おはようございます。

キューバ旅行 7日目 ④ 【ハバナ】

シエンフエゴスを17:30に出発してハバナへ。
だんだん暗くなってきて、何度もピカピカッてするから、
バスの車内で誰かがフラッシュたいてるんだろう。
それにしても何をそんなに撮ってるんだろう?

そう思っていたら、バスの乗客たちが撮っていたのは動画で、
ピカピカッてしてるのは雷だった。
しかもかなりの頻度、かなりの近さ。
外は土砂降りだし、結構こわい。大丈夫だろうか・・・。

土砂降りの中、一度の休憩をはさんで、予定よりも1時間以上、
大幅に早くハバナのバスターミナルに到着した。

今回も送迎を頼んでいたけど、さすがに1時間以上前であれば、
タクシーで直接向かったほうが早い。

途中までバスであった日本人の男の子とシェアして8CUC。
不思議な料金体系で多分1人でも、2人でも1人分は同料金だった。

タクシーの運転手さんと隣に座ってる女性に住所を伝え、
予約してたCasaに到着。
今回ハバナでお世話になったのは「Casa Clarita」
マレコンのアントニアオ・マセオ像の近く。

アントニオ・マセオ

今回のCasaは一軒家ではなくて、マンションタイプ。
右端の5階建ての建物。

Casa Clarita (1)

5階建ての3階にClarita、1階に娘さん、ペントハウスに叔母さんが住んでて、
それぞれの部屋に泊まらせてもらえる。
今回私が連絡したときには叔母さんの部屋だけ空いていて、そこを予約。
他にもCasaをやってるお部屋があるらしく入口にはたくさんのイカリマーク。

casa Clarita (1)

エレベータでまず5階へ行ってみると、

casa Clarita (2)

それらしき部屋が見当たらない。
困って5階のお宅で聞いてみると、Claritaのところにまず行く必要があるみたい。
3階へ降りてClaritaのお家へ。
すると、「ようこそ~、待ってたわよ~。」とClaritaが出迎えてくれた。

5階のおばさんのお部屋を案内してくれるという。
すると5階でエレベータを降りて、そこから2階分くらい階段を上る。
やっぱり荷物小さくして来て良かったー!
そうか、ペントハウスってこういうことか。

叔母さんのRosaが出迎えてくれた。
Claritaは英語ぺらぺらだけどRosaはオンリースパニッシュ。
私やっていけるかしら・・・。
と不安になったけれど、Rosaはすこぶる明るいおばちゃんで、
ボディーランゲージで何とかなりそうだった。

部屋に入ると、いろいろ説明してくれた(「aqui(ここ)」ばっかりだったけど)。
ちょっと困ったのがカギ。
カギがたくさんありすぎて覚えられそうにない。

部屋はきれい。

casa Clarita (3)

ちゃんとシャワールームもある。
この左にバスタブとシャワー。

casa Clarita (5)

しかし、このCasaのお勧めポイントは他にもある。

それは屋上から見る景色。
小さいけれど真ん中に見えるのはホセ・マルティ記念博物館。

Casa Clarita (5)

朝だって素晴らしい景色。

Casa Clarita (12)

目の前は海!

Casa Clarita (9)

ちなみにRosaのお家にはわんちゃんが2匹。
Claritaのお家にもわんちゃんがいたので犬嫌いの人は注意。
かわいいし、私は犬好きなのでむしろokでしたが。
どの子も飼い主さんのいうことをちゃんときく子でした。

Casa Clarita (13)

朝食は3階のClaritaの部屋でとります。

朝食

フルーツにジュース、卵、トースト、お菓子と朝から十分でおいしい。

部屋代は1泊25CUC、このおいしい朝食は1食4CUC。
夕食は外食したのでここでは頂いてません。

翌日は世界遺産のビニャーレス渓谷へ行きます☆
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。