こんにちは。

出入国の時の自動化ゲートってご存知ですか?
指紋とパスポート情報だけで出入国の審査をスピーディーにできるんです。
事前登録が必要ですが、週末弾丸旅行の時は大活躍でパスポートのスタンプを押す場所も節約できて最高!と思ってる奈緒です。
でもみんなこれになるとと並ばなくてすむ旨味がなくなるのであまり広まらなくていいやとも思ってたりします。

まだ自動化ゲートのことなんて知らなかった頃のお話、トルコ旅行のお話です。

トルコ旅行3日目

今日は朝5時半起床です。

今日はエフェソス遺跡に行きます。(追記:2015.6世界遺産に登録されました☆)

朝から3時間のバス移動です。
朝起きてから、2回もトイレに行ったのに、
バスの車内でどうしても我慢できない程の尿意に襲われました。
なんとか我慢していたものの限界・・・。

もう限界!!

バスにはトイレがついていたので仕方なく使用することにしました。

子供たちも年配の方たちも全然使ってないのに恥ずかしい。

トイレは臭くて汚かったです。
でもそんなことより一大事だったのは鍵がかからなかったこと。

でもだからって我慢できない程切羽詰ってました。
バスは走っているので途中揺れたり、衝撃がきたりしますよね。
してる最中に若干トイレのドアが開いて焦りましたがなんとか事なきを得ました。


トルコとは関係ないですが今まで2回トイレを開けられたことがあります。

1回目はパリのルーブル美術館で。欧米人のおばちゃんが勢いよく開けて「sorry」とあっさり閉めてくれました。
2回目はJR新幹線の車内で。あのトイレって鍵をかけなくても閉まるんですよね。鍵をかけたつもりで下着もおろしてしていたら中学生くらいの男の子に開けられました。男の子はわけが分からなかったようで少し間がありましたが私が「閉めて」といったので閉めてくれました。多感な時期にヘンなものを見せてごめんなさい。

話がそれました。

エフェソス遺跡に行く前に「聖母マリアの家」に立ち寄りました。

聖母マリアはキリストの処刑の後このエフェソスで過ごし、死を迎えたと云われているのです。

これは1951年に建てられたものだそうです。

聖母マリアの家


この聖なる水で手を洗って

水道


おみくじ的な感じで願い事を書いて括り付けているようです。

おみくじ的な


この後エフェソス遺跡へ。

エフェソス遺跡はトルコ最大のローマ遺跡です。

ここは本当にすごかった。
こんなこと言ってはいけないかもしれませんが、昨日のトロイの遺跡より断然面白かったです。
トルコ旅行を考えている方がいたらトロイを削ってもいいからエフェソスには行ったほうがいいよ!
というと思います。

入口から入ると、まずはこちら。

ヴァレリウスの浴場 

2世紀に建てられたものらしい。

⑬-1エフェス遺跡 ヴァレリウスの浴場


アゴラ(広場)


⑬-4上のアゴラ


オデオン(劇場)


⑬-6オデオン


バシリカ(アウグストゥス帝時代の列柱廊)

⑬-12バシリカ


市公会堂

⑬-13市公会堂


病院跡

⑬-22病院跡


ポリオの泉

⑬-23ポリオの泉


⑬-24ポリオの泉2


勝利の女神 ニケ

⑲-25勝利の女神ニケ


トラヤヌスの門

⑲-29トラヤヌスの門


モザイク画がきれい。

⑲-31モザイク画


ハドリアヌス神殿

⑲-33ハドリアヌス神殿


公衆トイレ

⑲-36公衆トイレ


ケルスス図書館

⑲-38ケルスス図書館


⑲-40ケルスス図書館


世界最古の広告といわれる娼婦の広告。

⑲-43広告


マーブル通り

⑲-44マーブル通り


商店街

⑲-45商店街


アルカディアン通り

⑲-46アルカディアン通り


大劇場

大劇場


もう規模がめちゃくちゃ大きい。
ケルスス図書館なんかは彫刻などもすごくて、しばらくずっと見ていたいくらいでした。
最初エフェソス遺跡って何ソレ?くらいの感じでしたがとってもいいところでした。


この後近くにあるアルテミス神殿の跡

アルテミス神殿

っていっても柱が一本ぽつんとあるだけ。
でも世界7大不思議のひとつなんだとか。

この後はランチ。
トルコの家庭料理のバイキング。

シシカバブ

シシカバブもありました。

イスラムの国なので豚肉はご法度です。
羊が多く食べられてます。でも私は羊が全然だめなんです。
このお肉も1本は羊でした。気が付かずに口に入れてしまいました。
なんど飲み物を飲んだりしても羊が襲ってきて大変でした。

この後いよいよこの旅のハイライトのひとつ、パムッカレへ行きます☆

長くなってしまったのでまた次回に。

お付き合いいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。