こんにちは。

ぼったくりタクシーのダメージが大きい奈緒です。
くわしくはこちら→週末ホーチミン その1 人生初のぼったくりタクシーに遭遇!
今思い出しても腹がたちます。
そんなに根に持つタイプじゃないつもりなんですけど・・・。


週末ホーチミン 2日目 


気を取り直しまして、

今日のミッションはベトナム中部の世界遺産、
ミーソン聖域と
ホイアンの古い街並みにいくこと☆

朝早く起きて、空港へ向かいます。

7:30のフライトなので、5:30にタクシーをお願いしておきました。

朝、ロビーに行ってみると、

当然のようにタクシーは来ておらず、しばらく待つはめに。

呼ぶ気がないのなら何故、タクシーの時間をどうするか聞くのよ。

もう、何なのベトナム。(←昨日から2度とベトナムなんて来ないくらいに思ってました)

空港へは早朝だったこともあって20分くらいで到着。

9USD(当時のレートは1USD=100円くらい)でした。


昨日のぼられ方半端ないな。
(昨日は同じ距離を36ドル)


地元の方々と同じ金額じゃなくても仕方ないと思ってますが、
さすがにクーポンタクシーでさらにぼられたのに腹がたちます。

・・・しつこいですね。いけないと思いつつ、つい。ごめんなさい。

国内線ターミナルがすごくしょぼくて小さなカフェが外にひとつあるだけ。

釜山で朝食を食べそびれたら夜までお預けだったことを思い出し、
外の売店のパン屋さんで朝食を食べることにしました。

チキンとチーズのバインミー(何と1個85円!)

これが激ウマ☆☆☆

フランスパンは外はパリッとしてて中はもちもちしてる!

マヨネーズもおいしい、パクチーがいいアクセント♪

ただの空港のパン屋さんだと思って侮ってました。

レベルが高すぎてびっくりしました。

昨日からのイヤな気分が癒されます。

さてお腹も満たされて空港内へ。

Vietjet airはベトナムのLCCです。

昨日タクシーにむかつきすぎてチェックイン方法調べるの忘れました。
(LCCはカウンターチェックインが有料の会社もあります)

自動チェックイン機らしきもの発見!

これでやるのかな?

しかし、予約番号を何度入力しても反応せず、どうやら故障中のようです。

仕方なく、チェックインの大行列に並ぶことにしました。

カウンターでも特にお金取られたりせず、スムーズにチェックイン♪

良かった♪♪

国内線だからパスポートいらないよね♪
とのんきに構えてましたが提示を要求されたので、
置いてこなくてよかった!!と思いました。
たしかに身分証明書必要ですよね。

セキュリティチェックを通過すると、ちゃんと食堂ありました。

ほぼ定刻通りに出発し、1時間15分ほどでダナン空港到着♪

さてここからが問題。

ホイアンとミーソン聖域ってダナンから結構離れてるんです。
車で2時間くらいでしょうか。

当日ダナン日帰りで早足観光するつもりなので
現地ツアーは時間的に無理です。

バスもあるのですが、ミーソン聖域に行くのはちょっと難しい。

なので、タクシーで回ってもらうことにします。

お目当てのマイリンタクシー発見♪

英語のできる配車係のおじさんに

ナン市内→ミーソン→ホイアン→ダナン空港

と移動したいと伝えると、ok!と。

おぉ、意外にあっさり。

ほとんど英語のできないドライバーさんに私の要望を伝えてくれて、

出発です。

ダナン市内とアバウトに伝えたのですが、私の目的はチャム彫刻博物館。

ミーソン聖域で発掘されたものが展示されています。

運転手さんに「チャム」と言うと、なぜかダナン大聖堂へ連れてきてくれました。


ダナン大聖堂1


当初の目的とは違いますが、結構きれいな教会で素敵でした。


ダナン大聖堂2



めちゃくちゃかわいいです。ピンクがかってる。

この後、お目当てのチャム彫刻博物館へ。

運転手さん、裏口に泊まるものだから、
下手すると無料で全部見れちゃう勢いでした。

ちゃんと表に回ってチケットを購入。(200円)

チャム彫刻博物館


この博物館、ミーソン聖域での出土品が数多く展示されているので
ミーソン聖域に行くなら必見だと思うのですが、


チャム彫刻博物館 獅子


展示品がすぐそばにぼんぼん置いてあります。

こんなに近づけちゃっていいの?触れちゃうよ?

って感じです。

そしてほとんど人がいません、写真撮り放題。

保存状態がよいものはとってもきれいです。

ビシュヌ神(多分)とブラフマー神、(ヒンドゥー教の神様)です。


チャム彫刻博物館 ブラフマー


ミーソン聖域は2世紀から17世紀にかけて栄えたチャンパ王国の宗教(ヒンドゥー教)の聖域。

なのでヒンドゥー教の神様の彫刻だらけなのです。

こっちはシヴァ神。手の数がすごい。

チャム彫刻博物館 シヴァ


こっちはビシュヌ神。

チャム彫刻博物館9 ヴィシュヌ


ガネーシャもいるし、

チャム彫刻博物館10 ガネーシャ


シヴァ神の乗り物、ナンディンもいます。

チャム彫刻博物館17 ナンディー


結構そっくりそのまま持ってきてる場所も。

チャム彫刻博物館14


一部しかないですが、とても美しい彫刻がたくさん展示されていて素晴らしいです。


こちらは、きっと何かを支えてた獅子。
バンザイして笑ってるわけじゃありません。

②チャム彫刻博物館19 獅子

見どころ満載のチャム彫刻博物館、ひとつ辛かったこと。

それは、このなかが冷房ゼロだったこと。

めちゃくちゃ暑いんです。

室内なのに、博物館なのに。

ここで1時間くらいを予定してましたが、暑くて長居できず、
足早に見学し30分ほどで出てきてしまいました。

次はミーソン聖域へ向かいます。

ダナンからミーソンへは車で1時間くらい。

車内は程よい温度で揺れも心地よくうつらうつらしてしまい、

気が付いたら1時間15分ほどで到着♪

トイレを済ませ、チケットを購入して(500円、ツーリスト価格)

駐車場までタクシーで行ってもらいます。

ドライバーさんには1-2時間で戻ると伝え(多分、伝わりました)

売店でお水を買っていざ、ミーソン聖域へ。(暑すぎて水がないと死ぬ)


ここはチャンパ王国の宗教の聖域の7-13世紀の煉瓦造りのチャンパ塔が残されてるのですが、
ベトナム戦争でかなり破壊されてしまっています。

チケットの裏には地図が乗ってて、遺跡はグループAとかBとかアルファベットが振ってあります。

ここはグループC。

③ミーソン聖域1 グループC

ここは比較的保存状態の良いエリアです。

グループBです。

③ミーソン聖域2 グループB

破壊されていて残念ではあるのですが、なんだか失われた都のようで、
神秘的で儚い感じがします。

苔に覆われているのは戦争とは関係ないですが、何やらいい味が出ています。

近づいてみると、心なしか、アンコール遺跡に似ています。
ヒンドゥー教の宗教遺跡だから似た感じなのです。


③ミーソン聖域5 グループB

細かい彫刻が施されています。

③ミーソン聖域7 グループB


それにしても暑い。

遺跡と遺跡の間に川が流れてて、
もうちょっときれいで水量があれば中に入りたいくらいです。

③ミーソン聖域9 川


こちらはグループA

③ミーソン聖域11 グループA

修復中のようですが原型がほとんど残っていません。

グループB,C,D以外は全部こんな感じでかなり破壊されています。

③ミーソン聖域12 グループA


あっ!この子は博物館で見た子です!

③ミーソン聖域17 グループA


グループEは修復中のようです。
古いところと新しいところで色が全然違います。


③ミーソン聖域18 グループE


こんなに壊れてしまっているところも。

③ミーソン聖域19 グループE


グループFです。
もう、煉瓦が積んであるだけにしか見えません。

③ミーソン聖域21 グループF


グループK

③ミーソン聖域22 グループK


美しく、保存状態のよい彫刻はほとんどチャム彫刻博物館に展示されていたので、
先に見てきて良かったと思いました。

このあとホイアンへ移動するのですが、長くなってしまったのでまた次回に。

この後はホイアンの街歩き、ホイアンの夜景を満喫します☆

お付き合いいただきありがとうございました。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。