ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

2016年09月

キューバ旅行 その41 映画の舞台のアイスクリーム屋さん「Coppelia」

おはようございます。

キューバ旅行 8日目 ③ 【ハバナ】

ビニャーレス渓谷ツアーから戻ると、ハバナの有名なアイスクリーム店、
映画の舞台になった「Coppelia」に足を運びました。

正直、映画のこと全然知らないけどね。

「Coppelia」はハバナの新市街、ベダード地区の公園の中にあります。
店舗は改装中だったのか、時間外だったたのか閉店中でした。

Coppelia (1)

外のテラス的な場所では頂けました。

Coppelia (2)

もちろん注文したのがイチゴとチョコレート。2.7CUC。

Coppelia (3)

チョコレートアイスはまるで一度溶けたみたいにシャリシャリ。
サンタ・クララの屋台で食べたアイスのほうがずっとおいしかったな。
でも、イチゴはキューバに来て初めてだけど、普通においしかった!

この後、夕食を食べにでかけたのですが、人気のお店はどこもいっぱいで、
予約がないと入れず、もう疲れちゃったのでCasaに戻って寝ることにしました。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

キューバ旅行 その40 世界遺産ビニャーレス渓谷☆

おはようございます。

キューバ旅行 8日目 ②
【ビニャーレス】


ビニャーレス渓谷はキューバにあるカルスト地形の窪地。
その麓ではタバコ栽培がおこなわれており、
その独特の景観は世界遺産(文化遺産)に登録されています。

ビニャーレス渓谷の日帰り現地ツアーに参加しました。
(迎えが来なくて大変だったけど詳しくは前の回を見てね)

主な日程は下記の通りです。
①グアヤビータ工場見学
②プレヒストリアの壁画見学
③ランチ
④インディヘナの洞窟ボートツアー
⑤タバコ農園見学
⑥展望台からビニャーレス渓谷

ツアーでは割と乗り心地のよいバスで移動します。

バス

道中は青い空と白い雲のもと、緑がずっと遠くまで広がる大地。

車窓から (6)

ハバナから2時間30分くらいでピナール・デル・リオに到着です。

ピナール・デル・リオ (1)

ここではグアヤビータ工場を見学します。

これは最後のボトリングの過程。

Guayabita工場 (9)

グアヤビータという木になる実をラム酒に付け込んで作るお酒。
これがグアヤビータの実。

Guayabita工場 (4)

スイートとドライがあって両方とも試飲もさせてくれました。
アルコール度数30度とか40度とか。
でも、これがおいしい!
ここでしか作られていないお酒なんだとか。

Guayabita工場 (21)

ハバナの空港でも売ってましたが700ml入りの瓶で1本3ドルほど。安すぎる。

Guayabita工場 (23)

有名なラム酒、ハバナクラブも売られていました。

Guayabita工場 (25)

葉巻も売られていて1本お土産に買ってみました。(私は吸いませんが)
20分くらいもつやつで10CUCでした。

葉巻 Cohiba

その後、バスで移動していると、カルスト地形が見えてきました。

ビニャーレス

やってきたのは「太古の壁」と呼ばれる巨大壁画。
近代画家が描いた壁画です。

壁画

ここでピニャコラーダが売ってたので1杯。3CUC。
ラム酒は自分で好きな分だけ入れるスタイル。

ピニャコラーダ

これが冷たくて程よく甘くて、おいしい!

この後はみんなでランチ。

昼食 (1)

サラダ、フルーツ、チキン、豆ごはん、ポテト、デザート、コーヒーとしっかりめ。
割とおいしかったです。

ランチの後、インディヘナの洞窟へ。
ランチのレストランから歩いてすぐ。

洞窟 (4)

ボートで洞窟を見学します。

洞窟

この後、タバコ農園へ。

葉巻農家 (2)

中ではたくさんの煙草の葉が乾燥されています。

葉巻農家 (3)

葉巻の作り方を見せてくれるのですが、このおっちゃんの絵になること。
葉巻をくわえながら作っています。かっこいい!

葉巻農家 (1)

少し吸わせてもらいましたが、苦い!その一言につきます。
でもいい経験になりました。
きっとこんなことでもなければ一生口にすることないでしょうから。

お土産用に10本10CUCで葉巻を売っていました。
バラマキ用にちょうどいい気がします。吸わなくても香りは楽しめます。

そして最後はビニャーレス渓谷を一望できる展望台へ。

ビニャーレス渓谷

最後にこの景色を持ってくるのがナイスです。
天気もよくて絶景。

この後は2時間程かけてハバナに戻ってきました。

朝はどうなることかと思ったけど、かなりいいツアーでした。
トラブルさえなければかなりおすすめです。

この後は有名なアイスクリーム屋さんへ。
長くなってしまったので続きは次回にしますね!

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

キューバ旅行 その39 現地ツアーの迎えが来ない・・・。

おはようございます。

キューバ旅行 8日目 ①
【ビニャーレス渓谷】


ビニャーレス渓谷はキューバにあるカルスト地形の窪地。
その麓ではタバコ栽培がおこなわれており、
その独特の景観は世界遺産(文化遺産)に登録されています。

公共バスでも行けるようでしたが、日帰りするのは大変そうだったので、
日本で申し込んでおき、現地ツアーに参加しました。
集合場所はHotel National de Cuba。

ホテルナショナルデクーバ

このホテルはハバナでも最も歴史ある高級ホテルのひとつ。

ホテルナショナルデクーバ2

ちょっと早くついたのでホテル内を散策。
いろんな国の要人の写真が飾られたカフェ。

ホテルナショナルデクーバ7

広いロビー。

ホテルナショナルデクーバ8

ここで、ツアーの迎えを待ちます。

10分。

20分。

30分。

・・・。

さすがに待ちすぎてない?

よく出発時間が書いてあって、他のピックアップ先を回るから時間がかかることありますよね。
でも昨夜、Claritaの家に確認の連絡があり集合場所に7:30にいるように言われていました。

バウチャーには
「集合時間より10分以上遅れる場合にはこの連絡先に電話してください。」
とあります。

でもね、その連絡先、まさかのメキシコなんですよ。
国際電話になります。
キューバからメキシコへは1分300円くらいです。

でも仕方ない、バウチャーにそう書いてあるんですから。
わざわざ昨日連絡してきて7:30と言われているし。
メキシコの会社に電話しました。

スタッフの方が出たので状況を説明します。
すると、「今わかる人がいないからまたかけて。」とのこと。
「国際電話なんです、何とかしてください。」
と伝えると、「じゃあちょっと待ってて。」

結局保留のまま、まったく戻ってきません。
お金がかかるだけなので切りました。
電話代1500円。

ちょっとありえないかなーと思いました。
まず、現地ツアーの緊急連絡先が海外。
実際の催行会社ではない点。意味が分かりません。

100歩ゆずってそれは仕方ないとして、
その緊急連絡先が機能してない点。
もはや何の意味もない。

もう電話しても意味ないと思い、1時間待って来なかったら
あきらめて帰ろうと思っていると、やっと迎えが来ました。
ちょうど1時間経ち、もう帰ろうかとしたところでした。

「7:30の集合時間じゃないの?」

そう聞くと、

「7:30は会社を出発する時刻だよ」

たしかにそういうのはよくありますよね。
出発時間が書いてあって、ほかのピックアップ先を回るから時間がかかるやつ。
じゃあなんで昨日連絡してきたの?

「バウチャーに集合時間は7:30、10分遅れたら緊急連絡先に電話してくださいって書いてあるんだけど。」

そう伝えると、証拠隠滅するみたいに私からバウチャーを取り上げて
7:30のところを消して8:30に書き換えた上、バウチャーを返してくれないんです。

「もう一度見たいから一旦返して。半分はバウチャーじゃないから」

そういっても返してくれない。
さすがに私もここでブチ切れ。

返す、返さないの押し問答になってしまいました。

「みんな見てるからやめてくれ」みたいなこと言われましたが、
だったら一旦返してくれたらいい話。

私がバスに乗らないのでやっと返してくれました。

彼は言われた通り仕事をしただけで、遅刻した訳でもないし、
きっとこれは現地催行会社と手配会社の連絡ミスなんでしょう。
でも、ずっと行きたいと思っていた場所に行けないかもしれないとなって、
迎えが来ない不安もあって、すごく不愉快な思いでした。

しばらくして、私も頭ごなしに彼を責めるようなことを言って悪かったな。
そう思えるようになって、ガイドさんに謝りました。

この後、ツアー客の人たちと話す機会があり、
「今朝はいったい何があったの?」
と聞かれましたが、私も超絶恥ずかしかったです。
ガイドと言い合いするツアー客を見たら、私も引きます。
でも、こんな迷惑客の私に話しかけてくれた人たちには超感謝でした。

話を聞くと、みんなも相当待ったみたいでした。1時間ではなかったけれど。
電話の件とかバウチャー取り上げの件がなければ
私もちょっといらっとするだけだったと思うんだけど。

実際、ガイドさんはとてもいい人でツアーもすごく良かったのですが、
申し込んだ先が良くなかったんだなと思います。

おそらくこの手配会社に問題があったのでしょう、
私が帰国後すぐさまこのツアーは姿を消しました。
今は他の会社のツアーに変わっています。

運が悪かったんですね。
でも、こんなことで動じず旅行を楽しめるようになりたいと思います。
予定通りいかないことも旅の醍醐味!
って思えるような。きっとインドとか長く旅行してたら身に着くのかも(笑)

さてさて、長々とすみません、そんな大変な幕開けでしたが
ビニャーレス渓谷のツアー自体はとっても良かったです。

ちょっと長くなってしまったので続きは次回にしますね。
愚痴っぽい回ですみません。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

キューバ旅行 その38 ハバナでお世話になったCasa。

おはようございます。

キューバ旅行 7日目 ④ 【ハバナ】

シエンフエゴスを17:30に出発してハバナへ。
だんだん暗くなってきて、何度もピカピカッてするから、
バスの車内で誰かがフラッシュたいてるんだろう。
それにしても何をそんなに撮ってるんだろう?

そう思っていたら、バスの乗客たちが撮っていたのは動画で、
ピカピカッてしてるのは雷だった。
しかもかなりの頻度、かなりの近さ。
外は土砂降りだし、結構こわい。大丈夫だろうか・・・。

土砂降りの中、一度の休憩をはさんで、予定よりも1時間以上、
大幅に早くハバナのバスターミナルに到着した。

今回も送迎を頼んでいたけど、さすがに1時間以上前であれば、
タクシーで直接向かったほうが早い。

途中までバスであった日本人の男の子とシェアして8CUC。
不思議な料金体系で多分1人でも、2人でも1人分は同料金だった。

タクシーの運転手さんと隣に座ってる女性に住所を伝え、
予約してたCasaに到着。
今回ハバナでお世話になったのは「Casa Clarita」
マレコンのアントニアオ・マセオ像の近く。

アントニオ・マセオ

今回のCasaは一軒家ではなくて、マンションタイプ。
右端の5階建ての建物。

Casa Clarita (1)

5階建ての3階にClarita、1階に娘さん、ペントハウスに叔母さんが住んでて、
それぞれの部屋に泊まらせてもらえる。
今回私が連絡したときには叔母さんの部屋だけ空いていて、そこを予約。
他にもCasaをやってるお部屋があるらしく入口にはたくさんのイカリマーク。

casa Clarita (1)

エレベータでまず5階へ行ってみると、

casa Clarita (2)

それらしき部屋が見当たらない。
困って5階のお宅で聞いてみると、Claritaのところにまず行く必要があるみたい。
3階へ降りてClaritaのお家へ。
すると、「ようこそ~、待ってたわよ~。」とClaritaが出迎えてくれた。

5階のおばさんのお部屋を案内してくれるという。
すると5階でエレベータを降りて、そこから2階分くらい階段を上る。
やっぱり荷物小さくして来て良かったー!
そうか、ペントハウスってこういうことか。

叔母さんのRosaが出迎えてくれた。
Claritaは英語ぺらぺらだけどRosaはオンリースパニッシュ。
私やっていけるかしら・・・。
と不安になったけれど、Rosaはすこぶる明るいおばちゃんで、
ボディーランゲージで何とかなりそうだった。

部屋に入ると、いろいろ説明してくれた(「aqui(ここ)」ばっかりだったけど)。
ちょっと困ったのがカギ。
カギがたくさんありすぎて覚えられそうにない。

部屋はきれい。

casa Clarita (3)

ちゃんとシャワールームもある。
この左にバスタブとシャワー。

casa Clarita (5)

しかし、このCasaのお勧めポイントは他にもある。

それは屋上から見る景色。
小さいけれど真ん中に見えるのはホセ・マルティ記念博物館。

Casa Clarita (5)

朝だって素晴らしい景色。

Casa Clarita (12)

目の前は海!

Casa Clarita (9)

ちなみにRosaのお家にはわんちゃんが2匹。
Claritaのお家にもわんちゃんがいたので犬嫌いの人は注意。
かわいいし、私は犬好きなのでむしろokでしたが。
どの子も飼い主さんのいうことをちゃんときく子でした。

Casa Clarita (13)

朝食は3階のClaritaの部屋でとります。

朝食

フルーツにジュース、卵、トースト、お菓子と朝から十分でおいしい。

部屋代は1泊25CUC、このおいしい朝食は1食4CUC。
夕食は外食したのでここでは頂いてません。

翌日は世界遺産のビニャーレス渓谷へ行きます☆
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

キューバ旅行 その37 シエンフエゴスから船でちょっとお出かけ☆

おはようございます。

キューバ旅行 7日目 ③
【シエンフエゴス】


なんとなくのノリでCastillo de Jaguaに行くことにしたのですが、
頼りはMaps.meだけ。
地図から船の航路が出てるあたりに行ってみることにしました。

街並み (4)

すると、フェリー乗り場発見!

フェリー (1)

次のフェリーは13:00.
今すでに12:57!!
何てラッキーなんでしょう♪

運賃1CUCを支払って、帰ってくるフェリーの時間を聞くと15:00.
地図上では10分くらいで着きそうな距離だし余裕だと思い乗ることに。
(この日はハバナに戻るバスに乗るのでCasaに16:00には戻る予定)

フェリー (2)

船はすでに超満員で座るとこなんてない。
完全に通勤ラッシュの都内の電車のようです。

乗ろうとすると年配の欧米人の方が手伝ってくれました。
彼によれば向こう岸にいくまで約1時間かかるとのこと。
あら、やばいな。フェリー乗り場に着くのが16:00になっちゃう。
でももう船もでちゃったし・・・。
いいや、いざとなったらタクシーだ。

フェリー

どんどんシエンフエゴスの街が離れて行きます。
しかし、この船めっちゃぼろい。
たしかにこれじゃ1時間くらいかかるよな。

船はぎゅうぎゅうだったけど、風があるので割と涼しい。
途中いくつかの港に寄ったりして現地の人の足にもなってるみたい。

Castillo de Jagua (54)

そして乗るときに手伝ってくれたオーストラリア人のおじちゃんと、
彼のガイド兼友達のキューバ人の男の子とおしゃべりしてたら到着。

「Castillo de Jagua」
1742年に海賊から港を守るためにスペインのフィリップ5世に建てられた要塞。

Castillo de Jagua (3)



入場料は1CUC。3人で中に入って見学。

Castillo de Jagua

要塞から眺める海がきれい!

Castillo de Jagua (47)

Castillo de Jagua (3)

Castillo de Jagua (4)

中は博物館になってて武器などが展示されていたり、長い年表があったり。

Castillo de Jagua (55)

礼拝堂もあったりします。

Castillo de Jagua (60)

他にも地下牢とか、井戸とか。

Castillo de Jagua (23)

のんびり見学して40分くらい。

見学を終えたらフェリー乗り場へ戻って待機。
15:00ってことでしたが、ちょっと遅れてフェリー到着。
無事16:00ころにはシエンフエゴスに戻ることができました。

急いでCasaに戻って、スーツケースをピックアップ。
Viasulのバスターミナルへ。

お昼ご飯食べる時間もなかったので、近くのピザ屋さんでピザ。

ピザ3

ドラム缶でできた釜で焼くピザ。1つ7CUP。(約30円)

ピザ

熱いからって何枚も重ねたボール紙で渡してくれました。

ピザ2

パンがふわふわしてておいしい!チーズもとろとろ!

無事バスの時間にも間に合って、ハバナへ戻ります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。