ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

2017年01月

ニュージーランド旅行 その3 Queenstownでお世話になったホテル。

おはようございます。

ニュージーランド旅行 2日目 ①

Queenstownの空港からバスで予約した宿に到着しました!
今回お世話になったのはこちら。
「Earnslaw Lodge」

空港バスのバス停からすぐ。
Downtownまで歩いて10分くらいでしたがちょっと離れてるので、
中心部のホテルに比べて料金ややリーズナブル。

Earnslowlodge

14時からチェックイン可能だったのですが13:30頃到着。
チェックインできるかなーと思ったら、ばっさり断られました。
あと30分なのになー。

まあ、待てば良かったのかもしれませんが、あんまり時間もない。
じゃあ、スーツケース預かってもらって後でチェックインしようと思ったら、
21時以降は受付しまるからそれまでに戻ってね。とのこと。
もし間に合わなかったら困りますね。

部屋に入る必要はないから先にチェックインの手続きだけして、
部屋の鍵だけ先にくださいとお願いしたらokでした。
戻ってくるまでスーツケース預かってもらいましたが、
やっぱり戻りが21時過ぎてしまって、受付終了。

そしたらスーツケースがその辺にぽんっと置いてありました。
鍵かけておいて良かった。
部屋に入れておいてくれたらいいのになー。
だいぶ残念な対応でした。

部屋はこんな感じ。

Earnslowlodge (1)

割と広めで清潔です。

Earnslowlodge (3)

バスタブはなくてシャワーだけですが、きれいです。

Earnslowlodge (4)

お勧めポイントは窓の外ですかね。

Earnslowlodge (7)

目の前がLake Wakatipuです。
見晴らし最高。天気悪いけど。

ちょっとびっくりだったのは隣の部屋と仕切りがありません。

Earnslowlodge (6)

夜の景色もきれいです。

Lake Wakatipu (1)

残念なことに、到着したあたりから小雨。
幸先の悪いスタートです。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

ニュージーランド旅行 その2 初めてのニュージーランド航空。

おはようございます。

ニュージーランド旅行 1日目

ニュージーランド航空、成田発オークランド行きは夕方便。
午前中で仕事を終えて成田空港へ向かいます。

キオスクでチェックインしてボーディングパスを発行。
今回も預け荷物はないので、そのままセキュリティチェックへ。
イミグレも自動化ゲートで通過して制限エリアへ。
ここでシャワーを浴びておくことにしました。

18:30発のニュージーランド航空でまずは乗り継ぎ地のオークランドへ。
今回ニュージーランド航空は初めて。

白地にシダの葉のモチーフのデザイン。(写真はオークランド空港)

飛行機

定刻通りの出発です。
機内は3/3/3の配置で私は真ん中の3人掛け通路側にしました。

機内

隣が2人組であれば真ん中の人は反対側から出てくれるからです。

全員1人旅で目論見は外れましたが隣が日本人女性でラッキーと思ったら、
なんと、あぐらをかいて足が私の太ももにがんがん当たって不快でした。
エコノミーですから仕方ないかもですけど、ある程度気を付けてほしいですね。

ニュージーランド航空と言えばユニークな機内安全ビデオ。
ハリウッド映画風バージョンでした。
思わず全部見てしまうのでいいですね。

機内安全案内

10時間30分のフライトで機内食は2回。
離陸後は夕食のサービス。
照り焼きチキンか牛肉の煮込みだったので牛肉の煮込み。
味はまあまあでしたがパンがおいしかったです。

機内食1

到着前に朝食のサービス。
焼鮭とスクランブルエッグだったので、エッグ。

機内食2

これはおいしい!卵とろとろだしチーズ?が入っているのか濃厚。
機内食の朝食としてはかなり珍しく完食しました。

オークランド到着前に機内で入国カードを記入します。
オセアニアって持ち込み品にかなり厳しい。
食べ物とか靴とか薬とかチェック項目がたくさん。

鎮痛薬とか塗り薬を非常時ように薬を持っているので、申告。
鎮痛薬はokで開いてチェックとかもなかったですし、
日本人の係員が対応してくれたので良かったです。
ちなみに持ってないと申告してばれたら400NZDの罰金です。

現地時間の8:45にオークランドに到着。
乗り継ぎ時間はたったの1時間。
イミグレは結構並んでたけど15分くらいで通過。
薬の項目で何をどれくらい持ってるか質問されました。

税関でもまた同じ質問。
今度は日本人係員さんで助かりました。

国際線到着ロビーで両替しておこうかなと思ったけど、
レートが悪すぎてやめました。やっておけばよかったです。
空港でするなら絶対首都が一番レートいいと思います。
(これまでの経験から)

国際線→国内線はシャトルバスがあるのですが、
時間がなかったので歩いて移動します。
歩いて15分くらい。
この緑の線に沿って歩けばok。

オークランド乗り継ぎ

国内線ターミナルに到着。

オークランド国内線ターミナル

あと20分。
セキュリティチェックを済ませてゲートへ。
ゲート近くのトイレで歯磨き、洗顔を済ませて無事ボーディング。
結構ぎりぎりでした。

目的地のクイーンズタウンまでは約2時間のフライトで到着!
できたらホテルまでクレジットカードで支払いしてバスで移動したかったけど、
現金のみ。しかも両替所はTravelex1択で、レート激悪。
しかも、4000円まで5NZD、それ以上は10NZDの手数料。

仕方ないので3000円だけ両替してホテルに向かいました。(→29NZD)
ああ、やっぱりオークランドで両替しておくんでした。
空港の外に出ると11番のバスがいたので乗車。
バスの料金は12NZD。

Maps.meで目的地付近になって降車ボタン押したのに、
バス停2か所分くらい通過されました。
ちょっと。声かけたらよくわかんないとこで停まってくれて降車。
歩いて戻って本日予約のホテルにやっと到着。
疲れた・・・。

ということで無事目的地には到着。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてどうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

ニュージーランド旅行 その1 自然いっぱいのニュージーランドへ行こう☆

おはようございます。

前々から行ってみたかった国のひとつ、ニュージーランド。
南半球に位置する日本とよく似た形の国は自然の宝庫。
四季があり、日本とは反対なのでベストシーズンは日本の冬。

夏休みだとニュージーランドのベストシーズンには行けないんですよね。
なので、今回は冬に1週間ほどお休みを頂き行くことにしました。

ニュージーランド旅行 準備編

【旅行準備】
①航空券
ニュージーランド航空で手配。(約11万円)
成田発オークランド経由クインズタウン行き。
クライストチャーチ発オークランド経由成田行き。

②ホテル
Earnslaw Lodge(Queens town)に2泊。Hotels.comで予約。
Lake Tekapo Motels & Holiday Park(Tekapo)に1泊。agodaで予約。
Alkala Motor Lodge(Christchurch)に1泊。Hotels.comで予約。
Ibis budget Aukland Airport(Aukland)に1泊。Hotels.comで予約。
それぞれ約1万円前後。

③ガイドブック
地球の歩き方「ニュージーランド」
タビトモ「ニュージーランド」
ことりっぷ「ニュージーランド」
今回のルートに限っては地球の歩き方は不要でした。

④持ち物
今回も機内持ち込みのスーツケースだけ。
星空撮影をするためのミラーレス一眼と三脚。

⑤現地ツアー
ミルフォードサウンドのツアー
日本語ツアーだと2万円以上したのでInter Cityのサイトから予約しました。119NZD。

⑥レンタカー
今回は初めてのレンタカー旅!!
ニュージーランドは日本と同じ左側通行。
初めてのレンタカー旅に向いてると思いました。
なので、国際免許証を取得。
クイーンズタウン→テカポ→クライストチャーチはレンタカー。
まる2日間で25000円くらい。Rentacar.comでEurop carの予約。

【旅程】
1-2日目成田発オークランド経由クイーンズタウン
3日目  ミルフォードサウンドツアー 
4日目  クイーンズタウン→マウントクック→テカポ(陸路)
5日目  テカポ→クライストチャーチ(陸路)
6日目  クライストチャーチ→オークランド(空路)
7日目  オークランド発成田

Newzealand

もうちょっと日数があったら、北島のトンガリロ国立公園とか、
ロード・オブ・ザ・リングのロケ地、ワイトモ洞窟とか行きたかったのですが、
今回は日数が短かったので南島メインです。

ニュージーランドは絶対にまた行きたいと思いました。
かなり気に入りました。

では旅行の模様は次回から。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末ロンドン その21 Libertyに立ち寄ってロンドンから帰国。

おはようございます。

週末ロンドン 4日目 ④

ロンドンで過ごす週末、もっといたいけど帰る時間です。

National Galleryからホテルに戻る途中の駅で、「Liberty」に立ち寄り。
可愛すぎる外観のデパート。

Liberty (1)

イギリスを代表するデパート。
きれいな店内です。

Liberty (5)

1階の文房具のコーナー。
リバティプリントの文房具、めっちゃ可愛かったです。
お値段はあまりかわいくなかったですが。

Liberty (3)

お化粧品のコーナーも壁紙かわいい。

Liberty (7)

上の階に行くと、生地の計り売りのコーナーがあって、
リバティプリントの生地がいっぱい並んでました。

Liberty (8)

何かお土産に買えたらと思ったのですが、手頃なものがなくて断念。

その後、泊まってたホテル「London Kings Hotel」に戻ってスーツケースをピックアップ。

ホテルに入ったら、突然の雨。
今までよく晴れてたのに!
駅までの10分はきついなー、どうしようと思っていたらやみました。
天に感謝。

Paddington駅まで行ってHeathrow expressで空港へ行こうかな。
と思っていたのですが、割と早く駅に着いたので
Heathrow connectでも間に合いそうです。

10GBP違うし、帰りもHeathrow connectにしました。
Paddington駅で現金で切符を買うのは在来線の有人カウンター。

Heathrow空港の駅についてまずすること。
Oyster cardの残金とdepositの5GBPの払い戻し。
駅の自販機でもできるんですが、空港の有人カウンターでもできます。

Oyster (1)

終わったらチェックインはオンラインで済ませてるので
キオスクでボーディングパスの発券を済ませてセキュリティチェック。

ANAなのでTerminal2です。
制限エリアに入ると、免税店のコーナー、結構楽しい。

かわいい雑貨で日本でも有名なイギリスのブランド、「Cath Kidson」。

Airport (1)

イギリスの高級デパート、「Harrods」。

Airport (2)

写真忘れましたが、Fortnum&Masonの商品を取り扱うところもありました。
Heathrow connectにしたおかげで往復20GBPも節約できたので、
余ったポンドを消費しました。
こちらが買ったもの。

お土産 (1)

左からイチゴジャム、紅茶ビスケット、シャンパン入りトリュフチョコ、紅茶。

さて定刻通りに飛行機は出発です。

機内食は2回。
離陸後、夕食のサービス。
牛肉の煮込み料理的なやつ。おいしかったです。

機内食 (2)

毎度ですがこのお蕎麦いいですよね。
この手のやつで一番好きなのはEmiratesのおそうめん。
多分、帰るころにはだしの味に飢えてるんでしょうね。

着陸前が朝食。オムレツにしましたがあんまり食べられず。

機内食 (3)

無事帰国しました。
イギリスはまだまだ見どころ満載ですし、ロンドンも全然回れてないので、
またいつか行きたいな。今度は夏がいいかな。

ということでこれで週末ロンドンはおしまい。
次回からはニュージーランドに行った時のお話です☆

最後まで読んでくれてありがとうございました。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

週末ロンドン その20 名画ぞろいのNational Gallery。

おはようございます。

週末ロンドン 4日目 ③

ロンドン滞在最終日はちょっと優雅な一日。
朝からバッキンガム宮殿などをめぐりつつお散歩して、
お昼はF&MのTea SalonでAfternoon teaして。

最後は名画鑑賞ってことで、ロンドンに来たら必見の美術館。
The National Galleryに行ってみました!!

作品数はかなり多く世界的にも大規模な美術館なので、
事前にどこに見たい作品があるかある程度チェックしていったほうがよさそうです。

だいたい有名な作品の前にはちょっとした人だかりができてるので
ある程度は見どころはわかるかと思いますが。

The National Galleryはトラファルガー広場に面した美術館。

The National Gallery (1)

Trafargar Square (1)

ものすごい人です。
ここも入場料無料で寄付制です。

まずはこちら。
「Venus and Mars」 by Sandro Botticelli

The National Gallery (6)

Botticelliの絵画はイタリアのウフィッツイ美術館で見ましたが、
「ヴィーナスの誕生」や「プリマヴェーラ」が有名ですね。

あんまり予習せずにのんびり見てたら人だかり発見。
近づいてみると、こちらの絵画でした。

The National Gallery (17)

なんとLeonardo da Vinciの作品。
「The Burlington House cartoon」

そして、こちら。
「The Virgin of the Rocks(岩窟の聖母)」 by Leonardo da Vinci

The National Gallery (14)

これはすごいですね。
パリのルーブル美術館にある「岩窟の聖母」とほぼ同じ構図、構成で描かれたものです。

そしてこちら。
「Self Portrait at the age of」 by Rembrandt

The National Gallery (23)

同じく自画像で34歳の時のものもありました。

The National Gallery (32)

この部屋には他にも何点かRembrandtの作品が展示されていました。

そして、こちら。
Peter Paul Rubens の「Samson and Delilah」

The National Gallery (36)

ルーベンスの有名な作品で「キリスト昇架」と「キリスト降架」がありますが、
これらはベルギーのアントワープの教大聖堂にあり、
アニメ「フランダースの犬」でネロが見たかった絵画。
これを以前見逃してる私としては忘れられない名前で憶えてました。

そしてroom 34.
ここは映画「007/スカイフォール」のロケ地なんだとか。
映画見てないから分かりませんでした。

The National Gallery (45)

部屋の左側にある馬の絵が有名らしい。
「Whistlejacket」 by George Stubbs

そして何も知らずに見ていたらやはり人だかりがあって、
こちら!!

The National Gallery (64)

まさか、ここでこの絵画を見られるとは!
言わずと知れた Vincent van Goghの「Sunflowers」。
これって一点じゃなかったんですね。
調べたら7点もあるそうです。
コピーとかじゃなくてゴッホの作品として。

他にも、
「Bathers」 by Paul Cézanne

The National Gallery (71)

「Bathers at Asnières」 by Georges Seurat

The National Gallery (46)

とにかく名画だらけでいくら時間があっても足りません。
ここも一日とかかけてゆっくり見て回れるといいんでしょうね。

もっと見ていたいところでしたが、そろそろ飛行機の時間。
空港へ向かいます。
続きは次回にしますね。

最後まで読んでくれてどうもありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。