ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

2017年08月

ロシア旅行 その11 カフェ・プーシュキンでディナー☆

ロシア料理と言えばボルシチ、ピロシキ、ビーフストロガノフなどが有名ですね。
せっかくロシアに来たので本場のロシア料理を頂いてきました!

ロシア旅行 2日目 ⑤

この日やってきたのは、モスクワでも有名な高級レストラン。
「カフェ・プーシュキン」
Trip advisorでも13位と高評価。

夕食 (19)カフェプーシキン

結構カジュアルな格好で来ちゃったけど大丈夫かな?
と心配しましたが観光客もそこそこいたので全然平気でした。

素敵な店内なのですが薄暗すぎて良く見えない(笑)

夕食 (2)

ドリンクにクヴァスというロシアの夏の飲み物を注文。(135RUB)
黒パンを発酵させて作った微発砲微アルコール飲料。

夕食 (1)

興味本位で注文したけどどんな味かな?と恐る恐る一口。
そしたら、意外においしい!
ちょっと変わったフルーツの炭酸ジュースのような感じ。
結構好きな味です。

そして、もちろんボルシチ♪(595RUB)
発音は「ボルシュ」が正解、「ボルシチ」だと通じません。

夕食 (8)

小さな容器にサワークリームが入れられています。
牛肉の細切りとビーツが沢山。まずはサワークリームなしで一口。
え?ボルシチってこんなにおいしいの?衝撃的なおいしさ。
サワークリームを入れるとまろやかになってまたおいしい!

日本でもロシア料理店で食べたことがありますがこれほどおいしいと思ったことはなかったです。

夕食 (10)

メインはビーフストロガノフ。(1570RUB)

夕食 (11)

これも絶品。
牛肉ごろごろでキノコのクリームソースがまろやかでおいしい!
結構濃厚なので時々ピクルスを食べてさっぱり。

高級レストランといってもトータルで2300RUB(約4600円)。
このおいしさならまた食べたいです。

帰りに隣の食料品店、エリセー・エフスキーへ。

エリセーエフスキー (1)

ここは内装が豪華すぎるスーパー。

エリセーエフスキー (2)

もはや貴族とか住んでそうな雰囲気。
シャンデリアが豪華!
ここで、翌朝早朝出発なので朝食を調達しておきました。

次の日は電車でセルギエフ・ポサドとヤロスラブリに日帰り。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

ロシア旅行 その10 世界遺産、モスクワのクレムリン☆

世界遺産、モスクワのクレムリンにやってきました!
クレムリンとは城砦のこと。帝政時代には皇帝の居城だった場所です。
現在はロシアの政府機関が置かれています。
赤の広場 (2)

クレムリンの見どころはおおきく3つ。
聖堂広場などのクレムリンの建築群。
そして武器庫、ダイアモンド庫。
このうち建築群と武器庫はオンラインでチケット購入できます。
っていうかしておかないと当日入れない可能性も。

公式サイトを開くと、建築群は購入可能なのは4日後のチケットからでした。
多分それまでのものは売り切れです。

武器庫にいたっては1日4回の時間制で、それぞれ100人くらいずつ。
購入可能なのは13日後からでした。

ちなみに購入可能なのは約14日前から。
ハイシーズン真っ只中のためでしょうけどすごいですね。

武器庫のチケットが早くに売り切れるのは知っていたので
オンラインで購入しようとサイトを開くと希望の日はすでに朝一番が売り切れ。
マジか・・・。しかも記念日で開いてるはずの日が閉まってた。
仕方なく朝一番はあきらめて一番遅い時間の16:30からにしました。
(クレムリン建築群:700RUB、武器庫:500RUB)

ダイアモンド庫は事前購入ができないので、現地でチケット売り場に並ぶ必要があるのですが、
遅い時間だったので当然売り切れていてチケットが買えず。
別の日に再チャレンジすることにしました。

ロシア旅行 2日目 ④

赤の広場の聖ワシリー寺院からクレムリンって超お隣さんなのですが、
入口のクタフィヤ塔までは歩いて15分。
オンラインでチケットを購入していてもチケットオフィスで
本チケットに交換する必要があります。(パスポート必要)

クレムリン

ぐるっと城壁沿いに反対側まで行かねばなりません。
するとタイミングよく衛兵交代をしてました。14:00頃だったかな。
かっこいいですねー。

衛兵交代 (3)

クレムリンへの入口はチケットオフィスから近い、クタフィヤ塔。
セキュリティチェックを受けてから入場します。

ちょうど時間ぴったりの武器庫やダイアモンド庫のチケットがあれば
武器庫からすぐのボロビツカヤ塔から入れます。
早すぎると、ここからは入れないので注意。

私はチケット交換後に空いているボロビツカヤ塔へ行ったら、入れてもらえませず。
仕方なく大行列になってるクタフィヤ塔へ。
武器庫へは大きなリュックなどは預ける必要もあるので注意。

クレムリン (10)

この歴史あるクレムリンの中で新しすぎてちょっと浮いてるクレムリン大会宮殿。

クレムリン (11)

向かいには元老院。ロシア連邦大統領府です。
大統領が滞在中はロシア国旗が掲げられるんだとか。

クレムリン (94)

ここは警備が厳重で少しでも近づくと警笛を鳴らされます。
そして聖堂広場へ。文字通り聖堂に囲まれた広場。
かつては皇帝の戴冠式なども行われた歴史ある場所。





クレムリン (73)

かつてモスクワで最も高い建築物だったイワン大帝の鐘楼。
イワン4世の時代、これより高い建物の建築は禁止されていたのだとか。

クレムリン (14)

ウスペンスキー大聖堂。
かつて皇帝の戴冠式も行われたロシアの国境大聖堂。
外壁のフレスコ画も素晴らしかったけど内部は圧巻。
残念ながら聖堂広場の教会内部は撮影禁止。

クレムリン (16)

そして金と銀のドーム屋根のアルハンゲルスキー聖堂。
ピョートル大帝がサンクトペテルブルグに遷都するまでの歴代皇帝の墓所。
イワン大帝やその息子の棺もある。

クレムリン (18)

最後は皇帝の個人礼拝聖堂、ブラゴヴェシチェンスキー聖堂。
金色の玉ねぎ屋根が美しい教会。
内部のイコノスタシスも壁一面のフレスコ画も素晴らしい。

クレムリン (19)

パトリアーシュ宮殿やリサパラジェーニャ教会も見て、
聖堂広場の外側の「鐘の皇帝」と呼ばれる世界最大の巨大な鐘へ。
残念なことに鐘を鋳造中に火災が発生し水を掛けたらかけてしまったらしい。

クレムリン (68)

そして「大砲の皇帝」と呼ばれる巨大な大砲も。

クレムリン (86)

16:20頃武器庫の見学時間が迫ってきたので武器庫へ向かいます。
武器庫へ入るのにもやっぱり行列。さすがロシア随一の観光地。

武器庫はもとは本当に武器庫だったけど、今はロシア帝国の戦利品や
王冠などが展示されていて豪華絢爛。もちろん撮影禁止。
とくにすごかったのがロシア皇帝の王冠。
王冠に毛皮がついててロシアっぽいし、装飾に用いられている宝石の大きさが半端ない。

入場できる人数が制限されているからか内部は割と混んでいなくてゆっくりできました。
この後近くにある国立歴史博物館も見学。(400RUB)
内装がきれいで展示品も充実。撮影可。

国立歴史博物館 (1)

ここでも大きな宝石や宗教関係の展示、皇帝の玉座なんかもありました。
この後は有名なロシア料理レストランで食事♪

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

ロシア旅行 その9 モスクワを代表する建築、聖ワシリー寺院。

モスクワと言えば思い浮かぶのはカラフルなたまねぎ屋根の寺院!!
赤の広場に立つ、聖ワシリー寺院、正式名称はポクロフスキー大聖堂です。

聖ワシリー寺院 (1)

ロシアで最も美しい聖堂のひとつとされ、世界でもこれほど美しい建物はなかなかないでしょう。
16世紀にイヴァン4世がカザン征服を記念して建築させました。
これほど美しい建物は2度と作れないよう設計者の目をつぶして失明させたと言われています。
恐ろしいですねー、この手の逸話はいろんな国であるけど、
手を抜いたら殺されるだろうし、傑作を生みだしてもこんな結末が待ってるんじゃあんまりですね。
ただカラフルな現在の姿になったのは17世紀以降だとか。

ロシア旅行 2日目 ③

ランチの後、クレムリンに入る前に聖ワシリー寺院へ。
ロシアを旅行してて思ったのは割とクレジットカードが通用するってこと。
しかし、ここは現金のみしか受け付けてませんでした。(500RUB)
それほど並ばずにチケットは買えました。

入ってすぐの聖堂からすごくきれい!何この豪華さ!
素晴らしいイコノスタシスに壁いっぱいのフレスコ画。

聖ワシリー寺院 (4)

美しさに圧倒されます。

聖ワシリー寺院 (5)

主聖堂を8つの小聖堂が囲む形でつくられているのですが、まるで迷路。
途中の回廊にもカラフルなフレスコ画が施されていてかわいい!
まるでおとぎ話に出てくる王国のお城みたい。

聖ワシリー寺院 (67)

一つ一つ聖堂内に入ってはイコノスタシスを見ていきます。

聖ワシリー寺院 (62)

天井が高くてドームにもキリストのフレスコ画があったり。

聖ワシリー寺院 (70)

外観のかわいさ、美しさだけかと思いきや、内部も相当素晴らしいです。
ここはモスクワに来たら必見ですね。

この後はモスクワのクレムリンに行きます☆
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

ロシア旅行 その8 ロシア版クレープ、ブリヌイ。

せっかくロシアの来たのでできるだけロシア料理を食べてみようと、
お昼ごはんはロシア版クレープ、ブリヌイに挑戦してみました。

ロシア旅行 2日目 ③

クレムリンの武器庫の入場時間が決まっていて、
時間に縛りがあってあまり時間がなかったので、グム百貨店でランチ。
なんと素敵な百貨店。おしゃれすぎる!
まるでヨーロッパの街角を思わせるような店内。

グム百貨店 (7)

カフェやレストランがいくつかあり、
高級デパートのそれを想像してもらえばよいのですが、結構なお値段です。
リーズナブルなお店はものすごい行列になっているし、どーしよ。

そこでたまたま目に入ったのがブリヌイのお店。
専門店というか、ブリヌイも売ってますって感じのお店です。

昼食 (4)

写真を見てみると、いろんなブリヌイがあるようで、
素直に甘いタイプにすればよかったのですが。
ロシアだし!と謎にロシアにこだわってサーモンをチョイス。
写真のハムの下に入ってる錦糸卵みたいなのなんだろう?

昼食 (3)

スプライトとサーモンのブリヌイで440RUB。

作っているところを見ていました。
すると、鉄板でクレープを焼いて鮭の切り身をのせてとろけるチーズ。
ああ、さっきの錦糸卵風のものはチーズか!
そして出来上がりがこちら。

昼食 (1)

がっかりした気持ちになったのは言うまでもありません。
写真と全然違うじゃないか!

中身はこんな感じです。
焼けた鮭ととろけるチーズ。
鮭の臭みがクレープで閉じ込められちゃってる。

昼食 (2)ブリヌイ

正直、あんまりおいしくない。
写真では生のスモークサーモンがクレープに乗せてある図。
冷やしてありそうな出で立ちだったんですよね。
時間もないしお腹も空いてたから食べたけど。
ちょっと残念だったな。甘いのにすればよかったな。

っていうか、これにイクラが乗ったやつもあったんですが、
どんな感じになっちゃうのか・・・。
想像できない。
イクラ入りにしなかったのがせめてもの救い。

さて、気を取り直して聖ワシリー寺院に行きます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

ロシア旅行 その7 世界遺産、コローメンスコエに行ってみた。

ロシアの世界遺産を巡る旅。
モスクワ滞在中に世界遺産コローメンスコエに行ってみました。

ロシア旅行 2日目 ②

赤の広場からコローメンスコエへは地下鉄で移動。
地下鉄2号線のコローメンスカヤ駅から徒歩10分程。
ここは自然保護公園になっていて14-17世紀の教会や木造建築が立つ世界遺産。
10:00からだと思ってたら敷地内無料で8:30頃から入れるみたいだった。
こんな門があるだけ。

コローメンスコエ (1)

公園内は緑がきれいでピクニックとかできそうな雰囲気。

コローメンスコエ (3)

門からしばらく歩いて目の前に現れたのはいかにもロシアらしい教会。
青い玉ねぎドームに金の星の模様がかわいらしい真っ白な教会。
「カザン聖母教会」

コローメンスコエ (11)

さらに歩くと教会群が立ち並ぶエリアに入る門が目に入る。
といってもここも常にオープンしてそうだ。

コローメンスコエ (12)

面白いのが木造建築。
これはモスクワ郊外のプレオブラジェンスキー村から運ばれてきたもの。
18世紀の木造建築で蜜酒製造所だったらしい。

コローメンスコエ (13)

門の向こうにはヴォズネセニエ教会。
変わった形をした真っ白な教会で美しい。

コローメンスコエ (72)

この教会群のチケット売り場が10:00からなので、教会内には10:00からしか入れない。
ロシアではチケット売り場はKacca。
門から入って右わきに小さなKaccaがあってここでチケットを買う。
チケットはそれぞれの教会毎に購入する必要があり、1か所100RUB。
カメラの撮影料金は全部まとめてで50RUB。

英語が通じないのでMaps.meの地図に入りたい教会をマークして見せた。
Kaccaのおばちゃんは分かってくれたようでチケットが買えた。

コローメンスコエ (31)

まずはKaccaの目の前の聖ゲオルギー教会へ。
左にあるのは鐘楼。

コローメンスコエ (24)

10:00頃はまだ団体客が来てなくてゆっくり見られる。

コローメンスコエ (37)

次にメインのヴォズネセニエ教会へ。
内部も真っ白でイコノスタシスもきれいだった。

コローメンスコエ (49)

地下が博物館になっているので一通り巡って次は給水塔へ。

コローメンスコエ (71)

上の階へ上ると水をくみ上げる様子を模型を使って見せてくれた。

教会群の近くには皇帝の食事を作っていたという満腹の館。
今は企画展示をやっているようだったけど中には入らず。

コローメンスコエ (116)

教会群の見学はさらっと終わったけどこの公園は広大で、
敷地以内にはピョートル大帝の別荘もあるので行ってみることに。

別料金で150RUB。近くのKaccaでチケットを購入。
別荘はアルハンゲリスク(白海沿岸の町)から移されてきたもの。

コローメンスコエ (119)

外観はただのログハウスのようだけど、内部はさすがのピョートル大帝。
部屋がかっこよすぎる。
机の上には地図が広げられ、望遠鏡に帆船の模型。
海沿いの町にあった家だというから納得の調度品。

コローメンスコエ (143)

当時を思わせる調度品の数々。

コローメンスコエ (145)

外にもピョートル大帝の銅像。

コローメンスコエ (165)

ここを見終えたら少し遠いけど同じ敷地内にある木造宮殿まで行ってみることに。

コローメンスコエ (167)

天気のいいのでちょうどいいお散歩。
野原にはたくさんのたんぽぽが咲いていた。

コローメンスコエ (170)

20分程で大きな木造宮殿が見えてきた。

木造建築博物館 (2)

なんかメルヘン。
結婚式なのか撮影なのか入口のところで大撮影大会が開かれていて、
とても中に入れる様子ではなかった。
そしてKaccaは係の人がお昼休みで不在。速攻であきらめた。
内部はこのような作りらしい。

木造建築博物館 (12)

地下鉄2号線のコローメンスカヤ駅の次の駅から歩いてすぐなので
そこから地下鉄で赤の広場まで戻ることにした。

長くなってしまったので続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。