オランダで過ごす週末。
金曜日は夜遅くまでやってるゴッホ美術館へ行ってみます。

週末オランダ 2日目  ⑪

夕食を終えてゴッホ美術館へ。

Van Gogh Museum (14)

美術館は週末夜遅くまで空いてる日を設けていることが多いので、弾丸旅には助かります。
隣にある市立美術館も追加料金が3ユーロ必要だけど同じく金曜日に遅くまでやってるので、ついでに寄るのもありかと思います。

通常は入場料が17ユーロですが、ここもmuseum cardで入れます。
向かいのチケット売り場でチケットをもらいます。

Van Gogh Museum (15)

天井が吹き抜けの開放感のある作りです。

Van Gogh Museum (5)

ゴッホ美術館だけあって、ゴッホ自身のことがよく分かる美術館になってました。
家族のこと、ゴーギャンと同居した時のこと、精神を病んで自殺してしまったこと。
自分でもびっくりしましたが、ゴッホが亡くなる数日前に描いたカラスのいる麦畑の絵を見たとき、
はっとしたんですよね。
すごく暗くて何か違う感じがしたんです。

残念ながら内部の作品は撮影禁止です。
大画面に写される作品がいくかあって、このエリアは撮影okでした。

「アルルの黄色い家」
ゴッホがアルル在住時に借りていた家です。
ここを飾るための絵(ひまわりなど)を多く描いたそうです。

Van Gogh Museum (12)

「アルルの寝室」
上の「黄色い家」のゴッホの寝室を描いた作品です。

Van Gogh Museum (11)

「花咲くアーモンドの木の枝」
弟テオの子供の誕生祝で描いた作品。

Van Gogh Museum (13)

もちろん、有名な「ひまわり」もありました。
週末の夜の過ごし方としてはかなり有意義なものになったと思います。
とても素敵な作品が沢山みられましたから。
アムステルダムに来たら一度は足を運びたい美術館です。

ぎりぎりまで作品を鑑賞してホテルに戻りました。
次の日はアムステルダムの世界遺産のひとつ、ベームスター干拓地へ行きます。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。