ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

2015年08月

週末香港&開平 その7 香港の夜景☆

おはようございます。

夜の21:00頃香港に到着しました♪

夜の香港を楽しまなくちゃ☆

週末香港&開平 2日目 ⑤

まずは香港のイミグレ。

フェリーターミナルのイミグレはそんなに混んでなくてすぐに通過できました。

香港ドルも両替を済ませて、まずは今日のホテルのミニホテルセントラルへ。

上環駅から近いし、徒歩圏内だと思って予約したものの、
香港がこんなに坂道だらけだと思いませんでした・・・。

何とか到着~。

ミニホテルセントラル

(朝撮影した写真) 

チェックインを済ませて部屋に入ると、

ミニホテルセントラル

狭い・・・。

鏡があるから何とか圧迫感のない部屋に見えますが、結構狭いです。

でも香港のホテルってすごく高いので、仕方ない。

ちゃんとシャワールームもあるし、トイレも別だし、きれいだし。

寝るだけと割り切れば・・・。

【ミニホテルセントラル】

住所:38 Ice House Street, Central, Hong Kong, Hong Kong
電話:852-21030999

さて、スーツケースをおいて夜の香港の街へお出かけ♪

まずは、夜景を見なくちゃね。

ピークトラムの駅までも徒歩で行ってみました。

ちゃんと道案内の標識があるのでスムーズ♪

ピークトラム


時間が時間だけに乗るお客さんは少なくてすぐに乗れました。

ピークトラム2

ガタゴトと揺られて登っていきます。

せっかくなので展望室に入れる往復チケットにしました。(80HKDくらい)

楽しみにしてた香港の夜景♪

ビクトリアピークの夜景

きれい☆

ビクトリアピークの夜景2

ビルの色が青からピンクに変わったり、晴れてて良かった☆

展望エリアは結構空いてましたが、降りるときは激混みで結構待ちました。

夕食がまだだったのでお腹がグーグー鳴っちゃってる。

何か食べに行こうとやってきたのは、ここ。「鶏記」

鶏記

地元で評判の潮州食堂だって。

イカボールの汁なし麺が有名☆

鶏記2

このイカボール、割としっかり目の味付けでおいしかった♪

麺も見た目よりは味濃くなかったですよ。

香港といえば、沢木耕太郎さんの「深夜特急」で出てくるネイザンロード。

熱気の漂う、ネオンの通りとして出てきます。

ネイザンロード

全然暗い・・・。

時間の問題か時代の問題か。はたまた場所の問題か。

そんなこともあるよね。

と勝手に気を取り直してデザートを食べに行くことにしました。
(さすがにあの汁なし麺だけでは夕食が寂しかったので)

「松記糖水店」

松記糖水店

ここ、夜遅くまでやってるし、日本語メニューもあるし、
デザートのメニューが豊富でおいしいのでイチオシです。

楊枝甘露という、ココナッツミルクにタピオカとポメロ、マンゴーの入った冷たいデザート

松記糖水店2 楊枝甘露

さらに、八賓湯圓という、甘いしょうがスープにお団子の入った温かいデザート

松記糖水店3 八賓湯圓

どっちもめちゃくちゃ美味しかった~♪

ネイザンロード2

お腹もいっぱいになったことだしホテルへ戻ります♪

明日も香港を満喫します☆

最後まで読んで頂いてありがとうございました!
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

週末香港&開平 その6 開平の望楼群をバイタクでくるり。

おはようございます。

自力村の後はバイタクのおっちゃんにお願いして立園と馬降龍と南楼へ行ってみます☆

週末香港&開平 2日目④

まずは立園♪

立園12

入口から何やら立派な佇まい。

ここは華僑が作った庭園なんだとか。

立園1

広いせいか、あんまり人がいません。

立園2

クリーム色の建物がかわいらしい・・・。

芝生におもしろ目の日本語発見。

立園4

「お手柔らかに、足元の緑を心がける」

意味は伝わってるか。

ここはかなり広めの公園みたい。

立園5

中国度の高めな建物もあります。

立園6

この門なんかは中国の庭園でよく見かける感じ。

方向音痴なので迷ってたら若干外に出ちゃってたみたい。

立園8

でも意外に望楼っぽい建物がたくさん並んだ池に出たのでラッキー♪

ミニ自力村もあったり。

立園10

柵がないと写真じゃ本物と区別できないかも???

立園11

いや、後ろの木が超巨大ってことになってしまう(笑)

やっと回り終えて、次は馬降龍!

馬降龍

ここは住宅用の建物がたくさん。

竹林があったりしてて雰囲気がいい。

馬降龍2

平屋の民家が並ぶエリアもあったり。

馬降龍4

ここに迷い込んだら、犬がいて私のほうにものすごい勢いで走ってきた(汗)

やばい!やられる!

馬降龍5

でもぎりぎりのところで飼い主さんが止めてくれました、助かった・・・。

こうやって見るとかわいいけど、中国で犬に噛まれたら狂犬病で死ぬ・・・(涙)
と思って超絶怖かった・・・。

もう怖いから戻ろ。

最後に大きな望楼を見て、おっちゃんのもとに。

馬降龍6

もうバスが面倒くさくなって、おっちゃんに長沙バスターミナルまで一気に送ってもらうことにしちゃいました。
(50元とちょっと高めだけど、途中に南楼があるから寄ってもらえるしいいかなと)

南楼に到着して立派な門構えだったけど、

南楼2


南楼はひとつだけぽつんと建ってました。

南楼

登れそうだったけど、曇ってて周りの景色も見えそうになかったので登らずにおっちゃんのもとへ。

無事バスターミナルに着いて15:50のバスで珠海に18:00頃到着。(77元)

とりあえず、預けてたスーツケースを受け取って、

案内を見ると、珠海のバスターミナルから九州港(フェリー乗り場)へは99番のバス。

バス乗り場は大混雑でカオスな感じだったけど、なんとか乗車して30分くらいで到着。

九州港


20:00のフェリーにのって香港の上環のマカオフェリーターミナルに到着♪(175元)

香港港

なんか夜景がきれい♪

香港、楽しみ☆

長くなってしまったので続きは次回に。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

週末香港&開平 その5 世界遺産、自力村☆

おはようございます。

週末香港&開平 2日目③

開平の望楼群として世界遺産に登録されている物件は広い範囲に散らばってます。

そのうちのひとつ、自力村に次は行こうかな。

問題なのは交通手段。

一応、1時間に1本観光バスが見どころを回ってます。

観光バス

これね。

とすれば、それぞれの滞在時間は1時間で済ませ、次のバスを逃したらさらに1時間待ちです。

うーん、でもタクシーもいないので他に交通手段ないよな・・・

と思ってバス停らしき場所で待ってました。

すると、

バイタク

このおじさんたち、バイタクじゃないか?

でも近づいて立ってても全然声かけてこない。

人よさそうだし、乗ってみようかな・・・。

と声をかけてみることにしました。

すると、自力村や立園は30元、馬降龍は20元とのこと。

バスのほうがもちろん安いですが、こういう時は効率重視です。

そこまで高くないしね。

まずは自力村に行ってもらうことにしました。

ヘルメットも貸してくれたけど、70km/hのスピードには死ぬかと思った・・・。

こんなとこで死ねないよ(汗)

バス停から20分くらいで自力村到着。

ナイスなことにチケットチェックのあとかなり奥までバイクで行ってくれました。

自力村1

なんか中国っぽい感じのお家がならんでる。

進んでいくと、望楼群が☆

自力村2

ヨーロッパの建築のようだけどどこか中国らしさもある。

こんな建物がぽつぽつと寂しそうに立ってます。

自力村3

中には上まで登れる楼閣もあるので、登って上から眺めてみました。

自力村5

なんか、不思議な光景。

自力村6

近くには背の低い民家のような古びた建物も。

下へ降りてまた少しあるくと、

自力村7

さっき見えてた楼閣。

さらに歩くと、

自力村8

菜の花畑☆

自力村9

この時期しか見られないだろうから、これはかなりラッキー♪

いい時に来たな。

ひと通り周って30分くらいで終わっちゃいました。

バスだと1時間はいないとならないからバイタク大正解だったかも。

次は立園に行きます☆

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

週末香港&開平 その4 赤坎映画村と赤坎豆腐角でランチ♪

おはようございます。

週末香港&開平 2日目②

赤坎は映画のセットみたいだな・・・と思ってたら、

赤坎映画村(赤坎影視城)ってのがほんとにありました。

このあたりの見どころの共通チケットが180元(3600円)だったので購入し、
映画村も含まれていたので入ってみました。

赤坎映画村2

今でも撮影に使われてるみたい。

赤坎映画村3

中に入ってみると、

赤坎映画村4


なんか戦時中みたい。

赤坎映画村5

部屋もレトロ。

時計もレトロで素敵。

赤坎映画村6

この向かいにも建物が並んでるんですが、
中はあんまり厚みがなくて、まるで表だけ造ってあるみたいです。

赤坎映画村7


洋館に漢字はやっぱ中国ですね。

赤坎映画村8

ひと通り見終えたらお腹が空いてきたのでランチすることに。

ここ、屋台はたくさんあるんですが、適当なレストランみたいなとこが見当たらず。

歩いてたら赤坎豆腐角っていうローカルフードが目に入ってきました。

赤坎豆腐角 2

なんかいい匂い♪

今日のランチはこれに決定☆

赤坎豆腐角

これで15元。

豆腐とピーマン、ナスに魚のつみれみたいなのを乗せて焼いたもので
醤油ベースのたれとコショウがかかってておいしい☆☆

せっかくここに来たら食べてみる価値ありです。

満足。

通りを歩いてたらかわいらしい豚ちゃんがいました。

赤坎 豚さん

ペットかな?

猫ちゃんもいました。

赤坎 猫ちゃん

かわいい♪

歩いてると、焼き餅発見☆

開平 焼き餅

紫色のとオレンジ色のをひとつずつ。(3元)

開平 焼き餅2

紫芋とかぼちゃのようでした。

もちもちでおいしい☆

さて、そろそろ次の見どころ、自力村に移動しようかな。

長くなってしまったので続きは次回に。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。

週末香港&開平 その3 珠海から開平へ移動☆

おはようございます。

週末香港&開平 2日目①

早朝、起床しまずは珠海のバスターミナルまでタクシーで移動です。

昨日ホテルでお願いしておいたのに、当然のようにこれから路上でつかまえるようでした。

じゃあ、なんで昨日の夜、タクシー呼ぶか聞いたんでしょうね。

やっとタクシーがつかまりバスターミナルへ。

ちょっと余分に時間を見ておいて正解でした。

ホテルから10分で13元でした。

拱北バスターミナル

チケットカウンターへ行くと開平行きのバスは割と頻発していてすぐにチケットが買えました。(75元)

スーツケースをここで預かっておいてもらいたいので荷物の一時預かりはどこかと英語で聞いてみますが英語がまったく通じません。

入口のところにレフトバゲージっぽいトランクの絵とそれを意味する中国語(4字熟語)が書いてあったのでそれをメモってさっきのカウンターでチケットを売ってくれたお姉さんに見せるとようやく分かってもらえました。

どうやら荷物の一時預かりはまだ始まっていないようで、
もうちょっとしたら係りの人が来るから少し待ってとのこと。

そうこうしているうちにバスの乗車時間が迫ってきました。

ちょっと、これは無理そうだと思ったのでバスを1本遅らせてもらいました。

しばらく待っていると、お姉さん(英語通じる)がやってきました。
良かった~。

無事荷物も預けられてほっとしたら、お腹が空いてきました。

バスまでまだ時間あるし、朝食をゲットしに行くことにしました。

裏側の通りには食堂がたくさん。

肉まんや

店先で売られてた肉まんをゲット。

肉まん

バスターミナルでバス待ちしながら頂きました。

まあ、すごくおいしいわけじゃないけど、まあまあです。

小さいけど10個の破壊力は結構なものでした。

満腹。

8:05発のバスで出発です。

バス

バスでまずは開平のバスターミナルまで移動して、(約2時間)
そこからローカルバス(4番)で赤坎まで30分、4元。

無事、赤坎に到着です。

赤坎駅

この前にバス停があって、1時間に1本くらいで観光バスが走ってるみたいでした。

観光バス

見どころをいろいろ回るみたい。

うーん、今日は時間がないからこれでのんびりはちょっと難しいかな・・・。

もしちょうどよければ使おうかなとおもいつつ、赤坎の街を観光することにしました。

全然人がいないけど、ほんとにここは世界遺産の観光地なんだろうか・・・。

赤坎

まるで廃墟の洋館が建ち並んでるようです。

赤坎2

ちょっと人気のあるほうへ進んでみると・・・

赤坎3

おぉ!

赤坎4


川の両岸に洋館がずらりと建ち並んでます。

赤坎5

対岸から見てみると、

赤坎6

中国じゃないみたいです。

でもマカオなんかで見るかなりヨーロッパよりの建物と違って、
中国っぽさもあるような感じです。

赤坎はまだまだ続きますが、

長くなってしまったので続きは次回に。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。
カテゴリー