ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

トルコ旅行 その3 トルコ最大のローマ遺跡、エフェソス遺跡☆

こんにちは。

出入国の時の自動化ゲートってご存知ですか?
指紋とパスポート情報だけで出入国の審査をスピーディーにできるんです。
事前登録が必要ですが、週末弾丸旅行の時は大活躍でパスポートのスタンプを押す場所も節約できて最高!と思ってる奈緒です。
でもみんなこれになるとと並ばなくてすむ旨味がなくなるのであまり広まらなくていいやとも思ってたりします。

まだ自動化ゲートのことなんて知らなかった頃のお話、トルコ旅行のお話です。

トルコ旅行3日目

今日は朝5時半起床です。

今日はエフェソス遺跡に行きます。(追記:2015.6世界遺産に登録されました☆)

朝から3時間のバス移動です。
朝起きてから、2回もトイレに行ったのに、
バスの車内でどうしても我慢できない程の尿意に襲われました。
なんとか我慢していたものの限界・・・。

もう限界!!

バスにはトイレがついていたので仕方なく使用することにしました。

子供たちも年配の方たちも全然使ってないのに恥ずかしい。

トイレは臭くて汚かったです。
でもそんなことより一大事だったのは鍵がかからなかったこと。

でもだからって我慢できない程切羽詰ってました。
バスは走っているので途中揺れたり、衝撃がきたりしますよね。
してる最中に若干トイレのドアが開いて焦りましたがなんとか事なきを得ました。


トルコとは関係ないですが今まで2回トイレを開けられたことがあります。

1回目はパリのルーブル美術館で。欧米人のおばちゃんが勢いよく開けて「sorry」とあっさり閉めてくれました。
2回目はJR新幹線の車内で。あのトイレって鍵をかけなくても閉まるんですよね。鍵をかけたつもりで下着もおろしてしていたら中学生くらいの男の子に開けられました。男の子はわけが分からなかったようで少し間がありましたが私が「閉めて」といったので閉めてくれました。多感な時期にヘンなものを見せてごめんなさい。

話がそれました。

エフェソス遺跡に行く前に「聖母マリアの家」に立ち寄りました。

聖母マリアはキリストの処刑の後このエフェソスで過ごし、死を迎えたと云われているのです。

これは1951年に建てられたものだそうです。

聖母マリアの家


この聖なる水で手を洗って

水道


おみくじ的な感じで願い事を書いて括り付けているようです。

おみくじ的な


この後エフェソス遺跡へ。

エフェソス遺跡はトルコ最大のローマ遺跡です。

ここは本当にすごかった。
こんなこと言ってはいけないかもしれませんが、昨日のトロイの遺跡より断然面白かったです。
トルコ旅行を考えている方がいたらトロイを削ってもいいからエフェソスには行ったほうがいいよ!
というと思います。

入口から入ると、まずはこちら。

ヴァレリウスの浴場 

2世紀に建てられたものらしい。

⑬-1エフェス遺跡 ヴァレリウスの浴場


アゴラ(広場)


⑬-4上のアゴラ


オデオン(劇場)


⑬-6オデオン


バシリカ(アウグストゥス帝時代の列柱廊)

⑬-12バシリカ


市公会堂

⑬-13市公会堂


病院跡

⑬-22病院跡


ポリオの泉

⑬-23ポリオの泉


⑬-24ポリオの泉2


勝利の女神 ニケ

⑲-25勝利の女神ニケ


トラヤヌスの門

⑲-29トラヤヌスの門


モザイク画がきれい。

⑲-31モザイク画


ハドリアヌス神殿

⑲-33ハドリアヌス神殿


公衆トイレ

⑲-36公衆トイレ


ケルスス図書館

⑲-38ケルスス図書館


⑲-40ケルスス図書館


世界最古の広告といわれる娼婦の広告。

⑲-43広告


マーブル通り

⑲-44マーブル通り


商店街

⑲-45商店街


アルカディアン通り

⑲-46アルカディアン通り


大劇場

大劇場


もう規模がめちゃくちゃ大きい。
ケルスス図書館なんかは彫刻などもすごくて、しばらくずっと見ていたいくらいでした。
最初エフェソス遺跡って何ソレ?くらいの感じでしたがとってもいいところでした。


この後近くにあるアルテミス神殿の跡

アルテミス神殿

っていっても柱が一本ぽつんとあるだけ。
でも世界7大不思議のひとつなんだとか。

この後はランチ。
トルコの家庭料理のバイキング。

シシカバブ

シシカバブもありました。

イスラムの国なので豚肉はご法度です。
羊が多く食べられてます。でも私は羊が全然だめなんです。
このお肉も1本は羊でした。気が付かずに口に入れてしまいました。
なんど飲み物を飲んだりしても羊が襲ってきて大変でした。

この後いよいよこの旅のハイライトのひとつ、パムッカレへ行きます☆

長くなってしまったのでまた次回に。

お付き合いいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

トルコ旅行 その2 世界遺産のトロイ遺跡☆

こんにちは。

機内食が運ばれるときに“chicken or fish?”って聞かれると私は大抵チキンを選んでしまいます。
でも素材じゃなくて味付けを教えてくれたらいいのにって思ってる奈緒です。

どんな料理?って聞く英語力も、説明を聞き取る英語力もないのでANAのメニューを写真で事前に見せてくれるサービスはすごいって思います。一応断っておきますがANAの回し者ではありません。


トルコ旅行 1日目

トルコの玄関口イスタンブールへはトルコ航空、直行便で11時間程。
成田13時発でイスタンブールには現地時間の18時頃到着予定。


今回は添乗員さんの付いたツアーで、いたれりつくせり。
参加者は春休みってこともあって家族連れも結構いました。
あとは割と年配のご夫婦や年配のひとり参加の方など子供以外では私は一応最年少。
全部で30人くらいでしょうか、こんなに沢山参加者のいるツアーは初めて。


空港到着後両替を済ませておきます。
ドルやユーロと違い日本で両替するよりレートがずっといいんです。
3万円両替、1TL=55円でした。

バスで空港近くのホテルへ向かいます。ホテルはCourtyard Marriot 。
部屋はダブルだったのでひとりには十分♪

Mariott


ここで早速一人の良さを実感です。
お風呂にどっちが先に入るとかもないし、
お風呂上りに裸でうろうろしいてもいいし、
誰もいないので煩わしさが一切ないのです。

早速一人で旅行することにはまりそうな予感がしました。
「ひとりっていいわー」を連発してました。


朝食が6時半からなので、6時に起きることにしました。

3月31日からサマータイムで1時間遅くなるってことで、
携帯のアラームを5時に設定しておきました。
(これで明日は現地時間サマータイムの6時に起きれるはず)
長いフライトで疲れていたこともあって10時頃には就寝。


トルコ旅行2日目

朝アラームが鳴って起床。
ささっと準備をすませて朝食を取りに下のレストランへ。

すると、誰もいません。

???

失礼ですが年配の方々は私より早起きなはず・・・。
まさかもうみんなご飯をたべちゃったの?(いや、違うよね?)

少し待ってみても誰も来ません。
っていうかレストラン空いてないしロビーもやや暗いんです。

一人スタッフを見つけて朝食はまだ?ときいてみました。
まだだと言われました。

うーん。おかしいな。添乗員さん時間間違ったのかな?
仕方ないので部屋へ戻りました。

ここでやっと自分が間違っていたことに気が付きました。

私の携帯は今日の午前0時からサマータイムを感知し
私が寝ている間にサマータイムの現地時間に変わっていたのです。
だから私は完全に早起きしすぎていたのです。
(サマータイムややこしい!)

誰か一緒に旅行していたら未然に防げたミスなのかも。
しかもバカだねーと笑ってくれる相棒もいません。

一人でやっちゃたなーと思ってお終いです。

サマータイムは気を付けようと肝に銘じました。

トルコはヨーロッパ側とアジア側にマルマラ海を隔てて分かれています。
ヨーロッパ側をバスで南下して、
ダーダネルス海峡をフェリーでアジア側へ渡ってトロイ遺跡まで行きます。

途中ドライブインで休憩しチャイを頂きました。

チャイ

チャイって勝手にインドのミルクティーを想像してましたが、
トルコのチャイは普通の紅茶のことでした。
おいしいです。

フェリーの中でもお腹がすいてしまいアイラン(塩味の飲むヨーグルト)をごくり。
これあっさりしてて、食事のお供でも行けそうでした。

アイラン

フェリーは30分ほどで対岸のチャナッカレに到着。短い船旅でした。

バスでさらに40分ほど移動してランチタイムです。

まずは、だいぶ薄味のトマトスープが出てきました。

トマトスープ


メインの白身魚のフライは衣がふにゃふにゃです。

白身魚フライ

最後はデザート。同じテーブルの方とシェアしました。

甘ーい菓子

左:はちみつたっぷりのカステラ(甘すぎ)

中:バクラヴァ 薄く伸ばしたパイ生地にナッツが入ってるお菓子。
なぜかたっぷりのシロップがかかっている。(甘すぎ)

右:シュトラッチ ライスプリンのこと。これは甘さ控え目でナイス。

ランチ終了後トロイ遺跡へ向かいます。

ここは実業家シュリーマンがホメロスの叙事詩「イリアス」を信じて発掘した遺跡。
トロイ戦争のトロイの木馬は有名ではないでしょうか。

トロイは街が滅びるとその上に新たに街を作ることを繰り返したので
9層の異なる時代の遺跡が複雑に重なっているんです。
いまだ発掘中だとか。世界遺産に登録されています。


入口から入っていくとこんな感じで草むらに礎が残る場所が多かったです。

トロイ遺跡

オデオン:ローマ時代の劇場跡

BlogPaint

聖域

聖域

ランパ:城塞に通じる通り道

ランパ

シュリーマントレンチ:発掘にためにできた溝

シュリーマントレンチ

メガロン:ベランダ付きの建物らしい

メガロン

イースタンウォール:城壁


イースタンウォール

パレスハウス:宮殿跡

パレスハウス

かの有名なトロイの木馬はレプリカの上、修復中。残念。

木馬修復中

こんなところに猫が。かわいい。

猫

正直すごい!!って感じではなかったですが、旅のスタートはこんな感じでした。

今日の宿はHalic Park Hotel。

Halic park hotel2

なんとエーゲ海がそばに見えます。

エーゲ海

あれ?あんまりきれいじゃないですね。
エーゲ海って響きは素敵なんですが。

夕食はバイキングでした。ツアーなので仕方ないですね。味は悪くなかったですよ。

長くなってしまいました。

明日はエフェソス遺跡に行きます☆

お付き合い頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

トルコ旅行 その1 そうだトルコに行こう。

こんにちは。

なぜかアジアで旅してると右も左も分からないのに道を聞かれてしまう奈緒です。
日本にいても聞かれます。でも私はかなりの方向音痴です。よく一人で旅してますね。


トルコ旅行のこと、書こうと思います。


職場が変わった時に次の仕事が始まるまでの間、3月の終わりくらいに1週間くらい休みができました。

私はGWに休みが取れる職場になったのでこの時すでにGWのことで頭がいっぱいでした。
3月のこの休暇に気が付いてなかったのです。


カレンダーを見てて、あれ?3月のこの1週間て旅行に行けるんじゃないの?
と思ったのです。1週間あればちょっと遠くてもそれなりに楽しめます。


そこで私は前々から行きたいと思ってた場所リストからのトルコを選びました。

トルコのベストシーズンは4月から11月くらい。
ちょっとだけ早いけど大丈夫でしょうと。


行きたいと思ってた場所はパムッカレ、カッパドキア、ブルーモスクです。どれも世界遺産です。

トルコ



この時私はまだ完全に一人旅デビューしていなくて、
効率よく短時間で見どころを回るツアーに申し込むことにしました。


最後に一人ぼっちで海外へ行ったのは10年近く前でしたし(カナダホームステイ、完全な一人じゃないですね)、急に誘ってこんな時期に1週間も休みのとれる友人もいませんでした。


そんなこんなでトラベルコちゃんの登場です。
複数の旅行会社から行き先、出発空港、出発日など条件設定して検索できるサイトです。

トラベルコちゃんで某有名旅行会社の8日間のツアーがひっかかりました。

一人参加料金がかかってしまうので高いなと思いましたが、
行きたいし、お休みまで時間もないし、勢いで申し込みました。

とはいえ、団体ツアーにひとりってそんな人いるのかな?いるんです。とりあえずここにひとり。私が参加したツアーも私の他に2人いました。わたしの2倍は生きてらっしゃる方々でしたが・・・。

完全ひとり旅になるのはもう少し先のお話なので、今回は団体ツアーにひとり参加するお話ですが、お付き合い頂ければと思います。

長くなってしまったので続きはまた次回に。


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
カテゴリー