おはようございます。

週末ヘルシンキ&リガ&タリン 3日目 ⑪

さてさて、カフェで休憩して適当に街中をプラプラ♪

ヴィル門といって、賑わってるタリンの東側の入口まで行ってみたり、

タリン旧市街123 ヴィル門

こんな怪しいお兄さんに遭遇したりと、暇つぶし。

タリン旧市街121

タリンからヘルシンキへ戻るフェリーが夜20:30。
30分前までにターミナルへいけばいいので、必然的に夕食はタリンで頂きます。

やってきたのは、『Olde Hansa』☆

タリン旧市街30 Olde Hansa

このレストラン、内装やお料理、店員さんの衣装にいたるまで、
中世の雰囲気を忠実に再現したお店なんです!

まず、メニューが外に置いてあったので中を確認。

タリン旧市街119 Olde Hansa

日本語ーーー!

いいですね、分かりやすくて。
そんなにお高くないし、一人でも入れそうです。

中に入ってみると、若干薄暗い(ライトはろうそく風のものだけ)んですが、

タリン旧市街128 Olde Hansa

タリン旧市街129 Olde Hansa

中世っぽくて(見たことないけど)、なかなか素敵です。

何せ、お店の人はこうやってお料理を受け取ったりしますからね。

タリン旧市街124 Olde Hansa

飲み物にSchweppes(炭酸飲料)だと思って、schnappsを注文したら
めちゃくちゃアルコール度数の高い飲み物でした。

タリン旧市街125 Olde Hansa

最初、少なすぎ!ってつっこみいれたくなったんですが、
このアルコール度数ではこの量で納得です。

いや、喉が焼けるかと思ってマジびっくりでした。

このままじゃご飯がのどに詰まると思ったので、すぐさまジュースを注文しました。

タリン旧市街127 Olde Hansa

よくわからない、お店の人おすすめの果実のジュース。
飲むと口の中がシブい感じがするものでした。

メインにはアラビア牛のなんとかっていう料理を注文。

タリン旧市街126 Olde Hansa アラビア牛

めちゃくちゃもりだくさんです。

まず、右側の豆っぽいぶつぶつは豆です。
チリコンカンみたいで美味しかったです。

その上の茶巾みたいなやつは、めちゃくちゃ固い生地に包まれた何かでした。
よくわかりません、美味しくなかったんだもん。

肝心のアラビア牛ですけど、臭みとかないしこのソースも濃厚な感じで結構おいしかったです。
でも牛肉はかなり少なくて、ハムみたいなものとか、イチジクかな?とかとにかくいろいろ入ってました。

上のほうにあるぶつぶつもたしか豆だったと思います。
まさかの豆2品。

まあ、味というか中世の食事はこんなのだったのかーと思いをはせることが重要なわけです。

ちょっとお財布事情が寂しかったので、
ホントに食べたい料理というより予算内に収まる料理を選んだのもあります。

でも、雰囲気はある意味最高なのでおすすすめです。

夕食後は、ターミナルまで戻って、

フェリー

フェリーに乗って、

フェリー2

きれいな夕日も堪能して、

フェリー3

ヘルシンキへ戻ったのでした。

ちなみに、このフェリー内のスーパー、免税なのかすごく安いのでお勧めでした。
私はここで、前から狙ってた(ヘルシンキに来てからね)ムーミンのバッグストラップを買いました。
たしか他のとこより2ユーロくらい安かったんで。

タリン編終わりです。
明日はヘルシンキからアクセスできるフィンランドの世界遺産、スオメリンナ要塞へ行きます☆

最後まで読んで頂いてありがとうございました!


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。