

週末スロベニア 2日目 ①

クロアチアのポレチュまで行くのに公共交通機関だと時間がかかりすぎるので、
レンタカーを手配しました。8時に予約しておきました。
借りたのはリュブリャナ駅にあるSIXTってところです。
初めて聞く会社でしたが店員さんもしっかりしてたし保険もフルカバーで入れたし
何より借りた車がとても乗り心地が良く快適でした。

Sixt

ただちょっとびっくりしたのが駐車場へのアクセスなのですが、
なんと線路の横を歩いていくというアクセス方法。

線路

説明された通りだけど、どこまでいったらいいの・・・。
と不安になりかけたころ、駐車場を発見。

今回の相棒はこちら。大きめのセダンですね。
カーナビは多言語対応の備え付けでした。
圧倒的に備え付けがいいですよね、見やすいし操作もしやすいです。

レンタカー

そして、今回初めての左ハンドル、右側通行でした。
多分、最初はめちゃくちゃ左に寄ってたと思います。
ウインカーと間違えてワイパーを動かす定番のうっかりも何回か。
でも少し走ると慣れました。
市街地はちょっと怖いけど、高速道路を走ってる時間が多かったですしね。

スロベニアの高速道路で注意が必要なのがVinjetaです。
高速道路の料金が支払われていることを証明するステッカーです。
日本のように料金所システムではなくて15日とか1年とかでいくらと支払うスタイル。
スロベニアのレンタカーの場合は張られていることが多いので問題ないです。

気を付けなくてはいけないのが隣国から入国するときです。
知らずに走ってしまうと罰金になってしまいます。

ということで出発です!
まず向かったのはスロベニアの世界遺産のシュコツイアン鍾乳洞。
カルストの語源ともなったカルスト地形の自然遺産です。
石灰岩が多く、川や雨水の浸食によって鍾乳洞が形成されました。

シュコツィアン洞窟群 (6)

リュブリャナからは1時間半くらいのドライブ。
内部見学はガイドツアーのみで行えるのですが、午前中は10:00の回だけです。
10:00に間に合えばいいなと思っていたのでちょうどいい時間に到着しました。
入場料は16ユーロです。

シュコツィアン洞窟群 (1)

10時になったら集合と言われたので、トイレなどを済ませて待機。
10時になるとかなりの人数が集まりました。50人以上はいたと思います。
ガイドさんは二人で、まさかのイタリア語とその他の言語に分かれました。
たしかにイタリアが隣国なのでそうなるんですね。

ガイドさんと鍾乳洞の入口まで歩きます。

シュコツィアン洞窟群 (8)

10分くらい移動すると、鍾乳洞の入口に到着です。

シュコツィアン洞窟群 (12)

入口は厳重に管理されていて、勝手には入れないようになっています。

シュコツィアン洞窟群 (16)

しかもここから出口まで写真撮影禁止という徹底ぶり。

鍾乳洞の前半はサイレントケーブ。
川の流れる音が聞こえず静かでした。
そして高さ15mもある広いスペース、グレート・ホールがあります。
変わった形の鍾乳石があったりします。

後半はレカ河の流れる音がゴーゴー聞こえます。
そして、ツアー最大の見どころ、大渓谷を見下ろせる吊り橋を渡ります。

シュコツィアン洞窟群 (14)

撮影禁止だったので、ポスターの写真です。
出口のところから撮影okとのことでした。
ここまでだいたい2kmで1時間程度です。

シュコツィアン洞窟群 (17)

出口から振り返ったところ、すごい洞窟です。

シュコツィアン洞窟群 (21)

ここから地上に出るエレベータまで約1km。

シュコツィアン洞窟群 (26)

流れる川がきれいでした。

シュコツィアン洞窟群 (40)

石灰岩の多い地方はこういった青緑色の川になるのでしょうか。

シュコツィアン洞窟群 (42)

先ほどのレカ河が地上に流れ出るところです。

シュコツィアン洞窟群 (45)

ビジターセンターの手前まで戻ると、
ビューポイントがあると教えてくれたので立ち寄りました。
見晴らしがよくてきれいでした。

シュコツィアン洞窟群 (51)

これ、夏は緑でもっときれいな景色だと思います。
この後は車で国境を越えてクロアチアのポレチュに向かいます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。