おはようございます。

リガの旧市街の街歩きの後は、かわいいだけじゃないリガのもう一つの魅力に迫ります。

週末ヘルシンキ&リガ&タリン 2日目 ⑧

リガは『ユーゲントシュティール建築』といって、過度の装飾が特徴の建築の宝庫なんです。
ユーゲントシュティール建築はドイツ語でアール・ヌーボーの意味。

旧市街から歩いて10分から15分ほどの場所にある、
アルベルタ通りとエリザベス通りにユーゲントシュティール建築が集中してるので行ってみました。

まずはエリザベス通りから。10b番地の建物です。

ぱっと見はパステルカラーでかわいい感じなのですが、


ユーゲントシュティール建築 (1)エリザベス通り10b番地

えっ!
人の顔の使い方w

ユーゲントシュティール建築 (3)エリザベス通り10b番地

こちらの建物も、いたるところに人物像。33番地の建物です。

ユーゲントシュティール建築 (6)エリザベス通り33番地

人が建物を支えてる風。

ユーゲントシュティール建築 (7)エリザベス通り33番地

柱にドラゴンいるー。

ユーゲントシュティール建築 (8)

お次はアルベルタ通り。
行ってみましょう。

ユーゲントシュティール建築 (11)アルベルタ通り

こちらは6番地の建物。
真ん中の人だけじゃなく、その両隣も実は顔。

ユーゲントシュティール建築 (18)アルベルタ通り6番地

こちらは8番地の建物です。

ユーゲントシュティール建築 (19)アルベルタ通り8番地

いったい、いくつ顔面彫刻あるんだとつっこみたくなる。

ユーゲントシュティール建築 (20)アルベルタ通り8番地

こちらはアルベルタ通り、12番地の建物。

ユーゲントシュティール建築 (21)アルベルタ通り12番地

こちらは13番地の建物。

ユーゲントシュティール建築 (22)アルベルタ通り13番地

リガの旧市街の観光をして時間に余裕があったらぜひ足を延ばしてみてください。

最後に国立オペラ座を見て、

国立オペラ座

お土産にチョコレートを購入。

リーガお土産

この袋に入ってるやつ、チョコじゃなくて中にリキュールの入った砂糖菓子でした。
(あんまり好きじゃなかったです)

そろそろバスで空港へ戻ります。
来た時と反対側の通りから222番のバスを待ちます。

なんと、市内に来るときに乗ったバスと同じ運転手さんでした。
ヘルシンキの空港でリガ→ヘルシンキのボーディングパスもゲットしてたので
のんびりできて良かったです。

16:35ボーディングで、19:00にヘルシンキに到着。
機内からはフィンランドの小さい島々が見られたのも良かったな。

機内から

この後は夜ご飯でも食べに行こう。
その模様は次回に。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。