こんにちは。

最近、旅先で着てる服がユニクロと無印ばかりになっている奈緒です。
暑い国ではリネンシャツ、寒い国ではヒートテックにだいぶお世話になってます。


今思えば、タージマハルに行くときはきれいなサリーとか着ていけば良かったな~。

写真は思い出として残るので、
おしゃれは大事だと後で後悔しました。



インド旅行 4日目

今日は朝早く、タージマハルに行きます。
今回はこのタージマハルのために来たようなものです。

そんな憧れのタージマハルに来たのに、
昨夜インドに浮かれて、
アーユルヴェーダなんて受けたものだから、
頭が油臭くて仕方ありません。
ゴマ油を頭からかぶった感じです。


昨日の夜3回洗ってもだめでしたが、
今朝もだめもとで、2回洗ってみました。


結局だめでした。

時間が解決してくれることを祈ります。

さて気を取り直してタージマハルへ。

タージマハルへは途中までは普通のバスで行きますが、近くになったら電気自動車に乗り換えます。

あのタージマハルの、美しい白さが損なわれないようにです。


インドとは思えない徹底ぷり。

もちろん、タージマハルは
世界遺産に登録されています。

タージマハルはムガル帝国の第5代皇帝、シャー・ジャハーンが愛妻、
ムムターズ・マハルの為に建てたお墓です。

シンメトリーに真っ白な大理石で作られ、
宝石を埋め込んだ美しい象眼細工が施されています。


歩いていくと・・・

見えてきました。


タージマハル入口



入口からすごい。


タージマハル入口2


きれい・・・。


おお!! 見えてきた。

タージマハル



すごい!!

タージマハル2



めっちゃきれい!!

タージマハル3

朝6時なのでやや暗いですが。

すごくきれいでした。



近づいてみると象嵌細工がとても繊細できれいでした。


象嵌細工



朝焼けもきれい。

朝焼け


西側にあるモスク

タージマハル モスク


東側にもシンメトリーになるように同じ外観の集会所があります。

タージマハルの内部には真ん中に小さめの棺(ムムターズマハルのもの)、
横に並ぶ形でもう一つ棺(シャージャハンのもの)がありました。

2階はレプリカで公開されています。


ヤムナー川のほとりに建てられているタージマハル。

晩年、シャージャハーンが幽閉されたアグラ城が遠くに見えます。

ヤムナー川とアグラ城


朝早いので暑くなく観光できました。


近くにはリスさんや、

野良リス


おさるさんもいました。

野良ザル


らくださんも。

ラクダさん


朝食を食べてないのでお腹がすきます。

プーリ屋さんで揚げたてを頂きます。
プーリはインドの揚げパン。ぷくーっと膨らんでます。

プーリ屋さん


おいしいと評判の?ラッシー屋さんでラッシーを頂きます。(昨夜は売り切れだった)
奥にならんでる素焼きのカップで頂きます。
(茶色いやつ)
普通においしかったです。

ラッシー屋さん


いったんホテルの部屋へ戻り、
(しつこくまたシャワーを浴びました)

朝食をとって、

朝ごはん

チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)が定番に。(茶色いやつ)


この後、アグラ城へ。
(さっきタージマハルから見えたやつです)

アマール・シンゲートから入ります。

アグラ城

めちゃくちゃ天気良かったので、死ぬほど暑かったです。

この旅行一番の暑さだったと思います。


アグラ城はムガル帝国3代皇帝アクバルが着工し、
8年の歳月をかけて建設されたお城です。
ここも世界遺産。

5代皇帝がタージマハルを建造したシャージャハーンですが、
愛妻の死後、重病となり、
まだ存命だったのに王位継承権争いが勃発。

結局息子同志で争う形となり、最愛の息子を亡くしてしまいます。
そしてシャージャハーンに愛されなかったと不満を持つ息子、
アウラングゼーブにこのお城に幽閉されてしまうのです。
晩年不自由な生活を強いられたものの、
娘たちはシャージャハーンの世話をよくしていたそうです。


ジャハンギール宮殿。

大きくて立派な宮殿です。

ジャハンギール宮殿



ナジーナ・マスジット(女性専用の祈り場)

白大理石でとてもきれい。

別名ジェムモスク(宝石のモスク)と呼ばれるほど。

ナジーナマスジット


ムサンマン・ブルジュ

シャー・ジャハーンが晩年幽閉された場所

ムサンマン・ブルジュ


中は立ち入り禁止ですが、こんなにきれい。

繊細な装飾が施されています。

ムサンマン・ブルジュ


ここから遠くにタージマハルが見える。
真ん中にうっすら見えるやつです。

タージマハルが


拡大。

見える


遠くからでも美しいですね。

他にも

カース・マハル(寝室)など・・・。

カース・マハル

きれいな建物のオンパレードでした。

ムガル帝国の歴代の王が住居とした宮殿だけあって贅沢な感じでした。

この後はランチへいって、

ランチ

もちろん、カレーです。お供はラッシー。

チャイ屋さんへ。

チャイ屋さん


チャイはスパイスをたっぷりいれて煮出すミルクティー。

これは沸騰しすぎじゃない?

チャイ屋さん

ちょっとずつ分けてくれましたがスパイシーだけど濃厚でおいしかったです。


この後5時間かけてデリーへ大移動。
途中、ツアーの女の子がお腹壊して困ってました。

最後はレストランでランチ。


マサラドーサといって薄い生地をパリパリに焼いたクレープみたいなものに
カレー味のジャガイモのペーストがはいってる料理です。
これ、めちゃくちゃ美味しかったです。大きかったけどペロリです。

またまたお供はラッシーで。本日3杯目。
ここのラッシー、インド来て一番でした。濃厚でもったりしてて甘さもちょうどいい。
250Rpでした。(日本円で500円くらい、高いです)


マサラドーサ


こんなカラフルなチャツネが付いてきました。

これは刺激が強すぎて私には合いませんでした。

調味料


食事中に3か所も蚊に刺されました。

インドでも虫除けスプレー塗ってましたがあまり日本の薬は効かないようです。

虫除けは現地調達がよさそう。

この後空港へ、21:00頃到着です。

AM1:00のフライトなんだけどね。ANAは4時間前からチェックインできました。

顔を洗ったり着替えたりして、ゲート前のベンチに座っていたら
タージマハルのために朝4時半起きだったので、
ものすごく眠くなっていつのまにか熟睡。

気が付いたらすぐボーディングでした。

危ない・・・。

インドで飛行機乗り遅れとかシャレにならん。


ANAなので機内は日本人だらけ。

なのに私の隣は行きと同様、インド人2人組でした。


疲れていたので4時間くらい眠ってしまい、
起きてトイレにいったら、

まさかの水様便!!(お食事中だったらごめんなさい)

やばい、やっぱりお腹壊しちゃった・・・

と思ったものの眠すぎて日本に着くまで熟睡。

成田に12:30頃到着。


なんかお腹すいた・・・。

食い意地の強いお馬鹿さんな私は往路フライト前に頂いて
気に入った唐朝刀削麺へ。

また酸辣湯麺を食べちゃいました。

成田エクスプレスで帰宅途中、だんだん気分が悪くなって
ついには座ってられない程に。

やばい・・・。吐きそうだし、お腹痛い。

何とか乗換の駅で下車してトイレへ。

完全にお腹壊れてます。

もう相当しんどかったけどなんとか自宅へたどり着きました。

結局、この後下痢が治るのに5日間かかりました。

いつもは割とすぐ治るのに。

吐き気、腹痛、下痢と症状もきつかったです。

インドの菌強そうだもんな・・・。

思い当たるのは毎日飲んでたラッシーと魚のカレー。
暑くて氷入りをごくごく飲んでしまったライムジュース。

高級ホテルやレストランでもインドはインドってことです。

5日間で、今回訪れた世界遺産は合計8か所!
移動が多くて大変でしたが、このツアーはあたりだったと思います。
ちなみに旅人舎さんのツアーでした。
欲を言えばラールキラーの内部見学をしたかったなと思います。

時間の限られる短期間の旅行にインドは個人旅行だと向かない気がします。
移動が大変なので。インドは公共交通機関の時間が読めない。
なので短期間で見どころを回るならツアーもありです。

今度は南インドや石窟寺院、バラナシなどに行ってみたいなーと思ってます。

これでインド旅行はお終いです。
お付き合いいただきありがとうございました。

次回は台湾旅行です。初週末海外デビュー♪


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。
ページが切り替わるとポイントが入る仕組みです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。