こんにちは。

週末海外のときは、極力荷物を減らしたい奈緒です。
重い荷物を持ちたくないかなりのヘタレなので、
下着も洗えば済むし替えは1セットしか持っていきません。
女子としては失格・・・かも。


週末マレーシア 2日目 後半


ランチを終えてジョージタウンの街歩きを再開♪

世界遺産のギルドストリート

ギルドストリート


通りを歩いていると、


針金アート1

これ、実は壁に直接描かれてるのではなくて、
針金みたいな金属で作られたアートなんです。

「One leg kicks All」という作品。

家政婦さんが足で全部雑用をこなしちゃう・・・みたいな。


気を付けて歩いていると、街中にたくさんあります。

「Narrowest Five Foot Way」

針金アート2

たしかに狭いですね。


「Tok Tok Mee」

ホーカーが自分の店をアピるために鳴らしてる音

針金アート3

おっちゃん、首まわりすぎじゃない?
しかも、こんな音の鳴らし方でいいの?

ユーモアあふれる作品がたくさんあります。

「Bullock Cart Wheel」

針金アート4


手が込んでてかわいい!

これが全部金属でできてるなんてすごくないですか?

「Quiet Please」

針金アート6


よく見ると、後ろに影ができてます。

「Yeoh Only」

Yeohさんしか入れません。

針金アート7



しかも、アートの中にしっかり、通りの名前とか、
世界遺産の街であることがアピールされてます。

「Procesion」

寅年に行われる、悪運を払い、良運を呼び込む行進

針金アート8



狭すぎてつっかかってるし・・・。

「too narrow」

針金アート9


ユーモアあふれるアート作品もあったり、

「Then&Now」

この通りの名前はかつてのマレーの真鍮職人に由来してるようです。

針金アート10


探しながらあるくと楽しい♪

「Cannon Hole」
1867年に起きたペナン暴動でできた大砲の穴を揶揄してるみたい。

針金アート11


なんと、このアイアンアートは街中に52か所あるそうです。
全部見つけるのも楽しそうですが、さすがに時間が足りないので、

次の目的地へ。

途中でかわいらしい教会発見。

church of the assumption

church of the assumption


中に入ってみると、とてもきれいでした。

church of the assumption2


ペナン博物館到着♪

この博物館目指してきたのですが、
ペナン博物館(休館日)


ご覧のとおり閑散としてます。

そうです、今日は休館日でした。 残念・・・。

次は、セントジョージ教会。
真っ白できれい!

ここはマレーシア最古の英国国教会。

セント・ジョージ教会


教会が続くなあと思ったら、
今度は中国寺院。
中国寺院



そしてかわいらしいパステルカラーの邸宅、
ペナン・プラナカン・マンション

19世紀に建てられた裕福なプラナカン(マレーと華僑の混血)の邸宅
ペナン・プラナカン・マンション


中国風だけどどこかヨーロピアンテイスト。

ペナン・プラナカン・マンション3


それにしてもなんか派手。

ペナン・プラナカン・マンション4


ミシンがレトロでかわいい♪
プラナカンの女性(ニョニャ)が着用するニョニャ・クバヤが展示されています。
刺繍が素敵です。

ペナン・プラナカン・マンション7


ゴージャスなベッドルーム

ペナン・プラナカン・マンション8


おしゃれハウスを見た後は港へ行ってみます。

途中、マレー鉄道ビルを発見。

マレー鉄道ビル


Jetty(港)に到着。

Jetty

うーん、道路の向こう側か・・・。
渡るのめんどくさい。

暑いし、ここからでいいや。


消防署すらかわいい。

消防署


モスクもあります。

カピタン・クリン・モスク。

カピタン・クリン・モスク


歩いてるとこんなウォールアートも☆



ウォールアート

イスは本物です。

二人乗りする子供

ウォールアート2

これも自転車は本物。

このようなウォールアートも街中に点在してるので宝物さがし感覚で
見つかると嬉しい♪


でも、さすがに歩き疲れたのでホテルへ移動することにしました。

今日のホテルはQueens bayにあるEaston Hotel.

Komtarのところにあるバス停からローカルバスで移動します。

途中眠ってしまい、外を見るとペナン橋らしきものが見えてます。
そろそろだ!と思って、隣の女の子にあれってペナン橋?
って聞いてみると、どこへ行くのか聞かれて、Queen bay mallって答えると、
私もそこで降りるからついて来ればいいよって言ってくれました。

なんて優しいの!

無事バス停で降りて感謝しまくってバイバイしようとすると、
こっちこっちって感じでQueen bay mallまで案内してくれました。

さらにお腹空いてない?と何度も聞いてきます。
実はさっき暑すぎてKomtarでスタバの抹茶フラペチーノを
一気飲みしたのでそれほどお腹空いてません。

大丈夫って言ったのですが、フリーだからみたいな感じで結局どこかに連れてこられました。

夕食2


中へ入ると、どうやらここは、この子(16歳のかわいい女子)のお家が経営してる食堂☆

何と、30代ジャパニーズの私に食事をごちそうしてくれるというのです。

いやいやいや・・・。
それはさすがに悪い。

お母さんも困惑気味です。

娘が小汚い子犬連れて帰ってきちゃったみたいな感じです。

大丈夫だからといって断ろうとも思いましたが、
それもなんだか悪い気がして料金はちゃんと支払うつもりで頂くことにしました。

ミーゴレンを注文。
こってり系焼きそばみたいな感じ。
おいしかったです。たしか3MYRくらい。

夕食

しかも、ジュースはいいの?と聞いてきます。
何がいいかわからなかったのでおまかせしたら、
氷の入ったシロップライムジュース(赤い色してて若干あやしい←失礼)が出てきちゃった。
でもせっかく頂いたのに邪険にはできないし・・・。

っもう、お腹壊しても仕方ない!と意を決して頂きました。
すると、意外においしい。いや、だいぶおいしい。
(お腹も全然大丈夫でした)

全部で5MYRくらいだったのでお金を払おうと思ったら、
お母さん、受け取ってくれないんです。

もうとにかく感謝することしかできず、何度もお礼を言いました。

しかも、ホテルまで案内してくれる始末。
自分の半分程の年齢の女の子にご飯までおごってもらっちゃうなんて、
とんでもジャパニーズです。
ほんとにどうもありがとう。

お店の外へ出ると、何とホテルは目の前でした。

Easton Hotel


結構高いのですが、日本のビジネスホテルくらいな感じです。
清潔できれいでした。

チェックインを済ませてQueens bayに行ってみます。

Queensbay


遠くに見えてるのがペナン橋。

ペナン橋

海はあんまりきれいじゃないけど、いい思い出になりました。

近くにはQueens bay mallというJUSCOと専門店街って感じの
巨大なショッピングモールがあって便利でした。

お付き合いいただきありがとうございました♪

明日は世界遺産の街、マラッカに行きます☆


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。