ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

インド旅行 その2 早速インドの洗礼を浴びる

こんにちは。

インドのような衛生状態の悪い国に行くと、おなかを壊すこと必至の奈緒です。

初海外の韓国でも、タイでも、インドネシアでも、もれなくおなかを壊して、
エジプトでは脱水のせいで倒れるところでした。

なのでインドのような旅先の時の必需品が3つあります。

ウエットティッシュ(まずは除菌が大事)
スポーツドリンクの粉(水は買えるのでこれを溶かせば命の水に早変わりです)
整腸剤(できたら抗生物質も)

お世話にならずに済むのが一番ですが、海外旅行保険には絶対入ります。
どんな旅先でも入ります。

今まで病気でお世話になったことはないですが、
航空機遅延でホテル代や交通費がかからずに済んだりして助かっています。
毎回の保険料を考えれば、もとは取れないですけどね。

ではインド旅行のお話です。


インド旅行 1日目

夕方のフライトなのに前泊したので時間が有り余ってました。
昼前にチェックアウトして、空港のマッサージ屋さんで1時間くらいマッサージ。

お昼ご飯に「唐朝刀削麺」で酸辣湯麺を頂きました。

唐朝刀削麺でランチ

酸っぱ辛い食べ物が大好きなので、これはかなり気に入りました。

まだまだ時間が余ってるのでネイルをしに行きました。

ようやくチェックインの時間です。

今回はANAです。   
17:55成田空港を出発。

平日だったからか機内はガラガラでした。
だけど私の隣には香水を漂わせたお金持ちそうなインド人のおじさんが座ってました。


機内食はかしわ飯かドライカレーだったのでかしわ飯にしました。

機内食

温かい味噌汁のサービスいいですよね。


映画を2本くらい見て、現地時間の23:45(時差-3時間30分)デリーに到着。

着陸間際に何やら殺虫剤のスプレーを撒いてました。
検疫きびしいなあと思いました。

税関前の両替で2万円両替。(1Rp=2円くらい)

外に出ると日本語のめちゃくちゃ上手なインド人男性のガイドさんと、
アシスタントの男の子が待っててくれました。

個人で来たら、この時間に自力でホテルまで移動しなくちゃならないので、
ANAが好きでもインドに個人で来るときはあまり利用しにくいかな・・・。

昼間につくフライトがいい気がします。

ツアー客は全員で15人。ほとんどが同年代の女の子でした。

AM1:00頃に全員が集合してホテルへ出発。

夜中だというのにデリーの道路はカオスな状態でした。
クラクションはすごいし、みんな車間距離狭すぎるし・・・。

今日のホテルはメトロポリタン。

メトロポリタン

広くてきれいでよかったのですが、室内はクーラーが、がんがんに効いててすごく冷えてました。

なのにシャワーを浴びようと思ったら全然お湯が出ないじゃないですか。

もう冬にぬるま湯シャワー浴びてるみたい・・・。
仕方ないので早く終わらせるしかないよ~。

夜中に部屋を交換してもらいに行くのも面倒だし。

はー、寒かった~。

こんないいホテルなのに、早速インドの洗礼を受けた気分。

結局ベッドで横になれたのは3:00でした。


お付き合いいただきありがとうございました。

明日はデリー観光です。


ランキングに参加しています。

水シャワーつらいよね~とか共感して頂けたら応援のクリックして頂けると嬉しいです。
ページが切り替わるとポイントが入る仕組みです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

インド旅行 その1 ゴールデンウィークに旅行に行ける!

こんにちは。

社会人になってからゴールデンウィークはずっと仕事をしてたので、
何がゴールデンなんだかと思っていた奈緒です。
職場が変わってこれまであきらめていたゴールデンウィークの海外旅行ができることになりました。
ゴールデンウィークは素晴らしいですね。

どこへ行こう?

もうタイトルがインドなのでネタバレしてますが、インドに行くことにしました。

インドではゴールデントライアングルと呼ばれるエリアが(デリー、アグラ、ジャイプールの3都市)、
大人気観光地になっています。

インド

弾丸ツアーでは5日間で行けるみたいでした。

中でもタージマハルは絶対行きたいリストのひとつでした。

実はインドのベストシーズンは10月から3月。
暑い国なので日本の冬にあたるところが一番観光しやすいのです。

中でも5月は酷暑期・・・。

今の私ならGWにインドは多分選んでないのですが、
インドに行きたくて仕方なかった私は暑さも顧みずGWのインド行きを決めたのでした。

このころレイプ事件などがニュースで取り上げられて、
女性一人でインドに行くのはまずい感じでした。

なのでまたツアーにしてしまいました。
ただ、このツアーは結果的には正解だったような気がします。

酷暑のインドで女性一人迷ったりするのは相当しんどいし、
行きたいところへの交通手段の確保されたツアーは良かったです。

でも次にインドへ行くならバックパッカースタイルで行くと思います。

インドはビザが必要な国です。
旅行会社が代行取得してくれました。

あれ??なんか・・・

かなりズルして旅行したみたいな感じですが・・・

次回からゴールデンウィークのインド旅行、5日間についてです。
これからゴールデンウィークの旅行先を決める方の参考になったらいいな。

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

トルコ旅行 その7 世界遺産の街イスタンブール☆

こんにちは。

ガイドブックは小さいけど必要な情報はちゃんと載ってるし、
何よりかわいいので「aruco」と「ことりっぷ」が好きな奈緒です。
トルコにも「aruco」を持っていきました。
「タビトモ」も小さくて軽いので割と買います。

でも最近はこれらのガイドブックの出版されてない国に行くことも多く、
結局「地球の歩き方」を買ってます。
「aruco」と「ことりっぷ」にもっといろんな国のガイドブックが出たらいいなと思います。

トルコ旅行 6日目

朝5時に起きてカイセリ空港からイスタンブールへ飛びます。

この空港のゲートは特に座るとこなんてなくて立って大行列になってました。
そんな感じなので当然のようにフライトが少し遅れました。
30分くらい、かわいいものです。

イスタンブールには2時間ほどのフライトで11時半ころ到着。

トルコ航空

観光前にランチをとることになりました。
ランチへ向かう途中、バスの車窓からイスタンブールの街並みが見えて感動。

海を隔ててアジア側、ヨーロッパ川に広がる街並みがすごくきれい!!

ガラタ塔

こんなところお散歩できたら素敵だろうなーと思いました。

釣りしてる人がたくさん!何が釣れるのかな??

釣りだらけ

ランチはなぜかBENTOでした。肉じゃがにサバの塩焼き。
もうすぐ帰国なのになぜ今和食なのでしょう。

ランチ

と思ったらドネルケバブサンドも出てきました。

ドネルケバブサンド

これ美味しかったです。でも時々羊がいたような気がします。
BENTOでお腹いっぱい気味の頃出てきたので完食できず。

この後はブルーモスクへ♪

見えてきました!!

ブルーモスク 道から

きれい!!

ブルーモスク

外もとっても美しいですが、中へ入ってみると・・・

ブルーモスク


ブルーモスク 天井

やばい。きれいすぎる。
モスクってきれいなところ多いけど、ここは格別。
モザイクが美しすぎる・・・。

チューリップをモチーフにしたタイルもかわいすぎ♪

ブルーモスク タイル


あんまりきれいでずっと見とれていたかったけど、
そこはツアーなので集合時間になってしまいました。
たったの15分って。なんてもったいないのでしょう。

イスタンブールは歴史地区として世界遺産に登録されています。

このブルーモスク「スルタン・アフメット・ジャーミー」も、もちろん登録物件のひとつです。

旧市街のブルーモスクのすぐ近くにはアヤソフィアやトプカプ宮殿、地下宮殿があります。

この後トプカプ宮殿へ。

トプカプ宮殿

トプカプ宮殿は広大な領土を持ったオスマン朝の宮殿だったところ。
豪華絢爛な宮殿でした。

すでに入口から青いタイルのモザイクがすごくきれいでした。

トプカプ宮殿2

お部屋もきれいだし、

トプカプ宮殿3

ステンドグラスもきれい。

トプカプ宮殿4

建物の内装はどこも美しくてうっとりするほど。

でも一番すごかったのは宝物館!

残念ながら写真撮影禁止だったのでお見せできないのですが、

黄金のゆりかごや世界最大級のエメラルドで飾られた短剣、
大きなエメラルドでできたのスルタン(王様)のターバン飾り
巨大なダイヤモンド。

やばかったです。

トプカプ宮殿の裏側からイスタンブールの街並みが見えます。

トプカプ宮殿から

その後地下宮殿へ。

地下宮殿って言ってますが実は4-6世紀に造られた貯水池。
でも地下にずらっと柱が並んでいてまるで地下宮殿のようなのです。

地下宮殿

ただの貯水池なのになんだか幻想的・・・

地下宮殿2

メドゥーサの柱。顔が横だったり、

メデューサ2

完全に逆立ちだったり。

メデューサ

これは涙の柱。

涙の柱

柱の模様が涙みたいだからだそうです。
トルコのお守り、ナザールボンジュのモチーフなのだそう。

夕方になってしまったのでバスでホテルへ戻ります。
すぐ近くにアヤソフィアがあるのですがこの観光は明日なのです。

そしてここから衝撃のバス移動です。

このブルーモスクのあるあたりから今日のホテル、
リッツカールトンまでは距離にして10㎞もないのですが、

なんと2時間!!

渋滞がひどくて全然進まないんですね。

こんなことならホテルへは自分で行くから旧市街でもう少しゆっくりしたかったです。

しかも20:40発のボスポラス海峡ディナークルーズのために19:40には乗船場へ。

ボスポラス海峡

1時間も前って。当然他の乗客は誰もいません。
よく船に乗せてくれたなって感じです。

ボスポラス海峡クルーズ

しかも定刻になっても乗客が集まらないのでなかなか出発せず、
結局21:20頃になってようやく出発しました。

これにはかなりいらっといました。

食事もいまいちだし。

前菜に

前菜

チキンのソテー(写真ぶれぶれ)

チキングリル

でも夜景はとってもきれいでした。

ドルマバフチェ宮殿や

ドルマバフチェ宮殿

ボスポラス大橋

ボスポラス大橋

イスタンブールの夜景

夜景

チュランパレス。(超豪華ホテル)

チュラーンパレ

2時間ほどでしょうか。

ホテルへ戻ってきました。

今日はリッツカールトンなので、
のんびり過ごしたかったですが、滞在時間がかなり短い。

寝心地の良かったベッド。

Ritz Carlton

お風呂もきれい。

Ritz Carlton2

トルコ旅行7日目

今日は朝少し早起きしてお散歩へ行ってみます。

6時半に朝食へ。
やっぱり一流ホテルの朝食はとっても美味しかったです。

朝ごはん

リッツカールトンは少し坂を上がったところにあります。

なので海まで坂道を下っていきます。

突き当りにドルマバフチェモスクがありました。

ドルマバフチェ・ジャーミー

すぐ近くにはドルマバフチェ宮殿です。

ドルマバフチェ宮殿

もちろん朝早すぎるので中には入れません。

オスマン朝末期の豪華な宮殿です、せっかく来たのに中に入れないなんて残念・・・。

ボスポラス海峡を眺めて

ボスポラス海峡

後ろ髪をひかれる思いでホテルへ戻ります。

朝早くバスでどこかへ連れていかれました。

皮製品ショー

皮製品のファッションショー・・・。

正直、まったく興味ありません。

朝っぱらからこれを見てどうするの・・・。

ツアーが安くなっているのはこういうお店のおかげなのですから邪険にはできないのですが。

やっと革製品屋から出られて、

アヤソフィアへやってきました。

アヤソフィア

アヤソフィアはもともとキリスト教会として建てられたけど、のちにイスラム寺院に変えられて、
キリスト教のモザイク画なんかも漆喰で塗りつぶされてました。
今は修復が進んで2つの宗教が混在してるのです。

入口からモザイク画が美しい・・・

モザイク画

修復中のところもあってちょびっと残念。

宗教の融合

天井もきれい。

天井

ここは世界の中心らしい。何て傲慢なんでしょうか。

世界の中心

2階へ上がるとモザイク画がたくさん! 

モザイク画

どれもすごくきれい!

モザイク画


モザイク画

アヤソフィアのあとはグランドバザールへ。

グランドバザール

ここはまるで巨大な迷路みたい!
ガイドブックに地図があったから何とか帰還できたけど、
集合時間に間に合わないかと焦った。

青いストールと食器をお土産に購入しました♪
食器はすぐ割れちゃったけどね。

この後ランチへ。

前菜はちょっとずつ。

ランチ

トルコに来たら一度は食べてみたい、サバサンドも頂きました♪

サバサンド

パンとサバって意外に合う。美味しかったです。

他に、いわしのから揚げも頂きました。

イワシのから揚げ

このレストランどれもおいしかった♪

ランチのあとバスで空港へ。

イスタンブールの街が名残惜しいです。

イスタンブール

空港ではトルコ石を買ったので免税の手続きをしましたが結構時間かかりました。
ツアー客で押し寄せたからかな。

17:30発イスタンブール発で翌日10:35成田着でした。

今回の旅行を終えて、やっぱりツアーだと自由が限られるし、自分にとっての無駄な時間が多くなる。

イスタンブールは完全に消化不良だったのでまたいつかゆっくり訪れたい街となりました。
すごく素敵なところだった。

トルコは他にもたくさん世界遺産があるのでまた行きたいな。

これでトルコ旅行は終わりです。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

次回はゴールデンウィークに行ったインド☆

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
カテゴリー