ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

2017年04月

週末オランダ その17 世界遺産ベームスター干拓地へ行ってみた。

オランダで過ごす週末。
世界遺産、ベームスター干拓地へ行ってみることにしました。

週末オランダ 3日目 ①

朝食はスーパーで買っておいたスムージー。
ココナッツとバナナとパイナップルと間違いのない組み合わせのはず。
しかし全然おいしくなくてびっくりしました。

朝食 (2)

しかも外に出てみるとこの状態です。
もやりすぎじゃないですか?

朝もや (1)

まだ暗いからかな?太陽が出てきたらすっきりするよね。
そう思いつつ電車でアムステルダム中央駅へ向かいます。

アムステルダム中央駅からはバスに乗り換え。

Amsterdam Bus  (3)

バスの時刻表もあったりして分かりやすい。

Amsterdam Bus  (5)

306番のMiddenbeemster行きに乗って終点まで乗ります。
バスの料金は車内でチケットを購入し往復10ユーロでした。

バスに揺られること40分。
車内でwifiが使えたのでいろいろ調べものしつつ移動です。
終点で下車。
うわー、全然もやもやしてる・・・。

Beemster (6)

ベームスター干拓地は17世紀初期に造られたオランダ最古の干拓地。
もともと東インド会社の食糧確保用地として企画されたものだったそうです。
歴史的な価値と、17世紀の景観を良く残しており世界遺産に登録されています。

せっかくきたので天気はイマイチすぎるけど少しお散歩。
早速割と幅広い水路がありました。

Beemster (7)

街の中心っぽいエリアに行ってみるとかわいらしいお家が並びます。

Beemster (10)

朝ごはんがイマイチすぎたのでこちらのパン屋さんに入ってみました。

Beemster (14)

ケーキなども売ってるお店でした。
朝早いけど結構お客さんが来てました。

パン屋さん (2)

ベーコーンチーズパンをひとつ。1.5ユーロ。

パン屋さん (5)

さらにアップルタルトをひとつ。1.5ユーロ。

パン屋さん (3)

これが、めちゃくちゃおいしくて。
まずベーコーンチーズは生地にもチーズが練り込まれているの、
チーズの風味がすごくて塩気がちょうどよくパンも、ももちもちでおいしいです!

そしてアップルタルトのおいしさといったらない。
量も小さ目でおやつにはちょうどぴったし。
周りの生地はしっとり系でなかのリンゴも程よい甘さ。

そしてメインストリートのはずれには教会。

Beemster (21)

この辺のお宅は家の前のお庭が良く手入れされていて素敵でした。

Beemster (31)

Beemster (25)

こちらは18世紀の有名な作家 Betje Wolffが住んでいたお家らしく、
当時の暮らしぶりがうかがえる邸宅の内部が博物館として公開されています。
朝早すぎてはいれず、ちょっと残念でした。

Beemster (27)

こちらはビジターセンターです。

Beemster (32)

実はここから数Km程度の場所にもうひとつ世界遺産があるんです。
ここからバスで行けるのでちょっと立ち寄ってみました。
129番のバスでHalwegまで移動します。

バス停

「アムステルダムの防衛線」という世界遺産です。
第一次世界大戦前に建設された街を囲む防衛線で、全長135km。
42の砦からなっています。

Fort Resort Beemster (3)

そのうちの一つがこの辺りにあり、しかもホテルとして利用されています。
ホテルの名前は「Fort Resort Beemster」

Fort Resort Beemster (2)

宿泊者ではないのであまり近すぎないように歩いてみます。

Fort Resort Beemster (11)

周囲をぐるっと水路が囲っています。

Fort Resort Beemster (6)

ここからはアムステルダムに戻るのに最寄りのバス停までちょっと歩きます。
牧草地が広がっていて羊さんもいます。

Beemster (13)

Beemster (11)

この辺のお家もお庭が良く手入れされていて素敵です。

Beemster (14)

wilgenhoekのバス停から、301番のバスで無事アムステルダムに戻ってきました。
この後はアムステルダムの見どころを巡ります。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末オランダ その16 金曜は夜遅くまでやってるゴッホ美術館。

オランダで過ごす週末。
金曜日は夜遅くまでやってるゴッホ美術館へ行ってみます。

週末オランダ 2日目  ⑪

夕食を終えてゴッホ美術館へ。

Van Gogh Museum (14)

美術館は週末夜遅くまで空いてる日を設けていることが多いので、弾丸旅には助かります。
隣にある市立美術館も追加料金が3ユーロ必要だけど同じく金曜日に遅くまでやってるので、ついでに寄るのもありかと思います。

通常は入場料が17ユーロですが、ここもmuseum cardで入れます。
向かいのチケット売り場でチケットをもらいます。

Van Gogh Museum (15)

天井が吹き抜けの開放感のある作りです。

Van Gogh Museum (5)

ゴッホ美術館だけあって、ゴッホ自身のことがよく分かる美術館になってました。
家族のこと、ゴーギャンと同居した時のこと、精神を病んで自殺してしまったこと。
自分でもびっくりしましたが、ゴッホが亡くなる数日前に描いたカラスのいる麦畑の絵を見たとき、
はっとしたんですよね。
すごく暗くて何か違う感じがしたんです。

残念ながら内部の作品は撮影禁止です。
大画面に写される作品がいくかあって、このエリアは撮影okでした。

「アルルの黄色い家」
ゴッホがアルル在住時に借りていた家です。
ここを飾るための絵(ひまわりなど)を多く描いたそうです。

Van Gogh Museum (12)

「アルルの寝室」
上の「黄色い家」のゴッホの寝室を描いた作品です。

Van Gogh Museum (11)

「花咲くアーモンドの木の枝」
弟テオの子供の誕生祝で描いた作品。

Van Gogh Museum (13)

もちろん、有名な「ひまわり」もありました。
週末の夜の過ごし方としてはかなり有意義なものになったと思います。
とても素敵な作品が沢山みられましたから。
アムステルダムに来たら一度は足を運びたい美術館です。

ぎりぎりまで作品を鑑賞してホテルに戻りました。
次の日はアムステルダムの世界遺産のひとつ、ベームスター干拓地へ行きます。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末オランダ その15 ポテトにマヨネーズってすごく合います。

オランダで過ごす週末。
夕食はアムステルダムの人気のお店で頂きます。

週末オランダ 2日目 ⑩

夕食はこちらのお店で頂きました。
「Van Kerkwijk」
Tripadvisorのアムステルダムのランキングで27位。

夕食 (14) van Kerkwijk

店内に入ると・・・

夕食 (1)

ネコがいました!
しかもかわいい!

夕食 (9)

早めの時間に入ったので割と空いてましたが、
続々とお客さんがあつまりすぐに満席。
ここは予約はとってません。

夕食 (2)

メニューもなくて、店員さんがコースの説明をしにきてくれます。
前菜がいくつか、メインがいくつかあって選ぶ感じ。
とりあえずビール。

夕食 (3)

前菜はムール貝。
文句なしにおいしいです。

夕食 (7)

メインは牛肉のストロベリーソースとブルーチーズ添え。
ポテトとサラダも付いてきました。

夕食 (13)

正直に言うと、私ブルーチーズ、全くダメなんです。
なのになぜかこのとき食べてみようという気になってしまいました。
そしてやっぱりブルーチーズは全然ダメでした。
牛肉はおいしかったんですけどね。何で選んだんだろ。後悔です。
昨日魚食べたからお肉とか余計なこと考えず魚にすれば良かったな。

ちなみに付け合せのポテトとサラダはおいしかったです。
ポテトにマヨネーズって合うんですね。
新しい発見でした。まさにソルト&ビネガーの味。

お会計は全部で30ユーロとリーズナブルでした。

この日は金曜日でしたので、この後遅くまでやってるゴッホ美術館に行きます。
続きは次回にしますね。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

週末オランダ その14 アムステルダムの飾り窓地区とコーヒーショップ。

オランダで過ごす週末。
アムステルダムの街を散策します。

週末オランダ 2日目 ⑨

ユトレヒトからアムステルダム中央駅にやってきました。
街歩きしようと外へ出て振り返ったら、あんまりきれいでびっくりしました。

Amsterdam Centraal (2)

お城みたいで、すごくきれい。
東京駅のモデルになったとも言われてますよね。
そしてアムステルダムの街を少し歩いて思ったのは、この街素敵すぎる。

Amsterdam (2)

水路のある美しい街並み。
どこを見ても絵になります。

Amsterdam (11)

Amsterdam (20)

でもちょっと傾いてたりする建物があってちょっと心配でした。

Amsterdam (15)

あんまり暗くなってからは歩きたくなかったので、
まだ明るいうちに飾り窓地区のあたりに行ってみることにしました。
飾り窓地区は簡単に言えば売春街です。

Amsterdam (28)

飾り窓地区ではガラス張りの窓の中にセクシーなお姉さんがいて、
誘ってきます。赤やピンクのライトで照らされてたりするので、
Red Light destrictと呼ばれたりもします。
ホントにお姉さんがいるとこは写真撮れないので左はマネキンがいたところ。

Amsterdam (29)

そして、カーテンがかかっているところはお取込み中らしい。
実際セクシーなお姉さんがいて、その室内にベッドがあったりして、
結構生々しかったです。オランダってすごい・・・。
目のやり場に困るくらいのセクシーさなんですよ、いや見ますけど(笑)

Amsterdam (36)

しかもこの辺りってこういうお店も沢山あります。

Amsterdam (30)

完全に大人の世界ですよね。

Amsterdam (31)

Amsterdam (32)

博物館まであります。しかも行列できてるし。

Amsterdam (35)

あとこの辺りに沢山あるのがCoffeeshopというお店。
文字通りのカフェじゃありません。
オランダは大麻を含むソフトドラッグが合法で、それらを販売する店舗のことです。
外観から普通のカフェじゃないことは分かります。
思い切り怪しさ満点です。

Amsterdam (38)

マジックマッシュルームを売ってるんでしょうか。

Amsterdam (42)

なんか、オランダって面白い国ですね。
軽い衝撃でした。

この後は夜ご飯。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくださってありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末オランダ その13 ミッフィーを生んだユトレヒトの街。

オランダで過ごす週末。
ユトレヒトのミッフィーミュージアムを訪れます。

週末オランダ 2日目 ⑧

ミッフィーの作者、ディック・ブルーナはユトレヒト出身の絵本作家。
ということでユトレヒトにはミッフィーミュージアムがあります。

実は当初行く予定はありませんでした。シュレーダー邸が予想外に1時間早く終了したので、
行ってみることにしたのです。

ユトレヒトのすごいとこ。街中にfree wifi。
これでアクセスを調べました。

Prins Hendriklaan

8番のバスでPrins HendriklaanからOosterstraatまで約5分。

Nijntje Museum (1)

Museum cardで無料ですがチケットは向かいの市立美術館で受け取ります。
大人は4ユーロで、子供料金が高めでした。

Nijntje Museum (30)

入口のミッフィーちゃん。
作者のブルーナさんが亡くなったばかりで、花束が供えてありました。

Nijntje Museum (27)

内部は完全に子供向けのプレイエリアという感じでした。

Nijntje Museum (5)

でも、めちゃくちゃかわいかったです。

Nijntje Museum (10)

沢山の絵本が飾られていたり。

Nijntje Museum (15)

ミッフィーちゃんの交差点とか。かわいすぎます。

Nijntje Museum (21)

滑り台にも遊び心があります。

Nijntje Museum (25)

ロッカーもめちゃくちゃかわいい。

Nijntje Museum (6)

ブルーナーさんのアトリエを再現した部屋とか見たいと思って探したのですが、
市立美術館の方にあったようです。

この後はのんびりとユトレヒトの街を歩きながら駅へ向かいました。

Utrecht (1)

ユトレヒトはとても素敵な街並みです。

Utrecht (13)

Utrecht (20)

Utrecht (26)

ユトレヒトからアムステルダムまで電車で戻ります。約30分、9ユーロ。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。