ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

2017年08月

ロシア旅行 その19 スーズダリのスパソ・エフフィミエフ修道院☆

ロシアの世界遺産を巡る12日間の旅行。
世界遺産、スーズダリのスパソ・エフフィミエフ修道院を訪れます。

ロシア旅行 4日目 ③

スーズダリの観光名所を巡回するバスで木造建築博物館からやってきました。
バスで普通に10分くらいかかりました。
歩かなくて良かった!!
入場料は400RUBです(カード可)。

スパソ・エフフィミエフ修道院はまるで砦に囲まれてるみたいな修道院です。

巡回バス (5)

修道院の中心となるのがスパソ・プレオブラジェンスキー聖堂。
白い壁に6つの緑の玉ねぎが中心の金の玉ねぎを囲む立派なドーム。

スパソエフフィミエフ修道院 (39)

聖堂内にはいると、鮮やかなフレスコ画が素晴らしいです。
これらのフレスコ画は17世紀のもの。

スパソエフフィミエフ修道院 (15)

スパソエフフィミエフ修道院 (24)

敷地内にあるニコーリスカヤ教会は宝物館になっていて超豪華でした。

修道院内をぶらぶら歩いているとちょうど12:00になり、
鐘楼からメロディが響いてきました。
どうやらベルコンサートが始まったようでラッキーです。
よくみるといろんなサイズの鐘があるんですね。

スパソエフフィミエフ修道院 (87)

修道院を一通り見たらちょうど1時間になったので、巡回バスで次の目的地へ。
てっきりリザパラジェンスキー修道院で停車すると思ってたら、
目的地よりも結構先まで行ってしまいました。
これだったら歩いても良かったなあ、失敗です。

仕方ないのでリザパラジェンスキー修道院まで歩いて戻ります。
ふたつのテント屋根の聖なる門。

リザパラジェーンスキー修道院 (1)

たしか入場は無料でした。

リザパラジェーンスキー修道院 (3)

真っ白な教会があって中に入ってみたけど割とシンプル。

リザパラジェーンスキー修道院 (4)

リザパラジェーンスキー修道院 (5)

そろそろウラジミールに戻りたいのでタルゴヴァヤ広場へ戻ります。
ここからスーズダリのバス停までどうやって戻ろうか。
そう思って地元の人にバスはあるか聞いたら、
ちょうど目の前を走っていくところで間に合わず。
No.3のバスがバスターミナルまで行くようでした。

仕方ないのでバスターミナルまで30分くらい歩きます。
バスターミナルに到着すると、
ちょうどウラジミール行きのバスが出るところでこれも乗れず。
30分待って次のバスでウラジミールへ向かいました。

うーん、ちょっと失敗続きでした。
まあ、こんな日もありますね。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

ロシア旅行 その18 スーズダリの木造建築博物館☆

ロシアの世界遺産を12日間で巡る旅行。
スーズダリのクレムリンから歩いて行ける木造建築博物館を訪れます。

ロシア旅行 4日目 ②

クレムリンから木造建築博物館までは歩いて10分かからないくらい。
こんな木造の橋を渡ります。

木造建築博物館 (2)

木造建築博物館のチケット売り場は結構並んでました。
入場料は300RUB(カード可)。

木造建築博物館って、建築に関する展示のある博物館?
と思ってしまいがちですが、移築された木造建築のある野外博物館です。
敷地内に入るといきなりかっこいい木造教会!

木造建築博物館 (3)

中にも入れて素朴なイコノスタスが見られました。

木造建築博物館 (11)

そして、かわいらしい民家が並んでます。

木造建築博物館 (10)

民家もそれぞれかわいらしい装飾が施されています。

木造建築博物館 (18)

中にも入れて見学できます。
ただ、結構な数の人がいるので、ちょっと大変でした。

木造建築博物館 (28)

そして、びっくりしたのがこの木造教会。
玉ねぎの数が全然少ないけど、キジ島の教会とめっちゃ似てる!

木造建築博物館 (16)

風車まであります。

木造建築博物館 (42)

正直全然期待してなかったのですが、予想以上に良かったです。
日程の関係でキジ島に行けないけど木造教会を見たい!
というような場合にはいいかもしれません。

木造建築博物館 (40)

そして、この後スパソ・エフフィミエフ修道院へ向かいます。
歩くと多分30分くらいかかりそうで、どうしたものか・・・。
と思っていたら救世主現る!
何とスーズダリの主要な観光名所を巡回するバスがあったのです。 
10:00-19:00くらいまで1時間毎で巡回するバスです。

巡回バス (4)

乗車料金は100RUB、4回乗車できます。

⑨巡回バス (3)

これでスパソ・エフフィミエフ修道院まで移動できました。
長くなってしまったので続きは次回にしますね。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

ロシア旅行 その17 世界遺産、スーズダリのクレムリン☆

ロシアの世界遺産を12日間で巡る旅行。
世界遺産の白亜の建造物群のあるウラジミールとスーズダリを訪れます。

ロシア旅行 4日目 ①

まずは起点となるウラジミールに向かいます。

ウラジミール行きの列車が出るのはクールスク駅。
ここも地下鉄の駅がきれいです。

クールスク駅 (1)

やっぱり床に案内が書いてあるので従って向かえばok。

クールスク駅 (2)

クールスク駅に到着です。
ウラジミール往復チケットは事前にネットで手配済みです。(1724RUB)

クールスク駅 (3)

6:35発の列車でウラジミールに向かいます。
ウラジミール行きの列車の乗り場は驚くほどわかりにくいので
現地で早めに確認したほうがよいです。

この日もホテルの朝食は食べられなかったので、車内で朝ごはん。
前日にスーパーで買っておきました。
チーズ?サワークリーム?のパン。普通においしいです。

朝食

8:14ウラジミールの駅に到着しました。
ウラジミールのメインとなる教会が午前中は開いてないので、
先にスーズダリへ向かいます。
スーズダリへはウラジミールからバスで移動します。

ウラジミールのバスターミナルは駅の目の前を少し右に進んで道路の反対側にある
階段を上った所にあり、階段が影になって分かりにくいです。

ウラジミールバスターミナルへの階段
この陰になってる階段を上がるとバスターミナル。

だいたい30分毎くらいのペースで出ているようです。

ウラジミール駅 (1)
2017年6月時点のバスの時刻表(上から3番目がスーズダリ行き)

次に出る8:30発のバスチケットが買えました。(95RUB)

バス (1)

スーズダリのバスターミナルに9:15到着。
ここから市内中心部まで行くには同じバスで追加で17RUBです。
車内で支払います。

バス (3)

市内中心部のタルゴーヴァヤ広場には9:30頃到着。 

タルゴーヴァヤ広場 (4)

ここからクレムリンまで徒歩7-8分です。
途中見える景色が爽やかで素敵でした。

スーズダリ (3)

クレムリンの入口に着くとチケットを購入します。
350RUBで現金のみ可です。
(地球には敷地内無料で8:00-、建物内は有料で10:00-とありましたが、
全体にチケットが必要で9:00-のようでした。)

クレムリン (1)

まずは大聖堂。
青い玉ねぎドームの屋根に金の星模様。
とてもかわいらしいです。

クレムリン (7)

そして、内部の美しさは半端ないです。
フレスコ画の最も古いものは13世紀、イコノスタシスは17世紀のもの。

クレムリン (40)

教会の入口には13世紀の扉、黄金の門が展示されています。

クレムリン (26)

クレムリン内にある府主教宮殿は現在博物館となっています。

クレムリン (99)

見どころは宮殿の応接室。

クレムリン (56)

さらに、なぜか木造教会が移築されて保存されています。

クレムリン (102)

実はこの近くにさらに木造建築が保存されている野外博物館があるので、
時間もありますし行ってみることにしました。
長くなってしまったので続きは次回にしますね。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

ロシア旅行 その16 フレスコ画に圧倒される預言者イリヤー教会。

ロシアの世界遺産をめぐる12日間の旅行。
世界遺産のヤロスラブリ歴史地区で預言者イリヤー教会を訪れます。

ロシア旅行 3日目 ⑤

スパソ・プレオブラジェーンスキー修道院から歩くこと約5分。
預言者イリヤー教会にやってきました。

預言者イリヤー教会 (3)

入口から入るとすでにフレスコ画で覆いつくされる壁や天井がすごいです。
ここは入場料と撮影料が100RUBずつかかるはずでしたが、受付に誰もいません。
お金を払わずに入っていいのかな?
と困っていると「入っていいのよ」とシスター風の人が言ってくれました。

預言者イリヤー教会 (10)

そして本堂内部の美しさといったら半端ない。

預言者イリヤー教会 (11)

しかし、「ここでカメラはだめよ」とのこと。
もしかしたらミサだったのかな?
撮影料があるくらいだから勝手に撮影可能だと思ってしまったのですが、
この時間帯はだめだったのかもしれません。
お金を払わなくてよかったのも頷けます。

でも見学するのはokだったので、静かに見学させて頂きました。
イコノスタシスは18世紀のものでフレスコ画は17世紀のもの。
フレスコ画には17世紀の人々の生活の様子などが描かれ、
「17世紀の民衆生活の百科事典」と呼ばれているらしいです。

出てくるとさっきのシスター風の女性が「ここのフレスコ画は撮っていいのよ」
と回廊のフレスコ画を指差してを教えてくれました。

預言者イリヤー教会 (12)

良く見るとフレスコ画だけでなく、回廊の床近くには彩色タイルも。

預言者イリヤー教会 (15)

この教会はヤロスラブリに来たら必見です。
本当に美しい教会でした。

預言者イリヤー教会 (16)

預言者イリヤー教会 (13)

お世話になったシスター風の女性にお礼を言って駅に戻ります。
帰りも76番のバスを見つけて駅まで乗りました。(23RUB)

19:00にヤロスラブリ駅に戻ってきました。
この駅はちゃんとホームに番号がついていて電光掲示板もあります。

ヤロスラブリ駅 (3)

しかも駅員さんがみんな親切でどこへ行くの?
という感じで話しかけてくれて、チケットを見せると
ホームへの行き方を教えてくれました。優しいです。

行くと既に電車は来ていてチケットチェックを済ますと乗れました。
モスクワまでは3時間半。夜遅くなってしまいましたが無事帰着。

次の日は世界遺産のウラジミールとスーズダリを訪れます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

ロシア旅行 その15 ロシアの水餃子、ペリメニ☆

ロシアの世界遺産をめぐる12日間の旅行。
夜ご飯にロシアの水餃子、ペリメニを頂きます。

ロシア旅行 3日目 ④

旅行に来たら楽しみのひとつ、ご当地グルメ。
この日はロシアの水餃子、ペリメニ専門店で食事することにしました。
Trip advisorではヤロスラブリで20位となかかの高評価です。
お店は「Podbelka」と読みます。場所は修道院のすぐ前。

夕食 (1)Podbelka

明らかにローカル感のただよう食堂です。でもきれいな店内。
英語が通じそうにないのでちょっと不安・・・。

夕食 (3)

メニューがオールキリル文字で困っていたら、
何と英語メニューをくれました。良かったー!
店員さん、面倒がらず親切でした。
しかし喜んだのもつかの間、あまりのメニューの多さに困る。

ざっと30種類はあったような。
壁に書いてるメニューより明らかに多い気がしました。
何なら日本のギョーザもありましたよ。

結局一番シンプルな牛肉のペリメニにしました。
ホントは近くの人が食べてたスープ餃子風の料理も気になってたんですが断念。
先にお会計を済ませて着席するスタイルです。
(ペリメニ150RUB、スメタナ(サワークリーム)20RUB、ジュース55RUB)

自分で追加しておいて何ですけど、餃子にサワークリームって合うのでしょうか?

夕食 (2)ペリメニ

意外に合います。少しさっぱりした感じになります。
ペリメニもお肉の臭みとかなくてちゃんとおいしいです。

もう一皿いってやろうかとも思いましたが、
確実に食べ過ぎになるのでやめておきました。

代わりにデザートのアイスクリームを。(40RUB)
パッケージがレトロでかわいい。

アイス (1)

中身のアイスはこんな形です。
ロシアでは割とポピュラーなスタイルみたい。
屋台でこういう形のアイスを売ってたりします。
寒い季節でもロシア人はがんがん食べるのだとか。

アイス (2)

コーンがしなしなでしたが、味は普通においしかったです。
さて、ヤロスラブリにはもうひとつ有名な教会があるので、行ってみます。

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー