おはようございます。

週末モンゴル 4日目 ③

ザイサン・トルゴイの後はボグドハーン宮殿にやってきました。
ここはモンゴルの第8代の『活仏』の宮殿だった場所です。
現在は博物館として公開されています。
『活仏』とは、チベット仏教において、如来や菩薩のような過去の偉大な仏教修行者の化身として現世に姿を現した人をいいます。



ボグドハーン宮殿博物館 (1)

残念ながら内部は撮影禁止でしたので、外観のみですが、
ボグドハーン宮殿博物館 (4)

門だけでも立派で、すごくきれいでした。

ボグドハーン宮殿博物館 (5)

天気も良くなってきて、門の緑色がきれい。

ボグドハーン宮殿博物館 (6)

扉にも何やら強そうな人の絵が描かれてました。
魔除け?的な感じでしょうか。

ボグドハーン宮殿博物館 (3)

中にはトラの毛皮で作ったゲルとか、各国から送られた動物のはく製や
仏像などかなり、見どころ満載でした。

この後は、チンギスハーン広場へ。

ちょっと短いですが、今日はこの辺で。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。