ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

アルゼンチン旅行 その2 アルゼンチンペソはどうやって手に入れる?

ブエノスアイレスにやってきました。
まずは現地通貨を手に入れなければなりません。
一体どうやって手に入れるのがよいのでしょうか。

アルゼンチン旅行 1日目 ①

現地通貨を手に入れる方法は大きく二つ。
①両替
②キャッシング

レートは両替がいい国もあるし、キャッシングがいい国もありますね。
あと日本で両替したほうがいい場合とそうでない場合。
基本的に米ドルとユーロは日本で両替したほうがレートがいいです。
自国の通貨が流通している国は現地で両替かキャッシング。

キャッシングの手数料があまりかからない場合は圧倒的にキャッシングが有利。
でも何度もキャッシングすると手数料がかかるので、
ある程度いくら必要か計算しておいた方がいいですよね。

逆に現金が強い国、米ドルのレートが圧倒的にいい国、悪い国。
例えばこれまで行った国では南アフリカは両替すると10%が手数料に取られました。
カードだと手数料を取られるどころかむしろ割引。
現金よりカードの強い国という印象でした。

では、アルゼンチンはどうなのでしょうか?

税関を通るとすぐに空港バスのチケット売り場を発見しました。
Tienda Leonというライオンマークの会社です。

バス (1)

空港から市内のバスターミナルまで260ARS(ペソ)約1400円
約1時間20分くらいかかりました。
チケット売り場は税関を通ってすぐのところと、少し歩いたところにもあります。

バス (2)

空港→市内のバスターミナル→アエロパルケと走るので、
ブエノスアイレス到着後すぐに国内線でどこかへ移動する場合にも便利。

空港を出る前に現地通貨を手に入れておきたいと思ったので、ATMへ。
まずは、キャッシングにしてみました。

お金
(100ARSの肖像はエヴィータです)

するとですね、2000ARS(約10000円)をキャッシングしたら
手数料が200ARS(約1000円)!!
しかも1回に2000ARSまでしかおろせないんです。
これにカード会社の手数料、利息がかかります。
10000円おろすのに、毎回1200円取られていたら10%以上損ですよね。
でも明細を見てみると、2000ARSを手に入れたわけですが
支払いはカードの手数料(約200円)を入れて10750円でした。
→1ARS=5.375円

その後、ブエノスアイレスの街中の両替所にて
日本円が使えたので10000円を両替したら1860ARSでした。
→1ARS=5.376円

さらにその後ウシュアイアの街中の両替所にて
50ドルを両替したら1045ARSでした。
50ドルは成田空港で5420円で両替しました。
→1ARS=5.18円 

日本円を両替するなら街中のレートとキャッシングは一緒。
米ドルを利用するなら1万円毎くらいで400円くらいお得。
という計算になりました。

ちょっと手間でも日本で米ドルに両替しておいたほうがいいですね。

フロリダ通りには両替所がいくつかありますが、
夜は1件しかやってない上、ナゾに時間がかかります。
私は1時間待ちました。

エル・カラファテでは米ドル、ユーロで支払えるところが多く、
ついに両替所は発見できませんでした。(1ドル=19-20ARS)
唯一あったっぽい場所は看板が残るのみでした。
ウシュアイアでも両替所は街中に1か所しか発見できず。


ちなみにフロリダ通りを歩いていると「Cambio(両替)~」
と、どこからともなく聞こえてきます。
これは闇両替です。

小さいですが写真中央の何してるか良く分からないおじさん。

Calle Florida (4)

こういうおじさんがたいてい闇両替をしています。
ぼったくられたり、偽札をつかまされることがあるらしいので、
私は利用しませんでした。

以前は天と地ほど公式レートよりも良かったようですが、
今はそれほど変わらないということです。
でも確かめてないのでホントのところは分かりません。
少し両替してみれば良かったかな。

知らなければ損していることも気が付かないのに、
損していることに気が付てしまうとちょっと悔しいんですよね。

お金の話ばかりですみません。
この後はホテルで荷物を預けてブエノスアイレスの街歩きをします。
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

アルゼンチン旅行 その2 アメリカン航空でブエノスアイレスへ。

アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスまで移動します。
アメリカン航空を利用しました。

パタゴニア旅行 1日目

成田空港到着が出発1時間前。
マジ、やばい。
幸い預け荷物がなかったのでキオスクでボーディングパスを受け取って、
セキュリティチェック、自動ゲートで制限エリアへ。
米ドルは何かと便利なので一応両替しておく。

そしたらアナウンスで名前を呼ばれてる。
私と他数名を待っているらしい。
ちゃんとボーディングの締め切り時間前には間に合ったけど、
結構バタバタ。
とにかく間に合って良かった!

まずはダラスまで11時間。長いです。

離陸後の機内サービス。チキンかポークのチョイス。
ポークのハンバーグにしました。普通においしい!

機内食 (1)

そして、ほぼずっと映画を見てました。
「Remenber me?」とか、今更だけど「La La Land」とか。

おやつ。前回もあった堅あげポテト。おいしい。

機内食 (2)

そして途中で軽食のサービス。巨大なハム・チーズサンド。
これはあまりおいしくない。

機内食 (4)

着陸前の機内サービス。
オムレツかヌードルだったので、ヌードル。
ビーフンみたいでおいしかった!

機内食 (5)

アメリカンって機内食、あまりおいしくなさそうなイメージだったけど、
結構おいしかったです。

ダラス空港に到着。
APCで入国審査を済ませてセキュリティチェックを受けてゲートへ。
乗り継ぎ時間でPriority Passで入れるラウンジを利用します。
ターミナルDのゲート付近にあるラウンジです。

ダラス空港ラウンジ (6)

シカゴ乗り継ぎみたいにアメリカン専用のターミナルじゃないのか、
Priority Passで入れるラウンジがあって助かりました。
少し混んでいたようでウェイティングリストに載せてもらいました。
多分15分くらいで入れましたが、聞いたらシャワーは空いてたみたい。

早速シャワー。使用毎に掃除をしている様子がなかったけど・・・。

ダラス空港ラウンジ (2)

あまり使い勝手の良いタイプではないです。
とはいえ、ここでシャワーが浴びられたのはすごくありがたい!

ラウンジ自体はこんな感じ。出ていく頃にはガラガラでした。

ダラス空港ラウンジ (5)

スナックと飲み物だけです。

ダラス空港ラウンジ (3)

ポテチとジュースを頂きました。

ダラス空港ラウンジ (4)

そしていよいよブエノスアイレスへ。
定刻通りに出発。またここから10時間半。
乗り継ぎが4時間くらいだったからホントに丸一日。

機内サービスは2回。
離陸後数時間ので1回目のサービス。
チキンにしました。味はまあまあです。

機内食 (2)

2回目のサービス。ジュースとマフィン、ヨーグルト。

機内食 (3)

そしてやっと、ブエノスアイレスの空港に到着です!
続きは次回にしますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

アルゼンチン旅行 その1 絶景のパタゴニアを見に行こう☆

パタゴニア(アルゼンチン・チリの南部)は前からずっと行きたかった場所。
ベストシーズンは12月から3月。
年末年始に行こうと思いましたが結構高く、
時期をずらして行ってきました!

アルゼンチン旅行 準備編

パタゴニアで外せないと思ったのは、
アルゼンチンのロス・グラシアレス国立公園。
チリのパイネ国立公園。
アウトドアブランドのモチーフもモデルとなったフィッツ・ロイ。

この3つは絶対行きたかったので何とか全部行けるように旅程を組みました。

【旅行準備】
①航空券
ブエノスアイレス往復をアメリカン航空で予約。
往路はダラス経由、復路はニューヨーク経由。
アルゼンチン国内はExpediaで予約。
(アルゼンチン航空を利用しましたが、公式サイトでは日本のカードで決済できなかったため)

②ホテル
10泊すると1泊無料になるのでHotels.comで予約。
ブエノスアイレスに到着日に1泊、帰国前に1泊。
エル・チャルテンに1泊。
エル・カラファテに4泊。
ウシュアイアに1泊。

③ガイドブック
地球の歩き方「アルゼンチン、チリ」

④持ち物
機内持ち込みのスーツケースと25Lのバックパック。
トレッキング用のアイテム。

⑤現地ツアー
*氷河クルーズツアー(Argentina 4u)
*パイネ国立公園日帰りツアー(Argentina 4u)
*氷河トレッキング(Heilo y Adventura)
*ビーグル水道ツアー(Argentina 4u)
*ティエラ・デル・フエゴ国立公園ツアー(Veltra)

⑥フェリー
ブエノスアイレスとコロニア・デル・サクラメント往復
Dirrect ferryで予約。

【旅程】
1日目 成田→ダラス→ブエノスアイレス
2日目 コロニア・デル・サクラメント日帰り
3日目 ブエノスアイレス→エル・カラファテ→エル・チャルテン
4日目 フィッツ・ロイトレッキング→エル・カラファテ
5日目 パイネ国立公園日帰り
6日目 ウプサラ氷河クルーズ
7日目 ペリト・モレノ氷河トレッキング
8日目 エル・カラファテ→ウシュアイア
     ビーグル水道クルーズ
9日目 ティエラ・デル・フエゴ国立公園
     ウシュアイア→ブエノスアイレス
10日目  ブエノスアイレス→ニューヨーク
11日目  ニューヨーク→羽田

patagonia

【今回訪れた場所】
①コロニア・デル・サクラメント(世界遺産)
②ブエノス・アイレス
③パイネ国立公園
④フィッツ・ロイ
⑤ロス・グラシアレス国立公園(世界遺産)
⑥ウシュアイア
⑦ティエラ・デル・フエゴ国立公園

パタゴニアは絶景続きでした。
行くのは大変でしたがとても楽しかったです。
では、実際の旅の模様は次回からにしますね!
最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
カテゴリー