ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

アルゼンチン旅行 その20 トレッキング後はカフェで一息。

ロストレス湖トレッキングから何とかエルチャルテンに帰還。
街にあるカフェで休憩することにしました。

アルゼンチン旅行 4日目 ③

エルチャルテンにあるカフェ、La Nana。

La Nana (1)

かわいらしい店内。

La Nana (4)

ベーカリーも併設しています。

La Nana (3)

カフェラテとアイス。
アイスは紫色のカラファテベリーのアイスとバニラ。

La Nana (1)

マットが地図になっていておしゃれで実用的。

La Nana (2)

なかなか大変なトレッキング(詳しくは前回の記事)だったので、
ここで、しばらくのんびりしました。
wifiが使えるはずでしたが、どうやっても繋がらず、
お店の人に聞くとそういう時もあるとのことでした。

この後はアルゼンチンの郷土料理を食べに行きます。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

アルゼンチン旅行 その19 絶景のロストレス湖で死ぬかと思った話。

Fitz Royの麓にあるロストレス湖を目指します。

アルゼンチン旅行 4日目 ②

ロストレス湖までは往復10時間の道のり。
往路で6時間、復路で4時間くらいだと思います。
(普段運動していないヘタレの私のペース)

この日は午後から天気が崩れるという予報だったので、
早めにアタックして帰ってくるつもりで出発。

しばらくこの美しいFitz Royを眺めながら歩きます。
若干不安なことに誰も歩いている人がいないんですよね。
朝早すぎるのかな。

Fitz Roy (81)

Miradorからしばらくはほとんど起伏もなくて楽な道が続きます。
まずは8㎞地点のPoincenotキャンプ場を目指します。

Fitz Roy (94)

景色がきれいだし、天気もいいし気持ちがいいです。

Fitz Roy (146)

太陽もしっかり出て来て最高にきれい。

Fitz Roy (149)

ひとりずつじゃないと渡れない木の橋を渡ったり。

Fitz Roy (160)

キャンプ場に到着です。

Fitz Roy (173)

ここで1泊して早朝、ロストレス湖で朝焼けのFitz Royを見ることもできます。
さすがに1人キャンプは難易度が高すぎるのでやめました。
ここまで来たらもう少し。
近づくにつれてFitz Royま手前の山に隠れて見えなくなります。

Fitz Roy (176)

Fitz Roy (181)

少し登りの道も増えます。でも、全然大変じゃない。

Fitz Roy (187)

本当に大変なのはここから。最後の1時間です。

Fitz Roy (195)

最初は傾斜がきつくても整備された道って感じで大変じゃない。

Fitz Roy (199)

でも途中からこんな感じの道になる。

Fitz Roy (202)

ここ、歩くんだよね?

Fitz Roy (205)

かなり足場が悪いです。

Fitz Roy (206)

でも高いところまで登ってきているので振り返ると景色がきれい。

④Fitz Roy (213)

Fitz Roy (232)

登り切ったかなと思うと、最後に小高い丘が現れます。
向こうにFitz Royが見えてるけど、普通に雪が積もってる。

Fitz Roy (225)

頑張って丘の上に上ると、ロストレス湖!
すごくきれい!

Fitz Roy (228)

しかし、あまりの風の強さに立っていられません。
本当ならあの湖の湖畔まで行けるらしいのです。
この時10:30くらいで、天気が悪くなるのは午後からの予報。
少し待った方がいいのかなと見ていると、どんどん山の周りが白くなっていく。

Fitz Roy (235)

強い風がこちらに向けて噴くと、雪が一緒に吹き付けます。
山の上で降っている雪がこっちへスゴイ勢いで向かってきていました。

これはやばい。
気が付いた時にはちょっと遅かった。
この時丘の上にいたのは私と中国人のおじさん、フランス人のグループ。
中国人のおじさんは私より一足先に下山して行きました。

まずいと思って下山し始めたものの、立っていられないの程の強風。
少し風が弱まった時に進もうと思うんだけど風はどんどん強くなる。

とにかく歩かなくちゃと立ち上がった瞬間、強い風が吹いて体が持ち上がります。
そのまま地面に叩きつけられました。
めちゃくちゃ痛い。でも骨折とかはしてなさそう。

また立ち上がって歩こうとすると、同じように2回目。
このままここから降りられなかったらどうしよう。
死ぬかもしれない。そう思うとぞっとしました。

幸い2回目も骨折はしてない。
でも、もう歩くのは危険だと判断。
座ったまま体を低い体勢にしたまま進むことにしました。

後ろにいたフランス人のグループには山岳ガイドらしき人がいました。
私にも声をかけてくれて、この人達と一緒に下山すれば大丈夫に違いない。
そう考えると少し安心して、彼らと一緒にある程度安全な場所まで下山。

すると、これから登ろうと上がっていく人が多くいて、
危険だしもう山は見えないしやめた方がいいと伝えました。

ついさっきまで青空できれいにFitz Royが見えてたはずの場所。
もう真っ白で何も見えません。

Fitz Roy (241)

最後にカプリ湖によって帰りました。
ここまでくると天気も良くて湖がきれい。

Fitz Roy (242)

でも本当なら見えるはずのFitz Royはやっぱり真っ白でみえませんでした。

Fitz Roy (249)

何とか入口まで戻ってきました。
体中打撲で痛いけど、沢山着込んでたおかげで、幸い大怪我はなかったです。
トレッキング用のパンツとかびりびりになりましたけど。

山はやっぱり怖いですね。
トレッキングとはいえ、1人は危険だし気をつけなくちゃいけないなと思いました。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

アルゼンチン旅行 その18 朝焼けのFitz Roy!

この日は暗いうちからトレッキングスタート。
朝日が照らすFitz Royを見に行きます。

アルゼンチン旅行 4日目 ①

この日の日の出は7:50分頃の予定。
それより1時間くらい前には着いておきたいと思って、
5:30頃ホテルをチェックアウト。
スーツケースを預かってもらって出発。

早朝 (1)

全然真っ暗。
それなりにトレッキングに出かける人がいるのかと思いきや、
まったくいません。

町の街灯から離れていくと、星空がすごくきれい!
身軽にトレッキングできるようにミラーレスは置いてきちゃいました。
うーん、残念。三脚も持ってきたのに。

入口に到着して困った事態が発生。
ヘッドライトを持ってきたんですが、点かない。
日本で確認した時はちゃんと点いたのに。
完全に真っ暗なのでライトがないと何も見えません。

どうしよ。困ったなー。
引返す?でも、せっかく来たし絶対見たい。
考えた結果、スマホのライトで行ってみることにしました。

10分位歩いたでしょうか。
何だかあまり見覚えのない感じがしたんですよね。
前の日に歩いた、同じ道を歩いてるはず。
最初の1時間くらいは息が切れるくらいハードだったはず。

おかしいな。道を間違えた?
不安になったので、引き返すことにしました。
戻ってみると、やっぱり間違えてた。

Fitz Roy (2)

この標識の左に行かないといけないのに、
なぜか標識の歩く向きにつられて右へ入っていました。

危ない。これで20分位ロスしました。
でもここからは順調に進みます。
前日に来てたのが良かったです。
だいたいのペースが分かります。

1時間10分くらいでMiradorに到着しました。
7:00過ぎくらいに到着。
少しあたりが明るくなり始めてきました。
なんとかFitz Royも見えます。

Fitz Roy (5)

まだ朝日は昇らないので、しばらく待機。
買ってきたパンで朝ごはん。
すると、日本人の男の子2人とカップル1組。
まさかのFitz RoyのMiradorで日本人だけ5人。

欧米人は朝早くから来ないんですかね。

だんだん明るくなってきました。

Fitz Roy (12)

反対側の空が赤く染まっていきます。

Fitz Roy (23)

Fitz Royの周りの雲が赤く染まっていきます。

Fitz Roy (25)

すでにこれだけですごくきれい。

Fitz Roy (37)

だんだんFitz Royを朝日が照らしていきます。

Fitz Roy (55)

どうやら雲がかかっているようで、全部は赤くならない。

④Fitz Roy (63)

時間にしたら5分もなかったんじゃないかな。
あっという間でした。
全体が赤くならなかったのは少し残念でしたが、
山自体見えないこともあるので、1日しかないチャンスでこれだけ見られたら満足。

ここまで1時間ちょっとで来られるので、
何日か滞在するなら何度かチャレンジしたいところです。

この後は往復10時間のトレッキングコースで、
ロストレス湖へ向かいます。

続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー