ひまがあれば海外~女子一人旅

ちょっとしたお休みをみつけては週末弾丸で近場の海外へ。年数回の長期休暇ではちょっと遠いところへ。

ロシア旅行 その39 豪華な内装のイサク聖堂。

ロシアの世界遺産をめぐる12日間の旅行。
サンクトペテルブルクの美しい教会、イサク聖堂を訪れます。

ロシア旅行 8日目 ③

イサク聖堂は帝政ロシアのシンボルで世界でも最も大きな教会建築のひとつ。

写真では分かりにくいかもですがかなり巨大です。
ヒトのサイズと比べてみてください。

イサク聖堂 (86)

 サンクトペテルブルクの夏は日がとても長いので、多くの観光スポットには「夜の部」というのが設けられていてちょっと入場料金が高くなりますが結構夜遅くまでやっています。

これはかなりありがたいシステムです。

 

イサク聖堂も18:00-22:30が夜の部で、入場料は昼が250RUBで夜が400RUBです

昼間しかやってない観光スポットを日中優先的に入場して夜もやっているところでは夜入るようにしました。

 

ちょうど切り替えの時間は18:00過ぎになるまでチケットが買えなくなるので少し待つ必要があります。

イサク聖堂 (2)

内部はとても豪華な装飾で美しいです。

これらの絵画はモザイク画というから驚きです。

イサク聖堂 (7)

中でも有名なのが中央の丸屋根部分に描かれたブリュロフ作「聖母マリアの栄誉」

イサク聖堂 (8)

ステンドグラス「キリストの復活」も素晴らしいです。

イサク聖堂 (12)

 

展望台に上がることができサンクトペテルブルクの街並みを見渡すことができます。
階段は200段以上ありますが登っていきます。

イサク聖堂 (58)

展望台は別料金で300RUBでした。

イサク聖堂 (61)

サンクトペテルブルクにもう1日から2日当てたかったところですが、
日程が足りなかったのでこの夜の部を最大限に有効活用して見どころを巡ります。

 

次はこの日は21:00までやっていたロシア美術館へ行きます。

続きは次回にしますね。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。
 

ロシア旅行 その38 憧れのエルミタージュ美術館☆

ロシアの世界遺産を巡る12日間の旅行。

憧れのエルミタージュ美術館へ行ってきました!

エルミタージュ美術館はメトロポリタン美術館とルーヴル美術館と共に世界3大美術館に数えられています。

 

事前にオンラインでチケットを購入しておきました。

訪問日を選ぶ必要がなく、180日間有効で17.95ドルです。

2日間チケットが23.95ドル。

 

でも当日現地で購入すると700RUBなので、当日購入するほうが500円くらい安いです。

時間はあって、並んでもいい人は当日買うほうがいいかもしれません。

ダイアモンドルームとゴールデンルームと呼ばれる宝物展示があり、
それぞれ350RUB
ガイドツアーに参加する必要があり、これは当日窓口で購入する必要があります。
しかもそれぞれ1時間ほどかかるので、時間に余裕を見たほうがいいです。

 

ロシア旅行 8日目 ②

 

ペトロパブロフスク要塞からエルミタージュ美術館までは歩いて20分くらい。

天気も良くって景色がきれいです。

サンクトペテルブルグ (7)

 エルミタージュ美術館はもともと冬の宮殿だったところで外観もとても美しいです。

エルミタージュ美術館 (410)

 

事前にチケット購入してある場合はほとんど並ばずに中に入ることができます。

結局若干行列になっている窓口に並んで宝物展示のチケットを購入しておきました。
ダイアモンドルームは1230から。

 

それまで美術館内を見学します。

まずは宮殿装飾の素晴らしい部屋を巡ります。

これらの部屋は閉館間際になると団体客がいなくなってゆっくり見られるので

後でもう一度戻ってくるのがいいと思います。

 

まずラストレッリ作の大使の階段。

エルミタージュ美術館 (402)

 そしてピョートル大帝の間。


エルミタージュ美術館 (55)

次は紋章の間。豪華なシャンデリアがとてもきれいです。

エルミタージュ美術館 (58)

次は1812年祖国戦争の画廊。

ナポレオン戦争に参加した将軍の肖像画が並びます。

額縁だけのところは戦死して肖像画が描けなかった人物のスペースだとか。

エルミタージュ美術館 (66)

 そして聖ゲオルギーの間。

外国の大使はここで皇帝に謁見したそうです。

エルミタージュ美術館 (69)

 美しい庭園を抜けていくと、パヴィリオンの間。

エカテリーナ2世の愛人が暮らしていた部屋だそうです。

エルミタージュ美術館 (80)

収蔵されている絵画も素晴らしいものばかりで、有名どころは一通り巡りました。

中でもすごかったのがイタリア美術。

 

まるでヴァチカンのようなラファエロの回廊。

エルミタージュ美術館 (127)

ラファエロの間。

エルミタージュ美術館 (133)

ラファエロの「聖家族」

エルミタージュ美術館 (142)

ダ・ヴィンチの間も見逃せません。

この部屋だけ尋常じゃない人口密集率。

エルミタージュ美術館 (379)

並んでようやく見られた、ダ・ヴィンチの「リッタの聖母」

⑨エルミタージュ美術館 (382)

時間になったのでダイアモンドルームのガイドツアーへ。

集合場所は大使の階段前です。

内部の撮影は禁止ですが、エカテリーナ2世の宝石が展示されていてとてもきれいでした。

かなりのんびり話すガイドさんで結局1時間30分くらいかかりました。
この後ゴールデンルームのガイドツアーに参加するという人たちが
ガイドさんに慌てて集合場所に連れていかれていました。

私は先にランチすることに。シーザーサラダとジュースで390RUB
普通においしいです。

エルミタージュ美術館 (224)

入口周辺の宮殿装飾以外にも美しい部屋はたくさんあり見どころ満載です。

「ブドゥアール」

エルミタージュ美術館 (285)

のんびり美術館内を見学していると、16:00近くなっていました。
ゴールデンルームのガイドツアーの集合場所に行こうと思ってチケットを見ると14:00と書いてあります。

 

え?

うそでしょ、16:00からじゃないの?

衝撃的な大失敗。

時間を大幅に勘違いしていました。


ダメもとでレセプションで聞いてみるとすでに英語ツアーはもう終了して参加できる回がないとのこと。
ロシア語ツアーは?と聞くと5分後に開始する回があるとのこと。

ホントはだめだけど仕方ないから参加していいと言ってくれ、チケットを新たに買いなおすように言われました。

でも窓口では日本人にロシア語のガイドツアーのチケットは売ってくれません。

レセプションでいいって言われたと言っても売ってくれず、
仕方なくもう一度レセプションに戻って相談すると一緒に来てくれました。

やっとチケットをゲットしてガイドツアーへ。
ロシア語なのでもちろん一ミリも理解できませんが

展示物には英語で説明が書いてあったので何が展示されているかはわかりました。

そもそもゴールデンルームって古代スキタイ民族の黄金の工芸品が展示されている部屋なのですが、
私は宮殿装飾のすごい部屋だと思っていました。
例えばこんな感じで。

エルミタージュ美術館 (286)

中に入ると普通に博物館という感じで展示物はもちろんすごかったですが、
わざわざ別料金払ってみるほどではなかったかもしれません。

せっかく手配してもらったのになんてわがままな奴・・・と自分でも思いました。

 

でも見なかったら絶対もやもやしたまま帰国したと思うので見られて良かったです。

適当に見学させてもらって早々に退散しました。

 

見逃していた作品など見たいものをすべて見終えたらイサク聖堂へ向かいました。

 

続きは次回にしますね。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
 
ありがとうございます。

ロシア旅行 その37 サンクトペテルブルク発祥の地、ペトロパブロフスク要塞。

ロシアの世界遺産を巡る12日間の旅行。

サンクトペテルブルクのペトロパブロフスク要塞を訪れます。

 

ロシア旅行 8日目 ①

 

ピョートル大帝はうさぎ島と呼ばれる小島に要塞を建設します。

それがこのペトロパブロフスク要塞でサンクトペテルブルクの始まりです。

しかし、実際は要塞として使われず、主に監獄として使われることとなり

最初に投獄されたのはピョートル大帝の皇太子アレクセイ。

父に拷問されたのち要塞内で死亡しています。

 

地下鉄ゴーリコフスカヤ駅からうさぎ島まで歩いて10分くらい。

駅から出ると立派なモスクが見えました。

ゴーリコフスカヤ駅 (1)

うさぎ島には入れましたが要塞内に入れるのは9:30からのようで、

入口には警備員さんが立っていました。

うさぎ島 (3)

仕方ないのでうさぎ島をお散歩してみます。

対岸にはエルミタージュ博物館などが見えます。

うさぎ島 (14)

衝撃だったのはこの寒い中ほぼ裸でお年寄りの方々が日光浴をしていました。

元気ですね。

うさぎ島 (7)

時間になり要塞内へ入ることができました。

現在要塞内は様々な博物館がありサンクトペテルブルクの歴史を学ぶことができます。

ペトロパブロフスク要塞 (1)

うさぎ島というだけあって至る所にうさぎの像があってかわいいです。

ペトロパブロフスク要塞 (23)

 

私のお目当てはペトロパブロフスク聖堂。

18世紀に建てられた教会でピョートル大帝以降の歴代皇帝が埋葬されています。

ペトロパブロフスク要塞 (73)

 

入れるのは10:00からです。
チケット売り場も10:00からなので、それまで待ちます。

ペトロパブロフスク要塞 (32)

すると、続々と中国人と欧米人の団体がやってきました。

チケットは450RUB
オープンと同時にチケットを購入して中へ。

団体がかなり長蛇の列をなしてますが個人はそのわきからするっと入れます。

相当早くから来ているのに、この団体の後に並ぶとか苦痛なので良かった。

その教会内部の美しさは格別で、さすがピョートル大帝です。

まだ団体さんが押し寄せる前なのでとてもきれいです。

ペトロパブロフスク要塞 (34)

 

祭壇右にはピョートル大帝の胸像があってお墓になっています。

そして彼を尊敬していたエカテリーナ2世のお墓がすぐ近くにあります。

ペトロパブロフスク要塞 (66)

要塞内には他にも見どころがありますが、美しい聖堂が見られたので満足。

この後はエルミタージュ美術館へ行きます。

続きは次回にしますね。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しています。応援のクリックお願いします。

 
ありがとうございます。